2015年3月31日

アミノ酸のシステインが脳内出血予防にすごく効くことが明らかに


Dietary Cysteine and Other Amino Acids and Stroke Incidence in Women
2015  3月  スウェーデン

アミノ酸のシステインには血圧を抑えたり抗酸化効果が期待できる。

そこでシステインの摂取量と脳卒中との関連を調べてみたそうな。


健康な女性34250人に食事アンケートをとって、脳卒中の発生を10年間追跡調査したところ、


次のようになった。

・この間に1751件の脳卒中があった。

・システインの平均摂取量は1日あたり635mgで、

・システインを多く摂るほど脳卒中リスクは低下した。

・ほとんど摂らない人に比べシステインをたっぷり摂る人の脳卒中リスクは21%低かった。

・脳卒中の種類別では、脳梗塞リスクが18%減、脳内出血では46%減だった。

・他の種類のアミノ酸と脳卒中との間には関連はまったく見られなかった。


システインを摂るほど脳卒中になりにくくなるのだろう、


というおはなし。
システイン

感想:

脳内出血予防にめっちゃ効くってこと。

システインを多く含む食品にはどんなのがありますか? (Yahoo知恵袋)

動物性のたんぱく質をガッツリ食べてればいいんだな。

2015年3月30日

大気汚染と脳卒中 PM2.5はどう危険なのか


Short term exposure to air pollution and stroke: systematic review and meta-analysis
2015  3月  イギリス

大気汚染と脳卒中の関連を 短期的な影響に絞って調べてみたそうな。


大気汚染物質への曝露と、その7日以内の脳卒中の発生について述べた過去の論文を厳選し、データを統合 再解析したところ、


次のことがわかった。

・2748の論文から94件抽出し、28カ国、600万件以上のデータを得た。

・脳卒中での入院、死亡は、COやSO2,NO2濃度に従って増加した。

・粒子状物質PM2.5およびPM10についても同様だった。

・オゾンとの関連は非常に弱かった。

・特にPM2.5との関連は強く、影響が持続した。


ガス状および粒子状物質の大気汚染が、ほんの数日で脳卒中での入院、死亡に影響することがわかった、


というおはなし。

PM2.5 PM2.5の持続力


感想:

花粉と脳卒中の影響を調べてもらいたいねぇ、、と思って検索してみた。

ひとつみっけ。

2015年3月29日

脳内出血患者の「蘇生措置拒否」を指示しなかったところ 死亡するはずの患者が元気になった


Full medical support for intracerebral hemorrhage
2015  3月  アメリカ

脳内出血の予後予測スコアに反して蘇生措置拒否(DNR)指示をださなかった場合でも、
ひょっとして死亡率は高くもなく回復もいいんじゃないか、、という考えを検証してみたそうな。


5箇所の医療施設に入院した脳内出血患者でDNR指示の無いケースについて調査したところ、


次のようになった。

・平均年令62、109人の患者を対象とした。

・血腫の大きさは平均39ccで 症状スコア予測では30日死亡率は50%とされた。

・ところが実際の死亡率は20.2%にしか達しなかった。

・90日時点では 27.1%が死亡し、21.5%が重度の障害を負う一方、

・29.9%は機能回復良好で、さらに21.5%はやや重症な程度に落ち着いた。


脳内出血患者へガイドラインに沿った蘇生措置拒否の指示を出さなかったところ 従来予想に反して死亡率がかなり低かった。機能回復も悪くはなかったので いままでのやり方ちょっと変えたほうがいいんじゃね?


というおはなし。

蘇生措置拒否

感想:

DNRを認めると必要なサポートが為されなくなって、積極的に死なせるように状況が推移してゆくのかね。

2015年3月28日

TIAや軽い脳卒中のあと再発する割合は、、


Four Year Follow Up of Transient Ischemic Attacks, Strokes, and MimicsA Retrospective Transient Ischemic Attack Clinic Cohort Study
2015  3月  イギリス

軽症脳卒中やTIA患者に迅速に対応する専門外来「TIAクリニック」を訪れた患者のその後を調べてみたそうな。


1万人あまりの患者を約4年間追跡調査したところ、


次のことがわかった。

・患者の内訳はTIA32%、軽症脳卒中18%、類似症状50%だった。

・その後脳卒中になった者は、TIAの7.1%、軽症脳卒中の10.9%、類似症状の2.0%だった。

・TIAまたは軽症脳卒中患者が90日後に脳卒中になる割合は1.3%だった。

・類似症状者と比べた時の死亡リスクは、TIAで1.7倍、軽症脳卒中で2.2倍だった。

TIAや軽症脳卒中になった患者が90日後にまた脳卒中になる割合が通常よりも小さかった。TIAクリニックは効果があるのかも知れない、


というおはなし。
TIAクリニック

感想:

通常 TIAのあと5%くらいの人が数ヶ月以内に脳卒中になるという。でも1年、2年経つと 再発する人はやっぱり再発するんだと思う。

患者の半分が類似症状者だから、TIAクリニックってのは人騒がせな患者をフィルタリングする役割も担ってんだろな。

2015年3月27日

日本人の脳卒中が起きやすい曜日がわかった!


Weekly variations of stroke occurrence: an observational cohort study based on the Kyoto Stroke Registry, Japan.
2015  3月  日本

週の中で脳卒中がもっとも起きやすい曜日を調べてみたそうな。


京都脳卒中患者データベースから過去11年間の1万3千人あまりの患者データを抽出し 解析したところ、


次のことがわかった。

・日曜日を基準にしたときの各曜日の脳卒中の起きやすさの比は、月曜1.16、火曜1.10、水曜1.06、木曜1.09、金曜1.05、土曜1.07で、月曜日がもっとも高かった。

・脳卒中の種類別では、脳梗塞で月曜が高く、年齢や性別に依らなかった。

・脳内出血、くも膜下出血と曜日との関連は見いだせなかった。


脳梗塞でのみ曜日ごとの周期性が見られた。背後に脳梗塞のきっかけになるメカニズムがあるのかもしれない、


というおはなし。
京都の脳卒中

感想:

脳梗塞は進行が緩やかなものも多く、「今日は日曜だから我慢して明日 病院に行きましょう」って考える人が多いだけだと思った。

2015年3月26日

iPadアプリを使う自宅でできる失語リハビリの効果について


Effectiveness of an impairment-based individualized rehabilitation program using an iPad-based software platform
2015  1月  アメリカ

iPadを使った脳卒中患者の失語治療効果を調べてみたそうな。


脳卒中で失語症の患者51人にiPadを配布し、週に1回1時間x10週間の専門家によるiPadを使った言語リハビリを行った。

このうち49人には1人でできる複数の言語訓練アプリを個別に選んでiPadにインストールし、自宅での訓練を強制ではなく 推奨した。


次のようになった。

・自宅訓練グループのiPad使用時間は、週に平均4時間8分で、17時間使う猛者もいた。

・自宅訓練グループでのみ言語、記憶、実行、注意力の有意な改善が見られた。

・その改善程度は、失語症が重いほど大きかった。


タブレットを使って患者ごとに最適化した失語訓練方法の成果を確認できた、


というおはなし。

iPadアプリ

感想:

論文にアプリ名が無かったのでそれらしいものを探してみた。英語版はいくつもあるけど 日本のは??って感じだったなぁ。

2015年3月25日

不安を訴える脳卒中経験者にCDを渡した


Self-help relaxation for post-stroke anxiety: A randomised, controlled pilot study.
2015  3月  オーストラリア

脳卒中経験者の不安対策にリラクゼーショントレーニングを試してみたそうな。


不安スコアの高い脳卒中経験者21人を2グループに分け、一方にリラクゼーションの自律訓練を週に5回x1ヶ月間以上行った。

自律訓練は、専門家の立会いなしでできるようCDを利用した。


次のようになった。

・リラクゼーションの自律訓練を受けたグループでは 明らかに不安が低下した。

・1か月後、自律訓練グループ10人中7人が訓練を完遂し、その後も継続した。

・この訓練方法は、簡単でかつ経済的、副作用はほとんどなし が特徴だった。


不安を抱える脳卒中経験者にリラクゼーション用自律訓練CDを与えたところ、不安が低下した、


というおはなし。


感想:

この種の問題で薬に頼らないところがエライ。

2015年3月24日

くも膜下出血経験者の注意欠陥について


Attention Deficits After Aneurysmal Subarachnoid Hemorrhage Measured Using the Test of Variables of Attention
2015  3月  スウェーデン

くも膜下出血経験者の注意力を調べてみたそうな。


回復良好なくも膜下出血経験者について注意力テスト(TOVA)を行った。

別の種類の注意力テスト(MADRS と MoCA)の結果とも比較した。


次のようになった。

・TOVAでは58%が注意欠陥とされた。

・特に、刺激に対する反応性のミスが多かった。

・TOVAと他のテスト結果との関連性は見られなかった。


くも膜下出血経験者の注意欠陥はよくあることだった、


というおはなし。
動脈瘤性くも膜下出血


感想:

注意欠陥というと右脳損傷がすぐに思いつくけど、どうして注意力に問題を生じるのかよくわかってないんだよね。

2015年3月23日

6ヶ月後の認知障害の割合と飲薬との関係


Cognitive impairment six months after ischaemic stroke: a profile from the ASPIRE-S study.
2015  3月  アイルランド

脳卒中のあとの認知障害の特徴と要因について調べてみたそうな。


発症後6ヶ月の脳梗塞患者256人について調査したところ、


次のことがわかった。

・56.6%が認知障害を持っていた。

・女性であること、脳血管障害歴、が関連の強い要因だった。

・降圧薬、抗凝固薬の使用は認知障害のリクス低下になったものの、

・薬の種類が増えるに従って認知障害もひどくなる傾向があった。


脳卒中後6ヶ月時点で、認知障害が半数以上もの患者に見られた。しかし二次予防の投薬治療には認知障害予防効果があるかもしれない、


というおはなし。



感想:

自覚できていない認知機能上の問題があるのではないか、、という恐怖感が常にある。

でもそのおかげで自省的になり、脳卒中前に比べると ある意味マトモになってきている気もする。

2015年3月22日

人生に目的を持つ高齢者の脳には梗塞が寄りつかないことが明らかに


Purpose in Life and Cerebral Infarcts in Community-Dwelling Older People
2015  3月  アメリカ

人生に意義と目的を感じている状態では病気のリスクが低下するという。

そこで、高齢者の人生の目的度と脳梗塞との関連を調べてみたそうな。


1700人以上の高齢者に毎年、人生の目的度を調べるアンケートを行った。

彼らの死後、脳を摘出してスライスし、梗塞の数をカウントした。

梗塞は、ラクナ梗塞などの目に見えるマクロなものと、顕微鏡下でみえる小さなミクロなものに分類し、人生の目的度との関連を解析した。


次のようになった。

・調査期間中に453人分のデータが集まった。

・マクロな梗塞は34%にみつかった。

・ミクロな梗塞は28%にみつかった。

・人生の目的度が高いほど、マクロな梗塞は少なかった。

・しかしミクロな梗塞数との関連はみられなかった。

・この傾向は肥満度、喫煙、糖尿病、血圧、運動不足などを考慮に入れても同様だった。


人生の目的は脳の梗塞数に影響するのかもしれない、


というおはなし。

人生の目的と梗塞の数
感想:

高齢になっても抱き続ける人生の目的ってなんだろうな、、、

2015年3月21日

「あなたの父方の祖母は脳卒中でしたか?」「知りません」


Stroke patients' knowledge about cardiovascular family history - the Norwegian Stroke in the Young Study (NOR-SYS).
2015  3月  ノルウェー

心血管疾患の家族歴の有無は 脳卒中のリスク要因とされている。そこで、若年脳卒中患者が家族歴をどの程度認識していたのか調べてみたそうな。


15-60歳の脳梗塞患者257人に面談して、両親、父方母方の祖父母の心血管疾患の有無について調査したところ、


次のことがわかった。

・心血管疾患の家族歴は59%の患者で確認できた。

・脳卒中に限定したときの家族歴は、父親で18.7%、母親が17.9%だった。

・祖母の心血管疾患歴を「知らない」と答えた割合は、父方祖母で45.5%、母方祖母で32.4%だった。

・男性に比べ女性患者の方が家族歴に詳しかった。

・脳卒中の家族歴よりも冠動脈疾患の家族歴をよく記憶していた。


若年脳卒中患者の心血管疾患の家族歴の割合は高かった。女性の方が家族歴に詳しく 母方の家系についてよく知っていた、


というおはなし。
家族歴

感想:

母方の家系で脳卒中が多かったのでずーっと気にはしていた。でも気にしていただけで予防に良さそうなことはほとんどしていなかった。

2015年3月20日

ホームレスが30年以内に脳卒中になる可能性を推定してみた


Cardiovascular risk factors and 30-year cardiovascular risk in homeless adults with mental illness.
2015  3月  カナダ

脳卒中などの心血管疾患はホームレスの主な死因である。そこで、ホームレスの心血管疾患リスクとその要因について調べてみたそうな。


精神疾患を抱えたホームレス352人について調査し、30年間の心筋梗塞、脳卒中などの心血管疾患発症リスクを推定したところ、


次のことがわかった。

・30年心血管疾患リスクは24.5%で、通常の人の2倍以上だった。

・このリスクは男性で大きく、

・非白人で小さかった。

・特に薬物依存にあると高かった。


精神疾患のあるホームレスが30年間に心血管疾患を発症するリスクは高く、特に男性や薬物依存者で高かった、


というおはなし。

ホームレス

感想:

あれほどの過酷な環境で生活していてリスクそんなもんなのかい?って印象。そもそも30年間もホームレス状態が続くと仮定する研究者もどうかしてる。

2015年3月19日

勃起力を取り戻す 脳卒中経験者の骨盤底筋トレーニングとは


The effect of pelvic floor muscle training on sexual function in men with lower urinary tract symptoms after stroke.
2015  3月  デンマーク

勃起障害と下部尿路症状(排尿困難、頻尿)は脳卒中を経験した男性によく見られる。

そこで、骨盤底筋トレーニングで下部尿路症状のある男性の勃起機能が改善するものかどうか実験してみたそうな。



60-74歳、30人の男性脳卒中経験者を2グループに分け、一方には骨盤底筋トレーニングを12週間おこなった。

この前後で国際勃起機能スコア (IIEF-5)をアンケート調査し、比較した。


次のようになった。

・12週間後、骨盤底筋グループで勃起スコアが大きく改善した。

・さらに6ヶ月後、勃起スコアの低下度はトレーニングしなかったグループで大きかった。

・両グループ間での12週後の勃起度の差は 有意なレベルではなかった。


下部尿路症状のある脳卒中経験者の勃起機能は 骨盤底筋トレーニングで短期的かつ長期的に影響を受けた。しかし有意な違いではなかった、


というおはなし。


骨盤底筋トレーニング


感想:

「さっそくうちのおじいさんにもやらせなきゃ (*´ェ`*)ポッ」
国際勃起機能スコア ←


2015年3月18日

軽い脳卒中のあとの1年内再発率と患者の特徴


Prediction Factors of Recurrent Ischemic Events in One Year after Minor Stroke.
2015  3月  中国

軽い脳卒中のあと、その再発リスクは高い。そこで1年以内の再発リスクを要因別に見積もってみたそうな。


心臓が原因でない神経症状の軽い(NIHSSスコア3以下)脳梗塞患者863人を1年間フォローしたところ、


次のことがわかった。

・6.1%が1年以内に脳梗塞またはTIAを再発した。

・各リスク要因と再発しやすさの比は、

*入院時の神経症状がさらに軽い 1.75倍
*冠動脈疾患歴 2.62倍
*重度の狭窄または主要脳血管の閉塞 4.68倍
*新規の複数の脳梗塞2.61倍 


軽症脳卒中患者の中には脳梗塞やTIAを非常に再発しやすい人たちがいる、


というおはなし。

脳卒中再発

感想:

たいした症状でもないのに「脳卒中、脳卒中!」と騒ぎ立てる状況が存在し得るってことなのかな。昔なら我慢で乗り切っていたであろうような、、

2015年3月17日

高血圧の脳卒中予防には葉酸サプリメントが効くことが判明


Efficacy of Folic Acid Therapy in Primary Prevention of Stroke Among Adults With Hypertension in ChinaThe CSPPT Randomized Clinical Trial
2015  3月  中国

葉酸(ビタミンB9)の脳卒中予防効果はよくわかっていない。

そこで高血圧患者に葉酸を与えてみたそうな。


2万人あまりの高血圧患者を2グループに分け、一方には降圧薬に葉酸(0.8mg)を加え、他方には降圧薬のみを与えて4年半脳卒中の発生を追跡した。


次のようになった。

・葉酸グループの2.7%、葉酸なしグループの3.4%が脳卒中になり、

・脳卒中リスクは21%低下した。

・脳卒中の種類別では 脳梗塞のリスクが24%低下する一方、

・脳出血リスクにグループ間で有意な差は認められなかった。


高血圧の患者に葉酸サプリメントを与えたところ、脳卒中の発症リスクが有意に低下した、


というおはなし。

図:葉酸サプリと脳卒中リスク

感想:

ビタミンB系は脳卒中予防に役立たずのイメージがあったけどちょっと見なおした。2万人だから、、

2015年3月16日

血圧の低い脳卒中経験者の死亡率がやたら高いことが判明


Systolic Blood Pressure and Mortality After Stroke: Too Low, No Go?
2015  3月  アメリカ

最近の研究で、血圧は低ければ良いというものではないことがわかっている。

そこで、脳卒中経験者の収縮期血圧と死亡率との関連を調べてみたそうな。


米国全国健康栄養調査の登録記録から脳卒中経験があって基準血圧のわかる被検者を抽出し、2年後の死亡率との関連を解析したところ、


次のようになった。

・455人ぶんのデータが集まった。

・基準血圧で3グループに分けたとき、19%は血圧120mmHg未満、31%が120-140mmHg、50%が140mmHgより高かった。

・2年後の累積総死亡率は、順に11.5%,8.5%,7.5%で血圧の低いグループで最も高かった。

・血管疾患死亡率も同様だった。

・血圧の高いグループに対する、低いグループの死亡リスクは2倍だった。

・普通血圧グループと比較しても低いグループの死亡リスクは有意でないまでも高かった。


脳卒中のあと、収縮期血圧の高いグループに比べて低いグループでは死亡率が高かった、


というおはなし。
血圧


感想:

今年に入ってから降圧薬は一切飲んでいない。(良い子は真似しないでね)

2015年3月15日

介護のプロに面倒みてもらうとウツになることが明らかに


The effect of post-stroke depression on rehabilitation outcome and the impact of caregiver type as a factor of post-stroke depression.
2015  2月  韓国

脳卒中後のウツがリハビリに及ぼす影響とリスク要因、特に介護者の特徴について調べてみたそうな。


 226人の脳卒中患者の記録を解析した。

ウツの測定はリハビリ病院に転院して3-4週間後に行った。


次のことがわかった。

・ウツスコアの高い患者の退院時の身体機能、生活動作の自立度は低かった。

・左脳に損傷のある患者はウツスコアが高かった。

・介護者が家族ではなくプロの場合もウツスコアが高かった。


脳卒中後のウツは機能回復にネガティブな影響があった。右脳損傷患者や介護者が家族の場合にはウツになりにくかった、


というおはなし。

プロの介護者


感想:

右脳損傷のほうがなりやすいと思ってた、、

2015年3月14日

なぜ運動不足を放置し続けていたのか?脳卒中になるまで


Patients' knowledge regarding modifiable risk factors of stroke.
2015  1月  ポーランド

脳卒中になるリスク要因のうち運動不足は改善可能である。

脳卒中になったばかりの患者がこれをどの程度認識しているものか調べてみたそうな。


脳卒中で入院9日以内の患者96人に面談して、知っている脳卒中のリスク要因を挙げてもらった結果、


次のことがわかった。

・ほとんどの患者(87人)が答えたリスク要因は高血圧だった。

・運動不足を挙げた患者は7人のみだった。

・平均して女性が挙げたリスク要因はすくなかった。

・年齢と知っているリスク要因の数は関連がなかった。


脳卒中のリスク要因として、高血圧や心房細動はよく知られている一方で、運動不足を認識していた患者がほとんどいなかった、


というおはなし。
運動不足

感想:

耳が痛い。

容易に改善可能であるがゆえに無意識的に知らない振りをしているのではないかな。それ(運動不足)を認めてしまうと、脳卒中になったのは自業自得って言われかねないからね。

2015年3月13日

隣近所に貧しい人が多いというだけで自分が脳卒中になってしまう可能性について


Impact of neighborhood socioeconomic conditions on the risk of stroke in Japan.
2015  3月  日本

貧困地域では脳卒中が多いといわれている。そこで、日本でも同様のことが言えるのか調べてみたそうな。


日本全国約10万人を対象とした生活習慣研究のデータを用いて被験者近隣の貧困度を割り出し、16年間あまりのフォロー期間に発生した脳卒中事例との関連を解析したところ、


次のことがわかった。

・地域の貧困度を4段階に分類したときの脳卒中発症リスクは、貧困度がひどくなる毎に、1.16倍、1.12倍、1.18倍、1.19倍となった。

・この関連は飲酒や喫煙、ストレスを考慮に入れるとやや弱まったが、依然として有意な差だった。

・脳卒中死亡リスクと貧困度との有意な関連はなかった。


日本でも 居住地域の貧困度が脳卒中の発症に影響することがわかった、


というおはなし。
貧困度と脳卒中リスク

感想:

日本は経済格差が小さいからこんなもんなんだろね、これがアメリカだったら、、
隣に貧乏人が住んでいる場合の脳卒中死亡リスクは8割増し

2015年3月12日

50歳未満の脳卒中患者の特徴


Pattern and risk factors of stroke in the young among stroke patients admitted in medical college hospital, Thiruvananthapuram.
2015  3月  インド

若年脳卒中患者の割合とその特徴を調べてみたそうな。


ケーララ州の大学病院に2ヶ月の間に入院してきた脳卒中患者100人にアンケート調査したところ、


次のことがわかった。

・15人が50歳未満の若年脳卒中患者だった。

・そのうち60%が脳梗塞患者だった。

・症状は高齢者にくらべ嘔吐、頭痛、顔の麻痺が多かった。

・若年者ではアルコールと心房細動が主なリスク要因だった。

・若年者で運動不足の患者は少なかった。

・心房細動があると若年者の脳卒中リスクが6倍になった。


50歳未満の脳卒中患者の割合は15%で、高齢者にくらべ脳出血患者が多く、心房細動、アルコールが主なリスク要因だった、


というおはなし。

脳卒中の症状


感想:

インドにしては人数少ないな、、、と思った。

2015年3月11日

脳卒中を経験していても震災に遭うとPTSDになるのか


Predictors and prognostic impact of post-traumatic stress disorder after the great East Japan earthquake in patients with cardiovascular disease.
2015  3月  日本

東日本大震災のあと心的外傷後ストレス障害PTSDになる心血管疾患患者の特徴を調べてみたそうな。


東北地方の心血管疾患の登録者1万人あまりに震災発生後6ヶ月時点でアンケート調査を行った。


次のようになった。

・3620人から回答を得た。

・このうち14.7%がPTSDと診断できた。

・女性であること、津波経験、財産喪失、貧困、睡眠薬歴がPTSDと関連が強かった。

・津波被害の大きかった地域や福島第一原発の30km圏内でPTSDが多かった。

・2年間のフォロー中にPTSDあり患者の脳卒中など心血管疾患死亡率はPTSDなし患者に比べ有意に高かった。


震災後、心血管疾患患者でのPTSDは多く、深刻な結果につながった、


というおはなし。
震災後のPTSDの割合

感想:

脳卒中体験でPTSDの話はよく見かける。だから耐性がありそうなものだけど、むしろPTSDになりやすいみたいなんだ、、

2015年3月10日

砂糖入り飲料は脳卒中のもとですか?


Sugar-sweetened beverages and risk of hypertension and CVD: a dose-response meta-analysis.
2015  3月  中国

砂糖入り飲料と脳卒中の関連を調べてみたそうな。


脳卒中、高血圧、冠動脈疾患に関連する過去の研究論文を厳選して、データを統合、再解析したところ、


次のことがわかった。

・脳卒中の研究が4件、高血圧で6件、冠動脈疾患で4件の研究が見つかった。

・1日あたり砂糖入り飲料を1杯多く摂る毎に高血圧のリスクが8%、冠動脈疾患のリスクが17%増加した。

・しかし砂糖入り飲料を1日当たりに摂る量と脳卒中との間に有意な関連はみられなかった。


砂糖入り飲料を多く摂るほど高血圧、冠動脈疾患のリスクが高くなった。しかし脳卒中は関連がなかった、


というおはなし。


感想:

砂糖は脳にいいらしいから。



このビデオのコメント欄なぜか荒れすぎ、、

2015年3月9日

脳卒中患者が傾く仕組みについて


Subliminal galvanic-vestibular stimulation recalibrates the distorted visual and tactile subjective vertical in right-sided stroke.
2015  3月  ドイツ

右脳損傷の脳卒中患者は垂直方向の認識にズレを生じることがある。これは前庭感覚にも由来していると考えられている。

そこで、前庭感覚電気刺激(GVS)を与えたときの垂直方向への視覚的、触覚的認識のズレを調べてみたそうな。


右脳損傷の脳卒中患者24人を主観的垂直方向のズレのある患者と無い患者に分けた。

患者の両耳の後ろにまったく感知できないレベルの弱い直流電気刺激を20分間与えた。

日を改めて電極の極性を変えた。


次のようになった。

・右ではなく左耳後ろにマイナス極を貼った場合に、視覚的な垂直認識のズレが有意に減少した。

・同時に 触覚的な垂直認識のズレも有意なほどではないが低下した。

・これらの変化は垂直認識のズレが大きい患者でのみ観察できた。


前庭感覚電気刺激は脳卒中患者の垂直認識の視覚的、触覚的ズレに直ちに影響した。垂直認識には前庭システムが重要な役割を担っているに違いない、


というおはなし。
GVS


感想:

tDCSを100%の自信を持って否定できない理由の1つがGVSなんだよね、、


この記事↓と似てる。
プッシャー現象 なぜ脳卒中患者は傾くのか

2015年3月8日

乳製品は脳卒中予防になりますか?


Dairy consumption and risk of cardiovascular disease: an updated meta-analysis of prospective cohort studies.
2015  3月  中国

乳製品と脳卒中など心血管疾患との関連を調べてみたそうな。


医学研究データベースから関連する過去の研究を厳選し、データを統合、再解析したところ、


次のことがわかった。

・22件の研究が見つかった。

・乳製品を多く摂るほど脳卒中など心血管疾患のリスクが低下した。

・特に、脳卒中は低脂肪乳やチーズでリスクが大きく低下した。

乳製品を多く摂ると心血管疾患リクスが低下する。特に低脂肪製品とチーズは脳卒中予防になる、


というおはなし。
低脂肪乳とチーズ

感想:

ヨーグルトは毎日たべてるけどね、、

乳製品関連の過去記事
脳卒中を予防する乳製品の特徴とは

牛乳をよく飲む日本人女性は脳卒中にならない

チーズを もりもり食べると脳卒中予防になることが判明

2015年3月7日

麻痺脚を強制使用させる方法とその効果


Effect of forced use of the lower extremity on gait performance and mobility of post-acute stroke patients.
2015  2月  台湾

麻痺脚の強制使用訓練の効果を調べてみたそうな。


発症後3ヶ月以上経った脳卒中片麻痺患者21人を2グループに分け、一方には麻痺脚の強制使用訓練、他方には通常の理学療法訓練を2週間施した。

強制使用訓練では、健常側の靴に 外側が高くなる傾斜の入った中敷きを入れ 麻痺脚へ体重が掛かるようにした状態で様々な訓練を行った。


次のようになった。

・強制使用グループのほうが歩行、移動能力が向上した。

・歩行スピードの向上度および対称性が強制使用グループで著しく優れていた。

・しかし いずれのグループもQoLの改善はなかった。


脳卒中患者の麻痺脚の強制使用訓練により歩行スピードと対称性が従来型訓練よりもおおきく改善した、


というおはなし。

wedged insole

感想:

麻痺してる側の脚をついついかばってしまう。気づくと脚を引きずっていたりする。靴に工夫を加えるだけで改善できるならアリかな。

2015年3月6日

脳卒中予防のためタバコを無煙タイプにしようと思う


Tobacco Chewing and Adult Mortality: a Case-control Analysis of 22,000 Cases and 429,000 Controls, Never Smoking Tobacco and Never Drinking Alcohol, in South India.
2015  3月  インド

タバコには煙の出るタイプと無煙タイプがある。インドでは35-40%が無煙の噛みタバコを使用している。

噛みタバコと脳卒中などの死亡リスクとの関連を調べてみたそうな。


1998-2000に死亡した8万人分の世帯への聴き取り調査および 比較のための60万人分の調査データを解析したところ、


次のことがわかった。

・35-69歳の非喫煙、非飲酒のケース(死亡22460人、比較用429360人)に限定して死亡リスクを解析した。

・噛みタバコ経験がある者の死亡リスクは30%高かった。

・特に、呼吸器疾患やガンの死亡リスクが各々50%アップし、

・脳卒中の死亡リスクも40%高かった。

・対象死亡者の7.1%は噛みタバコが原因と考えられた。


非喫煙、非飲酒者を対象とした大規模な調査結果から、噛みタバコ経験者の呼吸器疾患、ガン、脳卒中での死亡リスクの高さが明らかになった、


というおはなし。

無煙タバコ

感想:

自分はタバコやんないけど、無煙タバコやってる人を見たことがない。

インドでは価格の安さで普及しているようだ。

2015年3月5日

認知症になりやすい脳卒中の種類がわかった


Stroke Suggests Increased Risk of Dementia.
2015  3月  台湾

脳卒中のあと認知症になってしまう人がどれくらいいるのか調べてみたそうな。


台湾の健康保険データベースから脳卒中患者1万人あまりを抽出し、その後の認知症のなりやすさを脳卒中歴のない人と比較した。

5年の追跡期間の後、


次のようになった。

・脳卒中歴のある14%、脳卒中歴のない3%が認知症になった。

・脳卒中歴があるとその後5年間で認知症になるリスクが6倍になった。

・高齢者でこの傾向が顕著だった。

・特に脳出血のばあい 脳梗塞よりも認知症になりやすかった。


脳卒中を経験すると認知症になるリスクが上がる。特に高齢で脳出血のばあい注意が必要である、


というおはなし。




感想:

血管キレやすいとボケるんだな。コレステロールがっつり摂って血管強くしなきゃ。

2015年3月4日

夢のサンダル Step Aidステップエイドとは


Relationship between the weight-bearing ratio on the affected lower extremity and gait ability using a portable electronic foot sensor shoe (Step Aid(®)) in hemiplegic stroke patients.
2015  2月  日本

シューズ型の荷重計測装置Step Aid(ステップエイド)を脳卒中患者で試してみたそうな。


17人の脳卒中片麻痺患者について、自立歩行の可能なグループと不可能なグループに分けた。

10m歩行テストを平行棒の内と外で行い、バランス機能評価も行った。

Step Aidの測定結果から歩行中、立位での麻痺脚への荷重率、変動係数をもとめ比較した。


次のようになった。

・自立歩行不能患者のバランス機能および麻痺脚への荷重率は明らかに低く、

・10m歩行タイムおよび変動係数は著しく大きかった。


麻痺脚への荷重率や変動係数は片麻痺患者の歩行能力の指標になる。このシューズ型荷重計はリハビリに役立つかもしれない、


というおはなし。

ステップエイド


感想:

歩行中に音が鳴って荷重状況を知らせてくれる。

このサンダルおいくらかしら、、、と思ってウェッブサイトを見ると、798000円(税別)と書いてあった。

Suzukiアルトが同じくらいの値段。貧乏人にもなんとか手が届きそうではある。

2015年3月3日

脳卒中経験者に筋力トレーニングをすすめる理由


Relationship between Depression and Strength Training in Survivors of the Ischemic Stroke.
2014  11月  ポルトガル

脳卒中経験者のウツを筋力トレーニングで緩和できるものかどうか実験してみたそうな。


平均年令52、軽中等度の障害のある脳卒中経験者を、筋力トレーニンググループ11人、比較グループ13人に分けた。

筋力トレーニングはスクワット、ベンチプレス、レッグプレスなどを 1回60分間x週3回x12週間 継続した。

この前後でのウツスコアを比較したところ、


次のようになった。

・筋トレグループの筋力が大きくアップした。

・筋トレ前後でウツスコアに大きな変化があった。

・最大筋力(特に下肢)の向上が大きいほど ウツレベルが低下した。


筋力トレーニングは脳卒中経験者のウツ対策に良いかもしれない、


というおはなし。

脳筋


感想:

スクワットは毎日 ずーっと続けてる。

痙縮がひどくなるからどうの、、という意見もあるけど、できるならやったほうがいい思う。ただでさえ運動不足なんだから。


アメリカじゃ片麻痺患者がフツーにジムで筋トレしてるよ。
[今日のニュース動画] Gym helps stroke victim regain strength

2015年3月2日

上肢リハビリ 良い方法 & ダメな方法


Cochrane Overview
Interventions for Improving Upper Limb Function After Stroke

2015  3月  イギリス

脳卒中の上肢リハビリ方法各種の実力を調べてみたそうな。


質の高い研究を集めたレビュー論文を 複数の審査者でさらに厳選して、各種上肢リハビリ法の効果を吟味した結果、


次のことがわかった。

・503件の研究、18078人の被験者を含む40本のレビュー論文が見つかった。

・tDCSの日常生活動作への効果はまったくなかった。

・やや効果がありそうなリハビリ法として、運動イメージ訓練、CI療法、ミラーセラピー、ビデオゲームが挙げられる。


多くの論文が存在するものの 信頼できる研究成果はなく、いずれの方法も実用に耐え得る効果があるとは未だ言い切れない、


というおはなし。
上肢リハの実力

感想:

わたしの中ではtDCSとCI療法は完全に同一レベルに位置しているのだが、、

2015年3月1日

迷走神経を刺激したら慢性期で重度麻痺の手が動くようになった


Vagal Nerve Stimulation Encouraging in Stroke Rehab
2015  2月  イギリス

迷走神経刺激はてんかん発作の治療に用いられている。

そこで 脳卒中患者に迷走神経刺激したら上肢機能が改善するものかどうか実験してみたそうな。

先月の米国脳卒中国際会議で発表された研究。


平均年齢60 発症後2年で やや重い上肢麻痺の脳梗塞患者20人について、
2グループに分け、一方には迷走神経刺激を与えた。

並行して 上肢の理学療法訓練を1日2時間x 2週間行った。

迷走神経刺激は体内埋め込み型装置を用い、訓練動作に同期させ各0.5秒の刺激を与えた。


次のようになった。

・深刻な有害事象は起きなかった。

・迷走神経刺激グループで上肢機能の有意な向上が見られた。


迷走神経刺激で慢性期脳卒中患者の上肢機能を改善できるかもしれない、


というおはなし。


感想:

ネズミで実験した例はこれまでに何度か紹介したけど 人体実験は初めてみる。

最近は埋め込まなくても迷走神経刺激できる装置が開発されているようだ。

VNS
The gammaCore neurostimulation device.
ElectroCore LLC

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

 脳卒中をやったなら
 おぼえておきたい回復のヒント100(無料
メールアドレス  例:stroke@example.co.jp


過去7日間で人気の記事ベスト10