ラベル 転倒 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 転倒 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年4月20日

脳卒中リハビリは害!? 骨折しやすくなることが判明


Post-ischemic stroke rehabilitation is associated with a higher risk of fractures in older women: A population-based cohort study.
2017  4月  台湾

脳卒中を経験すると骨折のリスクが2倍になるという。そのおおくはバランス能力の低下が原因の転倒によるもので 大腿骨頸部や脊椎、上腕を骨折する。

これまで脳卒中リハビリと骨折との長期的関連を調査した研究はほとんどないので大規模にしらべてみたそうな。


台湾の国民健康保健データベースから2000-2012の脳梗塞患者8384人の記録を抽出した。

このうち半数は1ヶ月以内に脳卒中リハビリを開始し、残りの半数は1年間リハビリをまったく受けなかったケースを選んだ。

1年間の骨折事例との関連を さらに年齢別、男女別に解析したところ、


次のことがわかった。

・リハビリを受けたグループの骨折率は関連要因を考慮に入れてなお あきらかに高く、年間100人あたり6.2人で、

・リハビリ無しのグループでは4.1人だった。

・特に65歳以上の高齢女性で脳卒中リハビリ後の骨折リスクが1.62倍だった。

脳卒中後のリハビリを受けた高齢女性の骨折リスクはあきらかに高かった、

というおはなし。
図:脳卒中リハビリと骨折しない確率

感想:

身体活動がかっぱつになったぶん転びやすくなるのかも...という能天気な推測が書いてある。

じぶんの経験にてらすとむしろ逆で、たぶんこういう↓こと。


入院したばかりで麻痺がいちばんキツイ時期の高齢者をベッドから引きずり出し、
「あなたはこんなにも歩けなくなったけど、いまから一生懸命にがんばれば元のように歩けるようになりますよ」と言い聞かせる。

幾多の人生の苦難を乗り越え ようやく先の見えてきた女性高齢者に「このひどい状況から再び努力で這い上がれ」と告げることは 彼女を絶望の淵に突き落とし歩行能力への自信を完全に失わせるに十分である。

そして歩行への恐怖のあまり たわいないきっかけで転び骨折するようになる。


ところが現実は、

早期にリハビリを開始しても患者メリットはないし、(←リンク)
努力して訓練を重ねても回復が進むわけでもない、(←リンク)
しかもリハビリしなくても治るひとは勝手に治る、(←リンク)

ことが数々の研究で "明らか" になっている。

だから病院で脳卒中リハビリを "受けない" ことを選択した患者は
ゆったりと入院生活を楽しみ 自らの治癒力で努力なしに回復できるので、
歩行能力への自信を失うこともなく その後の転倒や骨折が少ない。

2016年11月26日

脳卒中後の骨折リスクが明らかに


Risk of fractures after stroke
2016  11月  カナダ

脳卒中はのちの骨密度の低下や転倒と関連が高く、骨折のリスクが高まると考えられている。健常者にくらべ骨折リスクが4倍に達するとの報告もある。

実際のところどうなのかTIAの場合についてもしらべてみたそうな。


2003-2012カナダの脳卒中患者データベースを使って脳卒中から24ヶ月間の骨折関連情報を抽出し関連を解析したところ、


次のことがわかった。

・3万4000人あまりの患者記録から、骨折率は脳卒中で5.7%、TIAは4.8%、健常者4.1%だった。

・脳卒中経験者の骨折リスクはTIAに比べ1.32倍、健常者の1.47倍だった。

・骨折関連要因は、高齢、女性、中等度の障害、骨粗しょう症などだった。

脳卒中は骨折リスクの増加と関連する。 脳卒中で骨折のリスク要因を有する患者には骨密度検査と骨折予防治療が必要かも、、


というおはなし。

図:脳卒中後の骨折リスク

感想:

ぜんぜんたいしたことないのね。もっと骨折しまくりかとおもってた。

2016年10月4日

脳卒中患者が好む屋内の履物ナンバーワンは


A survey exploring self-reported indoor and outdoor footwear habits, foot problems and fall status in people with stroke and Parkinson's.
2016  9月  イギリス

脳卒中患者は転倒しやすく その多くは屋内で起きる。

そこで屋内外での履物の種類と転倒頻度について調べてみたそうな。


脳卒中もしくはパーキンソン病患者の計1000人にアンケートを送ったところ、


次のようになった。

・脳卒中145人、パーキンソン病218人から回答があった。

・回答者のほとんどは屋内ではスリッパを 屋外ではウォーキングシューズを履いていた。

・その選択基準として快適性とフィット感をもっとも重視していた。

・全回答者の50%に転倒経験があり、

・その多くが足に何らかの障害があったが特別なサポートは受けていなかった。

脳卒中やパーキンソン病患者のほとんどが屋内ではスリッパを履いていた。彼らの多くは足に問題を抱えており転倒も経験していた、


というおはなし。
図:屋内履物 脳卒中患者

感想:

スリッパは難度が高い。触覚が鈍くなっているのでズレて脱げそうになっていてもまったく気が付かない。

信頼のおける情報筋によると、スリッパは明治の日本が発祥だった。
土足で座敷に上がり込む外国人への対策として徳野利三朗なる人物が考案し、昭和30年頃に急速に世界に普及したとのこと。

2016年6月13日

脳卒中経験者はなんども転倒する


Falls and fear of falling after stroke: a case-control study.
2016  6月  マレーシア

高齢 脳卒中経験者の転倒頻度と恐怖心を調べてみたそうな。


平均年齢66、脳卒中経験のある75人と脳卒中経験の無い50人について過去12ヶ月間の転倒状況、歩行バランス能力等を調べ比較したところ、


次のことがわかった。

・脳卒中経験者の23人と非経験者13人は少なくとも1度転倒していた。

・そのうち脳卒中経験者の9人は2度以上転倒し、非経験者の転倒再発はなかった。

・脳卒中経験者は非経験者に比べ非常に転倒を心配していた。

・脳卒中非経験者の転倒は女性に偏っていたが脳卒中経験者には偏りはなかった。

・脳卒中経験者の転倒恐怖心は歩行能力と関連していた。

脳卒中の非経験者にくらべ脳卒中経験者はなんども転倒しがちだった。転倒恐怖心は歩行能力に関連していた、


というおはなし。

写真:転倒

感想:

リハビリ病院にいたころに転倒恐怖心ってやつを経験した。いちど転倒しかけたあと 廊下歩くだけで怖くて怖くて、、ガクガク震えてパニック起こしそうになった思い出。

2016年5月18日

歩ける脳卒中経験者に杖を持たせた結果、、


The provision of a cane provides greater benefit to community-dwelling people after stroke with a baseline walking speed between 0.4 and 0.8 metres/second: an experimental study.
2015  10月  オーストラリア

慢性期脳卒中経験者に杖を与えてその影響を調べてみたそうな。


発症後6年前後で自立歩行が可能な脳卒中経験者24人について、歩行スピード別に
低速度グループ(0.4m/s未満)、
中速度グループ(0.4-0.8ms/s)、
高速度グループ(0.8m/sより大)に分けた。

さらに 杖を持たせた時の歩行スピード、歩幅、歩調(ステップ数/分)も測定したところ、


次のことがわかった。

・全体として、杖を使わせても歩幅がやや広くなるほかは、歩行スピード、歩調に大きな違いはでなかった。

・中速度グループでは杖使用によってスピードが0.18m/s速くなり、歩幅が0.07m広くなった。歩調は変わらなかった。

・杖使用前後で 中速度グループは、スピード変化量が高速度グループよりもさらに0.27m/s速く、低速度グループよりもさらに0.12m/s速くなった。

慢性期脳卒中経験者への杖の提供は、中速度の歩行能力者にとってはメリットが大きかった。しかし高速度の歩行ができる者にとってはむしろ害になった、


というおはなし。

図:杖を持たせた脳卒中経験者

感想:

杖を使っても遅いひとは遅いまま、速いひとは遅くなる。
「転ばぬ先の杖」は はやく歩くためのものではないってこと。

2016年1月5日

転倒を経験すると入院延びるの?


Do falls experienced during in-patient stroke rehabilitation affect length of stay, functional status, and discharge destination?
2015  12月  カナダ

入院中に転倒を経験した脳卒中患者に回復度の違いがあるものか、調べてみたそうな。


リハビリ入院中に転倒経験のある脳卒中患者106人と、転倒経験のない106人の医療記録を解析したところ、


次のことがわかった。

・転倒経験者は非経験者よりも入院日数が平均で11日間長かった。

・退院時の機能的自立度に両グループで差はなく、

・退院先が自宅の割合は、非転倒者で77% 転倒者で74%だった。

リハビリ入院中に転倒を経験した脳卒中患者の入院日数は長かった。しかし、退院時の機能的自立度や退院先への影響はなかった、


というおはなし。

図:患者転倒

感想:

入院中ベッドに腰掛けていて突然滑り落ちたことがある。どこで見ていたのか そのあと看護師さんにキツく叱られた。なにもわるいことしてないのに、、

2015年12月29日

脳卒中患者をトランポリンに載せてみた


The effect of modified trampoline training on balance, gait, and falls efficacy of stroke patients.
2015  11月  韓国

脳卒中患者へのトランポリン訓練の効果を調べてみたそうな。


介助付きで2分間以上歩行可能な脳卒中患者24人について、半数にトランポリン訓練を施した。

訓練は、手すり付きトランポリンの上での体重移動、歩行、ジャンプなどを繰り返し、1回30分間x週3回x6週間行う。

全員には通常の理学療法訓練も施した。


次のことがわかった。

・両グループ共に訓練前に比べバランス能力、歩行能力、転倒恐怖感が明らかに改善した。

・さらにトランポリングループでそれら改善度が有意に高かった。


トランポリンを使った訓練により脳卒中患者のバランスや歩行能力、転倒恐怖感が著しく改善した、


というおはなし。

このひと↓片麻痺なんだって

よくみると右手は手すりを掴んでる



感想:

おもに自信がつくんだろね。

入院すると勝手な歩行は一切禁止で車いすが強制される。そして実際以上の重症感を抱く。トランポリンの危なっかしい体験は萎縮した感覚を解放する。

2015年9月15日

脳卒中で姿勢が乱れやすいのは右脳か左脳か!?


Hemispheric specificity for proprioception: postural control of standing following right or left hemisphere damage during ankle tendon vibration.
2015  9月  フランス

右脳損傷の脳卒中患者は姿勢が不安定になりやすいといわれている。

これを実験で確かめてみたそうな。


右脳損傷患者12人、左脳損傷患者14人、健常者20人について、

麻痺足、非麻痺足または両足に振動刺激(80Hz,20秒)を与えて、立位での姿勢動揺を観測した。

腓骨部またはアキレス腱を振動刺激部位とした。


次のようになった。

・アキレス腱を振動刺激したときに姿勢動揺がもっとも大きかった。

・麻痺足よりも非麻痺足のアキレス腱を刺激したときに後方への姿勢動揺が大きかった。

・左脳損傷患者は振動刺激直後は動揺したが、徐々に安定した。

・右脳損傷患者は姿勢動揺が収まらなかった。

・両足の振動刺激時、姿勢が再安定するまでの時間は右脳損傷患者がもっとも長かった。


脳卒中患者の姿勢は、右脳損傷でかつ深部感覚が乱されたときに大きく変動した、


というおはなし。


感想:

右脳損傷→左片麻痺だから、こういうこと↓なんだよな、、
左片麻痺は転倒に注意! 繰り返す 左片麻痺は転倒に注意

2015年8月8日

こんなひとは脳卒中後いつまで経っても転倒しやすい


Occurrence and Predictors of Falls in People With StrokeSix-Year Prospective Study
2015  8月  スウェーデン

転倒しやすい脳卒中経験者の特徴を調べてみたそうな。


121人の脳卒中経験者に面談して、発症から6年後までの転倒状況を聞き出したところ、


次のことがわかった。

・3,6,12ヶ月、6年後に転倒経験した者の割合は各々、35%,26%,33%,35% だった。

・転倒しやすい者は、*日常生活動作に問題がある、*3ヶ月時点での転倒経験、*歩行バランスの障害がない、という特徴があった。

・歩行バランスに障害のある者の転倒頻度は6年間で低下したが、歩行バランスに障害のない者は逆に転倒しやすくなった。


脳卒中のあと、歩行やバランス能力に問題のない者であっても転倒には十分な注意が必要である、


というおはなし。

転倒

感想:

「なんだふつうに歩けるじゃん」って調子にのって転倒するんだろな。

半年後くらいに人前でカッコつけて自転車に飛び乗り その場で激しく転倒した思い出。

2014年8月6日

考え事をしながら歩くと転倒しやすい理由


Effects of dual task on turning ability in stroke survivors and older adults.
2014  7月  イギリス

歩行の方向転換能力は転倒しないために不可欠である。

脳卒中経験者に注意負荷を与えた状況での歩行パターンを 健常者と比較してみたそうな。


平均年令64、発症後5年前後の脳卒中経験者17人および同年齢の健常者15人について、
歩行中の90度の方向転換動作を、連続引き算(注意負荷)をさせながら測定した。


次のようになった。

・両グループともに、注意負荷のある状態での方向転換動作は、全体的に時間がかかり、内側の脚で支える時間も伸びた。


注意をそらされながらの方向転換動作時の片脚時間の延長は、脳卒中経験者および高齢者に共通の生体メカニズムであり 転倒する要因の1つと考えられる、


というおはなし。

方向転換能力


感想:

過去の似たような記事を思い出した。
歩きながら話すと歩幅が狭くなる脳卒中患者は転びやすい

注意負荷を与えたときの歩き方の特徴

2014年7月14日

脳卒中患者に適した靴の形状が判明!


Changes in postural sway according to footwear types of hemiparetic stroke patients.
2014  6月  韓国

脳卒中患者の姿勢動揺と履き物との関係を調べてみたそうな。


脳卒中でリハビリ入院中の32人の患者について、

履き物別に、

A)カカトの深い靴  B)平底靴  C)スリッパ  D)素足

での開眼時、閉眼時の姿勢動揺を測定した。

靴


次のようになった。

・平底靴またはスリッパのときの姿勢動揺は、素足やカカトの深い靴を履いている時に比べ非常に大きかった。

・履き物によらず閉眼時の姿勢動揺は大きかった。


平底靴やスリッパを履いていると 素足やカカトの深い靴に比べ、立位バランスの維持がとても難しくなることがわかった、


というおはなし。



感想:

カカトが深いと足首のサポートついでに位置感覚がつかみやすくなるからではないか、と考察している。

車を運転するからペッタンコの靴ばかり履いていたけど もっと早く知りたかったな。

2014年6月25日

水中理学療法を試してみた


Effects of aquatic physiotherapy on the improvement of balance and corporal symmetry in stroke survivors.
2014  4月  ブラジル

片麻痺患者では主にバランス能力の低下が問題になる。

そこで、水中理学療法のバランスおよびQoL改善効果を調べてみたそうな。


慢性期脳卒中患者に水中理学療法を1回40分☓週2回☓9週間おこなった。

1週間後、バランス、歩行、QoLを測定した。


次のようになった。

・平均年齢58.5、15人の患者について結果を得た。

・バランステスト、歩行テストでスコアが大きく改善した。

・特に、左右方向への動的バランス機能が改善した。

・移動性に限定するとQoLスコアはとても高くなっていた。


脳卒中患者への水中理学療法はバランス機能の改善に効果的かも知れない、


というおはなし。


水中理学療法のなかでもHalliwick法というのがあって、その様子




感想:

バランスを崩しても怪我の心配がないってところがポイントなんだろうけど、水に入る前に転んだり、溺れたりする危険が大きすぎる。

そこで代わりに、
SUMOUスーツセラピーを提案したい。わりとマジに、、
sumo suit therapy

2014年6月19日

降圧薬を多めに処方されている人は転倒しやすい


Greater Daily Defined Dose of Antihypertensive Medication Increases the Risk of Falls in Older People-A Population-Based Study.
2014  6月  オーストラリア

降圧薬の処方用量と転倒との関連を調べてみたそうな。

平均年令72、平均血圧142/80の409人について転倒の有無を12ヶ月間調査したところ、


次のようになった。

・調査期間内に39%が転倒を経験した。

・転倒者の多くは1日あたり通常より高い用量の降圧薬を処方されていた。

・高用量の降圧薬は転倒リスクであり、特に脳卒中歴があるとこの関連は顕著だった。


普通の人より多めに降圧薬をもらっている高齢者は転びやすかった。特に脳卒中経験者で明らかだった、


というおはなし。

薬を飲んで転倒

感想:

降圧薬が効きすぎて クラッくら してるってことだと思う。

退院当初、かの有名なディオバンを処方されて飲んでみたら最高血圧が80くらいまで下がってしまい、椅子から立ったとき目の前が真っ暗になった思い出。

2014年1月31日

太極拳リハビリは転倒が少なく安全


The Effect of Tai Chi on Physical Function, Fall Rates and Quality of Life among Older Stroke Survivors.
2014  1月  アメリカ

太極拳の脳卒中リハビリ効果を検証してみたそうな。


平均年齢70、発症後3年の脳卒中経験者145人を次の3グループに分けた。

*太極拳:53人
*筋トレ柔軟体操:44人
*普通のリハビリ:48人

太極拳は1回1時間×週3回×12週間行った。


次のようになった。

・各訓練期間中に転倒した人数は、太極拳グループでは他のグループの3分の1だった。

・太極拳と筋トレ柔軟体操グループでは有酸素持久力が大きく向上した。


太極拳と筋トレ柔軟体操は有酸素持久力を高めかつ容易に実践可能なリハビリ法だった。とくに太極拳は転倒回数も少ないのでよりオススメである、


というおはなし。


この研究者が行っている太極拳教室のシーン(4:30-)

2014年1月26日

転倒しやすい患者の特徴


Can overestimation of walking ability increase the risk of falls in people in the subacute stage after stroke on their return home?
2013  12月  イタリア

脳卒中患者の転倒は珍しいことではなく、歩行スピードと関連があると言われている。

そこで、全力で歩くときのスピードと、楽に歩く場合のスピードが 転倒リスクとどう関連するかを調べてみたそうな。


歩行可能な脳卒中患者75人ついて、退院時に10m歩行テストと6分間歩行テストを行った。
その後1年間、2ヶ月置きに転倒した回数を電話調査し、両者の関連を解析したところ、


次のようになった。

・6分間歩行テストと10m歩行テストのスピードの比が転倒回数と関連していた。

・短距離の歩行時にやたらスピードが上がる患者はより転倒しやすかった。


短距離と長距離を歩かせた時のスピードの違いをみれば、その脳卒中患者の転倒しやすさが予想できる、


というおはなし。


感想:

達成できるスピードや距離そのものではなく、どのくらいせっかちなのか という患者の性向が転倒と関係している ってことと理解。

看護師同伴で廊下を歩くことを許可された当初、異常にスピードが速いと注意されて、案の定転倒しかけて間一髪で助けてもらった思い出。

2013年12月10日

Wii Fitでリハビリやってみた


Visual Biofeedback Balance Training Using Wii Fit after Stroke: A Randomized Controlled Trial.
2013  8月  ブラジル

視覚フィードバック装置を使った脳卒中片麻痺患者のバランス訓練の効果を調べてみたそうな。


任天堂のWii Fitをバランス機能の視覚フィードバック装置として採用し、これを用いた場合とそうでない場合での理学療法の成果を20人の患者について比較した。


次のようになった。
・両グループ共にバランス機能、自立度が大きく向上した。

・両グループ間で統計的に有意な差は見られなかった。


Wii Fitを用いたバランス訓練を行ったが、通常のリハビリを上回るような効果は確認できなかった、


というおはなし。


Wii Fitリハビリ



感想:

リハビリ病院にWii Fitあったけど、ほこりかぶってた。

1回やったらすぐに飽きた。

療法士さんを相手にするのが楽しいのにゲームなんてやってられない、と思った。

2013年11月4日

転んでも安全 水中療法の効果を確かめてみた


Effects of an aquatic therapy approach (Halliwick-Therapy) on functional mobility in subacute stroke patients: a randomized controlled trial.
2013  10月  ドイツ
水中療法のリハビリ効果を検証してみたそうな。


発症後2週目以降の脳卒中患者30人について、水中療法グループと比較グループに分けた。
水中療法は1回45分間×週に3回×2週間 +通常のリハビリを週に2回 行った。

比較グループでは、通常のリハビリを週5回×2週間行った。


次のようになった。

・水中療法グループでバランス能力の著しい改善があった者は83%、比較グループでは47%だった。

・歩行能力の改善程度も水中療法グループで非常に高かった。

・移動動作に関しては両グループで大きな違いはなかった。


水中療法は安全で 移動能力の改善に効果的かも知れない、

というおはなし。


脳卒中患者向け水中療法のシーン



感想:

2週間後じゃ入浴するだけでも多くの人の手を借りるのに、海パン履いてプールに浸かるなんて想像すらできない。

ぜんぜん安全じゃないと思う。

2013年7月4日

ミニトランポリン療法を試してみた


Effects of a predefined mini-trampoline training programme on balance, mobility and activities of daily living after stroke: a randomized controlled pilot study.
2013  7月  ドイツ

ミニトランポリン療法の脳卒中リハビリ効果を調べてみたそうな。


18-80歳の脳卒中患者で、2分間以上立っていられる40人について、ミニトランポリン療法グループと通常のリハビリグループに分けた。

それぞれ3週間の訓練の前後でのバランス能力、歩行能力、生活自立度を評価、比較した。


次のようになった。

・ミニトランポリン療法グループのバランススコア向上が著しかった。

・一方、歩行能力と生活自立度については大した違いは見られなかった。



ミニトランポリン療法は脳卒中患者の姿勢維持能力の向上に役立つことがわかった、


というおはなし。


写真:ミニトランポリンリハビリ


2013年5月14日

全身振動トレーニングって結局どうなのよ?


Effects of Whole-Body Vibration on Muscle Architecture, Muscle Strength, and Balance in Stroke Patients: A Randomized Controlled Trial.
2013  4月  スペイン

脳卒中患者への全身振動トレーニング効果を検証してみたそうな。


発症後6ヶ月以上経った脳卒中患者20人を2グループに分けて、一方には全身振動トレーニングを施した。

下肢筋肉構造や膝を伸ばす力、バランス能力を評価、比較した。


次のようになった。

・両グループで下肢筋肉の構造、筋力、バランス能力に違いは生じなかった。



全身振動トレーニングには脳卒中患者の下肢運動機能を改善する効果はないことがわかった


というおはなし。




感想:

これまでも何回か記事にしてきた。
・全身振動トレーニングで脳卒中患者の骨代謝が改善するのか?

・全身振動トレーニングを1回だけやってみたら…

・全身振動トレーニング療法の効果に結論

・全身振動トレーニングの脳卒中リハビリ効果について

いろんな見方があるようだけど、難しいこと考えないでレクリエーションのひとつと割り切ってはどうだろうか?



2013年1月28日

【ガンナムスタイル】韓国の乗馬マシンセラピーで脳卒中リハビリ


Therapeutic effects of mechanical horseback riding on gait and balance ability in stroke patients.
2012  12月  韓国




乗馬マシンセラピーの脳卒中歩行リハビリ効果を検証してみたそうな。


37人の外来脳卒中患者について、通常の理学療法を行いつつ、

乗馬マシンセラピーあり、なしのグループに分けて

12週間継続の後、歩行能力、バランス能力を評価、比較した。



次のようになった。


・乗馬マシングループではバランス能力の著しい改善があった。

・歩行能力については両グループ間で差がなかった。





乗馬マシンセラピーは脳卒中経験者の

バランス能力改善にとても役立つことがわかった



というおはなし。




感想:

すでに韓国では電気の要らない次世代乗馬マシンが開発されていた!


なぜ韓国は乗馬に熱心なのか?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

 脳卒中をやったなら
 おぼえておきたい回復のヒント100(無料
メールアドレス  例:stroke@example.co.jp


過去7日間で人気の記事ベスト10