2012年7月18日

マインドフルネス・ストレス低減法で脳卒中後疲労感をやっつけろ!?


Mindfulness-based stress reduction (MBSR) improves long-term mental fatigue after stroke or traumatic brain injury.
2012  7月  スウェーデン




脳卒中のあとの疲労感は復職や社会参加の大きな妨げになるが

未だ 有効な治療法はない。



そこで、薬を使わない新しい方法:

マインドフルネス・ストレス低減法MBSR

を試してみたそうな。


マインドフルネス・ストレス低減法:
Mindfulness-Based Stress Reduction(MBSR)
は瞑想やヨガを取り入れたグループ参加の認知療法の一種である。






18人の脳卒中患者と、11人の外傷性脳損傷患者について

半数ずつ、時期をずらしてMBSRの8週間コースに参加させた。




その結果、

MBSRにより疲労感と認知機能テストのスコアが有意に 著しく改善した。



マインドフルネス・ストレス低減法は脳を損傷したあとの

薬を使わない有効な疲労感対策として

かなりイイんじゃない?



というおはなし。





感想:

こういうアプローチには大変関心があります。


参考リンク:

マインドフルネスフォーラム:MBSRとは

マインドフルネス認知療法(wikipedia)

マインドフルネス認知行動療法(pptファイル by 東京大学)
これ↑の前半部分がわかりやすかった。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

過去30日間で人気の記事ベスト10