2010年7月31日

エコノミークラス脳卒中症候群とは


Economy Class Stroke Syndrome after a Long Drive.
2010 7月 日本



長旅にともなうエコノミークラス脳卒中症候群とも言うべき病気があるそうな。

報告事例は極めてすくなく、

ある患者は、
62歳トラックドライバーの男性で、2日間ほとんど休まずに運転したところ、
左足の麻痺としびれに気づき 病院でMRIを撮ると、複数の脳梗塞巣が見つかった、とのこと。

心血管系に問題を抱えている人がなりやすいんじゃないか、という話。





疑問:トラックドライバーについての事例報告なのに 
"エコノミークラス" を付ける必然があるのかどうか…。

2010年7月30日

脳卒中後自動車の運転を再開できたひとは抑うつ感も少ない


Effect of Simulator Training on Fitness-to-Drive After Stroke: A 5-Year Follow-up of a Randomized Controlled Trial.
2010 7月 ベルギー



脳卒中経験者が自動車運転を再開するために
ドライブシミュレータを利用するのが良いのか、
認知リハビリ訓練を積むのが良いのか調べたそうな。

全体の約6割ほどの人が自動車運転を再開できるようになり、
ドライブシミュレータを利用したグループのほうが若干成績がよかった。

また、運転再開できた人たちには抑うつの傾向があまり見られなかった、とのこと。








たしかに自動車運転ができているときには妙な充実感があって
うつうつとした気分も一瞬で晴れる。

2010年7月29日

右脳を広くやられると喜びに鈍感になる?


Altered Neural Activity and Emotions Following Right Middle Cerebral Artery Stroke.
2010 7月 アメリカ



右脳へ血液を供給する中大脳動脈という太い血管が原因の
脳卒中になった患者は感情面での問題を生じやすいことがわかっている。

これをPETという脳の代謝が見える断層撮影装置を使って
さらに詳しく調べたそうな。

その結果、
喜びの感情処理に関連した脳領域の働きが弱くなってしまうことがわかった、とのこと。







自分は右脳の穿通枝動脈という末梢の血管が切れたのだけれど、
ときどき人前で笑いが止まらなくなったりすることがある。

病気前はそんなことはなかった。



関連する神経の働きが弱くなると、
鈍感になるのではなく
ムダな可笑しさを抑えることが難しくなるのかもしれない。

2010年7月28日

脳梗塞と脳出血の回復の過程の違い


Comparison of Recovery Patterns and Prognostic Indicators for Ischemic and Hemorrhagic Stroke in China. The ChinaQUEST (QUality Evaluation of Stroke Care and Treatment) Registry Study.
2010  7月 中国



6000人以上の脳卒中患者について、
脳梗塞脳内出血とでの回復過程の違いについて調べたそうな。

急性期での重症になりやすさと、その回復する速さは脳内出血患者のほうがどちらもずっと大きく、

一方 脳梗塞患者では、3ヶ月後、1年後の回復程度が脳内出血患者よりも2倍くらい良い。



脳梗塞患者では、糖尿病があると回復結果が良くない。

脳内出血では降圧薬をちゃんと続けられる患者は回復結果も良い、とのこと。









たしかに1ヶ月後くらいを境に、劇的に回復したのも
脳内出血ならではのこと、なのかもしれない。

2010年7月27日

屋外に出ると歩き能力の差が大きく出る


Walking speed and distance in different environments of subjects in the later stage post-stroke.
2010 7月 スウェーデン



発症後6ヶ月以上経った脳卒中患者36人について、
30メートルの最速歩行と、6分間連続歩行を行い、
屋内外での歩行スピード、歩行可能距離について調べたそうな。

結果は、
・30メートル歩行でのスピードは屋内外で差はなかった。
・歩行スピードが秒速0.8m以上の患者は屋外に出ると期待以上にずっと遠くまで歩けた。(もっと速くなった)
・秒速0.8m以下の患者は、屋外でもそれなりに やっぱり遅かった。


屋内で普通に歩けるからと言って、外でもガンガン歩けるとは限らない、って結論。

2010年7月26日

脳卒中になりたくなかったら塩を減らせ


Salt consumption and cerebrovascular diseases
2010 5月 クロアチア



血圧がどうの という問題ではなく、
脳卒中をふせぐにはとにかく塩分摂取量を減らすことが
重要だ、ってはなし。








疲れていたり、ストレスがたまっていたりすると、
塩と脳卒中のような因果関係のいまいちよくわからないこと
に対する注意がどうでもよく感じてくる。



ラーメンのスープを飲み干したり、
料理をわざと濃い味付けにしたり、
コンビニのおにぎりを食べまくったり、

と塩分過多の心当たりが数多くある。

2010年7月25日

急性期脳卒中患者には緩和ケアがひつよう


The palliative care needs of acute stroke patients: a prospective study of hospital admissions.
2010 7月 イギリス



急性期脳卒中患者緩和ケアの必要性を調べたそうな。

およそ200人の急性期患者について、
50%が中、強度の疲労を
また、痛みや不安感を感じていて、

25%が死への恐怖に怯えている。

66%が身体障害について不安に思い、
50%が家族に与えるショックを心配している、
ということがわかったそうな。






じゃ、 なにをしてあげられるのかな。

2010年7月24日

超早期リハビリはどんどんやるべき


An exploration of the association between very early rehabilitation and outcome for the patients with acute ischaemic stroke in Japan: a nationwide retrospective cohort survey.
2010 7月 日本



入院3日以内の急性期脳卒中患者にリハビリを開始させることの意義を検証したそうな。

その結果、超早期リハビリによって病状が悪化することはなく、
退院時の機能回復具合もよさそうだったのでどんどんやったら?、 とのこと。




個人的には、

超早期リハビリの重要性というよりは、

ベッドの上で3日も4日も刺激のほとんどない状態で
身動きすることも禁じられている環境こそが
問題なんじゃないか、と思う。


音楽ひとつ流れていない
集中治療室に1~2日いただけで 気が変になりそうだったことを思い出す。

せめて飛行機の音楽サービスくらいのことはあってもよいと思う。

2010年7月23日

脳卒中予防の要は血圧対策


5つのリスク要因で、脳卒中の原因の80%を占める。

疫学批判:2010年07月23日
(東北大学医学部教授のブログより)



脳卒中のリスク要因最大のものは
高血圧である、って内容。





高血圧をなめたらいかん!

2010年7月22日

脳卒中後の退院が遅れる理由は介護者が決まらないから


Factors associated with delayed discharges after inpatient stroke rehabilitation in Singapore.
2010 6月 シンガポール



脳卒中患者の在院日数は平均で約26日、
予定より遅れたケースでは平均約41日だったそうな。

遅延原因の主な理由は
退院後の介護者が決まらない、どうケアしたらよいかわからない

といった内容であった、とのこと。



オマケ:
2009年度の脳卒中患者平均在院日数ランキング

2010年7月21日

満腹食べると脳卒中になりやすい


Dietary restriction suppresses inflammation and delays the onset of stroke in stroke-prone spontaneously hypertensive rats.
2010 7月 日本

脳卒中になりやすいネズミを使って、
餌を半分しか与えないグループとそうでないグループとで
脳卒中になるまでの日数を比較したそうな。

餌半分のネズミは満腹ネズミより2倍の期間
脳卒中にならなかった、とのこと。

図:断食と脳卒中

血圧に変化はなく、

食事制限が血中の抗炎症物質の濃度を
高くする効果があったため と推測。

2010年7月20日

玉子をたくさん食べても心筋梗塞や脳卒中で死ぬことはない


Egg consumption and CHD and stroke mortality: a prospective study of US adults.
2010 7月 アメリカ



玉子を食べる量と心筋梗塞や脳卒中で死ぬ危険度との
関連を調べたところ、

どうやら
関連はなさそうだった、そうな。



たまごはコレステロールが多いから やたら食べるな、というのは眉唾

2010年7月19日

酒を飲んだ1時間後に脳卒中になりやすい


Alcohol and Acute Ischemic Stroke Onset. The Stroke Onset Study.

Study Shows Increase in Stroke Risk in the First Hour After Drinking Alcohol
2010 7月 アメリカ



400人近くの脳卒中患者について
飲酒後どれくらいの時間で脳卒中になったかを調べたそうな。

その結果、アルコールを摂った1時間後に最も 脳卒中になり易いことが
わかった、とのこと。


たしなむ程度ならいままで通り問題ないらしい。

2010年7月18日

鍼灸で失語症がなおった


An fMRI Study Showing the Effect of Acupuncture in Chronic Stage Stroke Patients With Aphasia.
2010 3月 香港



7人の脳卒中患者について麻痺側のツボを鍼灸刺激したところ、
失語症が治ってしまった人たちがいて、
その人たちをMRIでしらべるとウェルニッケ野の働きが良くなっていたそうな。

鍼灸は失語症に有効かも知れない、という話。






因果関係の検証のしようもない実験結果に
最新の診断技術をテキトーに使ってみることで泊付けをする。

磁気刺激療法なみの強引な話のもって行き方を感じた。

2010年7月17日

アルツハイマー患者は脳卒中になりやすい


Stroke Risk Increases in Alzheimer's Patients Even After Onset: Presented at ICAD
2010 7月 アメリカ



アルツハイマー患者はそうでない人に比べ、
60%以上も脳卒中になりやすいことがわかったそうな。



その理由はわかっていない。

2010年7月16日

脳卒中患者は歯医者にかかってよいのか


A new management approach for dental treatment after an ischemic stroke: a comparative study.
2010 6月 イスラエル



脳卒中後半年から1年間は脳卒中の再発予防の観点から
歯科治療はしないほうがよいという通説があるそうな。

それの確からさを検証した、とのこと。

脳卒中のすぐあとでも ちゃんと医者のアドバイスにしたがっていれば
歯科治療をうけても問題はない、という結果。




ワルファリンの影響で出血が止まらなくなる
という話はよく聞くけれど、
脳卒中の再発危険性については知らなかった。

2010年7月15日

脳卒中後の転倒をふせぐには    ビタミンD


What Works in Falls Prevention After Stroke?. A Systematic Review and Meta-Analysis.
2010 7月 オーストラリア



脳卒中患者の転倒をふせぐためにどんなことをすればよいのか、
過去の研究を調べてみたそうな。


唯一有効そうだったのは、
ビタミンDサプリメントを摂らせることだった、とのこと。



なぜか はわからない。

2010年7月14日

半側空間無視はヘモグロビンが多すぎても起こる


Neglect Is More Common and Severe at Extreme Hemoglobin Levels in Right Hemispheric Stroke.
2010 7月 アメリカ



右脳損傷の脳卒中患者のヘモグロビン濃度が
半側空間無視の程度にどう影響するかを調べたそうな。

その結果、脳損傷の大きさに依らず、
ヘモグロビンが少なくても多くても半側空間無視が起きやすく
なることがわかったそうな。


ちなみに
ヘモグロビンが多い状態は血液ドロドロを意味しているからかも知れない、とのこと。

2010年7月13日

脳卒中患者には睡眠が必要


Sleep disruption aggravates focal cerebral ischemia in the rat.
2010 7月 スイス



脳卒中後の脳の回復に睡眠がどのように影響するかをネズミを使って調べたそうな。

脳血管をしばって脳梗塞になりかけたネズミについて、
睡眠を妨害するなどしたのち 脳のダメージを調べた。

睡眠妨害をうけたグループはそうでないグループに比べ、
壊死してしまった脳組織の大きさが桁違いに大きかったそうな。





リハビリ病院での患者の多くがそうだったように
脳卒中後はよく眠ることが肝要、ということと理解。

2010年7月12日

リズムにあわせた歩行訓練がgood


Music therapy for acquired brain injury.
2010 7月 アメリカ



脳損傷患者のリハビリに音楽療法がどの程度有効なのかを
過去の研究成果から調べてみたそうな。

もっとも確からしい効果として、
リズムに合わせた聴覚刺激が歩行機能を著しく改善する
らしいことがわかったそうな。

2010年7月11日

小学生の高血圧は珍しくない


The incidence of asymptomatic hypertension in school children.
6月 日本医科大学雑誌



約2千人の小学生について血圧をしらべたそうな。

7%以上が高血圧で、
そのうち10%程度が肥満でもあった、そうな。






自分も高校生のときにはすでに、血圧が他人にくらべ
高いということを十分に意識していた記憶がある。

2010年7月10日

脳卒中後の残尿感は括約筋の麻痺のせい


Incomplete bladder emptying in patients with stroke: is detrusor external sphincter dyssynergia a potential cause?
7月 台湾



脳卒中患者の排尿不全の程度の頻度を調べたそうな。

3割くらいの患者に100ml以上膀胱に尿が残る排尿不全が見られ、
これは性別や脳の損傷部位には依らなかったそうな。

これは尿道括約筋に麻痺の影響があるためではないか、というはなし。







脳卒中後、やたら頻尿になった背景には
降圧剤の副作用の他に こういう理由もあるのかもしれない。

2010年7月9日

日本人の体重変化と脳卒中との関連


Body mass index, weight change and risk of stroke and stroke subtypes: the Japan Public Health Center-based prospective (JPHC) study.
7月 日本



多くの日本人について、5年以上にわたり、
その体重変化と脳卒中のなりやすさを調べたそうな。


女性については肥満であることと5年間で10%以上の体重増加
のある場合には脳卒中になりやすく、
男性についてはその傾向はほとんど見られなかった、とのこと。

2010年7月8日

麻痺側の靴のつま先の減りが異常にはやい

メモ

半年ほど前に新調した靴を見ておどろいた。

左足のつま先がなくなって布が見えている。




思い当たる点はある。



歩いていて つま先を路面にこすることがよくある。


でも これほどとは思っていなかった。

2010年7月7日

短下肢装具をつけたほうが安全


The ankle-foot orthosis improves balance and reduces fall risk of chronic spastic hemiparetic patients.
7月 トルコ



慢性期脳卒中患者で、なんとか歩ける人でも、
短下肢装具を着けることで歩行バランスが改善し、
転倒の危険性もグッと減ることこがわかったそうな。






この病気になって、足首の重要さを再認識した。

足首は非常に繊細な筋肉調節を多岐にわたり行っている場所で、
ここの感覚が鈍くなっただけで ほんとに 歩行上の不安
がこんなにも大きくなるものとは思ってもみなかった。

歩けるようになったくらいで自動車の
クラッチ調節をするなんて とんでもないことだった。



再びマニュアル車を運転できるようになるだろうか。

2010年7月6日

脳卒中では両半球間の脳波のシンクロが乱れる


Impaired neuronal synchrony after focal ischemic stroke in elderly patients.
6月 中国



脳卒中後の脳波の位相情報を調べたところ、
両脳半球での脳波の同期が著しく乱れることがわかったそうな。

同期の取れている患者は、その後の回復も順調だった、というはなし。

2010年7月5日

猫ひっかき病で失語症になった例


Expressive aphasia as a presentation of encephalitis with Bartonella henselae infection in an immunocompetent adult.
6月 アメリカ



59歳の失語症の患者を調べたところ、
脳画像や脳波には異常がなかった。

猫をいっぱい飼っていたようなので確認してみたら、
猫ひっかき病に感染していたそうな。

抗生物質を投与したところ、失語症の
症状が消えてしまった、とのこと。


猫ひっかき病(wiki)

2010年7月4日

子供の脳卒中の原因


Childhood stroke in Sweden I: incidence, symptoms, risk factors, and short-term outcome.
6月 スウェーデン



子供の脳卒中の原因をしらべたそうな。
平均年齢13歳の51人について、

その脳卒中発生率は10万人中2人未満で、
その危険因子として
経口避妊薬の摂取、喫煙、貧血が特徴的だった、とのこと。




脳卒中は おとな病ってことなのか…

2010年7月3日

脳卒中後の感覚刺激で脳ダメージを防ぐ


Mild sensory stimulation completely protects the adult rodent cortex from ischemic stroke.
6月 アメリカ



ねずみの脳血管を塞いで脳梗塞のきっかけをつくったあとに、
頬ヒゲ刺激を続けたら 壊死してしまうはずの脳組織に
別のルートから血液が流れこむようになって
ダメージゼロだったそうな。

この方法なら手術も薬も必要ないので人間にも応用できないかな、ってはなし。




よく

脳卒中になったら とにかく刺激豊富な環境に置け、と言う。

一方で病院での生活は 刺激とはほとんど無関係で
勝手に動けば怒られるし、
暇な時間ばかりですることもない。


工夫の余地あると思うんだよね。

2010年7月2日

階段昇り降り訓練支援用ロボットを開発


Innovative gait robot for the repetitive practice of floor walking and stair climbing up and down in stroke patients.
6月 ドイツ



片麻痺患者の階段の昇り降り訓練を補助する最新ロボット装置を開発したそうな。

G-EO-System という名称で、


調べてみるとこんなに大掛かりなものらしい。




なんと言うべきか…

2010年7月1日

80過ぎると降圧薬を使っても死亡率は変わらない


Treatment of hypertension in patients 80 years and older: the lower the better? A meta-analysis of randomized controlled trials.
7月 フランス



80歳以上の人について血圧の降圧薬による死亡率を調べたそうな。


脳卒中や心臓発作の発生率は下がるけれども、
死亡率は下がらなかった、とのこと。





80を超えて生きるほどの人は もともと生命力が強くて、
ちょっとやそっとの病気ぐらいでは人生を諦める
ということがないのだと理解した。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

 脳卒中をやったなら
 おぼえておきたい回復のヒント100(無料
メールアドレス  例:stroke@example.co.jp


過去7日間で人気の記事ベスト10