ラベル ロボット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ロボット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年10月11日

下肢ウェアラブルロボットのリハビリ効果


The Effectiveness of Lower-Limb Wearable Technology for Improving Activity and Participation in Adult Stroke Survivors: A Systematic Review.
2016  10月  イギリス

脳卒中患者にとって歩行できるようになることは一番の関心事である。

外骨格タイプのウェアラブルロボットによる下肢リハビリ支援の研究は数多くなされているもののその効果はよくわかっていない。

これまでの研究をまとめてみたそうな。


関係する過去の研究からランダム化比較試験のみを厳選して内容をよく調べたところ、


次のことがわかった。

・940の関係論文から11件の研究に絞り込んだ。

・研究ごとに 脳卒中の種類や重症度はさまざまで、

・被験者数も12人~151人、平均49人と少なく、

・手順の複雑さ、解析方法の統一性のなさが目立った。

ウェアラブルロボットをつかった下肢リハビリ支援が有効であるとするエビデンスはほとんど見つからなかった、


というおはなし。
図:ウェアラブルスーツの脳卒中リハビリ効果

感想:

脳卒中患者が歩くのに苦労している理由は脚に力が入らないからではない。足の感覚が麻痺していて 重心がどこにあるのかわからない恐怖がために杖が手放せない。

だからパワーアシストロボよりもシルバーカー↓のほうが役に立つ気がしてならない。
最新ロボット i-Walkerが脳卒中の歩行をアシスト

2016年9月12日

脳卒中リハビリ用ロボットアームの効果は...?


Effects of Robot-Assisted Therapy for the Upper Limb After Stroke: A Systematic Review and Meta-analysis.
2016  9月  オランダ

ロボット技術を応用した脳卒中リハビリが数多く試みられている。そこで、上肢麻痺へのロボット支援リハビリのこれまでの成果をまとめてみたそうな。


関連する過去の研究を厳選してデータを統合 再解析したところ、


次のことがわかった。

・被験者1362人を含む44の研究がみつかった。

・深刻な有害事象はなかった。

・麻痺手の運動機能と筋力改善に僅かではあるが有意な効果が認められた。

・筋緊張が増える傾向があった。

・上肢の総合能力と日常生活動作上の改善はなかった。

・肩や肘、肘や手首に特化したロボットで僅かな効果が認められた。

ロボット支援により脳卒中で麻痺した上肢の訓練回数を安全に増やすことができる。しかしその効果はわずかで適応関節範囲は限定的だった。実験条件や方法がまちまちであり上肢リハビリ効果を一般化することはできなかった、


というおはなし。

図:ロボット支援上肢リハビリの効果

感想:

ロボット義手の話なら興味あるけど これはまったく別。

腕が傷ついたわけではなく脳に問題が起きたのに、機械で腕を振り回してどうしようというのか、、、

2016年5月29日

最新ロボット i-Walkerが脳卒中の歩行をアシスト


Overground walking training with the i-Walker, a robotic servo-assistive device, enhances balance in patients with subacute stroke: a randomized controlled trial.
2016  5月  イタリア

脳卒中患者の路上歩行をアシストするロボット装置 i-Walker の効果を検証してみたそうな。


脳卒中患者44人について i-Walkerグループと通常歩行グループに分けて4週間の訓練効果を比較した。

i-Walkerは患者が前に進もうとしたときにのみ 車輪に内臓されたサーボモータがその動きを補うロボティック装置で、スペインのカタルーニャ工科大学が開発した医療機器である。


次のことがわかった。

・i-Walkerグループでは バランス能力、歩行スピード、持久力が向上し、

・さらに 歩行が安定し、転倒可能性が低下した。

ロボティック技術を応用した歩行補助装置 i-Walkerを使った訓練により 脳卒中患者の歩行安定性が向上し転倒が減少した、


というおはなし。


感想:

どんなにすごい装置かと思って論文を開いたらほとんどシルバーカーそのものだった。

でもよく考えると巷にあふれるロボットスーツのどれよりも こちらの方がはるかに実用性高いと思う。
写真:i-Walkeri-Walker

2015年8月22日

ホンダの歩行アシストロボット 脳卒中で試した結果、、


Effects of a wearable exoskeleton stride management assist system (SMA®) on spatiotemporal gait characteristics in individuals after stroke: a randomized controlled trial.
2015  8月  アメリカ

ホンダが開発したウェアラブル外骨格ロボット、Stride Management Assist (SMA:リズム歩行アシスト)を脳卒中経験者で試してみたそうな。


発症から1年以上経つ脳卒中経験者50人に課題志向型の理学療法訓練を行った。

1回45分間の訓練を18セッション行った。

半数にはSMA装置を着けた。

訓練前および3ヶ月後までフォローして、歩行パラメータを3次元的に解析した。


次のことがわかった。

・両グループともに歩行パラメータが明らかに改善した。

・グループ間で有意な差は見られなかったものの、

・SMAグループでは麻痺側の歩幅が広くなり、高速歩行時の非対称性が小さくなった。


脳卒中経験者にホンダのSMAを着けて訓練することで、通常のリハビリより多くの歩行パラメータが改善した、


というおはなし。


Stride Management Assist


感想:

この記事↓の続報ってこと。
HONDAが歩行アシスト装置の臨床試験を開始! なぜかシカゴで

重量2.8kgの圧倒的な軽さとシンプルなデザインは 「使ってみよう」、、って気にさせる。

3年間のリース契約で月額4万5000円!!!(2015/07/21)

2015年6月21日

歩行リハビリ用の外骨格ロボットを作ってみた


The H2 robotic exoskeleton for gait rehabilitation after stroke: early findings from a clinical study.
2015  6月  スペイン

脳卒中患者の歩行リハビリ支援のための外骨格ロボットを開発したそうな。


Technaid S.L.社はH2という名称の外骨格ロボットを開発した。

・6つの関節からなり、脳卒中患者の地上歩行を支援する。

・必要なときにだけモーターが働き関節に力を発生させる。

・3人の片麻痺患者で4週間、12セッションの訓練を行った。

・全員が訓練を完遂した。

・有害事象はなく安全で使いやすかった。

・地上歩行は患者にやる気を与えた。

というおはなし。

これ


感想:

10年後くらいが楽しみ、、

2015年4月3日

ネイチャーも認める最新の下肢装具とは!?


These exoskeleton heels could help stroke victims walk again

・National Science Foundation
・nature.com
2015  4月  アメリカ

歩行をアシストする画期的な下肢装具が開発され、科学雑誌ネイチャーに報告されたそうな。


カーネギーメロン大学の研究によるこの歩行装具は、

・外部からのエネルギー供給をまったく必要とせず、

・電子部品も一切使用しないシンプルで軽量設計ながら、

・歩行に伴うエネルギー消費を7%減らすことに成功した。


脳卒中などで障害を負った人々への応用が期待される、


というおはなし。

最新歩行装具

感想:

左足首のグニャ感がとれそうにないので、このくらいのチョビッとサポートは期待しちゃうな。

2015年1月29日

患者をやる気にさせるロボアーム装具


Local stroke patients getting help from robotic arm brace
2015  1月  アメリカ

脳卒中患者に希望を与えるロボティクス技術について 動画レポート。

ロボティックアーム
動画へリンク



あらすじ:

・アンジー50歳は6週間前に脳卒中になり今日までずっと入院していた。

・いぜんとして左半身が麻痺している。

・しかしアンジーは最新のロボティクス装具により回復しつつある。

・電気刺激により手の開閉と歩行がアシストされる。

・非常に高価なこの装置を着けて アンジーを含め毎日5人の患者が30分間の訓練に励んでいる。

・保険は効かないけれどこのリハビリはアンジーに希望を与えてくれている、


というおはなし。


感想:

あえて結果に触れていないので、おそらく低周波治療器と大差ないのだろう。けれどデザインは大切だなぁ と思った。

着けてみたい気にさせる。強くなりそうな気がする、、

2014年6月24日

バイオニックスーツで歩行リハビリ


New Bionic Suit Helps Stroke Survivors To Walk Again
2014  6月  アメリカ

歩行支援外骨格ロボットスーツのニュース。

脳卒中で左片麻痺になった30歳女性が、発症1ヶ月後に歩行支援スーツを着けてリハビリする様子を報じている。



このEkso GTというスーツにより通常20歩程度しか歩けないところが300歩以上可能になる。

身体を支持する人が必要ではあるものの、訓練歩数が増えることで脳の可塑性が促され、やがて歩けるようになるのではないか…


というおはなし。



感想:

経験的に、片麻痺患者が歩けないのは足に力が入らないからではない。転倒するのが恐いからである。

身体を支えてまで無理やり歩かせて「頑張ってます」アピールをする前に、まずは地味に立っていられるよう練習を促すほうがずっと効果的なんじゃないかな。
ひたすら立ち続ける訓練

2014年5月3日

アマデイオ:上肢リハビリ支援ロボットの実力を確かめることにした


Recovery of hand function with robot-assisted therapy in acute stroke patients: a randomized-controlled trial.
2014  4月  イタリア

上肢リハビリ支援ロボットシステムの効果を検証してみることにしたそうな。


20人の急性期脳卒中患者をロボット支援リハビリグループと通常のリハビリグループに分けて、4週間の訓練の後、その評価を3ヶ月間フォローし比較する。

ロボット支援装置は アマデイオ:Amadeo Robotic Systemを使用する、

というおはなし。


これがアマデイオだ。



感想:

上のビデオを観て 妙な違和感を持った。

このビデオでは 年金生活で暇を持て余した爺さんが 若い女性OTに構ってもらってもらいながらニヤニヤと機械のレバーを握って満足そうにしている様子が見てとれる。

しかし若い脳卒中患者にとっては事態はとても深刻で、手が自由にならないことは 職を追われ生活の危機に直面することを意味する。


もうちょっとこの男性俳優に、必死さを演出して欲しかった...と考える。

2014年1月1日

バイオニックレッグで片麻痺患者が歩き出す


Stroke survivor learns to walk again thanks to revolutionary bionic leg which PREDICTS her movements
2013  12月  イギリス

脳卒中のあと左手脚が麻痺した51歳女性がAlter G社のバイオニックレッグを着けて4ヶ月間訓練したところ、復職できるまでに回復したというおはなし。

写真:バイオニックレッグ

バイオニックレッグは筋電センサーをトリガーにして動作アシストする装具。
価格は500万円くらい。


バイオニックレッグの威力に感激して泣き出すデンゼル・ワシントン似の女性

2013年12月31日

ロボットを使って両腕運動させたらすごくよかった


Robotic unilateral and bilateral upper-limb movement training for stroke survivors afflicted by chronic hemiparesis.
2013  6月  アメリカ

脳卒中後の上肢リハビリに効果的な運動の仕方を調べてみたそうな。


外骨格ロボット(EXO-UL7)を用いて、

*両腕を左右鏡対象に運動させるグループ
*片腕のみを運動させるグループ

および
*通常のリハビリグループ

に分けて、改善程度を13の異なる計測指標で評価、比較した。


次のようになった。

・全てのグループで概ね改善した。

・特に両腕運動グループと通常リハビリグループで肩の可動域と筋力が大いに改善した。

・一方、片腕運動グループはこのような改善は見られなかった。


通常の上肢リハビリに両腕運動を組み合わせたらスゴイかも...


というおはなし。


これがEXO-UL7
写真:外骨格ロボット
こんなに物々しい装置が必要なのだろうか?

2013年12月11日

ロボット上肢トレーニングやってみた


Randomized Trial of a Robotic Assistive Device for the Upper Extremity During Early Inpatient Stroke Rehabilitation.
2013  12月  イタリア

脳卒中患者の早期のロボット上肢トレーニングは効果的であると言われている。
確かめてみたそうな。


発症後15日以内の脳卒中片麻痺患者34人について、ロボットトレーニングあり、なしのグループに分けた。

両グループともに上肢リハビリを、1回120分×週5日×5週間行った。
ロボットトレーニンググループはNeReBotを使用し、リハビリ時間のうち35%をこれに充てた。

トレーニング後7ヶ月間効果を追跡した。


次のようになった。
・追跡期間中、運動機能、器用さ、日常生活動作いずれも両グループ間で差は見られなかった。


ロボット上肢トレーニングは通常のリハビリを超えるものではなかった、


というおはなし。


写真:上肢支援ロボット

2013年11月22日

HONDAが歩行アシスト装置の臨床試験を開始! なぜかシカゴで


Honda Walking Assist Device begins US testing at Rehabilitation Institute of Chicago
2013  11月  アメリカ

ホンダがシカゴのリハビリテーション病院で歩行アシストロボット装置の脳卒中患者への臨床試験を開始したそうな。

この装置は重さ約3kg、1回の充電で1時間使用できる。
写真:ホンダ歩行アシスト

アシモテクノロジーがついに役立つ時がきた、

というおはなし。

詳しくは、
*ニュースリリース

*使い方動画多数 →坂も階段もスイスイ


感想:

HALとはなんだったのか...

2013年4月21日

すごくシンプルなロボット訓練装置作ったった


The Resonating Arm Exerciser: design and pilot testing of a mechanically passive rehabilitation device that mimics robotic active assistance.
2013  4月  アメリカ

上肢麻痺のロボット支援療法は患者のやる気を引き出し、回復を促す。

しかし構造が複雑で、ほとんど普及していない。

そこでシンプルな構造の上肢運動支援装置を作ってその効果を検証したそうな。


共振アームエクササイザーは車椅子に取り付けられたレバーにゴムバンドを張って、エネルギーを蓄える。
これが車椅子の約10センチの前後移動とレバーの振動運動を生み出す。
この振動周期に合わせて上肢を動かすことで、あたかもロボット支援を受けているのと同じ状況を生み出すことができる。


8人の慢性期脳卒中患者について共振アームエクササイザーで訓練したところ、


次のようになった。

・患者はすぐにこの装置に慣れた。

・関節可動域が2倍近くになった。

・運動機能スコアも上がった。

・なんの不満も起きなかった。

・効果が3ヶ月後も続いた。



共振アームエクササイザーは慢性期脳卒中患者の

上肢機能を改善できるシンプルで安全な装置であることがわかった


というおはなし。




これが共振アームエクササイザーだ!

どやろか?

2013年1月9日

外骨格ロボットで脳卒中歩行リハビリ


Walkbot exoskeleton rehabilitates stroke survivors
2013  1月  韓国

脳卒中患者向け、歩行リハビリ用ロボットを開発したそうな。


すでに商品化されていて、

walkbotという企業が製造販売している。


実際の動作風景はこちら↓


これで療法士さんは楽チン

というおはなし。




感想:

維持費も含め導入費用は相当なはず。

療法士さんを安く雇って酷使したほうが経済的、と考える。


また、手すりにしがみついている時点で

ロボットを着る意味があるのか?と疑問に思った。


この記事↓を思い出した。
HALが歩行リハビリに向いていないと思うわけ


2012年11月16日

【OT革命】ロボットアーム "マイヨモ" を試してみた


Portable upper extremity robotics is as efficacious as upper extremity rehabilitative therapy: a randomized controlled pilot trial.
2012  11月  アメリカ




上肢運動支援ロボットMyomo(マイヨモ)を試してみたそうな。


Myomo(マイヨモ)は上肢筋肉の電気信号を検出して

モーターでその動きを支援して訓練を円滑にする装具である。



16人の慢性期脳卒中患者を

Myomoあり、なしのグループに分けて

作業療法士の指導のもと、

30分間×週3回×8週間の上肢訓練を行った。




その結果、

グループ間で劇的な違いは無かったものの、

Myomoの有効性を確認できた



というおはなし。





感想:

調べてみると多くの動画が見つかった。

思いのほか普及しているのかも知れない。


ニュース報道



使い方がよくわかる




NEDO海外レポート: ロボット装具で脳卒中の回復を補助(pdf)



2012年8月26日

リオ・セラピー:麻痺上肢リハビリの支援ロボット


Rehabilitation of the Upper Extremity after Stroke: A Case Series Evaluating REO Therapy and an Auditory Sensor Feedback for Trunk Control.
2012  8月  アメリカ


バーチャルリアリティを用いたロボット支援の

上肢リハビリ装置を検証してみたそうな。

写真:リオセラピー


リオ・セラピー(REO Therapy)というシステムを用いて

3人の慢性期脳卒中患者について6週間12セッションの

トレーニングを施したところ、

納得のゆく成果が得られた


というおはなし。



これがリオ・セラピーだ。(動画)





感想:

今回の記事のURLを見たらいつの間にか 通し番号が1000を超えていた。

盆暮れ正月、計画停電の日も 旅行先でも毎日更新してきた。



これからも おもしろいネタが見つかりますように…

2012年6月27日

バーチャルロボットスーツ アメオスプリングで上肢リハビリ


Efficacy of Armeo(®)Spring during the chronic phase of stroke. Study in mild to moderate hemiparesis cases.
2012  6月  スペイン



上肢リハビリテーション用 外骨格ロボット、

アメオスプリングArmeo Spring)の有効性を検証してみたそうな。



慢性期脳卒中患者23人について

36時間のアメオスプリングを使った上肢トレーニングを行った。


トレーニング前後と4ヶ月後の状態を評価した。




その結果、

患者には害もなく、とにかくすっごく回復した。




アメオスプリングは慢性期片麻痺の

上肢トレーニングに適していることがわかった、


というおはなし。




これがアメオスプリング  (動画)


2011年10月9日

体重免荷トレッドミルって実際に使っている施設はあるの?


Body weight supported treadmill training versus traditional training in patients dependent on walking assistance after stroke: a randomized controlled trial.
2011  9月  ノルウェー



体重免荷トレッドミルの効果について調べたそうな。



60人の脳卒中患者をつぎの2グループに分けた


・体重免荷トレッドミル+PTがアシストする従来型歩行リハビリ

・PTがアシストする従来型歩行リハビリ のみ




両グープとも1回あたり合計1時間の訓練を行った。



5週間ほど後、

両グループ共に歩行能力が大きく改善した。


グループ間で その改善程度に

統計学的に有意な違いは見られなかった、


というおはなし。






感想:

体重免荷トレッドミルの例
写真:体重免荷トレッドミル

かえって人手を煩わしそうで、あまり現実的とは思えない。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

 無料メールマガジン:脳卒中をやったなら
 おぼえておきたい回復のヒント100
メールアドレス  例:stroke@example.co.jp


過去7日間で人気の記事ベスト10