~ 5000超の記事をシンプルな単語で検索するよ!

2024年6月19日

テネクテプラーゼの奇跡?脳梗塞治療が24時間以内ならOKに!

2024  6月  中国


テネクテプラーゼは、脳卒中発症後4.5時間以内に治療を受けた患者に対して効果的な血栓溶解剤である。

アルテプラーゼと異なり、テネクテプラーゼは単回投与が可能であり、作用時間が長い。しかし、発症後4.5時間を超えた場合のテネクテプラーゼの有効性に関するデータは限られている。

そこで、発症後4.5時間から24時間以内にテネクテプラーゼを投与した場合の有効性と安全性をくわしくしらべてみたそうな。

2024年6月18日

脳内出血治療の盲点:病院の専門性に頼れない現実

2024  6月  スペイン

 
自然発生の脳内出血(ICH)患者の転帰は、入院先の病院の種類によって異なるのかどうかはあきらかでない。

そこで、脳内出血(ICH)患者の入院先(遠隔脳卒中センター[TSC]、一次脳卒中センター[PSC]、総合脳卒中センター[CSC])

が転帰に及ぼす影響をくわしくしらべて、CSCに入院した患者の転帰がもっとも良好であるという仮説を検証してみたそうな。

2024年6月17日

昼寝が命取りに!高血圧者は要注意の新発見

2024  6月  中国


高血圧は脳卒中を引き起こす大きな要因である。

これまでの研究では、昼寝と脳卒中との関連性が指摘されている。

しかし、高血圧患者における昼寝時間と脳卒中発症との関連性についての研究は不足しているのでくわしくしらべてみたそうな。

2024年6月16日

帯状疱疹と脳卒中の衝撃の真実:因果関係はなかった!

2024  6月  中国


帯状疱疹(HZ)と脳卒中との関連性は、これまでも多くの研究対象となってきた。

しかし、その「因果関係」は依然としてあきらかでない。

そこで、HZと脳梗塞の因果関係を明らかにするために、メンデルランダム化解析をこころみたそうな。

2024年6月15日

驚愕の事実!最重症くも膜下出血の割合が50年間で8倍に増加、その真相とは?

2024  6月  ドイツ


動脈瘤破裂によるくも膜下出血(aSAH)の発生率はよく研究されている。

しかし、くも膜下出血の重症度の傾向についてはほとんど知られていない。

そこで、経年的なくも膜下出血の重症度の推移をくわしくしらべてみたそうな。

2024年6月14日

歩行リハビリの真実:回復も代償も結局同じ⁉ 理学療法士の選択の謎に迫る

2024  5月  イタリア


脳卒中などの神経疾患を持つ人々の歩行訓練において、

理学療法士が回復的リハビリテーションまたは代償的リハビリテーションを選択する際に影響を与える要因と、それぞれのアプローチで用いられる治療法についてくわしくしらべてみたそうな。

2024年6月13日

新抗凝固薬、期待を裏切る:脳卒中も認知症も予防できず

2024  6月  アメリカ


認知症のリスク要因である心房細動(AF)の発生率と有病率は、時間の経過とともに増加している。

経口抗凝固薬は、脳卒中のほか心房細動による悪影響を軽減し、認知症による健康格差を縮小できる可能性もある。

DOAC(直接経口抗凝固薬)の使用が増加する中、新たにAFと診断され、抗凝固薬を服用している患者における認知症の発生率をくわしくしらべてみたそうな。

2024年6月12日

胃食道逆流症が脳卒中リスクを劇的増加!:最新研究が明かす因果関係

2024  5月  中国


脳血管疾患は最もよくある神経疾患の一つであり、高い死亡率と障害率により、人々の健康を著しく脅かし、医療システムに大きな負担をかけている。

近年、消化器系疾患と脳血管疾患の関連性を示唆するいくつかの研究結果が発表されているが、その結論は一致していない。

そこで、消化器系疾患12種類と脳血管疾患に関するゲノムワイド関連解析(GWAS)データを用いて、「因果関係」をあきらかにするべくメンデルランダム化(MR)解析をこころみたそうな。

2024年6月11日

ガイドラインの盲点:リップサービスに終わる患者の声と抗凝固療法の現実

2024  5月  イギリス


臨床ガイドラインでは、患者の「選好」を考慮することがますます強調されている。

患者の選好が実際にどの程度考慮されているかを評価するために、特に心房細動(AF)管理に焦点を当て、NICE(国立医療技術評価機構)のガイドラインをくわしくしらべてみたそうな。

2024年6月10日

一人暮らしは本当に危険なのか?くも膜下出血患者の衝撃の実態

2024  6月  日本


脳梗塞患者にとっては、一人暮らしは予後不良のリスク要因のひとつであることが示されている。その主な原因は、適切な治療が遅れることによる。

動脈瘤性くも膜下出血(SAH)患者においても、一人暮らしが予後不良と関連しているかどうかを評価するために単施設での患者記録をくわしくしらべてみたそうな。

2024年6月9日

新抗凝固薬の真実:低用量が出血リスクを増大させる驚愕の結果!

2024  6月  イタリア


心房細動(AF)患者に対する直接経口抗凝固薬(DOAC)による治療は有効かつ安全である。しかし、出血性の合併症は依然として問題である。

DOAC濃度を測定することで、治療効果と安全性がさらに改善されるかどうかは、まだ明らかになっていないので、くわしくしらべてみたそうな。

2024年6月8日

糖尿病の薬が動脈瘤破裂を防ぐ!?意外な予防効果を解明

2024  6月  オランダ


くも膜下出血(aSAH)を防ぐためのコイルやクリップによる侵襲的な脳動脈瘤治療のベネフィットは、治療による後遺症や死亡のリスク(最大8%)を上回ることはない。

そのため、ほとんどの脳動脈瘤は治療されないままになっている。

一般的に処方されている薬で、くも膜下出血の発生率を低下させうるものがあるならば、それらを新たな予防薬として再利用することも考慮できる。

そこで、一般的に処方されている薬とくも膜下出血の発生率との関連を系統的に調査するために、薬物の広範な関連研究(drug-wide association study :DWAS)をこころみたそうな。

2024年6月7日

キシリトールの甘い罠:脳卒中リスクが明らかに!

2024  6月  アメリカ

 
脳卒中などの心血管疾患リスクに寄与する代謝物や経路はあきらかになっていない。

低カロリー甘味料は、加工食品に広く使用されている砂糖代替品で、健康によいと考えられている。

多くの低カロリー甘味料は糖アルコールで、体内でも自然に少量生成される。しかし、これらの甘味料を砂糖の代わりに摂取すると、その濃度は一時的に体内で自然生成される量の1000倍以上になる。

そこで、キシリトールが心血管疾患に与える影響をあきらかにするべく、血小板反応や血栓形成についてくわしくしらべてみたそうな。

2024年6月6日

脳卒中後の認知機能改善:効果的な運動の種類と時間がついに判明!

2024  6月  中国


運動は脳卒中後の認知機能の改善に効果的な非薬物的介入方法として推奨されている。

運動は脳由来神経栄養因子(BDNF)の増加を通じてシナプス可塑性、神経新生、および血管新生を刺激し、脳の灰白質密度の増加や海馬体積の変化を引き起こす。

これまでの研究は運動の効果に関して矛盾する結果を示しており、特に被験者の年齢、運動の種類、期間、頻度によって効果が異なることが報告されている。

そこで、メタアナリシスでこれらの要因を考慮し、運動が脳卒中患者の認知機能に与える全体的な影響をくわしくしらべてみたそうな。

2024年6月5日

日本人の入浴中の脳梗塞リスク:動脈硬化が心配な人必読!

2024  6月  日本


入浴中の脳梗塞(BIS)は時に致命的となる。

しかし、そのメカニズムやリスク要因は依然として不明である。

そこで、BISにおける脳梗塞の種類別発生率を特定し、とくに画像診断が容易な脳小血管疾患(CSVD:ラクナ梗塞や脳微小出血など)がBISに与える影響をくわしくしらべてみたそうな。

2024年6月4日

降圧治療で3ヶ月余命は延びるが認知症リスクが増加!

2024  5月  アメリカ


認知症を患う成人の数は増加傾向にあるため、社会的な優先課題となっている。

この増加傾向は、集団レベルでの血圧管理の改善によって部分的に緩和される可能性がある。

そこで、集団レベルでの血圧管理を厳格化することが、動脈硬化性心血管疾患(ASCVD)イベントおよび認知症の発生にどのような影響を与えるかをくわしくしらべてみたそうな。

2024年6月3日

脳卒中リハビリにおける上肢ロボット支援の効果は期待外れ? - メタアナリシスの結果を徹底検証!

2024  5月  韓国


脳卒中リハビリテーションにおいて、適切な支援装置の選択は患者にとって非常に重要である。

特に、上肢ロボットは、時間枠内でより多くの動作反復を可能にすることから、脳卒中患者の機能向上に寄与する可能性がある。

そこで、脳卒中患者におけるロボットによる支援が上肢機能に与える治療効果について、ランダム化比較試験(RCT)から得られた臨床的証拠のメタアナリシスをこころみたそうな。

2024年6月2日

ラクナ梗塞予防に効く唯一の降圧薬とは?最新研究が明かす驚きの事実!

2024  5月  中国


血圧(BP)と降圧治療が脳小血管疾患(ラクナ梗塞、脳微小出血など)に及ぼす影響については、これまでの研究で相反する結果が得られていた。

そこで、メンデルランダム化解析を実施し、血圧と降圧剤および脳小血管疾患との因果関係をくわしくしらべてみたそうな。

2024年6月1日

COVID-19ワクチン接種後、日本人男性を襲った悲劇:可逆性脳血管攣縮症候群による急変

2024  4月  日本


コロナウイルス感染症(COVID-19)のmRNAワクチンは、頭痛や発熱などの副作用を示すことがある。

まれに可逆性脳血管攣縮症候群(RCVS)により重篤な頭痛を引き起こすことが報告されているがその病態はよくわかっていない。

日本人男性がワクチン接種直後にRCVSを起こし死亡した事例があったそうな。

2024年5月31日

血栓除去術の失敗をごまかすレスキュー療法の力:90日後の機能回復率が劇的に向上!

2024  5月  アメリカ


機械的血栓除去術(MT)は主幹動脈閉塞による脳梗塞の治療に行われる。

MTにもかかわらず再灌流に失敗した患者において、さらにバルーンによる血管拡張やステント留置をおこなうレスキュー療法(RT)が採られることがある。

そこで、RTと内科的管理(MM)との機能的転帰を比較してみたそうな。

2024年5月30日

脳卒中リハビリに革命を起こすAIチャットボットの実力検証!

2024  5月  シンガポール


大規模言語モデルベース(LLM)の人工知能(AI)チャットボットの有用性は、ヘルスケアの多くの側面で明らかになりつつあるが、患者の懸念に対応する能力は未知のままである。

そこで、脳卒中患者とその介護者から投げかけられた脳卒中リハビリテーションの一般的な質問に対する、

無料アクセスできる2つの代表的チャットボット、ChatGPT(GPT-3.5)とGoogle Bardの性能をくらべてみたそうな。

2024年5月29日

日本人は拡張期血圧を気にしなくてもいい?脳梗塞リスクにおける驚くべき新発見!

2024  4月  中国


脳梗塞(IS)における代謝特性の影響は、おおくの研究によって調査されてきた。

しかしこれらの研究のおおくはヨーロッパ人を対象としたものがほとんどで、使用された方法も限られていた。

そこで、東アジア(日本人)とヨーロッパの両集団において、メンデルランダム化(MR)解析を用いて、代謝特性と脳梗塞との「因果関係」をくわしくしらべてみたそうな。

2024年5月28日

脳卒中が救った人生:ワクチン薬害から逃れた患者たちの真実

2024  5月  中国


重症急性呼吸器症候群コロナウイルス(SARS-CoV-2)により、

脳卒中患者は重篤な転帰に陥る可能性が高いためワクチン接種状況は重大な関心事であるが、その詳細は依然として不明である。

そこで、脳卒中患者のワクチン接種状況、ワクチン接種のためらいに関連する因子、ワクチン接種後の副作用をくわしくしらべてみたそうな。

2024年5月27日

ビタミンB6で脳卒中リスクが激減?最新研究が明らかにした驚きの効果!

2024  5月  中国


ビタミンB6には抗炎症作用とホモシステイン降下作用がある。

しかし食事から摂るビタミンB6と脳卒中リスクとの関係については議論がある。

そこで、国民健康栄養調査 National Health and Nutrition Examination Survey(NHANES)のデータを用いて両者の関連をくわしくしらべてみたそうな。

2024年5月26日

革新的手術で「痙縮」を劇的改善:神経切断と即時修復の新たな希望

2024  5月  シンガポール


神経切断術は、筋肉が引き伸ばされるときに起こる反射(ストレッチ反射)を中断することで、痙縮(筋肉の異常な緊張)の治療に使用できる。

神経切断術と神経修復を組み合わせることで、痙縮を減少させながら運動機能を維持できると仮定した。

これは、神経の再生過程で運動神経(筋肉に指令を送る神経)が感覚神経(筋肉の状態を脳に伝える神経)よりも優先的に回復するためである。

そこで、肘の屈筋(肘を曲げる筋肉)の痙縮を治療するために、上腕の近位部で筋皮神経の切断と即時修復(エピニュラル修復法)を行った1年間の結果をしらべてみたそうな。

2024年5月25日

降圧薬の開始が骨折リスクを倍増:高齢者に警鐘

2024  4月  アメリカ


高齢者への降圧薬開始と骨折リスクとの関連については、限られたエビデンスしか存在しない。

そこで、降圧薬投与開始と骨折リスクとの関連を、長期療養介護施設入所者29648人のデータからくわしくしらべてみたそうな。

2024年5月24日

身長低いと脳卒中リスク急増!日本人の研究

2024  5月  日本


低身長は脳卒中など心血管イベントの危険因子であることが示されている。

そこで、保険診療に基づくリアル世界のデータセット解析により、低身長、血圧、心血管疾患発症の関連を日本人についてくわしくしらべてみたそうな。

2024年5月23日

学歴と脳内出血:知られざる関係が明らかに!

2024  5月  アメリカ


学歴は脳梗塞の発症リスクと重症度に影響を及ぼす重要な社会的因子であるが、脳内出血(ICH)への影響についてはあまり知られていない。

そこで、学歴が脳内出血の重症度や短期予後と関連するかどうかをくわしくしらべてみたそうな。

2024年5月22日

因果関係!筋肉が脳卒中とアルツハイマー病リスクを低減する理由

2024  5月  中国


四肢除脂肪体重(ALM:Appendicular lean mass)はサルコペニア(筋肉量と筋力の低下)の優れた予測バイオマーカーである。

遺伝学的に予測されるALMが脳卒中やアルツハイマー病(AD)のリスクと因果関係があるかどうかをメンデルランダム化(MR)解析によりくわしくしらべてみたそうな。

2024年5月21日

朗報!日本人の肥満は脳卒中リスクに影響せず

2024  5月  日本


代謝的に健康な肥満は必ずしも長期的に安心のできる状態ではない。

そこで、臨床プロファイルが一致する代謝的に健康な肥満と非肥満グループを比較することで、代謝的に健康な肥満の予後をくわしくしらべてみたそうな。

2024年5月20日

視覚芸術が脳卒中患者の人生を変える!新たな研究が示す驚きの効果

2023  4月  香港


脳卒中患者は、その障害の結果として、身体的・心理社会的に様々な問題に直面している。

視覚芸術をもちいた介入とは、参加者に視覚芸術の構造化された活動をとおし、健康関連の成果を得るための批判のない安全な環境を提供することを指す。

最近のエビデンスでは、視覚芸術をベースとした介入が、脳卒中患者の全人的な幸福を促進する可能性があることが示されている。

しかし、そのエビデンスは限られているのでメタアナリシスにより効果と方法をくわしくしらべてみたそうな。

2024年5月19日

抗凝固薬ユーザーの危機!軽い打撲でも脳出血のリスク急増!

2024  5月  イラン


外傷性脳損傷(TBI)は、障害や死亡の主な原因の一つである。

高齢者は不慮の転倒リスクが高いため、TBIの多くは高齢者に起こる。

高齢化に伴い、抗凝固薬の使用も増加している。

頭蓋内出血(ICH)のようなTBIの重篤な合併症は、軽症例でも起こることがある。

軽症TBI患者の管理に関する現在のガイドラインによると、抗凝固療法を受けているすべての患者に対して頭部CT検査が推奨されている。

そこで、経口抗凝固薬を服用している軽度TBI患者におけるICHの発生率をくわしくしらべてみたそうな。

2024年5月18日

日本の農村部で脳卒中患者が危機に瀕する理由:治療成績の衝撃的な真実

2024  5月  日本


農村度(rurality)が急性脳梗塞(AIS)の転帰に及ぼす影響について、緊急治療が重要な4.5時間以内の超急性期を中心にくわしくしらべてみたそうな。

2024年5月17日

くも膜下出血の逆説:完全回復の影に潜むリスク

2024  4月  ノルウェー


動脈瘤性くも膜下出血(aSAH)の生存者は、多くの場合、重篤な身体障害や認知障害を伴わずに回復する。

しかし、転帰がきわめて良好なくも膜下出血患者においても、就労への関与が著しく低いことが報告されている。

aSAH後の職場復帰(RTW)に関する知見やRTW不能の予測因子は依然として限られており議論の余地がある。

そこで、全重症度のaSAH患者において、発症後5年までの再就労率および予測因子をくわしくしらべてみたそうな。

2024年5月16日

驚異の回復力!脳卒中に挑むオリーブオイルの真実

2024  4月  スペイン


ヒドロキシチロソール(HT)は、多くの病理学的状況において有益な効果を持つ生理活性のあるオリーブ油フェノールである。

HTを強化した食事が、脳梗塞による損傷を減弱させる有益な治療アプローチとして機能することが動物実験で報告されている。

そこで、人間でこの効果をランダム化された二重盲検パイロット試験で検討してみたそうな。

2024年5月15日

脳卒中患者に潜む「栄養再開症候群」のリスクとその影響:最新研究

2024  5月  中国

 
急性脳卒中患者は、意識障害や嚥下障害をきたすと栄養サポートの必要性が増すため、栄養再開症候群(飢餓に適応した体が急な大量の栄養に驚き代謝や電解質バランスを崩す)を発症しやすい。

そこで、脳卒中患者における栄養再開症候群の発生率、危険因子および転帰をくわしくしらべてみたそうな。

2024年5月14日

交代浴のちから:脳卒中回復に革命をもたらす冷熱療法!

2024  5月  台湾


脳卒中患者における温冷交代浴(AHCWI:alternating hot-cold water immersion)の麻痺上肢への有効性を評価するべく、ランダム化比較試験をおこなったそうな。

2024年5月13日

脳卒中の昏睡からの目覚め!鍼治療の可能性を解明する最新研究

2024  5月  中国


脳卒中後の昏睡患者における鍼治療の覚醒促進効果については、臨床現場で広く応用されているにもかかわらず、依然として議論の余地がある。

その有効性を評価するべくメタアナリシスをこころみたそうな。

2024年5月12日

危険なサプリメント?オメガ3が心房細動リスクを急上昇させるかもしれない!

2024  5月  ドイツ


心房細動(AF)はよくあるタイプの不整脈であり、ヨーロッパでは600万人以上が罹患している。

心房細動の発生率と有病率は年齢とともに上昇する。

心房細動に関連する危険因子としては、高血圧、糖尿病、左房拡大、虚血性心疾患、うっ血性心不全などがある。

このような背景から、海洋由来のn-3(オメガ3)系多価不飽和脂肪酸(PUFA)のサプリメント補給が広く議論されているが、実験的研究や観察研究の結果は、ランダム化比較試験(RCT)とは対照的である。

そこで、心房細動とn-3 PUFAとの関連についてレビューをこころみたそうな。

2024年5月11日

アルテプラーゼは過去のもの?軽症脳梗塞で注目の新療法DAPT

2024  5月  ブラジル


軽症脳梗塞患者における二重抗血小板療法(DAPT)の、アルテプラーゼ静注血栓溶解療法に対する有効性と安全性は十分に確立されていない。

そこで、急性の軽症脳梗塞患者においてDAPTとアルテプラーゼ静注療法を比較するメタアナリシスをこころみたそうな。

2024年5月10日

一粒で脳卒中再発リスクが増大?抗生物質の危険な裏効果

2024  4月  韓国


腸内細菌のバランスが崩れる「ディスバイオシス」は抗生物質の使用によってももたらされる。

いっぽう、腸と脳が互いの機能に影響を及ぼす腸脳軸についての動物研究により、腸内細菌のバランスが脳卒中発症の因子である可能性が示されている。

そこで、韓国の国民健康保険データベースを用いて抗生物質の使用と脳卒中再発および長期転帰との関連をくわしくしらべてみたそうな。

2024年5月9日

トラネキサム酸の可能性: 脳出血患者の生存率に新たな光

2024  3月  台湾


頭蓋内出血(脳出血)は、脳内出血とくも膜下出血からなる。

トラネキサム酸による止血療法について、くも膜下出血患者2917人を対象とした7つのランダム化比較試験のメタアナリシスでは死亡率に有意差が見られなかった。

そこで、くも膜下出血をふくむ非外傷性の脳出血全体についてトラネキサム酸投与の死亡率への影響をくわしくくらべてみたそうな。

2024年5月8日

日光浴の裏側:あなたの脳を縮小させる夏の危険

2024  5月  中国


日光への暴露はビタミンDの合成や概日リズムの調整などに貢献している。

しかし過剰な暴露は紫外線による炎症反応、DNA損傷、免疫抑制などの健康問題を引き起こす可能性がある。

そこで、日光暴露と脳構造および脳卒中との関連をくわしくしらべてみたそうな。

2024年5月7日

脳卒中はFAST(顔、腕、口)だけでは語れない!知られざる症状の全貌

2024  5月  スウェーデン


脳卒中には迅速な治療が必要である。

片側の脱力や言語障害といったFAST症状は一般的であり、脳卒中キャンペーンにも含まれている。

脳卒中患者の中には、解釈の難しい微妙で一般的でない症状を呈する者もいる。

また、神経症状のNIHSSスコアで評価される重症度は低下傾向にあり、発症時の症状も変化している可能性がある。

そこで、脳卒中初回発症時の症状を患者がどのように表現しているかをくわしくくらべてみたそうな。

 

2024年5月6日

もやもや病治療の新たな謎:抗血小板療法の限界と手術の可能性!

2024  5月  タイ


もやもや病(MMD)は脳卒中のまれな原因である。

抗血小板治療は,その有効性を支持する強力なエビデンスがないにもかかわらず、MMD患者に対して一般的に処方されている。

そこで、MMD患者における抗血小板療法と臨床転帰に関するエビデンスを評価するべく系統的レビューをこころみたそうな。

2024年5月5日

見逃されがちな危険!脳卒中生存者が直面する椎体骨折の隠れた脅威

2024  4月  韓国


脳卒中生存者は身体的および認知的な問題に直面し、要介助性の増加や転倒リスクの上昇がある。

そこで、年齢性別をマッチさせた対照群と比較して、脳卒中後の障害と脳卒中のタイプが様々な部位の骨折リスクに及ぼす影響をくわしくくらべてみたそうな。

2024年5月4日

触れる痛み?脳卒中後の感覚障害が語る痛みの新たな真実

2024  4月  オーストラリア


痛みは脳卒中後の回復において重要な問題の一つであり、多くの患者が継続的な不快感と機能障害を経験する。

特に、感覚障害は脳卒中患者において一般的であり、これが痛みの認識にどのように影響を与えるかは、完全には理解されていない。

そこで、体性感覚障害(触覚検出、触覚識別、固有感覚識別)と、脳卒中患者において報告された身体の痛みの有無および認識との関係をくわしくくらべてみたそうな。

2024年5月3日

医療に潜むリスク:偶然見つかった動脈瘤、治療するべきか否か

2024  3月  トルコ


未破裂動脈瘤の偶然の発見は画像診断技術の進歩とともに一般的になっている。

動脈瘤は重篤な病状と死亡を引き起こす可能性があるため、偶然に発見された場合でもクリッピングやコイリングによる治療が行われている。

頸動脈洞の動脈瘤は他の動脈瘤に比べて良性の経過をたどるようである。これはおそらく周囲の構造物が物理的に包み込むためと思われる。

しかし、これら動脈瘤のマイクロサージェリーは脳神経外科医にとって技術的に重大な挑戦であり、血管内治療にもリスクがある。

そこで、偶然に発見された頸動脈洞動脈瘤の治療および臨床結果をくわしくしらべてみたそうな。

2024年5月2日

血管内治療の拡大:くも膜下出血における未来への危うい賭け

2024  4月  スウェーデン


血管内治療法(コイリングなど)の改善により複雑な破裂動脈瘤の治療が可能になったが、症例によっては依然として外科手術(クリッピングなど)が必要である。

そこで、動脈瘤治療の変化が臨床成績に及ぼした影響をくわしくくらべてみたそうな。

2024年5月1日

血液ドロドロが脳梗塞を引き起こす? 最新研究が常識を覆す!

2024  4月  イギリス


全血粘度(WBV)と脳卒中など心血管疾患(CVD)リスクとの関連が報告されている。

しかし、WBVとCVDの「因果関係」についてはあきらかになっていない。

メンデルランダム化(MR)解析では、暴露因子と関連の強い遺伝子変異を操作変数とすることで、ランダム化によるバイアスを回避して交絡因子の影響を最小限に因果関係の推定が可能になる。

WBVとCVDの因果関係をMR解析してみたそうな。

2024年4月30日

直接経口抗凝固薬:治験の幻想と現実のギャップ

2024  4月  イギリス


心房細動(AF)患者の脳卒中予防には、経口抗凝固薬(通常、直接経口抗凝固薬DOAC)が用いられる。

しかし,抗凝固療法には出血のリスクが伴うため,個々のリスクについて患者にカウンセリングを行うことが重要である。

DOAC治療を始めた患者の多くは介入試験(治験)での条件に合致するが、介入試験でカバーできていない患者群も存在する。

そこで、介入試験での結果と、実際の臨床現場での出血率をくわしくくらべてみたそうな。

2024年4月29日

たばこで脳卒中後も生き残る?!日本の研究が暴く「喫煙パラドックス」の謎

2024  4月  日本


喫煙は心血管系に有害な影響を及ぼす。

しかし一部の研究では、脳梗塞に対する血栓溶解療法後の臨床転帰が喫煙者の方が非喫煙者よりも良好であることが報告されており、これは「喫煙パラドックス」として知られている。

そこで、再灌流療法を受けた脳梗塞患者における喫煙パラドックスの有無をくわしくしらべてみたそうな。

2024年4月28日

衝撃の事実:P社ワクチン、心筋炎を除けば安全!イスラエルの最新研究

2024  4月  イスラエル


COVID19ワクチン投与後に急性の心血管イベント(心筋炎を除く)および突然死のリスクが増加しないことを保証する報告があるにもかかわらず、これらの問題は依然として多くの人々の関心を呼んでいる。

そこで、イスラエルにおけるファイザー社製COVID19ワクチンの2回目投与後の、入院を必要とする脳卒中など心血管イベントおよび短期の死亡リスクをくわしくしらべてみたそうな。

2024年4月27日

細身でも危険!体型指数ABSIが警告する日本人の脳卒中リスク

2024  4月  日本


体型指数(ABSI:A Body Shape Index)は、身長、体重、そしてウエスト長を用いて計算される指標で、BMI(体格指数)に比べて体の形状、特に腹部の脂肪分布をより詳細に考慮している

ABSIと脳卒中など心血管疾患の発生率との関連についての情報は少ないのでくわしくしらべてみたそうな。

2024年4月26日

BMIの違いが明暗を分ける—日本人の脳卒中後の転帰に警鐘

2024  4月  日本


体格指数(BMI)は、一般的な健康状態を示す指標として広く用いられている。

しかしその数値が脳卒中の臨床結果に与える影響については、まだ完全には理解されていない。

そこで、脳梗塞および脳出血後の臨床転帰における体格指数(BMI)の影響をくわしくしらべてみたそうな。

2024年4月25日

脳の血管を狭めるアルコールの量が明らかに!驚くべき飲酒のリスク

2024  4月  中国


動脈硬化は脳梗塞の危険因子としてよく知られているが、飲酒と動脈硬化の関連については議論がある。

そこで、脳梗塞および一過性脳虚血発作(TIA)患者におけるアルコール摂取と脳動脈狭窄との関連をくわしくしらべてみたそうな。

2024年4月24日

再出血リスク減少も無駄に?ULTRA試験が示す治療の真実

2024  4月  スイス


ULTRA(Ultra-early TRAnexamic acid treatment after subarachnoid hemorrhage)試験では、くも膜下出血(SAH)におけるトラネキサム酸(TXA)の超早期投与の有効性が検討され、TXAが臨床転帰の改善を伴わないものの、再出血リスクを低下させることが示された。

SAH以外の脳出血を対象とした別の試験では、抗線溶療法の開始までの時間が転帰に影響を及ぼすことが示されている。

そこで、ULTRA試験の事後解析において、出血からTXA投与開始までの時間が、動脈瘤性SAH後の再出血および機能的転帰に影響するかどうかをくわしくしらべてみたそうな。

2024年4月23日

見間違い易い罠:夕方に潜む脳卒中ミミックの真実

2024  3月  スペイン


脳卒中の発症時間における概日リズムが報告されており、とくに朝にリスクが高いとされている。

これまでのところ、脳卒中の種類別の時間分布での違いはあきらかになっていない。

そこで、脳梗塞、脳出血、および脳卒中ミミック(類似症状)の患者における症状発現の季節変動および概日リズムをくわしくしらべてみたそうな。

2024年4月22日

ステント治療の是非を問う:頸部動脈解離における新たな研究結果

2024  4月  イタリア


頸部動脈解離(CAD)の管理は、CADに対する内科的アプローチ(抗血栓薬)と介入アプローチ(ステント留置)を比較した前向き研究の数が少ないため、標準化されていない。

そこで、CADの治療に関する研究のメタアナリシスをこころみたそうな。

2024年4月21日

隠れた痛み:脳卒中患者の慢性顔面痛の衝撃的な真実

2024  3月  インド


脳卒中後の疼痛はよくみられるが、過小評価の可能性がある。

そこで、脳卒中患者にみられる持続性「顔面」痛(PFP)についてくわしくしらべてみたそうな。

2024年4月20日

2024年4月19日

歯医者の治療が脳梗塞を引き起こす?最新研究が警鐘を鳴らす

2024  4月  フィンランド


歯周病は脳梗塞のリスク上昇と関連しており、そのリスクは原因不明の脳卒中を発症した若年者において特に高い可能性がある。

そこで、歯周病や最近の侵襲的歯科治療が若年発症の潜因性脳梗塞(CIS)と関連するかどうかを症例対照研究でしらべてみたそうな。

2024年4月18日

チーズが救う命!肉の脂から乳製品へのシフトで脳卒中リスクが激変⁉

2024  4月  イギリス


観察データから、肉類の飽和脂肪酸(SFA)を乳製品に置き換えた場合の脳卒中をふくむ心血管疾患(CVD)発症率の低下が報告されている。

しかし、肉の種類別SFAおよび種類別乳製品とのCVDリスクの関連は不明なので、くわしくしらべてみたそうな。

2024年4月17日

血管内治療:救世主か死の使者か?

2024  4月  中国


急性の大血管閉塞(LVO)患者には血管内治療(EVT)が推奨されているが、神経症状の重症度NIHSSスコアが6点以下の軽症患者における内科的管理(MM)と比較したその有効性と安全性は依然として不明である。

そこで、メタアナリシスにより大血管閉塞の軽症脳卒中患者において、EVTとMMを比較してみたそうな。

2024年4月16日

暑さ直撃!脳梗塞リスクが即時急上昇10時間持続—中国の研究が警鐘を鳴らす

2024  2月  中国


これまでの研究で、日中の高温と脳梗塞による入院や死亡との関連は示されているが、1時間ごとの周囲の暑さと急性脳梗塞(AIS)発症との関連はほとんど検討されていない。

そこで、1時間ごとの外気温の高さとAIS発症との関連をくわしくしらべてみたそうな。

2024年4月15日

脳卒中を防ぐか、誘発するか:閉経後カルシウムの二面性

2024  4月  韓国


閉経後の女性は骨健康を保つためにカルシウム摂取がきわめて重要である。

しかし、カルシウムサプリメントによる摂取が脳卒中など心血管疾患リスクを高めることが報告されている。

そこで、日常の食事から摂取するカルシウムの量と心血管疾患リスクとの関連をくわしくしらべてみたそうな。

2024年4月14日

リハビリ革命!子どもたちの脳を目覚めさせる運動イメージトレーニング

2024  3月  イタリア  


運動イメージ(MI)訓練は、身体動作を実行することなく、心的にシミュレーションする認知過程である。

このプロセスは、動作の計画、調節、実行のイメージを含んでおり、神経の運動ネットワークを実際の動作と同様に活性化させる可能性がある。

そこで、脳卒中を含む小児神経疾患における、神経リハビリテーションを目的としたMI介入の有効性に関するエビデンスのレビューをこころみたそうな。

2024年4月13日

AIが医師を超える日?GPT-4、脳卒中診断で驚異の精度を示す!

2024  4月  アメリカ


医療において、膨大なテキストデータセットで学習された生成的事前学習トランスフォーマー(GPT)のような大規模言語モデルは、地域や集団間の医療格差の縮小に応用できる可能性がある。

病変の位置特定のために開発されたこれまでのソフトウェアは、その適用範囲が限られていた。

そこで、最新の人工知能GPT-4について、脳卒中患者の臨床像に基づく病変局在を識別する能力をくわしくしらべてみたそうな。

2024年4月12日

脳動脈瘤治療の大転換: 驚愕のシフトと再破裂リスクの真実

2024  4月  フィンランド


破裂または未破裂の脳動脈瘤に対する治療法は、過去20年間で外科的治療(クリッピング)から血管内治療(コイリング)へと移行してきた。

そこで、ヨーロッパの大規模な神経血管センターでこの移行がどのように起こったかをくわしくしらべてみたそうな。

2024年4月10日

小児脳卒中とひきこもり:見過ごされがちな割合、深刻な影響

2024  4月  カナダ


小児脳卒中では、注意、機能的コミュニケーション、運動などの領域で長期的な障害が生じることがある。

そこで、小児脳卒中患者集団における小児の社会的スキルと引きこもり行動について親からの報告を利用してくわしくしらべてみたそうな。

2024年4月9日

脳卒中と思ったら狂牛病?!アメリカで発覚した衝撃のCJD症例

2024  3月  アメリカ


急性脳梗塞では、発症後4.5時間以内に血栓溶解薬を投与することが推奨されている。

しかし、急性脳梗塞の類似症状を判別することは臨床的にむつかしい。

類似症状のまれな例としてクロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)がある。

CJDは中枢神経にある誤って折りたたまれたプリオンタンパク質により発症する急速進行する致死性の痴呆である。

今回、脳梗塞を疑われた患者がCJDだったそうな。

2024年4月8日

見えない脅威:大気中のPM2.5が脳卒中を引き起こす隠れた因果関係

2024  4月  中国


疫学研究によると、粒子状物質2.5(PM2.5)は脳卒中など心血管疾患(CVD)の重大な要因である。

しかし、方法論的制約から因果関係を調べることは困難である。

そこで、PM2.5とCVDリスクとの因果関係を推定するために、メンデルランダム化(MR)解析をこころみたそうな。

2024年4月7日

1日1大さじで脳卒中を防ぐ?オリーブオイル、長寿を導く奇跡の力

2024  4月  中国


現在のところ、オリーブ油摂取と脳卒中など心血管疾患(CVD)、がんの罹患率および死亡率、全死亡率との間に報告されている関連性は一貫していない。

そこで、オリーブ油摂取とCVD、冠動脈性心疾患(CHD)、脳卒中、がんの罹患率および死亡率、全死亡率との関係をメタアナリシスでくわしくしらべてみたそうな。


2024年4月6日

高身長vs脳卒中リスク:血圧がキーポイント!おどろきの発見

2024  4月  台湾


成人の身長は脳卒中のリスクと関連している。

しかし、その基礎となるメカニズムは不明である。

そこで、成人身長と脳卒中との関連における代謝因子をくわしくしらべてみたそうな。

2024年4月5日

ムチャ飲みが誘う脳の危機―脳卒中生存者の認知機能に長期間響く影響の全貌

2024  3月  フィンランド


脳梗塞と大量のアルコール摂取は、いずれも認知機能障害の危険因子として知られている。

この問題は、脳卒中と多量の飲酒(binge drinking:2時間以内に5杯、13.5gのエタノール相当以上)の有病率がともに現役世代で増加していることから、重要性を増している。

そこで、脳卒中と多量の飲酒の相加的な影響による長期的な認知予後をくわしくしらべてみたそうな。

 

2024年4月4日

毎晩の飲酒が招く隠れた危険:アルコールが原因で起こる脳出血の衝撃

2024  4月  フランス


フランスにおける習慣的なアルコール摂取と大量一時飲酒(HED:heavy episodic drinking)に起因する脳出血の症例数と死亡数を推定してみたそうな。

2024年4月3日

驚愕の事実: コイル治療の再破裂率、クリップの3.6倍!脳外科の新たな挑戦

2024  3月  ドイツ


国際くも膜下出血動脈瘤試験(International Subarachnoid Aneurysm Trial:ISAT)の最初の機能的転帰の所見では、動脈瘤性くも膜下出血後1年のコイリングがクリッピングよりも良好であると支持されたが、

長期的な再破裂データが限られていることに懸念が生じた。

そこで、治療方法の観点から修復後動脈瘤の再破裂に関する個々の患者データを分析した初めてのメタアナリシスをこころみたそうな。

2024年4月2日

衝撃の事実:赤肉と加工肉、脳卒中リスクに無関係!? 最新研究が従来の認識を覆す!

2024  3月  中国


加工肉や赤肉の摂取と脳卒中など心血管疾患や2型糖尿病(T2DM)のリスク上昇との関連が、数多くの観察研究によって示されてきた。

しかし、「因果関係」の有無は依然として不明である。

そこで、加工肉と赤肉(家畜肉:豚肉、羊肉、牛肉)が冠動脈疾患(CAD)、高血圧、脳卒中などの心血管疾患およびT2DMのリスクに及ぼす影響を、メンデルランダム化(MR)解析によりしらべてみたそうな。

2024年4月1日

転換点到来:脳卒中認識で「FAST」を超え、「BEFAST」が主流になった理由

2024  3月  アメリカ


急性脳卒中医療において、症状の認識と治療へのタイムリーなアクセスは重要な要素である。

脳卒中の症状を認識するためのニーモニック(記憶補助術)として、FAST(Face-Arm-Speech-Time)とBEFAST(Balance-Eyes-Face-Arm Speech-Time)の2つが教育キャンペーンで広く使用されている。

FASTニーモニックは脳卒中の最大14%を見逃す可能性がある。

BEFASTには一般的な後方循環脳卒中の症状が含まれており、いくつかの包括的脳卒中センター(CSC)で実施されている。

両者の採用状況を全国的にしらべてみたそうな。

2024年3月31日

脳卒中後のサプライズ:中性脂肪が低いほど認知障害に!新研究が解き明かす関係性

2024  3月  中国


トリグリセリド(中性脂肪)は食事性脂質の主な形態であり、生活習慣、特に食事と運動の影響を受けやすい。

脳梗塞後の中性脂肪と認知機能との関連についての研究はあるが、その結果は相反するものであった。

そこで,高齢者における脳梗塞後の中性脂肪と認知機能との関連をくわしくしらべてみたそうな。

2024年3月30日

予想を裏切るちから—なぜ麻痺した手が驚くほど強く握るのか?

2024  3月  日本


脳卒中後の上肢、特に手や指の動きに影響を及ぼす運動麻痺と感覚障害は、日常生活活動の大幅な低下と生活の質の低下につながる。

手の器用さは、フォークを使う、ボタンを留める、ドアハンドルを開けるなどの道具を操作するために必要不可欠であるが、多くの患者は軽度の運動麻痺があっても、筋力の低下だけでなく、力の発揮に必要な調整や制御が不十分であるために手の機能が限定される。

正確かつ精密な握り動作は、空間的および時間的な領域で感覚フィードバックを通して運動命令を組織するプロセスである。

しかし、脳卒中による神経学的障害は、物体を握る際の握力制御が過剰になる傾向があり、これは運動麻痺だけでなく、感覚障害にも起因する可能性がある。

そこで、慢性脳卒中患者の握力制御の特性を、静的および動的な側面からくわしくしらべてみたそうな。

2024年3月29日

絶望を希望に変える:脳卒中後の無敵の痛みに立ち向かう革命的治療法

2024  3月  オランダ

 
脳卒中後の中枢性疼痛(CPSP)は、しばしば従来の治療法に耐性があり、自然回復の可能性がほとんどないため、患者の人生に大きな負担を強いている。

一部の患者には安楽死の承認さえ与えられており、何の展望もない。

歴史的に、前帯状皮質は精神障害と慢性疼痛障害の両方の患者にとって有望な治療ターゲットであると考えられているため、前帯状回切除はこういった内科的治療抵抗性のCPSPにとって有用な戦略かもしれない。

しかし、中枢性疼痛に対する手術療法の研究は限られている。

そこで、CPSP患者に対して前帯状回切除術を施行してみたそうな。

2024年3月28日

手術の真実:未破裂脳動脈瘤治療が生活の質に与える影響はゼロ?

2024  2月  スイス


脳動脈瘤の破裂はくも膜下出血の主たる原因である。

未破裂脳動脈瘤(UIA)の予防的治療に関するガイドラインは、その自然歴や治療に伴うリスクに関するデータが一貫していないため、依然として議論の的となっている。

1つ以上のUIAと診断されることは、不安や心理社会的苦痛を引き起こす可能性がある。

したがって、患者の健康に対する認識や生活の質(QoL)に及ぼす影響は、治療の意思決定プロセスにおいて考慮すべき重要な要素である。

そこで、UIAと診断された患者におけるQoLを、治療法および術前・術後についてくわしくしらべてみたそうな。

2024年3月27日

スタチンが糖尿病を招く? 脳卒中を防ぐ紅麹(べにこうじ)との衝撃的関係

2024  3月  韓国


スタチン治療は心血管イベントを減少させるが、スタチンの使用は新規に発症する糖尿病(NODM)のリスクと関連している。

脳梗塞患者の転帰とNODMに対するスタチン治療の効果をくわしくしらべてみたそうな。

2024年3月26日

驚きの研究結果!気分のアップダウンが脳卒中リスクを高める⁉ 最新の遺伝子解析が明かす衝撃の因果関係

2024  3月  中国


気分変動(mood swings)は、怒りから悲しみ、不安から無関心、幸福から涙へと、感情が頻繁に、突然かつ予測不可能に変化することを指す。

気分変動は脳卒中など心血管疾患(CVD)のリスク上昇と関連している。

しかし、両者の因果関係はわかっていないので、暴露因子と関連の強い遺伝子変異が出生前に無作為化されていることから環境因子の影響を受けにくい比較ができる「メンデルランダム化解析」という研究をこころみたそうな。

2024年3月25日

高齢者の認知の謎を解明:ラクナ梗塞の位置が明かす重大な影響

2024  3月  中国


ラクナ梗塞は認知障害と関連している。

そこで、高齢者における軽度認知障害(MCI)とその種類別の重要な梗塞位置を特定し、さらに白質高信号域と血管周囲腔の役割もくわしくしらべてみたそうな。

2024年3月24日

脳出血の隠れた脅威: 高血圧と脳アミロイドだけじゃない、衝撃のリスク要因

2024  3月  ドイツ


脳小血管病(CSVD)、すなわち高血圧性動脈症(HA)や脳アミロイド血管症(CAA)は、自然発症の脳内出血(ICH)の主な原因である。

とはいえ、外傷、血管奇形、脳腫瘍などCSVD以外の病因によるICHもかなりの部分を占めている。

HAとCAAのICHを比較した研究がある一方で、非CSVD病因はこれらの比較から除外されてきたので、それらを含めた出血リスクを高める追加の要因についてくわしくしらべてみたそうな。

2024年3月23日

太陽の恵みで守る命:心塞栓性脳卒中を防ぐビタミンDの秘密

2024  2月  イラン


ビタミンDと心塞栓性脳卒中(CES)リスクについての研究はいくつもあるが、その結果には一貫性がない。

ビタミンDとCESリスクとの因果関係を明らかにするためにメンデルランダム化(MR)解析をこころみたそうな。

2024年3月22日

時を超えた奇跡の葉: イチョウが描く未来への扉 — 脳卒中の回復から認知力改善まで

2024  2月  中国


イチョウは2億年まえから存在し、その葉のエキス(GBE:Ginkgo Biloba Extract)には、抗酸化、血小板凝集の抑制、血管拡張などの効果が認められており、脳卒中の補助療法としての研究がおこなわれている。

そこで、脳内出血(ICH)へのGBEの臨床的有効性と安全性を系統的にしらべてみたそうな。

2024年3月21日

腸の秘密がついに解明!脳動脈瘤予防の鍵を握る意外な真実

2024  3月  中国


腸内細菌叢の変化と頭蓋内動脈瘤(IA)の病因との関連をしめす研究が増えている。

しかし、腸内細菌叢とIAとの因果関係はあきらかにされていないのでメンデルランダム化解析をこころみたそうな。

2024年3月20日

衝撃の真相:抗うつ薬が脳卒中回復に与える予想外の影響

2024  3月  イギリス


一般的に抗うつ薬として知られているフルオキセチン(fluoxetine)を、脳卒中回復に応用した3つの大規模ランダム化比較試験が実施された。

そこで、これらの患者データを統合してメタアナリシスを試みたそうな。

2024年3月19日

脳卒中回復の新たな希望と警告: 運動が骨を守り、抗うつ薬がリスクを高める!最新メタ分析

2024  3月  香港


麻痺側の骨粗鬆症は脳卒中の二次的合併症として一般的である。

脳卒中後の骨健康のための薬剤に関する系統的レビューでは、指針となるような効果量の大きさと精度を推定したものはないのでくわしくしらべてみたそうな。

2024年3月18日

性別が描く謎 - 女性の脳動脈瘤リスク再考: スクリーニングの新たな指針に迫る

2024  3月  アメリカ


動脈瘤性くも膜下出血(aSAH)の治療において、破裂の高リスク因子がわかっていない患者に対する適切なスクリーニングについては依然として論争がある。

そこで、性別がaSAHの発症と治療成績にどのような影響を及ぼすかをくわしくしらべてみたそうな。

2024年3月17日

耳鳴りの意外な真実:心臓に警告を発するが脳卒中とは無縁?

2024  3月  中国


耳鳴りが脳卒中など心血管疾患(CVD)におよぼす影響についてはまだわかっていない。

そこで、耳鳴りとCVDイベントおよび全死因死亡リスクとの関連についてくわしくしらべてみたそうな。

2024年3月16日

驚愕の研究結果公開!植物性タンパク質が脳卒中リスクを劇的に下げるかも?最新研究が明らかにする食生活の真実

2024  3月  中国


疫学的証拠から、食事からのタンパク質摂取と脳卒中をふくむ心血管疾患(CVD)との関連は、タンパク源(植物由来か動物由来か)によって異なる可能性が示されているが、過去の研究は限られており、結論は出ていない。

そこで、植物性または動物性タンパク質の摂取とCVDリスクとの関連をくわしくしらべてみたそうな。

2024年3月15日

脳の不思議を探る旅: 脳卒中が明らかにするパレイドリアの新たな発見

2024  2月  スイス


パレイドリアとは、実際には存在しないのに、意味のある画像やパターンを認識する現象を指す。

たとえば、トーストに焼かれたイエス・キリストの顔や、シナモンバンに見えるマザー・テレサの顔、または9/11のワールドトレードセンターの煙の中に現れたサタンの姿などが挙げられる。

近年、この現象は健常者や神経学的・精神疾患患者においてますます研究されるようになってきている。

そこで、脳卒中患者53名と神経学的に健常な対照群82名を対象に、ナチュラルイメージタスク(自然画像を用いたパレイドリア産生課題)を実施し、比較してみたそうな。

2024年3月14日

脳卒中回復の新たな鍵?体形が明かす驚くべき真実!

2024  3月  中国

 
多くの先行研究では、肥満は脳梗塞後の機能的転帰を悪化させることがしめされている。

しかし、肥満が死亡率や再発率、再入院率を低下させるという研究もあり、肥満パラドックスとして知られている。

そこで、メンデルランダム化(MR)解析を用いて、遺伝的に予測される肥満と脳卒中後の転帰との「因果関係」をくわしくしらべてみたそうな。

2024年3月13日

血栓溶解療法:軽症脳卒中患者における治療実績の真実

2024  3月  中国


軽症脳卒中(NIHSSスコア0-5)に対する血栓溶解療法(IVT)の有効性については、未だ結論が出ていない。

そこで、ランダム化比較試験および観察研究のメタ解析により、IVTの有効性と安全性を内科治療(BMT:best medical therapy)とくらべてみたそうな。

2024年3月12日

命を分ける瞬間: 小脳梗塞を巡る減圧手術の驚異の成果

2024  2月  ドイツ


現在の米国心臓協会/米国脳卒中協会のガイドラインによると、重度の小脳腫脹を示す小脳梗塞患者には減圧手術がすすめられている。

しかし、腫脹および梗塞容積の定義はなく、手術を行うかどうかの明確な判断材料が存在しない。
 
そこで、小脳梗塞患者の機能的転帰を保存的治療と比較してみたそうな。

2024年3月11日

遺伝を越え、因果関係を描く:教育が脳卒中リスクを変える革新的な研究!

2024  2月  中国


観察研究では、学歴と脳卒中など心血管疾患(CVD)との間に関連がある可能性が指摘されている。

しかし、因果関係については不明確な点が多い。

そこで、教育水準の高さがCVDのリスクを因果的に減少させるかどうかをくわしくしらべてみたそうな。

2024年3月10日

驚異の診断力!たった一つの動きで失語症と無視症を見抜くNPE検査

2024  3月  ドイツ


失語症や無視症と片麻痺の組み合わせは、大脳前方血管閉塞(LAVO)の信頼できる指標である。

これらの症状の病院前同定は、救急隊員には困難であると考えられている。

そこで、失語症と無視症を1回の検査で識別できる簡単なNPE(non-paretic-hand-to-opposite-ear:非麻痺手対向耳)テストを評価してみたそうな。

2024年3月9日

定年後の怒りが脳血管を蝕む?60歳以上の日本人に隠された衝撃の真実!

2024  3月  日本


怒りの表出(Anger expression)は脳卒中など心血管疾患のリスク上昇と関連している。

この正の関連は、社会的支援の認知が低く、屋外でのレクリエーション活動が少ない人で強かった。

しかし定年退職の有無による影響はよくわかっていないので、60歳以降の日本人についてくわしくしらべてみたそうな。

2024年3月8日

脳卒中克服の望みと裏腹の現実: 脳刺激治療後の自殺未遂の衝撃

2024  2月  アメリカ


脳深部刺激法(DBS)は運動障害の治療法で、脳に電極を埋め込み電流刺激する。

ジストニア、パーキンソン病、本態性振戦の治療法としてFDA承認されている。

いっぽう、DBSにはうつ病や自殺リスクの上昇をまねく副作用が最近報告されている。

脳卒中後のジストニア(筋肉の異常な収縮)治療のためにDBS手術を施行した患者が自殺をこころみた例があったそうな。

2024年3月7日

衝撃の事実: 脳卒中が引き起こすてんかんリスク、新たな研究が従来の見解を覆す!

2024  2月  デンマーク


脳卒中はてんかんのリスクと関連しているが、年齢、性別、脳卒中のタイプや重症度、経時的傾向、死亡率との関連はよくわかっていない。

そこで、性別、年齢、脳卒中の種類と重症度、死亡を競合リスクとして扱いながら、脳卒中後のてんかんのリスクをくわしくしらべてみたそうな。

2024年3月6日

急増する謎の症状、頸部動脈解離:若年層を襲う隠れた危険

2024  3月  アメリカ


頸部動脈解離(CeAD)は50歳未満の脳梗塞原因の15%から25%を占める。

いっぽうCTアンギオなどの侵襲度の低い血管撮影が臨床で用いられるようになってきているが、CeADの発見頻度への影響は不明である。

2006年、CeADの年間発症率は10万人年あたり2.6人と推定されたが、現在の発症率はわかっていないので、くわしくしらべてみたそうな。

2024年3月5日

衝撃の事実: 未破裂脳動脈瘤治療で5%が脳卒中に!予防的介入の真実とは?

2024  2月  韓国


未破裂脳動脈瘤(UIA)は人口の1〜2%にみられ、MRIなどの普及により発見されることが多くなってきている。

UIA患者の治療は経過観察、血管内コイリング、外科的クリッピングである。

血管内コイリングの割合は増加傾向にある。

しかし、脳梗塞(CI)、脳出血(ICRH)、死亡などの合併症はコイル治療後の重要な問題であるが、それらリスクを評価した研究はわずかなため、くわしくしらべてみたそうな。

2024年3月4日

再起への扉を開く: 断食がもたらすリハビリの新時代

2024  2月  アメリカ


カロリー制限は神経可塑性と神経損傷後の回復を促進する。

マウスにおいて、カロリー制限が脳卒中後に作用し、訓練に伴う運動回復を促進するという仮説を検証するべく実験してみたそうな。

2024年3月3日

謎解き進行中: 片頭痛と心房細動、脳卒中への道標か?最新研究が示す意外な真実

2024  2月  オーストラリア


片頭痛患者、特にオーラ(前兆)を伴う患者は脳卒中を呈することがある。

いっぽう心房細動は脳卒中の危険因子として知られている。

片頭痛と心房細動には共通の病態生理学的因子があることから、メタアナリシスにおいて片頭痛と心房細動との関連をくわしくしらべてみたそうな。

2024年3月2日

脳卒中リハビリの新希望: 30時間以上の反復訓練がもたらす驚きの改善効果

2024  3月  アメリカ


運動リハビリテーションの「用量反応」は数十年間にわたり研究の優先課題であり、いくつかの大規模無作為化試験やメタアナリシスがこころみられてきた。

これらの研究から、運動訓練の継続時間とリハビリテーション効果との間には明確な線引きができないことが示された。

通常、訓練効果の確認にはおおくの反復回数と時間のかかる臨床評価に依存していたため、個人の用量反応を把握することは不可能であった。

そこで、ビデオゲームリハビリテーションの多施設共同試験VIGoROUS(Video Game Rehabilitation for Outpatient Stroke)から得られた3次元の上肢動作データの解析により、
各参加者の4種類の上肢動作について、運動学的用量反応をくわしくしらべてみたそうな。

2024年3月1日

夜食は命取り?最新研究が明かす、夜間断食と脳卒中リスクの衝撃的な関係

2024  2月  中国


1日の食事回数(DEF:daily eating frequency)と夜間の絶食時間(NFD:nighttime fasting duration)が死亡率に及ぼす健康影響に関する知見は非常に限られている。

これまでの研究で、DEFが少ないと血圧やコレステロール、糖尿病リスクが上昇し、いっぽうNFDが長いとインスリン抵抗性や炎症が改善することが報告されている。

そこで、DEFとNFDが脳卒中をふくむ心血管疾患(CVD)および全死因死亡率と関連するかどうかをくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月29日

筋力と脳卒中:中高年のリスクを見直す時

2024  2月  中国


筋力の低下は脳卒中などの心血管疾患(CVD)リスクの上昇と関連することがエビデンスによって示されている。

そこで、ベースラインの筋力およびその経時的な変化とCVD発症率との関連をくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月28日

起立性低血圧:脳卒中再発と降圧治療の新たな見解

2024  2月  スウェーデン

 
起立性低血圧(OH)に対する恐怖や心血管(CV)イベントのリスク増加の関連性が報告されていることから、脳卒中後の降圧治療が制限される可能性がある。

NAILED試験では,140/90mmHg未満の目標を立て、降圧薬の漸増により血圧が低下し,脳卒中発症率が低下した。

そこで、脳卒中(脳梗塞、脳出血)またはTIA集団におけるOHとCVイベントまたは死亡との関連、およびNAILED試験におけるOHリスクとの関連をくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月27日

脳の覚醒革命: モダフィニルがくも膜下出血の意識回復!

2024  2月  アメリカ


意識障害は動脈瘤性くも膜下出血(aSAH)後の回復を妨げる。

覚醒促進薬である「モダフィニル」は脳卒中生存者の疲労治療に有効であるが、急性期におけるデータは乏しい。

そこで、モダフィニルの使用がaSAH後の精神状態に及ぼす影響をくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月26日

快楽を失った心:脳卒中患者が直面するアンヘドニアの隠された苦悩

2024  2月  スペイン

 
アンヘドニアは、快楽を経験する能力が低下することを指し、無快楽症ともいう。

アンヘドニアはうつ病の症状のひとつであると同時に、うつ病の発症を助長する永続的な行動特性であるとも言われている。

特に、脳卒中患者において、アンヘドニアはうつ病と密接に関連しており、その結果、日常的な喜びに対する感受性や、リハビリテーションプログラムに参加し健康的で活動的なライフスタイルを維持しようとする内発的な意欲が低下する。

このような状態は、患者の回復を妨げ、自律性、機能、生活の質を低下させる可能性がある。

そこで、脳梗塞および脳出血の亜急性期および慢性期におけるアンヘドニアの有病率、程度、および関連する因子をくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月25日

衝撃の実態!農村部の脳卒中患者、作業療法を受けるのはわずか2.0%のみ

2024  2月  アメリカ


脳卒中生存者の大半は障害が継続しており、満たされていないニーズを訴えている。

リハビリテーションが脳卒中生存者の機能を改善するという証拠があるにもかかわらず、作業療法や理学療法へのアクセスは限られている。

そこで、地理的および社会的にリハビリサービスへのアクセスに恵まれない地域の脳卒中生存者における、外来治療および在宅医療によるリハビリテーション利用頻度の違いをくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月24日

軽症から一転、命の危機へ - クリッピング治療が招くくも膜下出血患者のリスク

2024  2月  ドイツ


動脈瘤破裂のくも膜下出血(aSAH)は依然として悲惨な病気である。

予後不良は初期の神経学的状態に大きく依存することが知られている。

そこで、aSAHで初期の神経学的状態が「良好」であった患者において、不良転帰のリスクを高める因子くわしくしらべてみたそうな。

2024年2月23日

衝撃の事実:脳卒中生存者は長時間寝るほど早死するリスクが!

2024  2月  アメリカ


脳卒中後の睡眠時間異常は死亡リスクを高める可能性がある。

そこで、睡眠時間が脳卒中生存者の死亡率上昇に関連するか否かをくわしくしらべてみたそうな。
 

2024年2月22日

脳卒中回復の神話を打ち砕く!エビデンスで裏付けられた唯一の薬とは?

2024  1月  台湾


脳卒中の負担は、生産性の低下を伴う長期にわたる介護を必要とする障害によるところが大きい。

そこで、脳卒中後の障害または障害を改善する治療法として、様々な登録薬理療法に関する研究を同定、評価をこころみたそうな。

2024年2月21日

息をのむリスク:日常の受動喫煙がいかにしてあなたの脳を脅かすのか

2024  2月  中国


受動喫煙は公衆衛生上の大きな問題と考えられている。

中国における受動喫煙(SHS)と脳梗塞との関連に関するエビデンスは乏しいのでくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月20日

驚愕の事実:脳卒中生存者の5人に1人が直面する長期的な頭痛の真実とは?

2024  2月  フランス


頭痛は脳卒中後によくみられ、生存者のQOLに影響を及ぼす可能性があるが、脳内出血(ICH)後の頭痛についてはほとんど研究されていない。

ICH生存者の集団において,頭痛の長期有病率とその決定因子をくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月19日

うつが脳の危機を招く!?脳動脈瘤との衝撃的な関連を解明

2024  2月  中国


近年、頭蓋内動脈瘤(IA)のリスクはうつ病や不安神経症の患者において高いことが報告されている。

これらの因果関係をしらべるべく、うつや不安に関連する遺伝子変異とIAリスクとの関連についてメンデルランダム化解析をこころみたそうな。

2024年2月18日

脳卒中後の沈黙の危機:片麻痺側の大腿骨頸部で進む、予期せぬ骨密度の低下

2024年  2月  中国
 

脳卒中のあとは不動、神経障害、内分泌調節障害に起因して骨粗鬆症や骨折リスクが高くなる可能性を示すエビデンスが蓄積されている。

そこで、脳卒中が骨密度(BMD)に及ぼす影響を評価し、脳卒中後の骨粗鬆症や骨粗鬆症性骨折のリスクあきらかにするべくメタアナリシスをこころみたそうな。

2024年2月17日

医療の進歩は虚偽? くも膜下出血治療の衝撃的真実と致命率の不変

2024  2月  ドイツ


1973年から2002年までの集団ベースの研究を対象とした以前のシステマチックレビューでは、くも膜下出血の致死率は減少していた。

それ以来、治療は明らかに進歩している。

そこで、致死率がさらに減少したかどうか、また機能的転帰が改善したかどうかをくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月16日

日照豊かでもビタミンD不足の謎 - 熱帯の太陽下で明らかになる脳出血リスクとの衝撃的な関連

2024  2月  ブラジル


動脈瘤破裂によるくも膜下出血(aSAH)は脳卒中の3〜5%を占める。

ビタミンDは脳動脈瘤の形成や破裂を含む心血管系に影響を及ぼす。

そこで、熱帯の高日照地域に居住し、動脈瘤性くも膜下出血を発症した患者における血清ビタミンD濃度との関連をくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月15日

驚きの発見!週90分未満の運動でも脳梗塞リスクが激減?最新台湾研究が示す新常識

2024  2月  台湾


運動不足は脳卒中の主要な危険因子であり、身体活動を増やすことで脳梗塞を予防できることがわかっている。

脳梗塞と運動不足の関係については、特にアジア人集団では限られた研究しかなされていない。

世界保健機関(WHO)は健康維持のために中強度の身体活動を週に少なくとも150分おこなうことを推奨している。

しかし台湾人口の70%以上は、この推奨レベルの身体活動をおこなっていない。

そこで、週に90分未満レベルの身体活動の脳梗塞予防効果を確かめてみたそうな。

2024年2月14日

電子タバコ警報:特に女性において脳卒中の後遺症を悪化させる可能性

2024  2月  アメリカ


ニコチンを含む電子タバコ(EC)の喫煙は世界的に普及しているが、脳卒中の転帰に対するECの影響についての理解は進んでいない。

そこで、脳梗塞ラットモデルを用いて、EC曝露が脳のエネルギー代謝と脳卒中の転帰に及ぼす影響を性差も含めてくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月13日

命を救うはずの手術が命を奪う?破裂動脈瘤治療の衝撃的真実

2024  2月  ドイツ


動脈瘤破裂によるくも膜下出血は、死亡率が高く、生命を脅かす重篤な状態である。

現在の治療では、最初の24〜48時間以内に外科的クリッピングや血管内治療が行われることが多い。

未破裂動脈瘤の合併症については十分なエビデンスがあるが、破裂動脈瘤患者におけるデータは限られているのでくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月12日

歩き出せ、未来へ -脳卒中患者がリズムに乗って歩行を取り戻す衝撃!

2024  1月  スペイン

 
脳卒中患者の歩行機能に対するリズム聴覚刺激(RAS:rhythmic auditory stimulation)の効果については、いくつかの研究で報告されているが、系統的レビューはまだない。

そこで、脳卒中患者におけるRAS介入後の機能的歩行に関するエビデンスを統合し、その効果をくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月11日

驚愕の転換点!「両側上肢トレーニング」が脳卒中患者の回復に革命をもたらす - 新たな希望の光

2024  1月  ベルギー


脳卒中後の上肢(UL)の回復を改善するために、高用量の両側動作(bilateral movements)トレーニングは、有望なリハビリテーション戦略である。

そこで、亜急性期脳卒中における上肢障害と機能的自立に対する両側ULトレーニングと片側ULトレーニングの効果を比較してみたそうな。

2024年2月10日

脳卒中を防ぐ驚きの食事変革 - あなたの体が欲するタンパク質とは?

2024  2月  中国


食事タンパク質の量および供給源の種類と、脳卒中など心血管系疾患(CVD)との関連についてくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月9日

朝食で避けるべきシリアル:脳卒中をまねく意外な罠!

2024  1月  中国


観察研究では、穀類の摂取が脳卒中など心血管疾患(CVD)のリスク低下と関連することが示唆されている。

しかし、その因果関係は明らかではない。

そこで、主な穀物摂取源であるシリアルおよびその種類別のCVDリスクとの因果関係をくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月8日

脳卒中と五十肩の深いつながり:新たな科学的発見が示す意外な真実

2024  2月  中国


これまでの研究では、脳卒中などの心血管疾患(CVD)と五十肩(FS:frozen shoulder)との関連が示されているが、両者の因果関係は不明である。

そこで、メンデルランダム化(MR)解析を用いて、CVDと五十肩の因果関係をくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月7日

客観的睡眠不足が脳卒中リスクを高める一方で、主観的な不足には関連性なし

2024  2月  アメリカ


客観的に短い睡眠時間を伴う不眠症(ISSD:Insomnia with objective short sleep duration)は、心血管代謝の問題すなわち高血圧や糖尿病などと関連している。

そこで、客観的または主観的な睡眠評価に基づく不眠症が、心血管/脳血管疾患(CBVD:cardiovascular and/or cerebrovascular disease)の新たな発症といった、より深刻な健康問題と関連しているかどうかをくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月6日

ChatGPTの誤診が引き起こす脳卒中治療遅延!AI依存がもたらす命の危機

2024  2月  スイス


人工知能(AI)の技術は、放射線画像診断における診断の提供、患者のトリアージによるワークフローの改善、臨床症状に基づく専門家の意見の提供など、患者の治療においてますます使用されるようになってきている。

しかし、このようなAI技術は、アルゴリズムが誤った方向を指し示し、意思決定プロセスの理由を説明しないブラックボックスを構成する可能性があるため、本質的なリスクも抱えている。


AIのアドバイスが脳卒中治療の遅れにつながった例があったそうな。

2024年2月5日

緑茶革命!肥満を抱える糖尿病患者に光明、脳卒中リスクを大幅カット!

2024  2月  中国


緑茶は脳卒中をふくむ心血管疾患(CVD)の予防効果が報告されている。

そこで、過体重/肥満の2型糖尿病(T2D)患者における緑茶摂取とCVD発症との関連をくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月4日

いびきが引き起こす?新研究が明かす脳卒中の因果関係

2024  1月  中国


これまでの研究では、いびきと脳卒中との間に正の関連があることが示されている。

そこで、いびきと脳卒中との「因果関係」をくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月3日

脳卒中回復の希望の光!ピクノジェノールが認知機能を驚異的に向上、イタリア研究が明らかに

2024  2月  イタリア


「ピクノジェノール」はフランス海岸の松樹皮から抽出される天然の植物エキスであり、強力な抗酸化剤として知られている。

ピクノジェノールには抗炎症作用、血液循環の改善、皮膚の健康維持、アレルギー症状の改善など多岐にわたる効果が報告されている。
 
そこで、脳卒中後の患者を対象にピクノジェノールサプリメントの認知機能への効果をくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月2日

辛いものを食べると脳梗塞リスクが低下? 最新研究が明らかにする辛味食品の意外な健康効果!

2024  1月  中国


これまでの研究で、辛いものを食べると心血管系疾患による死亡率が減少し、脳卒中のリスクが低下することが明らかにされている。

しかし、辛味食品の摂取と脳卒中のタイプ、用量反応との関係を報告した研究はなかったのでくわしくしらべてみたそうな。

2024年2月1日

脳卒中リハビリ患者に革命!減薬で見えた日常生活動作の驚異的改善

2024  1月  日本


脳卒中後の回復期リハビリテーションの患者において、向精神薬の減薬(または中止)が日常生活動作(ADL)および嚥下機能に及ぼす影響をくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月31日

脳内出血後の驚愕の真実:生存者の4人に1人が認知障害に!脳卒中の陰の脅威を徹底解明

2023  12月  インド


脳内出血(ICH)は脳卒中全体の10%を占めるに過ぎないが、脳梗塞と比較すると死亡率が高い。

その病理学的機序は部位により異なる。たとえば、脳葉出血は穿通枝動脈壁へのベータアミロイド沈着による破裂、いっぽう深部出血では被殻または視床の小動脈の動脈硬化による破裂とされている。

脳内出血患者は認知機能障害の有病率も高いとされているので、くわしくしらべてみたそうな。

2024年1月30日

驚愕の医学発見!"殿様枕"が脳卒中のリスクを高める?日本での新研究が明らかにする"殿様枕症候群"の衝撃

2024  1月  日本


自然発症の椎骨動脈解離(sVAD)は、若年および中年者の脳梗塞のおもな原因であり、その発症メカニズムはよくわかっていない。

そこで、「高枕」の使用がsVADのリスク増加と関連するかどうかを日本人についてくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月29日

運動が脳卒中の"隠れた敵"を退治!血中カドミウム&鉛に打ち勝つ驚異のパワー【NHANES調査が明かす】

2024  1月  中国


適切なレベルの身体活動は、健康と生活の質の向上につながり心血管疾患やがんの可能性が低下することがわかっている。

いっぽう、疫学研究ではカドミウムや鉛濃度の上昇と脳卒中発症率との間に有意な相関が示されている。

身体には汗を通してニッケル、鉛、銅、ヒ素を排泄する能力があるので、積極的な運動が重金属の排泄を促す可能性がある。

そこで、国民健康栄養調査(NHANES)のデータベースをもちいて、脳卒中と血中カドミウムおよび鉛濃度との関係を、運動による影響をふくめしらべてみたそうな。

2024年1月28日

高齢者の脳梗塞治療:救済かリスクか

2024  1月  中国


ランダム化比較試験のエビデンスがないため、高齢患者における血管内治療(EVT)の信頼できる治療推奨条件を確立することは困難である。

そこでメタアナリシスにより、高齢者の脳梗塞に対する血管内治療の効果を若年患者と比較してみたそうな。

2024年1月27日

衝撃!インフルエンザワクチンが脳卒中リスクを劇的に減少?特定疾患者に効果絶大!

2024  1月  サウジアラビア


脳卒中は、死亡率や長期障害の主な世界的原因であり、全身性の炎症や血栓事象を亢進させる感染症の影響を受けている可能性がある。

インフルエンザワクチン接種が脳卒中に及ぼす影響は依然として不明であるので、メタアナリシスをこころみたそうな。

2024年1月26日

気温が脳卒中リスクに大きな影響!最新医学レビューが警告

2024  1月  中国


気温と脳卒中リスクとの間には有意な関連が存在するが、心血管リスクの高い集団における結果は十分ではない。

そこで、心血管系リスクの高い集団における気温と脳卒中リスクに関する現在のエビデンスを系統的にレビューしてみたそうな。

2024年1月25日

脳卒中後の尿失禁、その衝撃の真実!

2024  1月  中国


中国における脳卒中発症率は非常に高く、成人の死亡・障害原因の主なものである。

尿失禁は脳卒中の予後不良につながる独立した危険因子である。

しかし、脳卒中患者における尿失禁の発生率やその影響因子に関する研究はそれぞれ異なり、一貫性がないのでメタアナリシスをこころみたそうな。

2024年1月24日

歯垢の菌が脳動脈瘤を破裂させる?驚愕の研究結果!

2023  12月  日本


ストレプトコッカス・ミュータンス(Streptococcus mutans:SM)は、健常人の70%以上、虫歯患者の90%に存在する口腔内常在菌である。

このうちコラーゲン結合蛋白Cnmを有するSMは脳出血を引き起こすと報告されている。

そこで、CnmポジティブSM(CP-SM)と頭蓋内動脈瘤(IA)の破裂との関係をくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月23日

脳卒中患者に朗報!ラベンダーアロマでうつと睡眠質向上

2024  1月  中国


脳卒中後うつ病(PSD)は、リハビリテーション、運動回復、日常生活動作、社会的・対人機能、死亡率に大きな影響を及ぼす。

抗うつ薬の副作用を考慮すると、非薬物療法であるアロマセラピーは、合併症や利用しやすさの利点があり、近年注目が高まっている。

そこで、ラベンダー精油を用いた吸入アロマセラピーが、PSD患者の抑うつと睡眠の質に及ぼす影響をくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月22日

日光不足が命取り?ビタミンD欠乏が脳出血リスクを劇的に高める!

2024  1月  アメリカ


頭蓋内動脈瘤の破裂は重篤な身体障害と高い死亡率を引き起こす。

疫学調査では、ビタミンDレベルの低下と動脈瘤破裂の増加との間に強い関連があることが示されている。

しかし、その因果関係や機序はほとんど不明である。

そこで、ビタミンD欠乏が動脈瘤破裂を促進するかどうかをしらべてみたそうな。

2024年1月21日

脳卒中生存者の新たな挑戦:持続性頭痛

2024  1月  ブラジル


最新の国際頭痛分類では、脳梗塞が原因の持続性頭痛の存在が認められているが、この領域の研究は限られているので、

過去の脳梗塞に起因する持続性頭痛の発生率、特徴、リスク因子をくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月20日

高収入地域の驚愕:脳内出血後の死亡率とエリート意識

2024  1月  アメリカ


脳内出血(ICH)後の死亡は一般的である。

近隣の社会経済的地位(nSES)は、臨床転帰に影響を及ぼす重要な健康の社会的決定要因(SDoH)である。

そこで、nSESを含むSDoHが、脳内出血患者における生命維持治療の中止(WLSTs)と死亡率の違いに寄与しているかどうかをくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月19日

首の太さが暴く、脳梗塞死亡リスク!

2024  1月  中国


頚部周囲径(NC)と頚部対身長比(NHR)が、脳卒中をふくむ心血管疾患(CVD)死亡率と関連するかどうかをくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月18日

衝撃報告!脳卒中再発予防薬の服用、副作用のはざまで

2024  1月  シンガポール


脳卒中の再発は、初発の脳卒中よりも障害や死亡率が高い。

しかし、脳卒中二次予防薬の服薬順守(アドヒアランス)は最適とはいえないことが報告されている。

そこで、急性脳梗塞後の降圧薬,抗血小板薬,スタチン系薬剤の服薬アドヒアランスを評価し,各薬剤別の非服薬行動に関連する因子をくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月17日

脳卒中後の隠れた敵:増加する無気力とうつの関係!

2024  1月  イギリス


無気力(アパシー)は脳卒中後の最も一般的な症状の一つであり、しばしば機能的転帰の悪化や生活の質(QoL)の低下と関連している。

アパシー症状の軌跡はこれまでにも報告されており、様々な軌跡が確認されている。

そこで、脳卒中の急性期から1年後までのアパシー症状のグループ間および個人間の変化をくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月16日

AI革命!ChatGPTによる脳卒中治療、新時代の幕開け

2024  1月  アメリカ


人工知能(AI)は医療において有望なツールとなっている。

大規模言語モデルAIチャットボットであるChatGPTは、臨床支援に期待されている。

そこで、脳卒中患者における機械的血栓除去術の臨床推論ツールとしてのChatGPTの可能性をくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月15日

ビタミンDサプリメントの限界!高齢者の脳卒中予防への真実

2024  1月  スイス


高齢者の脳卒中など心血管疾患予防における非薬物的介入の効果は、依然として不明である。

そこで、サプリメント2000IU/日のビタミンD3、オメガ3脂肪酸(1g/日)、および簡単な自宅での筋力運動プログラム(SHEP)(3×/週)が、3年間の脂質バイオマーカーの血漿変化、高血圧の発症、主要心血管イベント(MACE:脳卒中、冠動脈疾患、心不全)に及ぼす影響をくわしくしらべてみたそうな。

2024年1月14日

幹細胞治療の新時代!脳卒中に光をもたらす最新研究

2024  1月  オーストラリア


脳梗塞は、身体障害と死亡の主要な原因である。

現在の治療法は時間的制約や合併症リスクがおおきい。

幹細胞治療は、損傷を緩和し機能を回復させる有効な治療法として注目されている。

様々なタイプの幹細胞が脳梗塞治療に試験されており、これには造血幹細胞、脂肪由来の間葉系幹細胞、骨髄由来の単核細胞や間葉系幹細胞、歯髄幹細胞、神経幹細胞、誘導多能性幹細胞(iPSC)由来の神経幹細胞などが含まれる。

そこで、早期の脳梗塞に対する幹細胞治療に関する文献を系統的にレビューしてみたそうな。

2024年1月13日

脳卒中治療にゲームの力!「マリオパーティー」が不安を

2024  1月  スペイン


脳卒中後1年での、不安の有病率は29%、うつは33%という。

不安のある患者は、退屈、フラストレーション、心配、絶望、罪悪感などの感情を持つ。低レベルの不安は問題や心配として表現され、高レベルの不安はパニックや恐怖といったストレスとして身体的に現れる。

うつの特徴は、悲観、絶望、睡眠障害、劣等感であり、これらの特徴はリハビリテーション期間に影響を及ぼす。

不安やうつへの補助療法としてのバーチャルリアリティの有効性についてはコンセンサスが得られていないので試験したそうな。
ブログランキング・にほんブログ村へ pv

過去7日間の人気記事10

回復と予防のヒント100記事(2017年1月までのぶん)

脳卒中を見逃さない BE-FAST とは
玉子のコレステロールで血管詰まる説はなんだったのか?
緑茶を飲めば慢性期でも脳が再生するという根拠について
2度めの脳卒中で可塑性が再び高まる可能性について
高齢の脳卒中患者へのリハビリは無駄なの?
人生に目的を持つ高齢者の脳には梗塞が寄りつかないことが明らかに
目的をイメージしながら動作訓練すると脳がより広く鍛えられることが明らかに
脳卒中予防には歩く時間が大切 距離やスピードじゃなくてジ・カ・ン
日本人が脳卒中で死なないための生活習慣が判明
水をたくさん飲むと脳卒中にならない、はホントだった

口の中が汚いと脳内出血になるという根拠について
脳梗塞と脳出血を同時に防ぐ肥満度BMIがわかった
脳卒中を防ぐミルクとチーズの量が明らかに
片麻痺の立ち上がり訓練 効果的なやり方
脳卒中は脳機能8年間分の老化に相当することが明らかに!
高血圧の脳卒中予防には葉酸サプリメントが効くことが判明
[ ナッツ vs. 豆 ] 脳卒中予防に適しているのはどちら
触覚刺激で脳がすぐに回復し その効果が10年以上続く可能性について
脳が再生する運動強度がわかった
緑茶とコーヒーを飲むと相互作用で脳出血リスクが3割減ることが判明

脳卒中で復職可能な年数がわかった
ランセット誌:塩分減らすとかえって脳卒中になる
オナニーがきっかけで脳出血になる割合
手の痙縮を解く低周波治療器の効果的使用法が判明!
睡眠8時間を超える人は問答無用で脳卒中リスク46%増し
カップラーメンを週2回以上食べる女性が脳卒中になりやすい理由について
怒りと脳卒中との関連が明らかに
難しい理屈はいいからスクワットをやれ
1日に6000歩以上で脳卒中の再発予防になることを日本の研究者が解明
脳出血で損傷した脳が勝手に再生する可能性について

脳卒中患者がネットを使いこなす理由
若年脳卒中患者は脳の老化が10-20年進んでいた
マルチビタミンの脳卒中予防効果は〇〇年後に現れる
最新の音楽療法 バイノウラルビート (Binaural Beat)
脳卒中になりやすい労働時間がわかった ランセット誌
脳卒中が軽症だからって運転させていいの?
健康のために毎日いっしょけんめい運動するとかえって脳卒中になりやすいことが100万人の調査で明らかに
足をクロスしていたら半側空間無視 確定か?
療法士さんよりもビデオゲームの方が優れていると判明!
両手準備運動をすると脳が刺激されて上肢リハビリが加速することが判明!

心を改め運動を始めるだけで脳の可塑性は復活する
知らない音楽を聴くと脳が広く活動して新しい回路が、
なんとか復職しても仕事は続けられるのだろうか?
NEJM誌:脳卒中で死なない血圧は120未満だからね
脳卒中の言語障害はウェルニッケやブローカのせいではなかった!
手の指を繰り返し動かしてあげても脳への影響はゼロ
片足立ち20秒未満 →小さな脳梗塞や脳出血の可能性高!
[住みやすい国] 日本の脳卒中と自殺との関連について
再発予防のために血圧を120以下にすると長生きできない
【いますぐ実践】片鼻呼吸法で失語症が改善することが明らかに

悪玉善玉比L/Hが低いと脳内出血で死ぬことが明らかに
鼻炎のメリット→脳梗塞予防効果
脳卒中 幹細胞治療のダークサイドについて
ランセット誌:握力よわくなったら脳卒中が近いと知りなさい
だいたい5年後に脳卒中経験者が悩んでいること
ハゲを治そうとして脳卒中になってしまった日本人2例
退院したての元患者が感じていること
麻痺側の触覚を刺激し続けると梗塞を最小限にできる可能性について
脳卒中経験者は自動車運転をナメきっていることが判明
減塩に真面目な人ほど脳卒中で死亡するという事実

納豆を食べると脳卒中で死なない 2万9千人調査
NEJM誌:幹細胞ツアーに参加したら癌ができた
脳梗塞から脳出血へ コレステロールとの関連が明らかに
脳出血で死なないための睡眠時間が判明!
音楽サポート療法の「音楽」はほんとうに必要なのか?
患者に毎日好きな音楽を聴かせたところ、脳に構造改革が起きた模様
感情失禁になる患者の割合について
脳の可塑性のおかげで2年経っても運動機能が回復することが判明
【悲報】脳卒中後、杖を使い続けると麻痺していない手まで動かなくなる
血圧が高いひとは、他人の気持ちがわからない

生活習慣を改めれば脳卒中の再発は防げるの?
カニ歩きと後ろ歩き 片麻痺リハビリに効果的なのは、、
鍼治療の「得気」は小脳のはたらきだった
脳梗塞実績No.1漢方薬 → ほようかんごとう
閉じ込め症候群の患者にあえて生活の質を問うてみた結果、、
砂糖の代わりに甘味料を使うと脳梗塞がさらにひどくなることが判明
ダメージを負った脳組織が勝手に再生する仕組みが明らかに
指ストレッチはいいらしいから さっそくこのビデオで実践することにした
【肥満パラドックス】脳梗塞で長生きするBMIが判明
リハビリの合間のお昼寝は大切 → 訓練がはかどるゾ

刺激豊富な環境で脳梗塞が治る理由
猫を飼う女性は脳卒中で死なないことが判明!
美容院で脳卒中になる女性が続出!
「ストレスが原因」と語る脳卒中患者ほど実はなにもわかっていない
傷ついた脳に効くBDNFが増えるサプリメントが明らかに
運転リハビリに良さそうなおすすめドライブゲーム
【アロマテラピー】ラベンダーの香りが脳梗塞にすごく効く
脳卒中後の疲労感は 只の疲労とはわけが違う
脳卒中がきっかけでホモになることがあるらしい
ダイエットコーラを毎日飲むと脳卒中になることが判明

高コレステロールに朗報 葉酸サプリの脳卒中予防効果
BDNFが7年かけて脳を修復してくれるという根拠について
朝ごはんを食べない日本人は脳内出血になることが判明!
脳卒中予防に最適なビタミンBサプリメントの組み合わせがわかった!
脳卒中経験者の血圧を十分に下げたら死亡者が続出した
痙縮が治る ただの風呂と温泉を比較した
歩きスマホが脳卒中患者のリハビリに適しているという根拠について
磁気嵐が脳卒中を引き起こす と判明!
リハビリは動かせばイイってもんじゃぁない. 本人がやる気になるまで待て.
『足首を鍛えたいのに麻痺して動かないの』→『もう一方の足を鍛えなさい』