2010年2月28日

びっこをひく夢

昨夜足を引きずっている夢をみた。


いまではすっかりよくなって
他人からは外見上、脳卒中になったことは 説明しないと分からない。



しかし未だ左足には痺れが残っていて、
足首のちからの入り具合が弱く、
足の裏の感覚もひどく鈍い。


そんなわけで
部屋にひとりで居るときには 無意識にびっこをひくことがある。



それが夢のなかでも出てきて驚いた。

ショックだった。



無意識レベルで現状を容認してしまっている証拠ではないのか、

ゆめで見るほどに状態が固定してしまっているのではないか、

などと考える。



普通に振る舞えるよう、いままで以上に意識的になろう・・・と思う。

2010年2月27日

Wiiがリハビリに良いは本当か?


Wiiで脳卒中患者の運動機能を回復、カナダで実証



Wiiがリハビリに良いという話。
よく見かける。

実際、リハビリ病院に居たとき、手足の状態が大分回復してきたころ、
Wiiを使ったゲームを2日間(40分x 2コマ)、ほどやった。

たしかに面白いし、やる気がでる。

一時的に。


でも、 Wiiのゲームというのは身体の状態の良い人しかできない。

Wiiを楽しめるくらい元気なら リハビリ上の問題はほとんど解決している、と思う。


リハビリへの興味と意欲を喚起、維持できるというのがその有用性の根拠のようであるけれども、


果たしてこれ、 一人で自宅でもやるだろうか?
というと とても疑問である。

すくなくとも自分はやっていないし その気もない。


やっぱり作業療法士のように 
仕事とはいえ 一緒に盛り上がってくれるひとがいないと面白くないものである。

そういう意味では、ひたすら輪を棒に通したり、
ただただ おはじきを拾いつづけるなどのアナログな作業でも
リハビリネタとしては十分に興味を維持できると思う。




それよりも
反射、反応速度の低下や、視野、注意力の欠損の程度に気づかせてくれるようなゲームはないかな?

これらは入院中とても不安に思ったことのひとつなのだけれども、だーれも答えてくれなかった。

ST(言語聴覚士)の検査は重症な人を見分けるためのようなものばかりだし…

2010年2月26日

独身男性は脳卒中で死ぬ



Single men more likely to have fatal stroke



独身男性は結婚しているひとよりも6割ほど高確率に脳卒中で命取りになる。


結婚を失敗した と思っている人も同程度の確率なんだと。


賭けと同じだと考えると、一か八かで結婚してみるのもアリということか。

2010年2月25日

CI療法を自宅で


Comparison of two types of Constraint-Induced Movement Therapy in chronic stroke patients: A pilot study.




CI療法は病院にこもって徹底的に2週間のトレーニングをするのが本来のやり方。

それを自宅で、だらだらと4週間にしたら効果はどうか、という研究。

で、
どっちも同じように効果があった、という結論。




CI療法って、最初から手が動く人しか対象にしない点で、ただのトレーニングに過ぎないと思う。



英会話の勉強と一緒で、
海外に引越して、しゃべらないと生活できないような環境に置かれれば、
少しくらい頭が弱くてもしゃべれるようになる。

もちろん自宅でだらだらと練習することもできる、時間はかかるけど。



要するにそういうことであって、

CI療法が何か特別なものでないことが改めて明らかになっただけのこと  と理解。

2010年2月24日

明日があるさ

リハビリ病院でのこと。


なぜか坂本九が好きなようで、

朝、夕に 廊下にラジカセを置いてその曲をガンガン流す。


特に


・上を向いて歩こう


・明日があるさ


は何度もかかるので  もう歌詞がすっかり刷り込まれてしまった。



問題なのは、その曲がかかる時間で、


早朝、6時半に


『よし、きょうもリハビリ頑張るぞ!』
と意気込んでいるまさにその時に


明日がある明日がある
明日があるさー

と流れる。




まだ きょうが始まったばかりなのに…

この歌詞って  

あぁ 今日はダメだった、明日に希望をつなごう、 って内容なんだよな。


だれもオカシイと思わないのかな


と気になって仕方がなかった。

2010年2月23日

バーチャルリアリティで脳卒中後の歩行訓練支援


New Successful Treatment Improves Walking Post Stroke




脳卒中後に歩行困難になった人向けに使用する訓練機器。
その名も ゲイトエイド:GaitAid


ゴーグルとイヤフォンを装着する。



ゴーグルには市松模様の床が現れ、
その一枚一枚を踏むように歩くんだと。


歩きにつれてその模様も動き、
ステップごとの足音がはっきりとイヤフォンから聴こえる。


足元がよく見えなくてかえって危ないような気もするが
これが歩行訓練にいいんだって。


MITで勉強した偉いひとが開発したそうな。


ちょと高い。20万円以上する。

2010年2月22日

ミュージックイントネーションセラピー



脳卒中の後遺症、失われた言語力を歌で引き出す

Singing helps stroke patients recover speech--study



脳卒中で言語に障害をもった患者に、
歌にあわせて話すよう訓練すると うまく言葉にすることができるようなるんだとか。
MIT:ミュージックイントネーションセラピーと言うそうな。


これって、
要するに歌って覚えるなんとか ってやつと一緒だな、と思った。



ほかにどんなものがあるだろう と思い、

グーグルで "歌って覚える" で検索したら、
高頻度に検索されるキーワードが以下のように表示された。

sing.png


歌って覚える英単語 はありがちだけど、
歌って覚える般若心経とか、歌って覚える縦列駐車とか、 もうわけがわかんない。




そう言えば
リハビリ病院に入院している時に、食事前に、お年寄りがデイルームに集められて、
大声で、かぁ~らぁ~すぅ~ なぜなくのぉ~  と
童謡 七つの子 を歌わされていた。


嚥下を円滑にする効果がある、  らしい。




ミュージックイントネーションセラピー  

・・・
あり だと思います。

2010年2月21日

足が痺れても足が悪いわけではない マッサージの効果は?

ときどき、脳卒中リハビリの現場は偉大なる勘違い
をしているんじゃないか…

と思う時がある。


かなりの運動機能が回復したいまでも、
ときどき ひどく手や腕、肩、足がしびれることがある。

そんなときは動きも若干ぎこちなくなる。


思わず その腕や足をもう一方の手でさすったりもんだりしてしまう。


いつもそこで  フッ と気がつく。


別に腕や足の骨が痛んでいるわけでもなければ
筋肉痛になっているわけでもないんだよな…  って。


この腕や足のジンジンくるしびれは脳の中にある神経のつながりが損傷をうけたことに
よるものであって、腕や足の損傷によるものではない。


だからいくら腕や足をマッサージしたところでそれが本当に癒えるわけではない。


マッサージするとなんだか 癒される気になるだけである。


そんな気になるだけなのである。




病院では 理学療法の時間、療法士さんが一生懸命にマッサージをしてくれる。


それで、なんとなく よくなった気がする。


よくなった気がするのである。


・・・

2010年2月20日

超音波で脳血栓を破壊


Targeted Ultrasound Tested As Stroke Prevention Method



腎臓結石のように超音波をつかって脳の血栓を破壊する方法が研究されている、とのこと。
これで脳梗塞の重症化を未然に防ぐことができるらしいのだけれど…



これって 脳のマッサージに使えないものかな?

なぜなら 理学療法で手足を一生懸命マッサージされるのだけれど、
別に手足が悪いわけではなくて、脳のなかの問題だから

本当に マッサージするべきは脳か と思ったまで。

2010年2月19日

超先端医療:足湯で脳卒中麻痺が改善する


Beneficial effects of footbaths in controlling spasticity after stroke.




鹿児島大学の研究


足湯に浸かると身体が温まり、脳卒中後の麻痺が癒される

ことが最新の医療計測技術を用いて判明した。


F波とかM波っていうのを測定して客観的な指標を得たそうな。




温泉に全身で浸かるともっと効果がありそうだ。


今後のさらなる研究が期待される。

2010年2月18日

カッコいい車椅子を羨ましく思うオカシナ価値観

車椅子に乗りはじめたころ、

おなじフロアにいた若い女性の乗っている車椅子が

全体が黒っぽくて、フレームが細く、
樹脂製の部品を多く使った 軽そうで 
どことなくスポーティーな感じがするものであった。


しばらくすると、廊下で見かけるたびに
その車椅子がやたらカッコよく見えて、


あぁ あんなのに乗りたいな~ と思うようになった。


そして、

退院したらもっといいのを買うぞ!

などと妙な決心もした。




車椅子が必要でなくなった今、 思い返してみると
実にオカシナことを考えていたものだ…とつくづく思う。


歩きの上手な患者の杖をみて、
あんな感じのイイ杖を買うぞ! と意気込んだこともあった。




狭い世界に居ると、価値基準のレベルがどんどん下がってくる。



この病気のおかげで、
車椅子や杖の例以外にも、オカシイと思えることがいくつも出てきた。





でも町でNSXを見かけると、いまだにカッコいいと思うし、いつか買うぞ、とも思う。



これが いまの自分の限界かな。

2010年2月17日

脳卒中患者の4人に1人は1年以内に死亡


Quarter of stroke patients die within a year: U.S. study

Risk of recurrent stroke, myocardial infarction, or death in hospitalized stroke patients.



これはアメリカでの話。

さらに8%の脳卒中患者は1年以内に再度、脳卒中を起こす。

脳卒中患者の2人に1人は4年以内に死ぬか、別の脳卒中または心臓発作を起こす。

黒人で特に多いそうな。



日本人の場合、たしか5年内の脳卒中再発率が3~4割だったような気がする。


だからあんまり無茶な数字ではない、 …かな と思う。

2010年2月16日

脳卒中患者へ与える 心理的悪化サイクル

下記ブログ記事を読んで


患者に不安を与える言動をしてはいけない!

 医師などの医療関係者は、患者が「心理的悪化サイクル」陥らせないようにする工夫が必要である・・・





なるほど、そうだよな…とおおいに共感した。



私の場合も 病院の関係者は、情け容赦なく、

『もう二度と普通に歩くことはできない、と思ってください。』

『手が急に動くようになることはありえません。』

『お願いですから もう車の運転など考えないでください。』

『いつか自転車に乗るなんてとんでもないことです。』

などと平気で しかも きっぱりと言う。



いずれも、ほんの半年ほどの間にまったく逆の結果になったのだから
彼らの経験に基づいたアドバイスは ホント アテにならない。


言われたことを真に受ける必要はないと思う。

自分のことは自分でじっくり観察して自分で結論をだそうョ。

2010年2月15日

脳卒中ドライバーに必要な適性検査

・Useful Field of View (UFOV)
・Stroke Drivers' Screening Assessment (SDSA)

という代表的な指標があって、

その結果次第で適性の有無、
運転リハビリの方針を決めることができるのだそうな。


Establishing criterion validity of the Useful Field of View assessment and Stroke Drivers' Screening Assessment: comparison to the result of on-road assessment.






わたしが運転免許適性試験を受けるときに病院で診断書を作ってもらった際には、
これに相当する検査はやっていなかったと思う。


免許センターでの適性試験はテキトーだし…


どうやら
このへんのルーズさは、日本に限ったことではないらしい。

2010年2月14日

ARB降圧薬の恐るべき威力

退院してからのこと。

血圧の降圧薬を飲むと、
その数時間後に左半身が激しく痺れて
起き上がっていることがやっとの状態が続いた。

相変わらず左足首もむくむし、

薬を飲むタイミングといい

薬が自分に合わないのではないか・・・と考えはじめた。


おもいきって病院へゆき、
事情を話して別の降圧薬の処方を求めた。


『じつはいい薬があるんだよー』
と言って、
医者がARBがどうの という話をしだした。

これまでのカルシウム拮抗タイプではなく、
アンギオテンシンなんとか阻害薬というそうな。

念のため最低量を処方してくれた。

薬の価格はこれまでの倍くらいした。


楽しみにして 翌日、飲んだ。


すると もっと桁違いに はげしくしびれるようになった。

そして 椅子から立ち上がる際に目の前が真っ白になって、
おもわず床に手をついてしまった。

血圧を測ってみると、82/60だった。


おそろしくて、 数日後 、もういっかい病院へいって、
そのARB薬はやめにしてもらった。

結局 最初の カルシウム拮抗薬の処方量を半分にしてもらった。

(その量は 成人男性への最低処方量の半分なのだが)

すると しびれもなく、血圧のコントロールもうまくゆき、
足首のむくみもとれた。


自分は降圧薬に敏感なのかもしれない。



やっぱり自分のことを一番よくわかるのは自分である、 ってことに
あらためて気付かされた一件であった。

2010年2月13日

片麻痺の自動車運転

もし自分がこの病気でなかったなら
片麻痺で車を運転するなんてやめてくれ! と言っているはず。

でも あきらめきれなかった。


車の運転は楽しいから。



調べてみると、平成14年ごろから脳卒中のように、意識障害を伴う発作を経験したひとは
運転免許更新時にその旨申告しなければならなくなったそうな。


私の場合 免許証更新まで1年以上あったので、県の運転免許センター の公安委員会っていうのかな、

に電話して どうしたらよいか尋ねた。


診断書の用紙を送るので医師に証明してもらい、それをもって運転免許センターへ来るよう  言われた。

診断書の内容は、今後発作が再発するかどうかの可能性の点から
運転を控えるべきか否かを医師に問う内容であり、手足の具体的な動きを問題にするものではなかった。


"控えるべきとは言えない" という診断をもらった。


で、 
それを持って免許センターへゆくと 適性検査室 という大して広くない部屋へ通された。


どうやらそこは交通違反を繰り返して免許を取り上げられちゃった人たちも調べる場所を兼ねているようで、大声で、なんともおバカなやり取りが行われていた。



その部屋の一角にゲームセンターにあるドライブシミュレータのようなものがあった。

ゲームは得意だぞぉ と意気込んでみたものの、

やったことと言えば

・画面に表示される動く目盛りに合わせてハンドル、クラッチを別々にゆーっくりと動かすことができるかどうか。

・画面に表示された信号が青から赤に変わった時点ですぐにブレーキを踏むことができるかどうか。

を調べただけだった。


難易という概念を超越した ただの確認テストだった。


ちなみに、その装置には右麻痺の人用に、左手操作のアクセル、ブレーキレバーも付いていた。


あと、中型2輪の資格についても、部屋の隅にあるボロボロのスーパーカブにまたがって、
足をついて倒れずにいられるか、を確認しただけだった。


もちろんあっさりと "免許条件不要" 判定をいただくことができた。
免許証の裏にそのハンコを押してもらって帰ってきた。



任意保険も心配だったので保険会社に尋ねると、
そんなことはいちいち報告をしなくてもよい、といったニュアンスのことを言われた。

申告しようがしまいが、等級判断には影響がないそうな。

こういうケースの絶対数が少ないことと、法的に問題とならないことから  
あまり関心がないのだと理解した。



というわけで、
各ハードルの低さに驚かされただけに、
逆に自分自身で体調を判断する責任の大きさに改めて気付かされた経験でもあった。

2010年2月12日

失音楽症という脳卒中症状がある

入院してすぐのころ、

iPodの音楽を聴いてみた。

リズム感ノリノリのはずの曲が、

なにか空き缶のようなものを
箸でたたいている、

なんというか 子供が遊びでデタラメに演奏しているかのように
聴こえた。


すぐにおかしいと感じた。

脳がやられているので仕方が無いか…
とそのときは諦めた。


調べてみると同様の

amusia:失音楽症という症状があるそうな。


数カ月後には元に戻っていたが、

その経験があったせいか、いまだ すこし違和感が残る。

2010年2月11日

脳卒中ガイドライン2009にみるCI療法

CI療法について たまーに尋ねられる。


私の印象としては、


〇〇療法と聞いたときに一般のひとが期待するものとは
かなりズレた方法(考え方)である、と理解している。


最近でた 脳卒中ガイドライン2009によると、


CI療法が有効なのは麻痺が非常に軽い患者にのみ限定されるため、
肯定的な研究論文の数は多いものの とても実用性のあるものとは言えない


と読み取れる。

ci001.png



よくなりそうな患者しか入院させないリハビリ病院の医師が、
『当院の患者は自立歩行できるようになる割合が高いのです!』
と自慢していたのを思い出した。

2010年2月10日

自分ならこんなふうに お見舞いしたい

入院していると見舞い客がくるとうれしい。


普段仲のよいわけでもないひとでもうれしい。

義理や義務で来てくれているとわかっていても うれしい。


手土産はいらない。


わざわざ足を運んできてくれたことが ありがたく思える。


見舞い客と何を話したか なんてことはほとんど覚えていない。


自身の宗教的信条を話してくれるひともいたが
大して役に立たないし、覚えてもいない。


会話ができることがうれしかった。


あまり通じていなかったとは思うけれど…


むしろ話を 気持ちを聴いてもらえることがうれしかった。




だから自分が人を見舞うときには


聞き上手に徹して
寡黙なくらいがちょうどいいと思う。

2010年2月9日

慢性期脳卒中リハビリは10ヘルツがいい

Repetitive transcranial magnetic stimulation-induced corticomotor excitability and associated motor skill acquisition in chronic stroke.



rTMSというIHほっとプレートと同じ原理で脳に電流を流す装置を使って

10ヘルツのパルスをおくると、

慢性期脳卒中患者の手の動きが改善された、って話と思う。

通常は5ヘルツくらいなんだけど

速くしてみたら良かった

ということ?

2010年2月8日

脳卒中後アパシーは価値観の転換の証

脳卒中後うつ の状態を
アパシー:apathy と呼び、 無気力、無関心の状態を意味する。



しばしば、大脳基底核など、脳組織の損傷により生じるとされる。

それもあり、と思う。



一方で、自分を観察してみるに、

・・・

脳卒中というのはそれまで固く信じ込んでいたいくつもの考えを根底から覆す
ほんとうに大きなイベントだと思う。

それゆえにおおきな価値観の転換を迫られ、それまで同様の価値観を共有していた
他人からすると やる気を喪失しているような、無感動、無関心に見えるだけなのかも知れない。




突然、ほんの数時間の間に、身体が麻痺し、立つことはもちろん寝返りをうつこともままならぬ状況に陥る。

医師や療法士からは良くなる可能性はほとんどないと言われ、
職場復帰など はるか夢の彼方に遠ざかる。


これまでのしごとの実績も微塵に帰し友人、知人も遠ざかる。


世の中のあらゆる競争のトラックから突然、何十周分も大きくはるか後方へリセットされてしまう。



こうして生じたおおきな溝はお金をいくら積んでも解決することができない。



命を拾っただけでも儲け物というけれど、本当にそうなのか?



努力すること、成果をあげること、他人より優れること、おおきな組織に属すること、
他人に認められること、社会に貢献すること、

これまで重要と考えてきたことの如何にはかなく、
虚しく、どうでもいいことのように感じるこの気持は


本当に大脳基底核に由来する問題なのだろうか…?


この気持には なにか必然があるのではないか…

意味のある新しい視点なのではないか...と思う今日この頃。

2010年2月7日

退院後1年経過

ちょうど1年前の今日、
リハビリ病院を退院した。

とても居心地の良い病院だった。

おそらく診療報酬の理由から あともう2ヶ月くらい居てほしいような話だったが、

回復しすぎて、通常のリハビリではものたらなくなってしまい
強く希望して退院した。

自分で荷物を全部 迎えの車に運んで 乗った。


あれから1年。

自転車乗り、車の運転 が可能になった。

左半身の痺れもかなり弱くなった。

手指の動きは未だすこしぎこちない。

足首へのちからの入り方も意識が必要である。


退院後極端に疲れやすくなっていたが、
体力的にはタフになった。

でも相変わらず、よく眠る。


左手足の皮膚感覚、触れたものの質感や
温度については すこし改善した気がするが、
感度は変わっていない気もする。

視覚や重心の移動など 他の感覚から補っているようだ。



階段を降りる時にはまだ少しこわい。

左足は未だ操作している感覚がある。
自分と一体化していないという意味で。



ものの考え方はおおいに変わった。


自分中心になった。
良い意味で。


生活もおおいに変わった。

自分中心になった。
良い意味で。


今後、

これまでにない発展の予感。

2010年2月6日

植物状態の人の2割近くに意識があるって

'Vegetative state' man responds to questions




MRIで直接 脳の活動を調べることで、
何年間も昏睡状態にある患者に意識があることがわかったらしい。

それも 全体の2割近くもいるとのこと。


枕元で、

『ご家族のみなさん、彼の臓器提供をご了解願えませんか?』

などと 医者が話している声が聴こえてくる。

ありそうな こわい話。

2010年2月5日

作業療法士の怪しいマッサージ

リハビリ病院で同室だった患者仲間から聞いたはなし。


彼の担当の女性作業療法士は 独自の指圧マッサージ術を持っていて
しばしばその実験台にされるのだという。


ある日、
『今日、マッサージされて失神しちゃったよぉ』 と言う。


なんでも

その療法士に肩が痛いと相談したら、
首をちからいっぱいにキツーくつままれたのだという。



あまりにキツくて、しかも痛くて、
それでもガマンしていたら突然 目の前が真っ白になって、


気がつくと仰向けで 多くの人に囲まれていて、
自分の名前をよばれて 顔をのぞき込まれていたという。


あとで30秒くらいの間 失神していたと聞かされたそうな。


周囲は大騒ぎになって、その療法士はキツくお叱りを受けたとのこと。



どんなことでもそうなんだけど、
人を信用しきっちゃいけないな…と思った。

とくにこの分野は。

2010年2月4日

降圧剤の脳卒中再発予防効果はない って

これを読んで思った。

高血圧治療は脳卒中予防に有効か



降圧薬の利用によって社会全体の脳卒中の発生数が少なくなることは証明されている。

しかし、一度脳卒中になったひとの再発を抑えることができるか、というと、
どうやらそうではないらしい。



前科ものは いつまでたっても要注意人物として
後ろ指をさされ続ける、ってことなんだと思う。



脳卒中になった時点ですでに、

血圧が高いから血管が破れる、傷つく、といった理屈以外の
もっと体質的な "脳卒中になりやすさ"
ってものが身体に深く刻み込まれているということと理解した。


これも前科者の定めと心に留めて、常に意識して生きてゆくしかないんだね。

2010年2月3日

tPAって数%しか利用されていない

これよんで


Present state of stroke emergency in Japan




tPAが必要かもしれない患者にtPAが実際に使われるケースは、
全体のほんの数%しかない。

その理由は
救急搬送が間に合わない、
患者の知識不足からすぐに救急車を呼ばない、
病院にそのあたりのことがわかる医者がいない

ってな理由らしい。



夢のくすり tPAって言っても なんだ大したことない、と思った。

2010年2月2日

麻痺足の靴下が脱げる

昨年の入院中、
履き脱ぎがしやすい、足首までの靴下をいくつかそろえた。

寒いのでいまも就寝中はそれを履いている。

ところが、
朝起きてみると たいてい、感覚麻痺の残っている足の方だけ
靴下が取れている。

一方、正常側の足にはちゃんと履いている。


いまではもう不思議でもなんでもないのだけれど、

眠っている間にも触覚を頼りに足がモゾモゾとうごいて
靴下が脱げないように頑張っている、ってことがよく分かる。


同様にスリッパも脱げやすいことは よく耳にするはなし。

2010年2月1日

全身用バイブレータで脳卒中リハビリ

Whole body vibration: Neuro-rehab applications
全身用バイブレータ



これをパーキンソン病や脳卒中後のリハビリに役立てよう、
という研究がいくつかなされたらしいけれど、

あんまり効果がないようです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

 無料メールマガジン:脳卒中をやったなら
 おぼえておきたい回復のヒント100
メールアドレス  例:stroke@example.co.jp


過去7日間で人気の記事ベスト10