ラベル FAST の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル FAST の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年3月21日

脳卒中の知識 ヘルスキャンペーンの成果


Public health campaigns and their effect on stroke knowledge in a high-risk urban population: A five-year study.
2017  1月  カナダ

脳卒中のリスク要因や症状にかんする人々の知識は 病気の理解と脳卒中の際の行動に大きく影響する。

いままで これらの知識を啓発するキャンペーンが数多く行われてきた。

都市部の住民について脳卒中の知識レベルのさいきんの変化を調べてみたそうな。


2010と2015に トロント大学病院の循環器科を訪れた患者や付き添い人にアンケートを配った。

脳卒中のリスク要因と初期症状を答えてもらったところ、


次のようになった。

・2010に198人、2015に791人から回答を得た。

・リスク要因としてもっとも多かった回答は 2010が喫煙(58%)、2015は高血圧(49%)だった。

・症状では、2010が言葉のもつれ(57%)、2015は手足のしびれ(67%)がもっともおおかった。

・ほとんどの人がリスク要因と症状について1つ以上答えることができ、

・完全正答者の割合も 77%、76%でほぼおなじだった。

・主な情報源はテレビで 61%、68%だった。

高リスクな人たちへのアンケートでは、脳卒中に関する知識はすでに高いレベルにあり この5年間でほとんど変化がなかった、


というおはなし。
図:脳卒中に出会ったときのアクション今昔

感想:

それ系の診療科を訪れるくらいだから意識高いのはとうぜんだわな。

2017年1月16日

脳卒中を見逃さない BE-FAST とは


BE-FAST (Balance, Eyes, Face, Arm, Speech, Time)
2017  1月  アメリカ

脳梗塞の血栓溶解治療にてきした時間はとても短い。
脳卒中の発症に早く気づくためにFAST (Face, Arm, Speech, Time)アルゴリズムが考案された。

しかしFASTでは脳梗塞患者のおおくを取りこぼす可能性があるため、これに歩行バランス(Balance)と視覚症状(Eye)を加えた "BE-FAST" が提案されている。
この脳卒中発見率をくらべてみたそうな。


脳卒中患者736人の記録を解析したところ、


次のことがわかった。

・入院時 14.1%にはFASTの症状はなく、

・そのうちの42%は歩行バランスの低下が、40%には視覚症状があり、70%にいずれかの症状があった。

・この2つの症状をFASTに加えた "BE-FAST"で選別しなおすと、あてはまらない患者は4.4%に減った。

脳卒中患者の14%はFASTで識別できなかった。歩行バランスと視覚症状を加えたBE-FASTにすると見逃し率が大きく減った、


というおはなし。
図:BE-FAST


感想:

思い返すに、脳卒中と確信する6時間以上まえに 登りの階段でなんどもつまずいていた。こういう知識があればもっとはやく気づいてたかもね。
脳卒中のサインはFASTだけではなかった!

2016年11月18日

小学生むけに作成した脳卒中マンガ教育資料とは


Delivering Knowledge of Stroke to Parents Through Their Children Using a Manga for Stroke Education in Elementary School.
2016  11月  日本

脳卒中の血栓溶解治療が有効な時間は短い。初期症状をすばやく見極め救急要請できる知識が多くの人に求められている。

そこで小学生を脳卒中教育して両親に伝えるため、講義とマンガでどちらが学習効果的か実験してみたそうな。


大阪府吹田市の6つの小学校で11-12歳の生徒562人を2グループに分けた。
*専門家の講義のみを45分間うける。
*アニメを10分観て、マンガ資料を10分読む。講義はなし。

両グループともにマンガ資料を自宅に持ち帰り両親に学んだことを伝える。
3ヶ月後に脳卒中に関する知識をテストしたところ、


次のようになった。

・両グループの子供と両親ともに脳卒中のリスク要因や初期症状についての知識レベルは明らかに向上した。

・しかし子供のテスト結果は、講義のみのグループのほうが有意にすぐれていた。

・初期症状を示すFAST(Face Arm Speech Time)の意味についての質問では 両グループの子供と両親の正答率は90%で差はなかった。

小学生への脳卒中教育にマンガ資料を用いてみたが 専門家による講義のほうがより効果的だった、


というおはなし。
図:マンガで脳卒中の勉強

感想:

マンガってシリアスな内容を伝えるのにぜんぜん適していないと思う。

『でぇじょぶだ、ドラゴンボールで生き返る!』←この軽さ。

2016年8月25日

脳卒中のサインはFASTだけではなかった!


Delays in the presentation to stroke services of patients with transient ischaemic attack and minor stroke.
2016  8月  イギリス

TIA(一過性脳虚血発作)や軽微な脳卒中で病院にかかった人たちの 症状があってから病院までの過程を調べてみたそうな。


150人の患者にアンケートしたところ、


次のことがわかった。

・34%はすでにTIAの経験があり、23%は病院へゆくまでの5日以前に症状があった。

・30%は急な視力の低下を経験していたが、多くは脳の問題とは考えなかった。

・61%は症状から1日以上経ってから病院へ行った。

・59%は脳卒中とは思っていなかった。

・36%は脳卒中の初期症状FAST(Face, Arm, Speech, Time)について知らなかった。

TIAや軽微な脳卒中患者の3分の2は 脳卒中の認識がなく、初期症状についての知識もなかった。また3分の1は急な視力の低下を理由に病院を訪れた。脳卒中の初期症状リストに目の症状を加えてFASTER (Face, Arm, Speech, Time, Eyes, React)にしたほうがいいのでは、、


というおはなし。



感想:

じつは脳卒中やってから 風呂あがりに頭を左に傾けると視界全体でなにも見えなくなる。再現性は9割。頭を起こすとなおる。
なにか通じるものがあるんだろね。

2016年1月22日

脳卒中発症時の患者の行動を調べた結果、、、


Patient behaviour at the time of stroke onset: a cross-sectional survey of patient response to stroke symptoms.
2016  1月  アイルランド

脳梗塞の血栓溶解治療は有効な時間が限られている。その治療が行われない主な理由は患者の病院到着が遅れることである。

そこで、発症時の援助要請行動を分析して 到着が遅れる理由を調べてみたそうな。


脳梗塞患者149人について入院3日後に面談調査した結果、


次のことがわかった。

・60%の患者が発症後3.5時間以内に病院に到着していた。

・彼らは脳卒中の症状やリスク要因についてよく知らず、40%は脳卒中の意味がわかっていなかった。

・発症時に周囲に人がいて症状に気づき救急車を呼んでくれたケースでは病院到着が早かった。

患者自身の脳卒中に関する知識レベルの低さと、その症状に気づいて素早くアクションを起こしてくれる周囲の人の重要性が明らかになった、


というおはなし。

写真:援助要請行動

感想:

正常性バイアスっていうのかな 本人は大丈夫って思っちゃうんだよね。

自分の脳の異常に気付いたとき 「よし、アパートに帰って寝よ」と考えて勤め先を早退して途中でダウンした思い出。

2016年1月12日

若年者の73%が脳卒中をナメていることが明らかに


Survey finds 73 percent unaware of stroke symptoms
2016  1月  アメリカ

脳梗塞の有効な治療には発症から3時間までというリミットがある。

45歳未満の若年者の脳卒中に対する意識調査をしたそうな。


18-45歳の健常な1000人あまりにアンケートしたところ、


次のことがわかった。

・73%が脳卒中の症状がでてもすぐには病院にゆかず 良くなるかどうか様子をみたい、と考えていた。

90年台から若年脳卒中患者は53%も増えている。彼らへ脳卒中の症状と事態の緊急性を教育する必要があるだろう、


というおはなし。

図:若年者の脳卒中

感想:

発症当日、からだの異常にはっきりと気付いたのは14時ころだった。のちに振り返るとすでに7時には手足の痺れを感じていた。発症時刻認識の誤差は軽く数時間に及ぶ。

それに対してタイムウィンドウ3時間は狭すぎる。

だからFAST(face,arm,speech,time)の考え方は机上の空論にしか思えないんだ。

2015年9月9日

脳卒中啓発テレビCMの成果 in 青森


Effect of educational television commercial on pre-hospital delay in patients with ischemic stroke.
2015  8月  日本

脳卒中の血栓溶解治療は時間との勝負である。

そこで、テレビメディアによる脳卒中啓発活動の成果を調べてみたそうな。


2010-2014に青森県立中央病院に入院した脳梗塞患者1144人ついて、

2012から始まった脳卒中啓発コマーシャル(顔、手、言葉の麻痺、救急車要請)の前後での病院到着時間などの違いを調査比較したところ、


次のことがわかった。

・コマーシャル以前の入院患者数は544人、それ以降では600人だった。

・コマーシャル以降、発症から病院到着までの平均時間は13.5→12.0時間に短縮され、

・発症から3時間以内に到着した患者の割合は 46.5%→55.7%に増加し、

・6時間を超える患者割合は 39.5%→32.7% に減少した。

・r-tPA治療を受けた患者の割合は7.5%→6.0%になったが有意な差ではなかった。


TVコマーシャルによる脳卒中啓発活動で脳梗塞患者の病院到着までの時間が短縮した。しかし血栓溶解治療が可能になった患者割合は変わらなかった、


というおはなし。

たぶんこれがそのコマーシャル


感想:

仮に瞬間移動装置が発明されたとして、どのくらい助かるかな?

脳卒中って、電気のスイッチ入れるみたいに「ハイ、いま始まった!」ってもんじゃないから 症状に気付いた時点で血栓溶解治療的には手遅れなケースがほとんどだと思うんだ。

2014年11月11日

脳卒中サインはFASTで見破れって言うけど アテになるの?


Clinical signs in young patients with stroke related to FAST: results of the sifap1 study.
2014  11月  ドイツ

脳卒中の兆候であるFASTの3つの症状:顔のゆがみ、腕のしびれ、言葉のもつれ が若年脳卒中患者のどのくらいの割合に見られるか調べてみたそうな。


2007-2010に発症した18-55歳の脳卒中患者5023人の医療記録を解析したところ、


次のことがわかった。

・TIAの1071人、脳梗塞の3396人、その他68人 の計4535人を解析対象とした。

・76.5%の患者にFASTの症状が見られた。

・このうち35%は3つの症状の全てを経験していた。

・FAST症状を経験した者の割合は年齢別に、18-24歳では69.1%、25-34で74%、35-44で75.4%、45-55で77.8%だった。

・神経症状が重くなるにしたがってFAST症状も顕著になった。

・TIAや後頭部脳梗塞ではFAST症状の割合が少なかった。


FASTは若年者に対しても脳卒中を見分けるのに役立つことがわかった、


というおはなし。


感想:

あからさまに脳出血患者をはじいている。

なんとなくわかってはいたけど、FASTキャンペーンで病院が求めているのは血栓溶解治療に適した患者だけってことなんだな。


貼っておくか、、

2014年9月11日

僻地の病院が脳卒中患者数を増やすために採ったマーケティング戦略とは


Stroke Education for Multidisciplinary Medical Personnel in a Rural Area of Japan for Promotion of Hospital Visit of Acute Stroke Patients.
2014  9月  日本

病院を訪れる脳卒中患者数を増やすために、日本のある田舎の病院が職員向けに脳卒中教育を行ってみたそうな。


病院職員217人を対象に急性期脳卒中の特徴、FAST(顔、手、言葉、時間)の意味などについて、20分間の講義を行った。

講義前と3ヶ月後の知識をテストした。


次のようになった。

・FASTの意味について正答率が78%→90%になった。

・FAST以外の知識(視野欠損など)についての正答率は3ヶ月後時点で50%ほどだった。

・急性期脳卒中患者、特にTIA患者の数が講義のあとに大きく増加した。


病院職員へのFAST教育により彼らの脳卒中知識が向上した。田舎の病院がより多くの脳卒中患者を迎え入れるためには全職員一丸となった意識改革が必要である、


というおはなし。


国保水俣市立総合医療センター

感想:

たった217人への教育だけど 田舎だけに対人口比率が無視できないレベルってことなんだろうな。

2014年5月10日

小学生にマンガで脳卒中教育したらすぐに忘れられてしまった


Effects of Stroke Education Using an Animated Cartoon and a Manga on Elementary School Children.
2014  4月  日本

若者への脳卒中教育は患者発症時に居合わせたときの適切な行動や自らの脳卒中予防に役立つ。

そこでマンガの教育資料を作って小学校の教師に脳卒中教育をやらせてみたそうな。


作成したマンガ資料を用いた30分間の授業を小学校教師が行った。

この前後での脳卒中に関する知識(症状やリスク要因)について対象となった小学生にテストしたところ、


次のようになった。

・10、11歳の219人が授業を受けた。

・授業直後の脳卒中関連知識テストのスコアは著しく向上した。

・しかし3ヶ月後には元のレベルに戻っていた。


小学校教師によるマンガを使った脳卒中教育を行った。しかしほとんど記憶に残らないようだったので、内容の見直しが必要かもしれない、


というおはなし。

写真:脳卒中マンガ
ニュース記事
小学生向け「脳卒中」教室を開催=大阪府


感想:

次は幼稚園児を対象に 着ぐるみゆるキャラで臨んでいただきたい。

2014年2月4日

ヒップホップで教育すると貧乏人の子供が猛烈に喰いついてくる


Effect of a Novel Video Game on Stroke Knowledge of 9- to 10-Year-Old, Low-Income Children.
2014  1月  アメリカ

子供を脳卒中発見器として教育するためのゲームを作ってみたそうな。


ニューヨークブロンクス区に住む9-10歳の子供210人に学校で15分間の脳卒中教育用のビデオゲームをやらせた。

次に、自宅でもネット経由で同じゲームができることを知らせた。
http://hiphoppublichealth.org/ (←ここにアクセス)

7週間後、脳卒中テストを抜き打ちで行った。


ゲームはミクロ潜水艇に乗って血管を旅するストーリー。血栓を撃ちながら進んでゆくと突然ゲームが中断されて脳卒中に関するクイズが始まる。これに答えてまた次のステージに進む、の繰り返し。



次のようになった。

・74%の子供が自宅でもゲームをやった。その多くは女の子だった。

・脳卒中に関する知識や救急車を呼ぶべきシーン(FAST)の理解が大きく改善した。

・ネット経由でゲームをした子供の知識はアクセスしなかった子供より、やや良かった。


ビデオゲームを使った子供への脳卒中啓蒙活動は使えるかもしれない、


というおはなし。




感想:

上記リンクのゲームをやってみた。

なぜか背景にヒップホップミュージックが流れている。
貧困病とも言える脳卒中だけに 低所得層の子供を惹きつけるための工夫がヒップホップだったのだろう。
写真:脳卒中ゲーム

2013年10月10日

FAST! 脳卒中のサインを見つけたらイチイチキュウ♫


Stroke Education Program of Act FAST for Junior High School Students and Their Parents.
2013  10月  日本

脳卒中の教育プログラムを作ったので中学生で試してみたそうな。


3つの中学校で、計190人の生徒に45分間の脳卒中啓発レッスンを行った。

各学生にはマグネット式ポスターを配布し、それをつかって彼らの両親を教育するように伝えた。

レッスン前後および3ヶ月後に学生と両親の知識をテストした。


次のようになった。

・3ヶ月後、学生の正答率が飛躍的に向上した。特に、

・顔のしびれ、言葉のもつれ、半身の脱力、救急車要請、飲酒、喫煙、脂質異常、高脂血症、肥満などについての知識が大きく向上した。

・両親についても同様に、3ヶ月後、正答率が大きく向上した。

・3ヶ月後、FASTの意味を正しく憶えていた学生の割合は96%、両親は78%だった。


脳卒中の知識を中学生への教育を介して両親にまで伝える実験は大成功だった、


というおはなし。



FASTといえばこれ

2012年11月1日

脳卒中を素早く見分ける方法について


FAST enough? The U.K. general public's understanding of stroke.
2012  10月  イギリス



脳卒中の初期症状を周知し、

入院にかかる時間を短くすることはとても大切なことである。



脳卒中キャンペーンによる啓蒙活動の成果を検証してみたそうな。



バーミンガムの住人356人について脳卒中のFASTキャンペーン

についてどのくらいわかっているのかアンケートをとった。



次のようになった。


・知識の平均点は15点中11.8点だった。


・糖尿病、高血圧、高コレステロールが

脳卒中のリスクになることを知っていたのは54.2%だった。


・60.2%がFASTキャンペーンを耳にしたことがあったが、

多くはその意味を知らなかった。


・若者、高齢者、非白人系の脳卒中への理解が低かった。






FASTキャンペーン…もっと頑張んなきゃ


というおはなし。





感想:

自分が経験するまで

脳卒中って、突然すごい頭痛がして意識がフッ飛ぶもの

となんとなく思っていた。



でもそういうひとはほんのわずかで、

ほとんどはこのビデオ↓にあるような地味な症状から始まるようだ。

脳卒中がわかるFASTとは。(3分間)


2011年11月3日

ニューヨークの子供らに大人気、"ヒップホップ脳卒中" とは


Child-Mediated Stroke Communication: Findings From Hip Hop Stroke.
2011  10月  アメリカ




急性期脳梗塞の血栓溶解治療の実施率があまりにも低いのは

人々が脳卒中の初期症状についてよく理解していないため

救急車を呼ぶのが遅れてしまうことが原因と考えられる。



そこで、子供を使ってその両親に脳卒中教育をほどこすことが

できるかどうか、調べてみたそうな。



脳卒中の症状をヒップホップ音楽にのってラップするイベントを企画し、

小学校で9-12歳の子供182人を対象に集団で練習させた。





その前と後で 彼らの両親にアンケートをとり、

脳卒中の症状関する知識レベルを検証した。




分析の結果、 多少の知識の改善が見られた。




子供を巻き込んだヒップホップ脳卒中プログラムは

両親の脳卒中知識の啓蒙に役立つかもしれない、


というおはなし。




これが噂の↓ヒップホップ脳卒中






感想:

FASTキャンペ-ンがあまりにも不振だったので作戦を変えた、ということと理解。

2011年7月19日

FASTキャンペーンはほんの少しだけ効果があったみたい


StrokePublic Awareness Campaigns Have Increased Ambulance Dispatches forStrokein Melbourne, Australia.
2011  7月 オーストラリア




脳卒中啓蒙キャンペーンの効果を検証してみたそうな。

2004から毎年9月を脳卒中週間として、国立機関が啓蒙キャンペーンを行っている。


さらに、2007年以降は具体気的な初期症状を加え

FAST(Face,Arm,Speech,Time)キャンペーンとし、

すぐに救急車を呼ぶことを推奨した。



このキャンペーン効果を測る指標として

1999-2010の救急車出動件数のうち、脳卒中に関係するものの割合を求めた。



その結果、

FASTキャンペーンを開始した2007年以降について、

脳卒中週間の直後月(10月)の割合が自然増加分に比べ著しく増えた。


例えば、

・2007年は2.62%→3.00%、

・2008年は2.62%→3.05%、

・2009年は2.70%→3.09%



となった。



救急車出動件数を調べることで

FASTキャンペーンに若干の効果があったことがわかった

(出動割合が一時的に0.数%増加した)

というおはなし。




FASTキャンペーン

ビデオ直リンク

2011年1月12日

FASTキャンペーン うまくいっている例


Stroke admissions jump after FAST campaign
2011 1月 アイルランド



脳卒中の初期症状を人々に周知させ、
迅速な救命救急対応を促すためのFASTキャンペーンは
案外知られていない。


一方
アイルランドではこのキャンペーンによって入院患者が激増し、
血栓溶解治療に間に合う患者も大いに増えたそうな。



これがキャンペーンビデオ

日本版はこちら

2010年11月8日

FASTキャンペーンって知ってた?


Is FAST stroke smart? Do the content and language used in awareness campaigns describe the experience of stroke symptoms?
2010  11月 オーストラリア



脳卒中の初期症状の周知とその早期対応を促すFASTキャンペーン
の効果がはかばかしくなく、

脳卒中患者とその関係者の10%程度しかそれを
きいたことがなかった。

その詳しい内容となると
ほとんど知られていなかった、という残念な話。






FASTキャンペーンって世界的にやっていたものらしい。
下記ビデオをいちどみたことがあったが、

FASTがなにを表すか なんて1つも憶えていなかった。

すっげぇ面白いビデオじゃよ。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

 脳卒中をやったなら
 おぼえておきたい回復のヒント100(無料
メールアドレス  例:stroke@example.co.jp


過去7日間で人気の記事ベスト10