ラベル 中枢性疼痛 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 中枢性疼痛 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年2月16日

一次運動野刺激療法は中枢性疼痛にどのくらい効くのか


The Effect of Motor Cortex Stimulation on Central Poststroke Pain in a Series of 16 Patients With a Mean Follow-Up of 28 Months.
2017  1月  中国

中枢性疼痛の治療法で 脳表に電極を貼り付け運動野を電気刺激する "一次運動野刺激療法"(MCS)は1991年に日本人が初めて報告した。

どのくらい効くものなのか脳卒中患者で確かめてみたそうな。


MCS手術を受けた脳卒中で中枢性疼痛の患者16人の医療記録を解析したところ、


次のことがわかった。

・手術前の痛みスコアは最大10点中 8.0、手術後1ヶ月で3.8、約28ヶ月時点では5.3 だった。

・脳出血または脳梗塞、脳の損傷位置、電極の硬膜上下のちがいは除痛効果に影響しなかった。

・事前のrTMS検査でMCSが効果的な患者を識別できた。

一次運動野刺激療法で脳卒中後の中枢性疼痛をいちじるしく和らげることができた。その効果は脳卒中の種類、損傷位置に依らなかった


というおはなし。
図:一次運動野刺激療法 中枢性疼痛の

感想:

なぜ効くのかはよくわかっていないんだって。

そもそも なんでこういうことをやろうと思ったんだろうね。

2016年10月20日

脳卒中で中枢性疼痛 感覚ふつうなのに、、、


Central Poststroke Pain Can Occur With Normal Sensation.
2016  10月 インド

脳卒中で中枢神経系にダメージを受けると知覚異常や痛みを感じることがある。これを中枢性疼痛という。
これまで視床と関係があると考えられてきたが 必ずしもそうでもなさそうである。

そこで中枢性疼痛の頻度、期間、部位、特徴を調べてみたそうな。


25-80歳 319人の脳卒中患者について調べたところ、


次のことがわかった。

・20.7%の患者で中枢性疼痛がおきた。

・中枢性疼痛患者の平均年齢は55、31.8%は女性、

・疼痛が始まる時期、期間はさまざまで、

・焼けるような痛みが56%、他に ヒリヒリ感、刺すような痛みなどがあった。

・疼痛の強さと脳のダメージ部位に関連はなかった。

・42.3%で脊髄視床路にもとずく感覚(温覚、痛覚、触覚)が正常だった。

・プレガバリン(商品名リリカ)が半数の患者に有効だった。

脳卒中患者の20.7%に中枢性疼痛が確認できた。中枢性疼痛に脊髄視床路の障害は必須ではなかった。脳の損傷位置も中枢性疼痛の重症度に関係しなかった、


というおはなし。
図:中枢性疼痛の脳卒中患者

感想:

ますます原因不明ってことなんだね。

最初のころは金属が痛かった。水に触れてもショックを感じた。

2016年6月4日

脳卒中のあとの下肢の痛みの種類


The impact of lower extremity pain conditions on clinical variables and health-related quality of life in patients with stroke.
2016  5月  トルコ

脳卒中のあとの下肢の痛みの種類について調べてみたそうな。


下肢の疼痛を訴える脳卒中患者185人について調べたところ、


次のことがわかった。

・関節炎が51%、

・中枢性疼痛が29%、

・複数の種類の痛みが混ざったもの10%、

・下肢痛からくる腰痛、大転子痛、股関節骨折、異所性骨化症、股関節脱臼、外反母趾、、、
と続いた。

・下肢疼痛の強さ長さ は日常生活動作やうつ HRQoLと関連があった。

下肢の疼痛は脳卒中経験者の生活の質に影響する、


というおはなし。

図:下肢疼痛の種類

感想:

いまも 歩き出しに左足の裏が痛くてびっこを引くことがある。これは中枢性に分類されるのかな?

2016年1月31日

脳卒中後の痛みの種類と時期について


Prevalence and Time Course of Post-Stroke Pain: A Multicenter Prospective Hospital-Based Study.
2015  12月  イタリア

脳卒中後の疼痛を時期別、種類別に調べてみたそうな。


443人の脳卒中患者について、
急性期、亜急性期、慢性期 の各時期に、
中枢性疼痛、骨格筋痛、肩の痛み、痙縮の痛み、頭痛の有無を調査した結果、


次のことがわかった。

・全体の疼痛経験率は29.56%だった。

・14.06%が急性期、42.73%が亜急性期、31.90%が慢性期に起きた。

・痛みの起きる時期は痛みの種類により異なり、

・骨格筋や肩の痛みは急性期よりも亜急性期、慢性期に多かった。

・痙縮の痛みは慢性期に多く、

・頭痛は急性期に現れた。

・中枢性疼痛は急性期よりも亜急性期、慢性期に多く、

・投薬治療を受けている者は25%未満だった。

脳卒中後の痛みは急性期よりも亜急性期、慢性期に多く、治療対象にないことが多かった、


というおはなし。

図:脳卒中後の痛み

感想:

いまだに、ウォーミングアップができていないと 足の裏が痛むことがある。すぐ気にならなくなるけどね。

2016年1月3日

中枢性疼痛の割合と効いた薬


Central Post Stroke Pain Can Occur with Normal Sensation.
2015  12月  インド

脳卒中後の中枢性疼痛の特徴を調べてみたそうな。


319人の脳卒中患者について調査したところ、


次のことがわかった。

・20.7%が中枢性疼痛だった。

・彼らの年齢中央値は55歳、31.8%が女性だった。

・中枢性疼痛の発症時期、期間、部位は共通していなかった。

・中枢性疼痛の重症度と脳の損傷位置との関連はなかった。

・42.3%の患者は温度感覚や痛覚が正常だった。

・プレガバリン(商品名リリカ)が半数の患者の疼痛レベルを50%以上緩和した。

中枢性疼痛は脳卒中患者の20.7%に見られた。温痛覚が正常な患者も多くいたことから 脊髄視床路の損傷が条件ではないかもしれない。脳の損傷位置と疼痛の重症度との関連はなかった、


というおはなし。

図:中枢性疼痛


感想:

感覚が少し戻りかけたころだろうか、車いすの金属フレームに触れるたびに痛くて、静電気のせいだと思っていた。水に触れても痛いことがわかって、おやおや?と思った。

2015年11月19日

ミラー療法が脳卒中後の痛みに効くは本当か?


The efficacy of movement representation techniques for treating limb pain - a systematic review and metaanalysis.
2015  11月  ドイツ

脳に運動している様子を提示するテクニック、たとえばミラー療法や運動イメージ訓練、動作観察訓練などに ある種の四肢の痛み緩和効果があるという報告がいくつもある。

信用できるものかどうか、いままでの研究をまとめて検証してみたそうな。


ミラー療法や運動イメージ訓練、動作観察訓練と

複合性局所疼痛症候群(CRPS)、幻肢痛、脳卒中後疼痛、その他急性疼痛に関する15件の研究を厳選し 再解析したところ、


次のことがわかった。

・これらの方法は疼痛や障害の軽減に 概ね有効だった。

・QOLの若干の改善効果もあったが 有意ではなかった。

・ミラー療法と運動イメージ訓練はCRPSに適していると考えられた。

・運動イメージ訓練は外傷や手術の痛みに適していると考えられた。

しかしCRPS以外に いずれの方法も 幻肢痛、脳卒中後疼痛への効果は確認できなかった。


というおはなし。

図:movement representation

感想:

ミラー療法は幻肢痛に効くってことで有名になったんじゃないのかな? まぼろしだったのか、、

2015年9月12日

中枢性疼痛の治療法と効果について


Management of Central Poststroke PainSystematic Review of Randomized Controlled Trials
2015  9月  カナダ

脳卒中患者の中枢性疼痛は慢性的に続く神経障害である。

その数ある治療法の効果を総括してみたそうな。


関連する過去の研究から信頼性の高いものを厳選して、データを統合、再解析したところ、


次のことがわかった。

・計459人の被検者を含む8件の研究成果が見つかった。

・それらは、抗けいれん薬、抗うつ薬、オピオイド系鎮痛薬、rTMS、鍼についての研究だった。

・いずれの治療法も 痛みに対しほとんど効果がないか何の影響ももたらさなかった。

・治療の確からさはきわめて低いレベルにあった。


これまでの研究を精査したところ、中枢性疼痛の治療ガイドラインに沿わない結論になってしまったが、実際に治療効果を示せないのだからしょうがない、


というおはなし。



感想:

rTMSと鍼はともかく、薬物系も役に立たないのは別の意味でつらい。

2015年1月15日

脳卒中後の「痛み」と精神的苦痛、社会参加について


Pain among institutionalized stroke patients and its relation to emotional distress and social engagement.
2015  1月  オランダ

脳卒中後の疼痛と精神的苦痛、社会参加の問題との関連を調べてみたそうな。


介護施設に入所中の慢性期脳卒中患者274人について調査した結果、


次のことがわかった。

・28%の入所者がかなりの痛みを感じていて、その68%は身体の麻痺側の痛みだった。

・この疼痛が精神的苦痛スコアの60%に関連していて、

・妄想、興奮、攻撃、抑うつ、不安といった臨床症状とも関連していた。

・疼痛は社会参加度の低さとも関連していたが、精神的苦痛スコアを考慮に入れるとその関連は消えた。


脳卒中後の疼痛は精神的苦痛の元であり、社会参加を妨げる原因にもなる、


というおはなし。


感想:

「痛み」を語る脳卒中ブログは滅多にみない。

痛みは外から見てわからないので説明がつらい。同病者ですら共感がむつかしい。

しぜんと内向きになり表現を諦めるんだろうな、、

2014年10月10日

脳卒中で中枢性疼痛になった患者へのrTMSの効果について


Repetitive Transcranial Magnetic Stimulation of the Left Premotor /Dorsolateral Prefrontal Cortex does not have Analgesic Effect on Central Post-Stroke Pain.
2014  9月  ブラジル

脳の前運動皮質・背外側前頭前野への磁気刺激(rTMS)は、健常者の熱痛閾値を上げたり、術後疼痛や線維筋痛症を緩和する効果があるという。

そこで脳卒中患者の中枢性疼痛へのrTMSの効果を調べてみたそうな。


患者をリアル刺激グループと偽刺激グループに分けて、毎日磁気刺激治療をおこなった。


次のようになった。

・予定患者数の半分である21人の実験が済んだ時点で中間解析を行ったところ、リアル刺激グループでの効果があまりにも無かったので実験を中断した。


前運動皮質・背外側前頭前野への磁気刺激は中枢性疼痛の緩和には効果がなかった、


というおはなし。


ココ↓
背外側前頭前野


感想:

万能ではないんだな。

2014年8月19日

中枢性疼痛になる若年脳卒中経験者の割合


Central poststroke pain in young ischemic stroke survivors in the Helsinki Young Stroke Registry.
2014  8月  フィンランド

若年脳卒中患者が経験する中枢性疼痛の特徴を調べてみたそうな。


824人の若年脳卒中患者について8年半前後追跡調査したところ、


次のことがわかった。

・5.9%が中枢性疼痛、29.9%が知覚障害、64.2%はいずれでもなかった。

・中枢性疼痛があると知覚障害以上に生活の質が損なわれた。

・中枢性疼痛患者の82%は他の種類の疼痛も抱えていた。

・中枢性疼痛は脳卒中症状と関連があり、発症年齢や脳卒中の種類に依らなかった。

・脳卒中の発症部位と中枢性疼痛との関連は見られなかった。


若年脳卒中経験者の5.9%は長期にわたり中枢性疼痛を経験していた、


というおはなし。

中枢性疼痛


感想:

発症直後に多少の経験はあるのでなんとなく想像がつくけど、これで悩んでる人のブログみてるとその想像の10倍くらい痛いみたいだ。

2013年10月7日

中枢性疼痛なのに治療を受けていない脳卒中経験者の割合は…


Population-based study of central post-stroke pain in Rimini district, Italy.
2013  9月  イタリア

脳卒中後の中枢性疼痛は依然、過小評価されることが多い。放って置くと生活の質が下がり、リハビリを妨げ、ウツや不眠といった気分障害をもたらすとも言われている。

これがどのくらいの割合で見られるものなのか、調べてみたそうな。


イタリアのリミニ住民約33万人のうち、2008-2010に脳卒中になった1494人について調査した結果、


次のようになった。

・このうち660人と面談に成功した。

・中枢性疼痛経験者の割合は66人、11%だった。

・症状は触覚や温覚の知覚過敏で、針で刺すような痛み、腫れなどを伴うものだった。

・中枢性疼痛経験者の58%は脳卒中の直後に発症し、37%は断続的に起きた。

・これら患者は運動機能に障害を持ち、この疼痛が日常生活にも影響していた。

・痛みが強いわりに、30%はなんの治療も受けていなかった。


脳卒中後の中枢性疼痛はもっと注目されるべきである、


というおはなし。


写真:リミニ
リミニ


感想:

そこで疎経活血湯の出番。使ったことないけど…
なんと 漢方のちからで あのしつこい視床痛が消えた


2013年5月10日

ミツバチのおかげ、脳卒中のあとの中枢性疼痛が治った


Bee venom acupuncture point injection for central post stroke pain: A preliminary single-blind randomized controlled trial.
2013  5月  韓国

脳卒中後の中枢性疼痛治療に蜂毒療法を試してみたそうな。


ミツバチの毒を0.005%に希釈した溶液を麻痺した側の各ツボに0.5ml注射する。これを週に2回×3週間続けた。比較のために生理食塩水を注射するグループをつくった。

対象としたツボ:
肩髃、 肩井、 曲池、 風市、 足三里、 懸鍾


次のようになった。

・各グループ8人の脳卒中患者で実験した。

・3週間後、両グループ共に痛みレベルが低下したが、

・蜂毒グループの痛み低下は非常に著しかった。


蜂毒療法で脳卒中後の中枢性疼痛が大きく緩和された


というおはなし。


2013年4月7日

脳卒中のあとの慢性的な痛みの種類と割合


Chronic Pain Syndromes After Ischemic Stroke: PRoFESS Trial.
2013  4月  カナダ

脳卒中後の慢性的な疼痛が、どのくらい起きるものなのか調べてみたそうな。


15754人の脳梗塞患者について2年半追跡調査した結果、

次のようになった。

・10.6%の1665人が慢性的な疼痛を経験していた。

・そこには、中枢性疼痛2.7%431人、

・末梢神経障害1.5%、

・痙縮からくる痛み1.3%、

・肩の痛み0.9%が含まれていた。

・また、0.6%は複数の痛みを抱えていた。

・女性、飲酒、ウツ、糖尿、などが疼痛の要因にあった。

・慢性疼痛は自立を妨げ、認知機能の低下と関連があった。


脳梗塞後の慢性的な疼痛はまったく珍しいことではない

というおはなし。



感想:

発症当初は水に触れただけで痛かったけど、

現在残っている痛みは、

左の足の裏と 肩が少々のみ。

血が出ているわけでもないのに感じる痛みって

とても不思議な気分にさせてくれる。

2012年12月26日

脳卒中後の痛みで自殺してしまう患者がいる


Is Pain Associated with Suicidality in Stroke?
2012  12月  香港


脳卒中後の疼痛と自殺傾向との関連を調べたそうな。



発症後3ヶ月の脳梗塞患者496人について、

疼痛と自殺傾向の有無および程度を調査し、関連を解析した。




次のようになった。

・7.5%(37人)に自殺傾向が見られた。

・自殺傾向があるグループの疼痛経験者は60%、自殺傾向がない場合は38%だった。

・また、その平均疼痛レベルは6だった。

・他の要因を考慮に入れると、疼痛レベルが4以上になると自殺傾向が高くなった。




脳卒中患者の疼痛対策が、自殺を減らすことになるかもしれない


というおはなし。




痛みを点数化する方法
写真:顔痛みスケール
Faces Pain Rating Scale 左から0-10

2012年12月25日

脳卒中後の肩の痛みは感覚過敏が原因だった


Central hypersensitivity in chronic hemiplegic shoulder pain.2013  1月  アメリカ



脳卒中後の肩の痛みの原因を調べてみたそうな。



慢性期脳卒中で片麻痺の、

・肩に痛みのある患者20人と

・肩に痛みのない患者20人

について、

肩の各所で圧痛閾値を測定した。



次のようになった。

・肩の痛みがある患者の圧痛閾値は、

両肩とも、痛みのない患者のそれよりも低かった。


・肩の痛みのある患者の麻痺側の圧痛閾値は、

非麻痺側よりも低かった。






脳卒中後、肩の痛みを訴える患者の

圧痛閾値が低くなっていることがわかった。

これは中枢性感覚過敏と関連があるのかも知れない



というおはなし。




感想:

リハビリ病院に入院中、

自分を含め 肩が痛いという患者が何人かいた。

でも その理由はだれも知らなかった。


いまは左を下にして寝るときだけ やや痛い。



過去記事↓

この肩の痛みは脳卒中経験者でないとわかるまい

脳卒中後、肩の痛みがなかなか治まらない人の特徴

ボツリヌス療法で肩の痛みは治るのか?



2012年9月15日

脳卒中後の中枢性疼痛の正体が判明


Central poststroke pain: somatosensory abnormalities and the presence of associated myofascial pain syndrome.
2012  9月  ブラジル




脳卒中後の中枢性疼痛に他の種類の痛み

が含まれているかどうか、

特に筋筋膜性疼痛症候群の有無について調べてみたそうな。



脳卒中後の中枢性疼痛と診断された40人の患者について

次のことがわかった。


90%の患者は脳の梗塞箇所が1つだった。

65%は発症後3ヶ月以内に疼痛が生じた。

・痛みの中央値は10(5-10の最大値)だった。

・脳の損傷箇所で痛みの強度は変わらなかった。

85%は持続する痛みで、あとは間欠的だった。

70%は焼け付くような痛みだった。

・主に、冷たい物に触れると痛みが生じていた。

・皆、温度感覚に異常があった。

67.5%は筋筋膜性疼痛症候群と診断できた。





脳卒中後の中枢性疼痛には

筋筋膜性疼痛症候群が混ざっているかもしれない



というおはなし。






感想:

筋筋膜性疼痛症候群ってはじめて聞いた。

どっちも治療法が無いのに分類して意味あるの?

2012年5月15日

脳卒中後の疼痛はさらなる障害の前兆か?


Pain following stroke, initially and at 3 and 18 months after stroke, and its association with other disabilities.
2012  5月  スウェーデン




脳卒中後の疼痛と他の障害との関連を調べたそうな。



109人の脳卒中患者について、

発症時、3ヶ月後、18ヶ月後の各時点での

疼痛、歩行、自立、深部感覚、痙縮等の程度について調査をした。




その結果、

・すべての時点で脳卒中後の疼痛と上肢の運動障害が関連していた。

・脳卒中後の疼痛があるからと言って他の障害が現れるわけでもなかった。

・発症時の歩行障害や感覚障害がその後の疼痛と関連していた。







脳卒中後の疼痛により、別の障害が起きるわけではなかった、


というおはなし。





感想:

たしかに、 手が動くようになった頃と

金属や水に触れたときの痛みが消えた時期が

一致しては いる。

2012年3月21日

脳卒中患者は やたら痛がることが判明


Pain followingstroke: A prospective study.
2012  3月  デンマーク



脳卒中後に新たに現れる痛みについて調べてみたそうな。


299人の脳卒中患者について、

発症から3ヶ月後、6ヶ月後の痛みの状況を

電話で追跡調査したそうな。



その結果、

46%が脳卒中後に新たな痛みを感じるようになった。

そのうち、 

・13%が頭痛

・16%は肩の痛み

・12%は その他関節痛

・8%が触覚や温感で起こる痛みで、

・37%は複数の痛みを持っていた。

・11%が中枢性疼痛とされた。

・33%が日常生活に重大な支障を受けていた。





脳卒中後の痛み問題は珍しいことではなく、

約半数の患者が発症後6ヶ月経っても

新たに生じた痛みに悩んでいることがわかった、


というおはなし。




感想:

自分は当初、

肩の痛み、金属や水に触れた時の痛みなどを経験した。


いまは、左の足の裏が過敏になっていて、やたら痛くなることがある。



この種の、手足が怪我しているわけでは無いのに感じる痛み

というのは観察していて面白い。


これらは一種の幻なんだけど、

自分自身にとっては厳然として存在する。



じゃぁ 現実っていったいなんだろうか...などと考えたり

2012年2月12日

中枢性疼痛は心の問題、祈るのよ!


Central pain due tostroke: cognitive representation and coping according to gender.
2012  2月  ブラジル



脳卒中後の中枢性疼痛への対処法の

男女での違いについて調べたそうな。



脳卒中後30日以上中枢性疼痛が続く男女

25人ずつについて、疼痛レベル、心理状態、

痛みへの対処の仕方などについて

アンケート調査し解析した。


その結果、

・痛みから気を散らそうとする試みは男女で もっとも共通していた。


女性は痛みの原因を心の問題として捉え、男性は外から干渉しうるものとして捉えた。


女性はスピリチュアルで宗教的な行動によって痛みに対処する傾向があった。






女性は脳卒中後の中枢性疼痛対策として

祈りに頼ることがわかった、


というおはなし。


写真:中枢性疼痛への対処法の男女の違い

2011年5月19日

なんと 漢方のちからで あのしつこい視床痛が消えた


A Case of Thalamic Pain Successfully Treated with Kampo Medicine.
2011 5月 日本



視床痛が うまいぐあいに消えてしまった事例の報告。



視床痛は脳卒中のあとに生じることのある非常に激しい痛みであり

その治療法はわかっていない。



対象は64歳女性。

左脳視床位置の脳梗塞のあと、右上下肢の間断のない痛みに悩んでいた。




当初、抗うつ薬(パロキセチン)や抗不安薬(エチゾラム)を投与されたが、

強い副作用や効果が持続しないなどの理由で中止。



その後、

漢方薬の疎経活血湯(そけいかっけつとう)の煎じ薬を飲んだら、

10日後、痛みがほとんど消えてしまった

図:疎経活血湯の視床痛治療効果

漢方のちからは侮れない、  というおはなし。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

 脳卒中をやったなら
 おぼえておきたい回復のヒント100(無料
メールアドレス  例:stroke@example.co.jp


過去7日間で人気の記事ベスト10