ラベル 大気汚染 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 大気汚染 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年5月8日

中国のPM2.5と脳卒中の種類


Fine particulate matter exposure and incidence of stroke: A cohort study in Hong Kong.
2017  5月  香港

大気中の微粒子物質と脳卒中との関連はおおくの研究であきらかになっている。しかしそのおおくは西洋人を対象とし 脳卒中の種類については研究によってまちまちである。

そこで香港住民について2.5μm以下の微粒子物質(PM2.5)への長期的暴露と脳卒中の種類との関連をしらべてみたそうな。


65歳以上の健康な66820人について脳卒中の有無を9.4年間フォローした。

衛星情報も使って1km x 1kmの分解能でPM2.5の居住地域での分布を得て関連を解析したところ、


次のことがわかった。

・この間に6733件の脳卒中があり、そのうち52.4%は脳梗塞、17.5%は脳出血だった。

・PM2.5濃度が10μg/m3 高くなるごとに脳梗塞リスクは1.21倍になり、

・いっぽう脳出血リスクに統計学的有意な変化はなかった。

・この脳梗塞との関連は70歳より高齢、低教育歴、現在喫煙者で顕著だった。

PM2.5に長期的に曝されると脳梗塞リスクが高くなった。脳出血についてはあきらかな違いはなかった、


というおはなし。
図:PM2.5と脳卒中リスク

感想:

きのうあたりから "黄砂" の名を騙る中国ゆらいのPM2.5が日本列島を覆っている。そのせいか花粉シーズンおわったはずなのにふたたび鼻水がわき出てきた。

[黄砂]の関連記事

2017年1月4日

空気が汚れているとおきやすい脳梗塞の種類


Air Pollution Is Associated With Ischemic Stroke via Cardiogenic Embolism
2016  12月  韓国

大気汚染でおきやすい脳梗塞の種類をしらべてみたそうな。


韓国の脳卒中患者データベースから脳梗塞13535人を抽出し、気象データ(PM10,NO2,SO2,O3,CO)と脳梗塞の種類(心原性脳塞栓症、アテローム血栓性脳梗塞、ラクナ梗塞、その他)との関連を解析したところ、


次のことがわかった。

・過去7日間のPM10やSO2がおおいと心原性脳塞栓症がふえた。

・季節や地域による大気汚染レベルの違いでも心原性脳塞栓症は増減した。

大気汚染に短期的にさらされた結果として心原性脳塞栓症が増加した、


というおはなし。
図:大気汚染と脳卒中 季節と地域

感想:

不整脈がおきやすくなるんだって。

2016年11月22日

脳卒中経験者にPM2.5 長期死亡率は、、


Effect of Exhaust- and Nonexhaust-Related Components of Particulate Matter on Long-Term Survival After Stroke.
2016  11月  イギリス

大気汚染が脳卒中の発症リスクになるという報告は数多くある。

そこで大気汚染が脳卒中経験者の長期死亡率にも影響するものか調べてみたそうな。


ロンドン脳卒中患者データベースの1800の患者事例をつかって 浮遊粒子状物質PM2.5,PM10と死亡率との関連を解析したところ、


次のことがわかった。

・PM2.5に曝された脳卒中経験者の5年内死亡率は明らかに上昇した。

・特に脳梗塞で高く、前方循環梗塞で2倍、ラクナ梗塞では1.78倍だった。

・PM10でもラクナ梗塞患者の死亡率は1.45倍になった。

・汚染源を排気系、非排気系に分けると死亡率上昇は見られなかった。

脳梗塞のあと大気汚染物質PM2.5に曝されると死亡率が上昇する、


というおはなし。

図:大気汚染と脳卒中経験者の死亡率

感想:

黄砂現象も影響しうるってことだよな。
中国からの飛来物質が原因と思われる脳梗塞被害が福岡で多発!

2016年11月13日

PM2.5を浴びると脳梗塞が再発する?


Short-term exposures to ambient air pollution and risk of recurrent ischemic stroke.
2016  11月  アメリカ

大気汚染物質と脳卒中についての研究は数多くある。

しかし脳卒中の再発との関連についてはほとんどないので調べてみたそうな。


2000-2012テキサス州の住民34万人を対象に行われた脳卒中調査記録と浮遊粒子状物質PM2.5およびO3(オゾン)レベルの気象データとの関連を解析したところ、


次のことがわかった。

・平均年齢72、発症後1.1年の脳梗塞再発患者317人のデータがみつかった。

・PM2.5の平均は7.7μg/m3、O3は35.2 ppb だった。

・再発前日のPM2.5およびO3レベルとの関連は見られなかった。

・気温や湿度を考慮に入れても結果は変わらなかった。

脳梗塞の再発と前日の大気汚染レベルとの関連は確認できなかった。今後の研究に期待する、


というおはなし。
図:PM2.5と脳梗塞の再発リスク

感想:

中国とインドに期待しよう。

2015年12月20日

PM2.5は脳梗塞か それとも脳出血か?


Differentiating the effects of characteristics of PM pollution on mortality from ischemic and hemorrhagic strokes.
2015  11月  中国

浮遊粒子状物質(PM)と脳卒中との関連は知られている。

そこで、PMのサイズや成分、脳梗塞と脳出血どちらに影響するのかなど調べてみたそうな。


広州市のデータについて、曜日や祝日、気象条件、インフルエンザなどの要素を考慮して解析したところ、


次のことがわかった。

・PMと脳卒中死亡率との明らかな関連を確認した。

・PM10,PM2.5,PM1と粒子サイズが小さくなるほど影響が強かった。

・特にPM2.5の有機炭素、元素状炭素、硫酸、硝酸、アンモニウム成分が脳卒中死亡率に関連していた。

・PM汚染は脳梗塞よりも脳出血と有意に関連していた。

浮遊粒子状物質の様々な成分が脳卒中死亡率に関連していた。特に脳出血で顕著だった、


というおはなし。



感想:

壮大な人体実験の結果だからな、、、

2015年11月26日

幹線道路から75m以内に住むと若くして脳梗塞に


Air Pollution and Ischemic Stroke Among Young Adults
2015  11月  イスラエル

大気汚染と脳卒中との関連を若年者に着目して調べてみたそうな。


2005-2012の脳卒中患者4837人分の記録と発症当日の大気中の粒子状物質濃度との関連を衛星観測データも使って解析したところ、


次のことがわかった。

・患者の89%は脳梗塞で、平均年齢70だった。

・粒子状物質濃度はおよそ、PM10:36-55, PM2.5:17-23μg/m3だった。

・PM10,PM2.5の濃度上昇と脳梗塞との関連は、55歳未満で有意に認められた。

・この関連は特に、住居が幹線道路から75m以内の場合に顕著だった。


大気中の粒子状物質濃度と脳梗塞リスクとの明らかな関連を若年成人で確認した。背景には炎症メカニズムがあるのではないか、


というおはなし。

図:粒子状物質

感想:

逆に考えると汚染排出源から100mも離れれば かなり影響が薄まっちゃうってことなんだよな。思いのほか大したことないな。

2015年6月29日

交通騒音と脳卒中について


Road traffic noise is associated with increased cardiovascular morbidity and mortality and all-cause mortality in London.
2015  6月  イギリス

道路交通騒音と脳卒中との関連を調べたそうな。


2003-2010のロンドンの住民860万人について、日中と夜間の道路交通騒音レベル、脳卒中での入院件数、死亡者数を小エリア毎に集計し 関連を解析したところ、


次のことがわかった。

・日中の道路交通騒音が高い(>60dB)エリアでは騒音の低い(<55dB)エリアに比べ脳卒中の入院リスクが5%上昇し、特に高齢者では9%高かった。

・夜間の騒音では高齢者のみ入院リスクが上がった。

・日中の騒音は総死亡率とも若干 関連した。


道路交通騒音への長期の曝露は 脳卒中リスクと若干の死亡率上昇と関連があり 特に高齢者で明らかだった、


というおはなし。
騒音地域日中の騒音エリア

感想:

これ↓思い出した。
道路交通騒音と大気汚染 脳卒中的にどっちが深刻なのか

2015年6月2日

大気汚染で脳卒中 肥満の場合


Gender-specific differences of interaction between obesity and air pollution on stroke and cardiovascular diseases in Chinese adults from a high pollution range area: A large population based cross sectional study.
2015  5月  中国

大気汚染度の高い地域の住民について 脳卒中のなりやすさを肥満度別に調べてみたそうな。


中国北東部の工業地帯に住む18-74歳の 24845人 について身長、体重を計測し、3年間の大気汚染度(PM10,SO2,NO2,O3)と脳卒中との関連を解析したところ、


次のようになった。

・肥満度が高いほど脳卒中になるリスクが高く、

・特にこの関連は女性でのみ明らかだった。


大気汚染による脳卒中のなりやすさは、肥満度が高くなるとさらに強まる可能性がある、


というおはなし。

大気汚染中国

感想:

当然の結果に見えるけど、肥満パラドックスを期待していたのかもしれないな、、

2015年4月29日

PM2.5が濃い地域に住むと脳が小さくなり梗塞も起きやすくなる


Long-Term Exposure to Fine Particulate Matter, Residential Proximity to Major Roads and Measures of Brain Structure
2015  4月  アメリカ

大気汚染が脳血管疾患や認知障害と関連があることはわかっている。

そこで、大気汚染が脳の構造とも関連するものか調べてみたそうな。


健康で60歳以上の被検者900人について、住環境の粒子状物質PM2.5濃度を衛星画像から推定し、また幹線道路からの距離を計測、MRIで得られた全脳、海馬、病的な高信号白質の体積との関連を解析したところ、


次のことがわかった。

・PM2.5濃度が2μg/m3(普通の大都市レベル)に達すると全脳体積が0.32%減少し、

・微小脳梗塞になるリスクが1.46倍になった。

・幹線道路から距離を置くほど病的な高信号白質が少ない傾向があった。


PM2.5濃度と全脳体積の減少と関連があった。これは加齢による脳萎縮1年分に相当し、微小脳梗塞のリスクも高くなった、


というおはなし。

大気汚染


感想:

中国のPM2.5って10-100倍以上だけど、脳だいじょぶかな、、

2015年3月30日

大気汚染と脳卒中 PM2.5はどう危険なのか


Short term exposure to air pollution and stroke: systematic review and meta-analysis
2015  3月  イギリス

大気汚染と脳卒中の関連を 短期的な影響に絞って調べてみたそうな。


大気汚染物質への曝露と、その7日以内の脳卒中の発生について述べた過去の論文を厳選し、データを統合 再解析したところ、


次のことがわかった。

・2748の論文から94件抽出し、28カ国、600万件以上のデータを得た。

・脳卒中での入院、死亡は、COやSO2,NO2濃度に従って増加した。

・粒子状物質PM2.5およびPM10についても同様だった。

・オゾンとの関連は非常に弱かった。

・特にPM2.5との関連は強く、影響が持続した。


ガス状および粒子状物質の大気汚染が、ほんの数日で脳卒中での入院、死亡に影響することがわかった、


というおはなし。

PM2.5 PM2.5の持続力


感想:

花粉と脳卒中の影響を調べてもらいたいねぇ、、と思って検索してみた。

ひとつみっけ。

2015年2月13日

脳卒中が起きやすいのは何月?


Effect of Seasonal and Monthly Variation in Weather and Air Pollution Factors on Stroke Incidence in Seoul, Korea.
2015  2月  韓国

脳卒中が起きやすい気象、環境要因について調べてみたそうな。


2004-2013の3000人あまりの脳卒中患者記録を解析した結果、


次のことがわかった。

・脳卒中の発生率は9月がダントツで高かった。

・脳梗塞は明らかに冬よりも夏に起きやすく、脳内出血の季節傾向は確認できなかった。

・平均気温が高くなるほど脳梗塞が起きやすかった。

・大気中の二酸化窒素NO2濃度が高くなると高齢者の脳内出血が増加した。


脳梗塞は夏に起きやすく、大気中の二酸化窒素は脳内出血のもと、


というおはなし。



感想:

お隣の国だから似ているかと思いきや 実感とちがうな、、冬じゃないのかね。

2014年6月12日

道路交通騒音と大気汚染 脳卒中的にどっちが深刻なのか


Combined effects of road traffic noise and ambient air pollution in relation to risk for stroke?
2014  6月  デンマーク

道路交通騒音と大気汚染はいずれも脳卒中リスクであると言われている。

そこで両方を一緒に浴びた時の脳卒中リスクについて調べてみたそうな。


年齢50-64の57053人の医療情報から1999件の脳卒中事例を抽出した。

平均11年間さかのぼって彼らの住所の変遷を追跡し、交通騒音および大気汚染被曝歴を推定し関連を解析したところ、


次のようになった。

・発症直前の住環境での二酸化窒素が平均より10μg/m3または交通騒音が10dB高いと脳梗塞リスクが10%以上高かった。

・同時曝露の場合、脳梗塞に関連するのは主に交通騒音だった。

・両者ともに高レベル曝露の場合 関連はもっとも強く、脳梗塞リスクは28%増しになった。

・致命的な脳卒中は大気汚染とのみ関連があり、交通騒音との関連は見られなかった。


道路交通騒音は脳梗塞と関連し、致命的な脳卒中は大気汚染レベルとのみ関連があった。両方を一緒に浴びた時の影響も確認できた、


というおはなし。

道路交通騒音


感想:

わかりにくい。

軽い脳梗塞は騒音ストレス程度で発生するが、命を奪うほどの影響はない。ほんとにヤバイのは大気汚染をじっくり経験したのちの脳出血や脳梗塞である、ってことかな。

2014年5月24日

PM2.5は基準値未満であっても脳卒中を引き起こす


Long-Term Exposure to Ambient Air Pollution and Incidence of Cerebrovascular Events: Results from 11 European Cohorts within the ESCAPE Project.
2014  5月  イタリア

大気汚染と脳卒中との関連を調べたそうな。


ヨーロッパの11件の研究データを解析したところ、


次のことがわかった。

・被験者99446人中、3086件の脳卒中事例があった。

・PM2.5濃度が5μg/m3増加する毎に脳卒中リスクが19%上昇した。

・PM10についても同様の傾向があった。

・このPM2.5との関連は65歳以上、非喫煙者、PM2.5濃度が25μg/m3未満で暮らす人に顕著だった。


大気中の粒子状物質は、基準値未満の濃度であっても脳卒中との関連が疑われた、


というおはなし。

図:PM2.5
PMの大きさ(人髪や海岸細砂)との比較

2014年1月10日

中国から流れてくるPM2.5は脳卒中を引き起こすのか?


Increasing emergency room visits for stroke by elevated levels of fine particulate constituents.
2013  12月  台湾

微粒子状物質PM2.5と脳卒中との関連を調べてみたそうな。

脳梗塞または脳出血で国立大学病院に救急搬送された件数とPM2.5およびその成分との関連を解析したところ、


次のようになった。

・2004-2008に12982件の脳梗塞、3362件の脳出血があった。

・脳出血は硝酸塩、元素状炭素の増加により救急搬送リスクが1-2割増加した。

・脳梗塞は暑い季節の有機炭素と元素状炭素の増加により救急搬送リスクが2割増加した。

・PM2.5と有機炭素は、65歳以上もしくは女性の 脳梗塞リスクの上昇と関連があった。


PM2.5とその構成成分は脳出血や脳梗塞での救急搬送件数と関連があった、


というおはなし。


写真:PM2.5


感想:

PM2.5の炭素にもいろいろあるんだね。

有機炭素と元素状炭素の違いは…(pdf)

2013年9月6日

上海の大気汚染と脳卒中死亡率との関係


Epidemiological evidence on association between ambient air pollution and stroke mortality.
2013  5月  中国

大気汚染と脳卒中死亡率との関連を調べてみたそうな。


2003-2008の上海にて、65歳以上の日々の脳卒中死亡率を収集し、大気汚染データ(PM10,SO2,NO2濃度)との関連を解析した結果、


次のようになった。

・脳梗塞死亡率はいずれの大気汚染物質とも強い関連があった。

・脳出血はSO2,NO2とのみ関連し、PM10との関連は薄かった。

・特に心臓病を持っていると、NO2濃度が10μg/m3増える毎に脳梗塞死亡率が7%増加した。



大気汚染と脳卒中死亡率との関連が明らかになった。心臓病+NO2曝露で脳梗塞死亡率が増加することもわかった、


というおはなし。

写真:上海大気汚染


感想:

中国発の大気汚染と脳卒中の研究をよく見かけるようになった。

近い将来、日本でも低レベル放射線被曝と脳卒中についての論文がたくさんでるんだろな。


2013年7月1日

PM2.5と脳卒中との関連について


A five-year study of particulate matter (PM2.5) and cerebrovascular diseases.
2013  6月  チリ

大気中の粒子状物質(PM2.5)と脳卒中との関連を調べてみたそうな。


サンティアゴで、脳血管疾患で入院した患者の記録と、気象観測データとの関連を解析した結果、


次のようになった。

・2002-2006までに33624件の脳卒中入院があった。

・PM2.5の濃度は明らかに冬に高かった。

・PM2.5濃度と脳卒中入院数との間に関連があった。

・PM2.5濃度が10μg/m3増加する毎に脳血管疾患の発生が1.29%増加した。


というおはなし。




感想:

この種の研究は中国の独擅場かとおもってた。

2013年4月19日

【本場中国】大気汚染でやっぱり脳卒中患者が増えた。


Estimation of Short-Term Effects of Air Pollution on Stroke Hospital Admissions in Wuhan, China.
2013  4月  中国

大気汚染物質と脳卒中患者の発生との関連を、中国で調べてみたそうな。


武漢の、2006-2008の毎日のNO2、SO2、PM10の濃度及び、気温、湿度の記録と4つの病院の脳卒中入院者記録との関連を解析した。


次のようになった。

・大気汚染物質濃度はNO2,SO2,PM10ともに、平均で10-3月が4-9月の1.5倍ほど高かった。

・寒い季節にはNO2レベルが10μg/m3増える毎に同日の脳卒中入院患者が2.9%増えた。

・同様にPM10が10μg/m3増えると脳卒中患者が1%増えた。

・脳卒中入院患者数とNO2濃度との関連が特に強かった。

・暖かい季節にはこのような関連は見られなかった。



中国の武漢では寒い季節に大気汚染濃度が50%ほど増加する。

そして、NO2濃度が上がると脳卒中患者も増えた


というおはなし。



武漢の大気汚染 2012
写真:武漢の大気汚染

2013年2月14日

【中国発】ひどい大気汚染のおかげで脳卒中死亡率との関連が明らかに!


Acute Effect of Ambient Air Pollution on Stroke Mortality in the China Air Pollution and Health Effects Study.
2013  2月  中国



大気汚染が脳卒中死亡率に与える影響を調べたそうな。


中国の8つの都市について、日々の大気汚染程度と脳卒中死亡率との関連を解析したところ、


次のようになった。


各大気汚染物質と、その濃度が10μg/m3 増える毎に

上昇する脳卒中死亡率はそれぞれ


・PM10未満の浮遊粒子状物質→0.54%

・二酸化硫黄→0.88%

・二酸化窒素→1.47%  だった。





大気汚染が進むと脳卒中死亡率が上昇することが明らかになった


というおはなし。

写真:中国の大気汚染



感想:

中国が言うんだからこの研究は信用できる。

2012年9月29日

中国からの飛来物質が原因と思われる脳梗塞被害が福岡で多発!


Relationship Between Asian Dust and Ischemic Stroke: A Time-Stratified Case-Crossover Study.
2012  9月  日本


黄砂現象と日本の脳梗塞との関連を調べたそうな。


1999-2010に脳梗塞で入院した福岡の7429人について、

入院当時の気象状況、浮遊粒子状物質との関連を解析した。


次のことがわかった。


黄砂現象と脳梗塞全般との関連はあまり無かった。

・しかし、黄砂現象とアテローム血栓性脳梗塞とは非常に強い関連があった。

・ラクナ脳梗塞、心原性脳梗塞と黄砂現象との関連はまったくなかった。


黄砂現象にともないアテローム血栓性脳梗塞患者が増えることがわかった


というおはなし。

写真:黄砂のおかげ

2012年9月26日

織物工場はホコリっぽいから脳卒中になりそう


Occupational exposures and mortality from cardiovascular disease among women textile workers in Shanghai, China.
2012  9月  アメリカ



繊維質のホコリが脳卒中死亡率に与える影響を調べてみたそうな。



上海の織物工場で働く女性工員26万人あまりについて11年間調べたところ、


・脳梗塞および脳出血死亡危険率が1割ほど高かった。

・心筋梗塞との関連はみられなかった。






織物工場のホコリが脳卒中死亡率を

上昇させているかもしれないことがわかった



というおはなし。


写真:織物工場

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

 脳卒中をやったなら
 おぼえておきたい回復のヒント100(無料
メールアドレス  例:stroke@example.co.jp


過去7日間で人気の記事ベスト10