2010年11月30日

毎日できるオンライン上肢リハビリ 20分150円 24時間対応


Telerehabilitation in stroke care - a systematic review.
2010 11月 オーストラリア



遠隔リハビリテーションの可能性について過去の研究を
調べてみたそうな。

まともな研究の数は少なく、
その費用対効果もまったく不明ながら、

バーチャルリアリティを活用した在宅上肢リハビリ支援など
には効果的なようで、将来的には有望なんじゃないか…
という内容。

遠隔リハビリテーション


理学療法は無理っぽいけど、
作業療法ならビデオチャットができれば今すぐにでも代替可能な気がする。


オンライン英会話スクールのように
すっごい価格破壊が起きそうな予感。

2010年11月29日

タバコを吸う貧乏人は若くして重い脳卒中になる傾向


Socioeconomic Status and Transient Ischaemic Attack/Stroke: A Prospective Observational Study.
2010 11月 イギリス



社会経済的地位が低いと脳卒中になりやすいことが
漠然と知られている。

およそ500人の脳卒中患者について
その点をもうすこし詳しく調べてみたそうな。



社会経済的地位の低い脳卒中患者は地位が高い
患者に比べ10歳ほど若く、その病状は重い。

彼らは病院にかかることができないわけでもなく、

また 喫煙者であることも多い、という内容。

経済的地位と脳卒中

2010年11月28日

運動再学習計画に完敗  ボバースとはなんなのか


Can physiotherapy after stroke based on the Bobath concept result in improved quality of movement compared to the motor relearning programme.
2010 11月 ノルウェー


急性期脳卒中患者に対して、
ボバースアプローチとMotor Relearning Program:運動再学習計画
に基づいたリハビリのどちらが動作改善に役立つのかを調べたそうな。


さまざまな評価項目について
さまざまな評価方法で調べた結果、
ボバースアプローチが優れていた点は1つもなく、
ほとんどの評価について運動再学習計画のような
課題解決型のリハビリの方が圧倒的に優れていることがわかった、
という内容。



どこかボバースに対して悪意を感じる。


しかしボバースアプローチとはいったいなんなのか?
検索しても答えになるような説明が一切見つからない。

そもそも比較対照になるようなものではないような気がする。



一方こちらはわかりやすい
Motor Relearning Program:運動再学習計画(大山リハビリテーション病院のページより):
" Motor Relearning Program(以下MRP)は、行うべき運動を4ステップで構成しています。簡単に説明するとステップ1では正確な動作が出来ない原因を突き止めます。ステップ2ではその原因となる要素の練習を、ステップ3ではステップ2で練習した要素を踏まえて一連の動作練習、ステップ4では日常生活の中への動作の転移です。ここで重要となるのはステップ1~2はセラピスト(治療者)が中心となって施療するのですが、ステップ3~4は患者様が中心となった自主訓練であり、その中でセラピストは口頭による指導や介助を行うということです。"

2010年11月27日

脳卒中を経験したなら玉子は即刻やめるべき、と考えます。


Dietary cholesterol and egg yolks: Not for patients at risk of vascular disease.
2010 11月 カナダ



玉子のコレステロールは無害であると吹聴する
人々がいますがそんな戯言を信じてはいけません。

ましてや心筋梗塞や脳卒中を経験した人なら
玉子をやめるのは当然です、自殺行為です。

という内容。


そういえば
ちょっとまえに玉子はいくつ食べても安全という研究成果があった。



わたしは玉子かけご飯が大好きだ。
やめるつもりはない。

2010年11月26日

ツボと電気刺激のハイブリッド歩行リハビリ


Transcutaneous electrical stimulation on acupoints combined with task-related training to improve motor function and walking performance in an individual 7 years poststroke: a case study.
2010 11月 アメリカ



脳卒中後7年経った61歳の男性に、
経皮的電気刺激装置でその脚のツボに刺激を与えながら
歩行リハビリを行ったそうな。

4週間後、足首の痙縮もとれて歩行スピードが
非常に改善されたそうな。

その効果は4週間持続した、とのこと。



たぶんこんな感じ。
電気刺激で歩行リハビリ




病院でのリハビリ初日に、
自分の足のあまりの動かなさに、
低周波治療器をくっつけてガンガン電流を流せば
きっと良い刺激になるに違いない…と
素人なりに本気で考えたのを思い出す。

2010年11月25日

できるひとはサーキットトレーニングでさらなる向上を目指せ


Feasibility and Effectiveness of Circuit Training in Acute Stroke Rehabilitation.
2010 11月 アメリカ



特定の運動動作の反復練習による効果と
通常の入院リハビリのそれを比較したそうな。

サーキットトレーニンググループと
通常のリハビリグループにわけて調べたところ、
サーキットトレーニンググループでは
歩行スピードの改善度が2倍近くになった。

でも90日くらい経つと、両者の違いはなくなる、とのこと。

この種の運動プログラムを退院後にも継続することが
できるといいのに…という話。

サーキットトレーニングで脳卒中リハビリ


できる患者はガンガン トレーニングしてさっさと退院させて、
空いた時間を症状の重い患者に充てればよい。

そういうことが言いたいんじゃないかな、と思った。

2010年11月24日

イメージトレーニングは想ってるだけじゃダメ


Use of mental practice to improve upper-limb recovery after stroke: a systematic review.
2010 11月 アメリカ



脳卒中後の上肢リハビリへのイメージトレーニング
は本当に効果があるのかどうか、過去の研究事例を
調べてみたそうな。



研究事例の多くはその状況設定に多くの違いが見られたが、

イメージトレーニングと実際の上肢動作を組み合わせる
ことで改善効果が得られる、ということはわかった。



今後はどんなトレーニング内容が、どういったタイプの人に効いて、
どの程度持続するものなのか さらなる研究が必要である、
という話。

脳卒中イメージトレーニング

2010年11月23日

脳卒中になったらとにかく刺激を与えなさい


Sensory stimulation after stroke may help prevent brain damage, study finds
2010 11月 アメリカ



ネズミを人為的に 脳梗塞になりかけ状態 にした直後、
ヒゲを90分間刺激し続けたところ、
そうでないグループに比べ機能がフルに回復したそうな。


解剖して脳を調べると損傷をうけた血流ルートを
迂回するように新たな血液の流れができていることがわかったとのこと。


人間に応用するためには、身体や唇、指などを刺激する他に、
聴覚や視覚を通した刺激も有効かもしれないな…
という話。

2010年11月22日

子供時代:両親が離婚→大人になって脳卒中


Children of divorce may be at higher risk of stroke
2010 11月 カナダ



13000人あまりについて調査した結果、
幼少時に両親が離婚した経験を持つ人は、
大人になってからの脳卒中リスクが2倍になること
がわかったそうな。


なぜそうなるのかは不明。

ストレスとの付き合い方に問題を抱えるんじゃないか…
というはなし。



自分も同様の経験を持つので
理解できない話ではなかった。

2010年11月21日

脳卒中患者に血圧の自己管理なんて出来っこない、と思っていました。ごめんなさい。


Are stroke patients' reports of home blood pressure readings reliable? Cross-sectional study.
2010 11月 イギリス



脳卒中患者が家庭用血圧計で記録する内容に
はたして信頼が置けるものかどうか調べたそうな。


平均73歳の脳卒中患者39人に1年あまりにわたり
家庭用血圧計で自らの血圧を手帳に記録させて
その内容と
血圧計の内部メモリの記録とを照合した結果、
ほとんど完璧に一致していた、とのこと。



病院での計測結果はしばしばアテにならないので、
こういう計測記録は貴重である、という内容。



2010年11月20日

お薬の助けを借りて幻覚を見ながらのリハビリも良し


Safety of Pharmacological Augmentation of Stroke Rehabilitation.
2010 11月 スイス



脳卒中リハビリに際し、
レボドパ、AChE 阻害薬、選択的セロトニン再取り込み阻害薬
等の薬の助けを借りることの安全性と効果を調べたそうな。


一部の患者で幻覚、せん妄、精神錯乱、尿失禁などの副作用が
見られたけれども、薬を投与されていたグループの方が
概ね機能改善の程度は大きかった、とのこと。


副作用に注意すればこういった薬の利用は有効である、という内容。



2010年11月19日

警告:総コレステロール160未満は超キケン


Blood Pressure and Total Cholesterol Level Are Critical Risks Especially for Hemorrhagic Stroke in Akita, Japan.
2010 11月 日本



日本人15万人以上について、脳卒中のなりやすさの
要因について調べてみたそうな。

・人数の割合、脳出血:27%、脳梗塞56%、くも膜下出血17%

・脳出血と脳梗塞は男性に多く、くも膜下出血は女性に多い

・総コレステロール160mg/dl 未満は脳出血とくも膜下出血に、
280mg/dl 以上だと脳梗塞になり易くなる。

ということがわかった、とのこと。

血圧に注意するのは言うまでもないことだけれど、
総コレステロールが160を下回らないように心がけよう
という内容。





集中治療室に運ばれた直後に医者から、
『コレステロールが140しかないよ、
ちゃんとご飯食べてないんだろうっ!』
とキツーく言われたことを思い出した。


コレステロールはホント大切。

2010年11月18日

ワルファリンとサプリメントの危険な関係


Herbal supplements with Warfarin can increase risk of stroke and bleeding
2010 11月 アメリカ



ワルファリン利用者がハーブやビタミンのサプリメントを摂ると
出血やさらなる脳卒中の可能性が高くなることが知られているが、
実際に患者がどの程度意識しているのか を調べたそうな。


100人のワルファリン利用者のうち
3分の2は何らかのサプリメントを摂っていて、
47人は非常に危険な組み合わせのものであった、
とのこと。


サプリメントを摂るなら医者に相談しなさい、
って内容。



ワルファリンと健康食品との相互作用(愛知県薬剤師会)

2010年11月17日

高齢になるとお金があるほど脳梗塞のキケン


Incidence of ischaemic stroke according to income level among older people: the 3C study.
2010 11月 フランス



これまでの研究から、低所得者ほど脳卒中になりやすい
と考えられている。

65歳以上の高齢者9千人以上について
これを検証したそうな。


その結果、
家計収入額の高い人はそうでない人にくらべ
8割ほど脳梗塞になりやすいことがわかった、
とのこと。




若い時に一生懸命に働いて、偉くなって、お金をいっぱい貯めて
定年後に楽をしようと思っていたら脳梗塞になって

結局 財産はすべて孫に…

そういうことかな。

2010年11月16日

たくさん寝ると脳卒中になりやすい 女性限定


More sleep may trigger stroke risk in women
2010 11月 アメリカのブログ



10時間以上睡眠を取る女性は、
7時間睡眠の女性よりも6割ほど
脳卒中になりやすくなることがわかった、
という話。



単に不活発なゆえに血管が詰まりやすくなる
ってことのような気がする。



2010年11月15日

ビタミンDは少ないといろいろ問題ありそう


Vitamin D deficiency doubles the risk of fatal stroke in whites but not in blacks, study finds
2010 11月 アメリカ



一般に黒人は白人に比べ6割以上も脳卒中になり易い
ことが知られている。
また、ビタミンD欠乏症も起きやすい。

そこで、
ビタミンD欠乏症と脳卒中死亡率との関係を調べたところ、
なぜか白人がビタミンD欠乏になると その死亡率が2倍
になることがわかった、という話。


白人、黒人合計8000人について
ビタミンD欠乏症の割合は、白人7%、黒人32%で、
一方、死亡者数は
白人116人、黒人60人だったそうな。


理由は不明。


ビタミンDは転倒予防にもなるし、
とりあえず不足しないに越したことはない、ってことと理解。


2010年11月14日

麻痺してない方の足を鍛えると麻痺足もついでに強くなる


Bilateral neuromuscular plasticity from unilateral training of the ankle dorsiflexors.
2010 11月 カナダ



手足の一方のみで学習した内容がもういっぽうの手足に
伝わる現象があり、"クロスエデュケーション効果"と呼ばれている。
これを脳卒中片麻痺患者の弱った足首筋力の改善に
利用出来るかどうかを調べたそうな。


その結果、麻痺していない方の足首を激しく鍛えることで、
麻痺側の足首の筋力も改善されることがわかった、とのこと。


"cross-education effect"って
"両側性転移" とも呼ばれているようで、
バスケのドリブルを右手だけで練習していた選手が
とつぜん左手でもドリブルできるようになる現象、
ってな説明があった。




ふにゃ足首には困っているので意識してみよう。

2010年11月13日

パキスタンの脳卒中事情


Frequency of cerebral infarction and haemorrhage in the patients of stroke.
2010 11月 パキスタン


100人の脳卒中患者について
その内訳を調べたそうな。

・男性が70%、女性が30%

・51-60歳が26%
61-70歳が26%
71-80歳が18%

・脳梗塞が72%、脳出血が28%

・平均血圧が180/100mmHg


高血圧が最も共通の危険因子であった、とのこと。






自分の場合も血圧が まさにそのくらいだったのを思い出す。

2010年11月12日

一本丸太の上で脳の可塑性がアップ


Early motor balance and coordination training increased synaptophysin in subcortical regions of the ischemic rat brain.
2010 11月 韓国



脳梗塞にしたネズミを
・なんにもしない
・通常の歩行訓練
・トレッドミル
ロータロッド(写真下)
の4つの場合にわけてその改善程度を調べたそうな。




ロータロッドに乗っけられていたネズミは
他のグループに比べ四肢の運動機能などが
著しく改善し、脳の可塑性が高まったことを示す
神経伝達物質の類がたっぷりと検出された、とのこと。




問題は人に どうやって応用するか… ってこと。

2010年11月11日

拡張現実上肢リハビリ、新ゲーム


Augmented Reality Games for Stroke Rehabilitation (University of Ulster)
2010 11月 イギリス



拡張現実技術を使った新しいゲームのつづき。


立方体を握る手の先にある液晶モニターに
画面左側の映像が表示される。


ひとりピンポンはさみしい。

2010年11月10日

ドコサヘキサエン酸 vs 脳梗塞


Fish oil can limit brain damage
2010 11月 アメリカ



DHA(ドコサヘキサエン酸)には脳卒中直後の
脳のダメージを おもいっきり抑える働きがあることがわかったそうな。


発症後5時間の時点で、
DHAがあることによって脳組織の破壊が59%も
減った、とのこと。



日頃から摂っていればもっとよいことが
あるんじゃないか…という予感。

2010年11月9日

ミラーセラピーは効果が持続しない


Motor Recovery and Cortical Reorganization After Mirror Therapy in Chronic Stroke Patients: A Phase II Randomized Controlled Trial.
2010 11月 オランダ




慢性期脳卒中患者の上肢リハビリに
ミラーセラピーがどの程度有効かを調べたそうな。



40人の患者について6週間のミラーセラピー
のあるグループとないグループに分けて比較した。


ミラーセラピーの効果は限定的で、
しかもそれが持続しないことがわかった。

また、対応する脳活動領域に若干の変化が示唆された、
という内容。




ミラーボックス療法

2010年11月8日

FASTキャンペーンって知ってた?


Is FAST stroke smart? Do the content and language used in awareness campaigns describe the experience of stroke symptoms?
2010  11月 オーストラリア



脳卒中の初期症状の周知とその早期対応を促すFASTキャンペーン
の効果がはかばかしくなく、

脳卒中患者とその関係者の10%程度しかそれを
きいたことがなかった。

その詳しい内容となると
ほとんど知られていなかった、という残念な話。






FASTキャンペーンって世界的にやっていたものらしい。
下記ビデオをいちどみたことがあったが、

FASTがなにを表すか なんて1つも憶えていなかった。

すっげぇ面白いビデオじゃよ。

2010年11月7日

脳梗塞の5年再発率は…


Recurrent ischemic events in young adults after first-ever ischemic stroke.
2010 11月 フィンランド



15-49歳の脳梗塞患者について、
その5年以内での再発率を調べたそうな。

心筋梗塞を含む再発率は、23%
ほどになることがわかった という内容。

2010年11月6日

週末の脳卒中入院は少しキケン


Strokes 12% more deadly on weekends, study shows
2010 11月 カナダ



脳卒中で入院した人の死亡率を調べたところ、

平日に入院した人よりも、
週末、土日に入院した人は 12%ほど
死亡率が高かったそうな。

理由を調べてみたけれどもよくわからなかった、
という内容。





思い出してみると、
救急病院に入院していたときは
週末になると看護師が2人で40人以上の
患者を看ていた。

そういうときは
ナースコール押しても来ない。

10%くらいの死亡率上昇は充分に理解できる。

2010年11月5日

ビタミンEサプリで脳出血リクスアップ!


Vitamin E linked to increased risk of some strokes
2010 11月 BBCニュース



ビタミンEサプリを摂る人は脳出血になる
危険性が2割以上増える、ということがわかったそうな。


脳梗塞の予防に少しは良いみたいだけれども
脳出血の危険性を考えると見境のないビタミンE摂取は
禁止したほうがいいんじゃないか、というはなし。

Effects of vitamin E on stroke subtypes: meta-analysis of randomised controlled trials.


2010年11月4日

デルタレゾナンスを1年以上愛用しています。




デルタレゾナンスは、
バイノウラルビート(binaural beat)反応という
人の持つ自然な聴覚機能を利用して

暇な時間にも効率よく脳に刺激を与え続ける
ことができる音響ファイルです。


こちらのサイトで入手できます。


ダメージを負った脳は、刺激の多い環境に置かれると
その可塑性が促されることが多くの研究からわかっています。



当時、他に試すことができるものがなかったため
ダメもとの気持ちで利用し始めました。





もしこれに出会えていなかったら…

と思うとかなり怖い気がします。




頭がとても冴えるので、

毎日ブログの更新をする際には、必ずこれを聴いています。


デルタレゾナンス使用者の感想

上肢機能が劇的に回復する夢の薬ができるかも


Otago research uncovers potential for stroke victims to dramatically regain mobility
2010 11月 ニュージーランド



ネズミの実験で、
脳卒中発症後3日経った(人間では3週間相当)時点で
ある薬を与えたところ、
麻痺していた上肢機能が50%あまり回復
してしまうことがわかった、とのこと。


この薬は脳卒中後死んでしまったか休眠してしまった
と思われる神経細胞を活性化する働きがあるそうな。

神経伝達物質GABAをブロックする働きがあるとのこと。


早く人間で実験したい、という話。

Reducing excessive GABA-mediated tonic inhibition promotes functional recovery after stroke.


2010年11月3日

脳卒中後のくるまの運転、結局 自分次第


The Safety of Driving a Commercial Motor Vehicle After a Stroke.
2010 10月 アメリカ



脳卒中後の自動車運転復帰について
過去の研究からその指導方法について見直したそうな。


神経心理テストの類でその人が交通事故を起こすか
どうかなんてことはわからない、ということがわかった。


とりあえず発症後1年間は運転を控えて、
周囲の人々の評価を得た後、
慎重に運転を始めてください、

という内容。






自分は10ヶ月後に再開した。

当初はかなり危なかった。
よく事故にならなかったなぁ…
と思うようなキワドイシーンに何度か遭った。


いまも緊張する。
以前よりもずっと慎重な運転になった。

どうやらトラックドライバー向けの話のようだ。

2010年11月2日

最低血圧は低けりゃいいってものでもない


Diastolic Blood Pressure Levels and Ischemic Stroke Incidence in Older Adults With White Matter Lesions.
2010 10月 アメリカ



大脳白質病変を抱える高齢者が
脳梗塞になる危険性を調べたそうな。



最低血圧が高い(>80mmHg)のはもちろんのこと、
69mmHgより低くても、脳梗塞になり易くなることがわかった、とのこと。




大脳白質病変は症状がなく、高血圧が原因と考えられていて
高齢者にはよくあること。

2010年11月1日

鉄欠乏性貧血小児は脳卒中のキケン


Severe iron deficiency anaemia and ischaemic stroke in children.
2010 10月 イギリス



小児にはしばしば鉄欠乏性貧血が見られる。

どうやら鉄欠乏性貧血と小児脳卒中との間には
強い関連性があるらしい、という内容。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

 無料メールマガジン:脳卒中をやったなら
 おぼえておきたい回復のヒント100
メールアドレス  例:stroke@example.co.jp


過去7日間で人気の記事ベスト10