~ 5000超の記事をシンプルな単語で検索するよ!

2024年2月26日

快楽を失った心:脳卒中患者が直面するアンヘドニアの隠された苦悩

2024  2月  スペイン

 
アンヘドニアは、快楽を経験する能力が低下することを指し、無快楽症ともいう。

アンヘドニアはうつ病の症状のひとつであると同時に、うつ病の発症を助長する永続的な行動特性であるとも言われている。

特に、脳卒中患者において、アンヘドニアはうつ病と密接に関連しており、その結果、日常的な喜びに対する感受性や、リハビリテーションプログラムに参加し健康的で活動的なライフスタイルを維持しようとする内発的な意欲が低下する。

このような状態は、患者の回復を妨げ、自律性、機能、生活の質を低下させる可能性がある。

そこで、脳梗塞および脳出血の亜急性期および慢性期におけるアンヘドニアの有病率、程度、および関連する因子をくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月25日

衝撃の実態!農村部の脳卒中患者、作業療法を受けるのはわずか2.0%のみ

2024  2月  アメリカ


脳卒中生存者の大半は障害が継続しており、満たされていないニーズを訴えている。

リハビリテーションが脳卒中生存者の機能を改善するという証拠があるにもかかわらず、作業療法や理学療法へのアクセスは限られている。

そこで、地理的および社会的にリハビリサービスへのアクセスに恵まれない地域の脳卒中生存者における、外来治療および在宅医療によるリハビリテーション利用頻度の違いをくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月24日

軽症から一転、命の危機へ - クリッピング治療が招くくも膜下出血患者のリスク

2024  2月  ドイツ


動脈瘤破裂のくも膜下出血(aSAH)は依然として悲惨な病気である。

予後不良は初期の神経学的状態に大きく依存することが知られている。

そこで、aSAHで初期の神経学的状態が「良好」であった患者において、不良転帰のリスクを高める因子くわしくしらべてみたそうな。

2024年2月23日

衝撃の事実:脳卒中生存者は長時間寝るほど早死するリスクが!

2024  2月  アメリカ


脳卒中後の睡眠時間異常は死亡リスクを高める可能性がある。

そこで、睡眠時間が脳卒中生存者の死亡率上昇に関連するか否かをくわしくしらべてみたそうな。
 

2024年2月22日

脳卒中回復の神話を打ち砕く!エビデンスで裏付けられた唯一の薬とは?

2024  1月  台湾


脳卒中の負担は、生産性の低下を伴う長期にわたる介護を必要とする障害によるところが大きい。

そこで、脳卒中後の障害または障害を改善する治療法として、様々な登録薬理療法に関する研究を同定、評価をこころみたそうな。

2024年2月21日

息をのむリスク:日常の受動喫煙がいかにしてあなたの脳を脅かすのか

2024  2月  中国


受動喫煙は公衆衛生上の大きな問題と考えられている。

中国における受動喫煙(SHS)と脳梗塞との関連に関するエビデンスは乏しいのでくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月20日

驚愕の事実:脳卒中生存者の5人に1人が直面する長期的な頭痛の真実とは?

2024  2月  フランス


頭痛は脳卒中後によくみられ、生存者のQOLに影響を及ぼす可能性があるが、脳内出血(ICH)後の頭痛についてはほとんど研究されていない。

ICH生存者の集団において,頭痛の長期有病率とその決定因子をくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月19日

うつが脳の危機を招く!?脳動脈瘤との衝撃的な関連を解明

2024  2月  中国


近年、頭蓋内動脈瘤(IA)のリスクはうつ病や不安神経症の患者において高いことが報告されている。

これらの因果関係をしらべるべく、うつや不安に関連する遺伝子変異とIAリスクとの関連についてメンデルランダム化解析をこころみたそうな。

2024年2月18日

脳卒中後の沈黙の危機:片麻痺側の大腿骨頸部で進む、予期せぬ骨密度の低下

2024年  2月  中国
 

脳卒中のあとは不動、神経障害、内分泌調節障害に起因して骨粗鬆症や骨折リスクが高くなる可能性を示すエビデンスが蓄積されている。

そこで、脳卒中が骨密度(BMD)に及ぼす影響を評価し、脳卒中後の骨粗鬆症や骨粗鬆症性骨折のリスクあきらかにするべくメタアナリシスをこころみたそうな。

2024年2月17日

医療の進歩は虚偽? くも膜下出血治療の衝撃的真実と致命率の不変

2024  2月  ドイツ


1973年から2002年までの集団ベースの研究を対象とした以前のシステマチックレビューでは、くも膜下出血の致死率は減少していた。

それ以来、治療は明らかに進歩している。

そこで、致死率がさらに減少したかどうか、また機能的転帰が改善したかどうかをくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月16日

日照豊かでもビタミンD不足の謎 - 熱帯の太陽下で明らかになる脳出血リスクとの衝撃的な関連

2024  2月  ブラジル


動脈瘤破裂によるくも膜下出血(aSAH)は脳卒中の3〜5%を占める。

ビタミンDは脳動脈瘤の形成や破裂を含む心血管系に影響を及ぼす。

そこで、熱帯の高日照地域に居住し、動脈瘤性くも膜下出血を発症した患者における血清ビタミンD濃度との関連をくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月15日

驚きの発見!週90分未満の運動でも脳梗塞リスクが激減?最新台湾研究が示す新常識

2024  2月  台湾


運動不足は脳卒中の主要な危険因子であり、身体活動を増やすことで脳梗塞を予防できることがわかっている。

脳梗塞と運動不足の関係については、特にアジア人集団では限られた研究しかなされていない。

世界保健機関(WHO)は健康維持のために中強度の身体活動を週に少なくとも150分おこなうことを推奨している。

しかし台湾人口の70%以上は、この推奨レベルの身体活動をおこなっていない。

そこで、週に90分未満レベルの身体活動の脳梗塞予防効果を確かめてみたそうな。

2024年2月14日

電子タバコ警報:特に女性において脳卒中の後遺症を悪化させる可能性

2024  2月  アメリカ


ニコチンを含む電子タバコ(EC)の喫煙は世界的に普及しているが、脳卒中の転帰に対するECの影響についての理解は進んでいない。

そこで、脳梗塞ラットモデルを用いて、EC曝露が脳のエネルギー代謝と脳卒中の転帰に及ぼす影響を性差も含めてくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月13日

命を救うはずの手術が命を奪う?破裂動脈瘤治療の衝撃的真実

2024  2月  ドイツ


動脈瘤破裂によるくも膜下出血は、死亡率が高く、生命を脅かす重篤な状態である。

現在の治療では、最初の24〜48時間以内に外科的クリッピングや血管内治療が行われることが多い。

未破裂動脈瘤の合併症については十分なエビデンスがあるが、破裂動脈瘤患者におけるデータは限られているのでくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月12日

歩き出せ、未来へ -脳卒中患者がリズムに乗って歩行を取り戻す衝撃!

2024  1月  スペイン

 
脳卒中患者の歩行機能に対するリズム聴覚刺激(RAS:rhythmic auditory stimulation)の効果については、いくつかの研究で報告されているが、系統的レビューはまだない。

そこで、脳卒中患者におけるRAS介入後の機能的歩行に関するエビデンスを統合し、その効果をくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月11日

驚愕の転換点!「両側上肢トレーニング」が脳卒中患者の回復に革命をもたらす - 新たな希望の光

2024  1月  ベルギー


脳卒中後の上肢(UL)の回復を改善するために、高用量の両側動作(bilateral movements)トレーニングは、有望なリハビリテーション戦略である。

そこで、亜急性期脳卒中における上肢障害と機能的自立に対する両側ULトレーニングと片側ULトレーニングの効果を比較してみたそうな。

2024年2月10日

脳卒中を防ぐ驚きの食事変革 - あなたの体が欲するタンパク質とは?

2024  2月  中国


食事タンパク質の量および供給源の種類と、脳卒中など心血管系疾患(CVD)との関連についてくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月9日

朝食で避けるべきシリアル:脳卒中をまねく意外な罠!

2024  1月  中国


観察研究では、穀類の摂取が脳卒中など心血管疾患(CVD)のリスク低下と関連することが示唆されている。

しかし、その因果関係は明らかではない。

そこで、主な穀物摂取源であるシリアルおよびその種類別のCVDリスクとの因果関係をくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月8日

脳卒中と五十肩の深いつながり:新たな科学的発見が示す意外な真実

2024  2月  中国


これまでの研究では、脳卒中などの心血管疾患(CVD)と五十肩(FS:frozen shoulder)との関連が示されているが、両者の因果関係は不明である。

そこで、メンデルランダム化(MR)解析を用いて、CVDと五十肩の因果関係をくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月7日

客観的睡眠不足が脳卒中リスクを高める一方で、主観的な不足には関連性なし

2024  2月  アメリカ


客観的に短い睡眠時間を伴う不眠症(ISSD:Insomnia with objective short sleep duration)は、心血管代謝の問題すなわち高血圧や糖尿病などと関連している。

そこで、客観的または主観的な睡眠評価に基づく不眠症が、心血管/脳血管疾患(CBVD:cardiovascular and/or cerebrovascular disease)の新たな発症といった、より深刻な健康問題と関連しているかどうかをくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月6日

ChatGPTの誤診が引き起こす脳卒中治療遅延!AI依存がもたらす命の危機

2024  2月  スイス


人工知能(AI)の技術は、放射線画像診断における診断の提供、患者のトリアージによるワークフローの改善、臨床症状に基づく専門家の意見の提供など、患者の治療においてますます使用されるようになってきている。

しかし、このようなAI技術は、アルゴリズムが誤った方向を指し示し、意思決定プロセスの理由を説明しないブラックボックスを構成する可能性があるため、本質的なリスクも抱えている。


AIのアドバイスが脳卒中治療の遅れにつながった例があったそうな。

2024年2月5日

緑茶革命!肥満を抱える糖尿病患者に光明、脳卒中リスクを大幅カット!

2024  2月  中国


緑茶は脳卒中をふくむ心血管疾患(CVD)の予防効果が報告されている。

そこで、過体重/肥満の2型糖尿病(T2D)患者における緑茶摂取とCVD発症との関連をくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月4日

いびきが引き起こす?新研究が明かす脳卒中の因果関係

2024  1月  中国


これまでの研究では、いびきと脳卒中との間に正の関連があることが示されている。

そこで、いびきと脳卒中との「因果関係」をくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月3日

脳卒中回復の希望の光!ピクノジェノールが認知機能を驚異的に向上、イタリア研究が明らかに

2024  2月  イタリア


「ピクノジェノール」はフランス海岸の松樹皮から抽出される天然の植物エキスであり、強力な抗酸化剤として知られている。

ピクノジェノールには抗炎症作用、血液循環の改善、皮膚の健康維持、アレルギー症状の改善など多岐にわたる効果が報告されている。
 
そこで、脳卒中後の患者を対象にピクノジェノールサプリメントの認知機能への効果をくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月2日

辛いものを食べると脳梗塞リスクが低下? 最新研究が明らかにする辛味食品の意外な健康効果!

2024  1月  中国


これまでの研究で、辛いものを食べると心血管系疾患による死亡率が減少し、脳卒中のリスクが低下することが明らかにされている。

しかし、辛味食品の摂取と脳卒中のタイプ、用量反応との関係を報告した研究はなかったのでくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月1日

脳卒中リハビリ患者に革命!減薬で見えた日常生活動作の驚異的改善

2024  1月  日本


脳卒中後の回復期リハビリテーションの患者において、向精神薬の減薬(または中止)が日常生活動作(ADL)および嚥下機能に及ぼす影響をくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月31日

脳内出血後の驚愕の真実:生存者の4人に1人が認知障害に!脳卒中の陰の脅威を徹底解明

2023  12月  インド


脳内出血(ICH)は脳卒中全体の10%を占めるに過ぎないが、脳梗塞と比較すると死亡率が高い。

その病理学的機序は部位により異なる。たとえば、脳葉出血は穿通枝動脈壁へのベータアミロイド沈着による破裂、いっぽう深部出血では被殻または視床の小動脈の動脈硬化による破裂とされている。

脳内出血患者は認知機能障害の有病率も高いとされているので、くわしくしらべてみたそうな。

2024年1月30日

驚愕の医学発見!"殿様枕"が脳卒中のリスクを高める?日本での新研究が明らかにする"殿様枕症候群"の衝撃

2024  1月  日本


自然発症の椎骨動脈解離(sVAD)は、若年および中年者の脳梗塞のおもな原因であり、その発症メカニズムはよくわかっていない。

そこで、「高枕」の使用がsVADのリスク増加と関連するかどうかを日本人についてくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月29日

運動が脳卒中の"隠れた敵"を退治!血中カドミウム&鉛に打ち勝つ驚異のパワー【NHANES調査が明かす】

2024  1月  中国


適切なレベルの身体活動は、健康と生活の質の向上につながり心血管疾患やがんの可能性が低下することがわかっている。

いっぽう、疫学研究ではカドミウムや鉛濃度の上昇と脳卒中発症率との間に有意な相関が示されている。

身体には汗を通してニッケル、鉛、銅、ヒ素を排泄する能力があるので、積極的な運動が重金属の排泄を促す可能性がある。

そこで、国民健康栄養調査(NHANES)のデータベースをもちいて、脳卒中と血中カドミウムおよび鉛濃度との関係を、運動による影響をふくめしらべてみたそうな。

2024年1月28日

高齢者の脳梗塞治療:救済かリスクか

2024  1月  中国


ランダム化比較試験のエビデンスがないため、高齢患者における血管内治療(EVT)の信頼できる治療推奨条件を確立することは困難である。

そこでメタアナリシスにより、高齢者の脳梗塞に対する血管内治療の効果を若年患者と比較してみたそうな。

2024年1月27日

衝撃!インフルエンザワクチンが脳卒中リスクを劇的に減少?特定疾患者に効果絶大!

2024  1月  サウジアラビア


脳卒中は、死亡率や長期障害の主な世界的原因であり、全身性の炎症や血栓事象を亢進させる感染症の影響を受けている可能性がある。

インフルエンザワクチン接種が脳卒中に及ぼす影響は依然として不明であるので、メタアナリシスをこころみたそうな。

2024年1月26日

気温が脳卒中リスクに大きな影響!最新医学レビューが警告

2024  1月  中国


気温と脳卒中リスクとの間には有意な関連が存在するが、心血管リスクの高い集団における結果は十分ではない。

そこで、心血管系リスクの高い集団における気温と脳卒中リスクに関する現在のエビデンスを系統的にレビューしてみたそうな。

2024年1月25日

脳卒中後の尿失禁、その衝撃の真実!

2024  1月  中国


中国における脳卒中発症率は非常に高く、成人の死亡・障害原因の主なものである。

尿失禁は脳卒中の予後不良につながる独立した危険因子である。

しかし、脳卒中患者における尿失禁の発生率やその影響因子に関する研究はそれぞれ異なり、一貫性がないのでメタアナリシスをこころみたそうな。

2024年1月24日

歯垢の菌が脳動脈瘤を破裂させる?驚愕の研究結果!

2023  12月  日本


ストレプトコッカス・ミュータンス(Streptococcus mutans:SM)は、健常人の70%以上、虫歯患者の90%に存在する口腔内常在菌である。

このうちコラーゲン結合蛋白Cnmを有するSMは脳出血を引き起こすと報告されている。

そこで、CnmポジティブSM(CP-SM)と頭蓋内動脈瘤(IA)の破裂との関係をくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月23日

脳卒中患者に朗報!ラベンダーアロマでうつと睡眠質向上

2024  1月  中国


脳卒中後うつ病(PSD)は、リハビリテーション、運動回復、日常生活動作、社会的・対人機能、死亡率に大きな影響を及ぼす。

抗うつ薬の副作用を考慮すると、非薬物療法であるアロマセラピーは、合併症や利用しやすさの利点があり、近年注目が高まっている。

そこで、ラベンダー精油を用いた吸入アロマセラピーが、PSD患者の抑うつと睡眠の質に及ぼす影響をくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月22日

日光不足が命取り?ビタミンD欠乏が脳出血リスクを劇的に高める!

2024  1月  アメリカ


頭蓋内動脈瘤の破裂は重篤な身体障害と高い死亡率を引き起こす。

疫学調査では、ビタミンDレベルの低下と動脈瘤破裂の増加との間に強い関連があることが示されている。

しかし、その因果関係や機序はほとんど不明である。

そこで、ビタミンD欠乏が動脈瘤破裂を促進するかどうかをしらべてみたそうな。

2024年1月21日

脳卒中生存者の新たな挑戦:持続性頭痛

2024  1月  ブラジル


最新の国際頭痛分類では、脳梗塞が原因の持続性頭痛の存在が認められているが、この領域の研究は限られているので、

過去の脳梗塞に起因する持続性頭痛の発生率、特徴、リスク因子をくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月20日

高収入地域の驚愕:脳内出血後の死亡率とエリート意識

2024  1月  アメリカ


脳内出血(ICH)後の死亡は一般的である。

近隣の社会経済的地位(nSES)は、臨床転帰に影響を及ぼす重要な健康の社会的決定要因(SDoH)である。

そこで、nSESを含むSDoHが、脳内出血患者における生命維持治療の中止(WLSTs)と死亡率の違いに寄与しているかどうかをくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月19日

首の太さが暴く、脳梗塞死亡リスク!

2024  1月  中国


頚部周囲径(NC)と頚部対身長比(NHR)が、脳卒中をふくむ心血管疾患(CVD)死亡率と関連するかどうかをくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月18日

衝撃報告!脳卒中再発予防薬の服用、副作用のはざまで

2024  1月  シンガポール


脳卒中の再発は、初発の脳卒中よりも障害や死亡率が高い。

しかし、脳卒中二次予防薬の服薬順守(アドヒアランス)は最適とはいえないことが報告されている。

そこで、急性脳梗塞後の降圧薬,抗血小板薬,スタチン系薬剤の服薬アドヒアランスを評価し,各薬剤別の非服薬行動に関連する因子をくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月17日

脳卒中後の隠れた敵:増加する無気力とうつの関係!

2024  1月  イギリス


無気力(アパシー)は脳卒中後の最も一般的な症状の一つであり、しばしば機能的転帰の悪化や生活の質(QoL)の低下と関連している。

アパシー症状の軌跡はこれまでにも報告されており、様々な軌跡が確認されている。

そこで、脳卒中の急性期から1年後までのアパシー症状のグループ間および個人間の変化をくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月16日

AI革命!ChatGPTによる脳卒中治療、新時代の幕開け

2024  1月  アメリカ


人工知能(AI)は医療において有望なツールとなっている。

大規模言語モデルAIチャットボットであるChatGPTは、臨床支援に期待されている。

そこで、脳卒中患者における機械的血栓除去術の臨床推論ツールとしてのChatGPTの可能性をくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月15日

ビタミンDサプリメントの限界!高齢者の脳卒中予防への真実

2024  1月  スイス


高齢者の脳卒中など心血管疾患予防における非薬物的介入の効果は、依然として不明である。

そこで、サプリメント2000IU/日のビタミンD3、オメガ3脂肪酸(1g/日)、および簡単な自宅での筋力運動プログラム(SHEP)(3×/週)が、3年間の脂質バイオマーカーの血漿変化、高血圧の発症、主要心血管イベント(MACE:脳卒中、冠動脈疾患、心不全)に及ぼす影響をくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月14日

幹細胞治療の新時代!脳卒中に光をもたらす最新研究

2024  1月  オーストラリア


脳梗塞は、身体障害と死亡の主要な原因である。

現在の治療法は時間的制約や合併症リスクがおおきい。

幹細胞治療は、損傷を緩和し機能を回復させる有効な治療法として注目されている。

様々なタイプの幹細胞が脳梗塞治療に試験されており、これには造血幹細胞、脂肪由来の間葉系幹細胞、骨髄由来の単核細胞や間葉系幹細胞、歯髄幹細胞、神経幹細胞、誘導多能性幹細胞(iPSC)由来の神経幹細胞などが含まれる。

そこで、早期の脳梗塞に対する幹細胞治療に関する文献を系統的にレビューしてみたそうな。

2024年1月13日

脳卒中治療にゲームの力!「マリオパーティー」が不安を

2024  1月  スペイン


脳卒中後1年での、不安の有病率は29%、うつは33%という。

不安のある患者は、退屈、フラストレーション、心配、絶望、罪悪感などの感情を持つ。低レベルの不安は問題や心配として表現され、高レベルの不安はパニックや恐怖といったストレスとして身体的に現れる。

うつの特徴は、悲観、絶望、睡眠障害、劣等感であり、これらの特徴はリハビリテーション期間に影響を及ぼす。

不安やうつへの補助療法としてのバーチャルリアリティの有効性についてはコンセンサスが得られていないので試験したそうな。

2024年1月12日

昼寝で脳卒中リハビリ加速!夢で学ぶ驚異の効果

2023  9月  ブラジル


睡眠は、脳卒中後の神経リハビリテーションに重要な臨床的意味を持つ。

そこで、脳卒中患者の神経リハビリテーションに不可欠な因子としての睡眠(昼寝を含む)を系統的にくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月11日

血圧を下げすぎる危険―再発予防か、命を守るか

2024  1月  アメリカ


脳卒中や一過性脳虚血発作(TIA)後の収縮期血圧(SBP)の目標値を140mmHg未満とするよりも、130mmHg未満とする方が、死亡率や脳卒中の再発率が増加するかどうかについては、実臨床データを用いた検討はほとんどされていない。

SBPを過度に下げると転帰が悪くなる可能性があるので大規模にしらべてみたそうな。

2024年1月10日

日光の力!ビタミンD、脳卒中との因果関係を暴く!

2023  12月  中国


脳卒中をふくむ心血管疾患は世界的な死亡原因の第1位であるが、ビタミンDは心血管疾患と関連があることが判明している。

ビタミンDレベルと5つの心血管疾患との因果関係をくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月9日

脳内出血からの回復:1年間の奇跡の軌跡と予測因子

2024  1月  イタリア


ほとんどの脳内出血(ICH)の臨床試験は3ヵ月後の転帰を評価しているが、ICH生存者の回復の軌跡は最初のイベントから1年後まで続く可能性がある。

そこで、脳内出血後3~12ヵ月における機能的転帰の改善予測因子を明らかにするべく、くわしくしらべてみたそうな。

2024年1月8日

舌の厚み、脳卒中の新たな危険因子?

2023  12月  台湾


睡眠時無呼吸症候群(OSA)は脳卒中の一般的な危険因子であり、嚥下障害と肺炎はいずれも脳卒中の合併症としてよく知られている。

これらの状態には口腔咽頭構造が関係している。

そこで、舌の特定の構造的特徴がこれらの合併症の発症につながるかどうかを調べてみたそうな。

2024年1月7日

驚愕!脳梗塞回復、ウエストサイズが鍵か?

2024  1月  中国


メンデルランダム化解析を用いて、脳梗塞後の機能的転帰と腹部脂肪率(ウエスト-ヒップ比:WHR)および全脂肪率(体格指数:BMI)との因果関係をくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月6日

多発性脳動脈瘤患者の未知の危険 – 隠された真実

2024  1月  中国

 
多発性動脈瘤を有するくも膜下出血(aSAH-MIA)患者において、破裂した動脈瘤とは別の未破裂動脈瘤のリスクは一貫していないので、

中国人のaSAH-MIA患者における未破裂動脈瘤の不安定化するリスクをくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月5日

アンギオ陰性くも膜下出血の予後からわかること:新たな治療アプローチの可能性

2023  12月  中国


アンギオ検査で動脈瘤がみつからないアンギオ陰性くも膜下出血(an-SAH)は、くも膜下出血全体の10-15%を占め、その出血パターンにより中脳周囲型(pan-SAH)と拡散型(dan-SAH)とに分類される。

pan-SAH患者は動脈瘤性くも膜下出血(aSAH)よりもあきらかに予後が優れていることがわかっている。

いっぽう、dan-SAHはaSAHと同様の出血分布を示すがその予後についてはさまざまな結果が報告されている。

そこで、拡散型アンギオ陰性くも膜下出血(dan-SAH)とaSAHの転帰をくらべてみたそうな。

2024年1月4日

脳内出血サバイバルの鍵はBMI?肥満パラドックスを解明!

2024  1月  アメリカ


脳内出血(ICH)患者における肥満の保護、サバイバル効果に関するいわゆる「肥満パラドックス」のエビデンスについては、依然として議論の余地がある。

そこで、ICH患者における肥満度(BMI)と機能的転帰との関連、およびそれが人種や民族によって影響されるかどうかをくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月3日

未破裂瘤に潜むリスク!PHASESスコアが示す衝撃の事実

2023  12月  アメリカ


PHASESスコアは、Population(民族)、Hypertension(高血圧)、Age(年齢)、Size(サイズ)、Earlier subarachnoid hemorrhage(くも膜下出血の既往)、Site(位置)に基づき、未破裂脳動脈瘤(UIA)の破裂リスク管理を容易にするために開発された。

そこで、外科的治療を受ける未破裂脳動脈瘤患者の神経学的転帰を予測するために最適なPHASESスコアの値をあきらかにするべく、くわしくしらべてみたそうな。

2024年1月2日

家族歴が脳動脈瘤破裂を防ぐ?最新研究が描く驚きの結論

2023  12月  中国


未破裂脳動脈瘤(UIA)の有病率は2.3%~3.2%で、その年間破裂率は1.4%という。

UIAの破裂リスクは、民族、位置、高血圧、年齢、くも膜下出血の既往、瘤のサイズ、にもとずくPHASESスコアで推定できるが、限界がある。

そこで、破裂のさらなるリスク因子をあきらかにするべくメタアナリシスをこころみたそうな。

2024年1月1日

1杯の飲酒が脳梗塞を防ぐ? 最新研究が明かす衝撃事実!

2023  12月  アメリカ


適度なアルコール摂取と脳卒中リスクとの関連については一貫したエビデンスがない。

米国退役軍人における研究について、酒の種類もふくめて脳卒中リスクの違いに関連するかどうかくわしくしらべてみたそうな。
ブログランキング・にほんブログ村へ pv

過去7日間の人気記事10

回復と予防のヒント100記事(2017年1月までのぶん)

脳卒中を見逃さない BE-FAST とは
玉子のコレステロールで血管詰まる説はなんだったのか?
緑茶を飲めば慢性期でも脳が再生するという根拠について
2度めの脳卒中で可塑性が再び高まる可能性について
高齢の脳卒中患者へのリハビリは無駄なの?
人生に目的を持つ高齢者の脳には梗塞が寄りつかないことが明らかに
目的をイメージしながら動作訓練すると脳がより広く鍛えられることが明らかに
脳卒中予防には歩く時間が大切 距離やスピードじゃなくてジ・カ・ン
日本人が脳卒中で死なないための生活習慣が判明
水をたくさん飲むと脳卒中にならない、はホントだった

口の中が汚いと脳内出血になるという根拠について
脳梗塞と脳出血を同時に防ぐ肥満度BMIがわかった
脳卒中を防ぐミルクとチーズの量が明らかに
片麻痺の立ち上がり訓練 効果的なやり方
脳卒中は脳機能8年間分の老化に相当することが明らかに!
高血圧の脳卒中予防には葉酸サプリメントが効くことが判明
[ ナッツ vs. 豆 ] 脳卒中予防に適しているのはどちら
触覚刺激で脳がすぐに回復し その効果が10年以上続く可能性について
脳が再生する運動強度がわかった
緑茶とコーヒーを飲むと相互作用で脳出血リスクが3割減ることが判明

脳卒中で復職可能な年数がわかった
ランセット誌:塩分減らすとかえって脳卒中になる
オナニーがきっかけで脳出血になる割合
手の痙縮を解く低周波治療器の効果的使用法が判明!
睡眠8時間を超える人は問答無用で脳卒中リスク46%増し
カップラーメンを週2回以上食べる女性が脳卒中になりやすい理由について
怒りと脳卒中との関連が明らかに
難しい理屈はいいからスクワットをやれ
1日に6000歩以上で脳卒中の再発予防になることを日本の研究者が解明
脳出血で損傷した脳が勝手に再生する可能性について

脳卒中患者がネットを使いこなす理由
若年脳卒中患者は脳の老化が10-20年進んでいた
マルチビタミンの脳卒中予防効果は〇〇年後に現れる
最新の音楽療法 バイノウラルビート (Binaural Beat)
脳卒中になりやすい労働時間がわかった ランセット誌
脳卒中が軽症だからって運転させていいの?
健康のために毎日いっしょけんめい運動するとかえって脳卒中になりやすいことが100万人の調査で明らかに
足をクロスしていたら半側空間無視 確定か?
療法士さんよりもビデオゲームの方が優れていると判明!
両手準備運動をすると脳が刺激されて上肢リハビリが加速することが判明!

心を改め運動を始めるだけで脳の可塑性は復活する
知らない音楽を聴くと脳が広く活動して新しい回路が、
なんとか復職しても仕事は続けられるのだろうか?
NEJM誌:脳卒中で死なない血圧は120未満だからね
脳卒中の言語障害はウェルニッケやブローカのせいではなかった!
手の指を繰り返し動かしてあげても脳への影響はゼロ
片足立ち20秒未満 →小さな脳梗塞や脳出血の可能性高!
[住みやすい国] 日本の脳卒中と自殺との関連について
再発予防のために血圧を120以下にすると長生きできない
【いますぐ実践】片鼻呼吸法で失語症が改善することが明らかに

悪玉善玉比L/Hが低いと脳内出血で死ぬことが明らかに
鼻炎のメリット→脳梗塞予防効果
脳卒中 幹細胞治療のダークサイドについて
ランセット誌:握力よわくなったら脳卒中が近いと知りなさい
だいたい5年後に脳卒中経験者が悩んでいること
ハゲを治そうとして脳卒中になってしまった日本人2例
退院したての元患者が感じていること
麻痺側の触覚を刺激し続けると梗塞を最小限にできる可能性について
脳卒中経験者は自動車運転をナメきっていることが判明
減塩に真面目な人ほど脳卒中で死亡するという事実

納豆を食べると脳卒中で死なない 2万9千人調査
NEJM誌:幹細胞ツアーに参加したら癌ができた
脳梗塞から脳出血へ コレステロールとの関連が明らかに
脳出血で死なないための睡眠時間が判明!
音楽サポート療法の「音楽」はほんとうに必要なのか?
患者に毎日好きな音楽を聴かせたところ、脳に構造改革が起きた模様
感情失禁になる患者の割合について
脳の可塑性のおかげで2年経っても運動機能が回復することが判明
【悲報】脳卒中後、杖を使い続けると麻痺していない手まで動かなくなる
血圧が高いひとは、他人の気持ちがわからない

生活習慣を改めれば脳卒中の再発は防げるの?
カニ歩きと後ろ歩き 片麻痺リハビリに効果的なのは、、
鍼治療の「得気」は小脳のはたらきだった
脳梗塞実績No.1漢方薬 → ほようかんごとう
閉じ込め症候群の患者にあえて生活の質を問うてみた結果、、
砂糖の代わりに甘味料を使うと脳梗塞がさらにひどくなることが判明
ダメージを負った脳組織が勝手に再生する仕組みが明らかに
指ストレッチはいいらしいから さっそくこのビデオで実践することにした
【肥満パラドックス】脳梗塞で長生きするBMIが判明
リハビリの合間のお昼寝は大切 → 訓練がはかどるゾ

刺激豊富な環境で脳梗塞が治る理由
猫を飼う女性は脳卒中で死なないことが判明!
美容院で脳卒中になる女性が続出!
「ストレスが原因」と語る脳卒中患者ほど実はなにもわかっていない
傷ついた脳に効くBDNFが増えるサプリメントが明らかに
運転リハビリに良さそうなおすすめドライブゲーム
【アロマテラピー】ラベンダーの香りが脳梗塞にすごく効く
脳卒中後の疲労感は 只の疲労とはわけが違う
脳卒中がきっかけでホモになることがあるらしい
ダイエットコーラを毎日飲むと脳卒中になることが判明

高コレステロールに朗報 葉酸サプリの脳卒中予防効果
BDNFが7年かけて脳を修復してくれるという根拠について
朝ごはんを食べない日本人は脳内出血になることが判明!
脳卒中予防に最適なビタミンBサプリメントの組み合わせがわかった!
脳卒中経験者の血圧を十分に下げたら死亡者が続出した
痙縮が治る ただの風呂と温泉を比較した
歩きスマホが脳卒中患者のリハビリに適しているという根拠について
磁気嵐が脳卒中を引き起こす と判明!
リハビリは動かせばイイってもんじゃぁない. 本人がやる気になるまで待て.
『足首を鍛えたいのに麻痺して動かないの』→『もう一方の足を鍛えなさい』