2019年11月15日

脳動脈瘤の左右と梗塞の起きる側


Does aneurysm side influence the infarction side and patients´ outcome after subarachnoid hemorrhage?
2019  11月  ドイツ

脳動脈瘤の位置でくも膜下出血患者の予後に違いがあるとする報告がさいきんあった。

くも膜下出血のあとに起きる脳梗塞が優位脳側であるかによっても回復度が変わるとする報告もある。

そこで、脳動脈瘤の位置の左右の違いが続く梗塞や回復度に影響するものかくわしくしらべてみたそうな。



くも膜下出血患者のうち、正中にある脳底動脈瘤や前交通動脈瘤の例を除いた509人(右側の瘤284人、左225人)の記録を解析したところ、



次のことがわかった。

・脳動脈瘤の左と右のグループ間でくも膜下出血の回復度に差はみられなかった。

・しかし瘤の左右の違いは遅発性の脳梗塞が起きる側とほぼ一致していた。

・とくに左の脳動脈瘤は優位脳である左脳へ梗塞をもたらし、回復不良の予測因子でもあった。

脳動脈瘤の左右の位置の違いはくも膜下の予後には影響しなかった。しかし遅発性の脳梗塞がおきる場合の左右の側と一致していた、



というおはなし。

図:脳動脈瘤のサイドと遅発性脳梗塞



感想:

うえの表みると約30%に脳梗塞がおきて、そのうち破裂瘤と左右反対側に梗塞がおきるケースが12%くらいあるんやね。

2019年11月14日

50万人が証明した「緑茶」の脳卒中予防効果


Tea consumption and risk of stroke in Chinese adults- a prospective cohort study of 0.5 million men and women
2019  11月  中国

1989年にお茶の脳卒中予防効果が報告されて以来、数多くの研究がなされてきた。

実験的エビデンスではお茶にふくまれるポリフェノールの動脈硬化を抑え 炎症を防ぐ効果が脳卒中予防に良いと考えられている。

しかし住民ベースの研究ではお茶の脳卒中予防効果を確認できたものとそうでないものが混在し、いまだ結論に至っていない。

中国は世界でもっとも茶の消費がおおい国ながら脳卒中との関連についての大規模調査がまだないのでやってみたそうな。



中国のおよそ50万人の男女が参加するカドーリバイオバンクのデータから茶の摂取量、頻度、期間を抽出し、脳卒中の発生との関連を解析したところ、



次のことがわかった。

・26.3%がほぼ毎日茶を飲んでいた。そのうち86.7%は緑茶だった。

・茶の摂取量と脳卒中リスクは逆相関の用量関係にあった。

・茶を飲まない者にくらべ、たまに飲む、毎週飲む、毎日飲む、者の脳卒中リスクはそれぞれ、0.96、0.94、0.92 倍で、脳卒中の種類によって若干異なった。

・毎日飲む者では、その期間が長いほど、たくさん飲むほど脳卒中リスクは低かった。

・これらの関連は緑茶でいちじるしく、他の種類の茶ではあきらかでなかった。

緑茶をたくさん飲んでいる者の脳梗塞および脳出血リスクはあきらかに低かった、



というおはなし。

図:緑茶の脳卒中予防効果



感想:

毎朝 抹茶溶いて飲んでる。脳卒中のあとにもいいんやで。↓
緑茶と紅茶の神経保護効果

緑茶が脳卒中の記憶障害を防ぐ

緑茶を飲めば慢性期でも脳が再生するという根拠について

2019年11月13日

連続シータバースト刺激が脳を護る仕組み


Phasic GABA signaling mediates the protective effects of cTBS against cerebral ischemia in mice
2019  11月  中国

脳卒中の慢性期ではシナプス結合の再編が重要で、これには神経伝達物質が関与する。

脳虚血を起こすとグルタミン酸作動性のシグナリングが増加し、興奮毒性から神経細胞が死滅する。

神経伝達物質であるGABA(Gamma-Amino butyric acid)はこの興奮毒性を抑え神経保護をもたらすと考えられている。

いっぽう、経頭蓋磁気刺激(TMS)の一種である cTBS(連続シータバースト刺激)にはシナプスの長期抑制効果が確認され脳卒中の回復に期待されている。

このメカニズムをあきらかにするべくGABA抑制の点からくわしくしらべてみたそうな。



人為的に脳梗塞をおこしたネズミの後頭頂葉へ5HzのcTBSを30日間与えた。

GABAの影響をしらべるために受容体阻害薬のビククリン(Bicuculline)を用いた。
空間認知能力はモリス水迷路テストでしらべた。



次のようになった。

・錐体ニューロン間のGABAはcTBSに反応した。グルタミン酸作動性の興奮は変わらなかった。

・cTBSは持続性(tonic)ではない律動的(phasic)抑制効果をもたらした。

・GABA受容体を介した律動的抑制は脳卒中の慢性期に高まり回復を促した。

・cTBSによりもたらされた律動的抑制効果は空間認知能力も改善した。

cTBSは律動的GABAシグナリング抑制をもたらし脳卒中後の機能回復をうながした、


というおはなし。

図:空有間認知cTBS GABA



感想:

いまいちよくわからないけど
バーストものには縁があるので勉強してみた。

[シータバースト]関連記事

メモ:
Combining Theta Burst Stimulation With Training After Subcortical Stroke

2019年11月12日

nature.com:軽い脳卒中なのにうつ アパシー


Depression and Apathy After Transient Ischemic Attack or Minor Stroke- Prevalence, Evolution and Predictors
2019  11月  スペイン

脳卒中後のうつ(post-stroke depression:PSD)は29-33%にみられ予後不良の要因になるという。

いっぽう脳卒中後のアパシー(post-stroke apathy:PSA)は脳卒中患者の3人に1人またはPSD患者の40%にみられるというわりには注目されることがすくない。

これらの調査ではおおくのばあいTIAや軽い脳卒中の患者は除外されてきた。

そこでTIAや軽い脳卒中でのPSD,PSAの有病率とその経過、画像診断上の特徴についてくわしくしらべてみたそうな。



NIHSSスコア4以下のTIAまたは脳卒中の患者82人についてうつとアパシーの程度を12ヶ月間フォローした。
発症時に撮影したMRIの特徴との関連を解析したところ、



次のことがわかった。

・10日時点で、PSDは43.9%、PSAは34.1%にみられた。

・12ヶ月後、PSDは8.6%、PSAは35.7%にみられた。

・大脳基底核の損傷、脳室周囲の白質病変はPSAに関連し、

・深部の白質病変はPSDに関連していた。

TIAや軽い脳卒中であっても うつやアパシーの合併症の頻度は高く、とくにアパシーは長く続いていた、


というおはなし。

図:軽い脳卒中後のアパシー



感想:

経験的にも、アパシー(無気力、無関心)はながく続いている。

あたまのはたらきに余裕がないせいで こころの底から関心のあるものにしか取り組むことができなくて、義理や世間体を気にしておこなうべきアクションをスルーしてしまう状態が無気力や無関心に見えるのかな、、、と思っている。

2019年11月11日

口の中いっぱいの大腸菌!レンサ球菌!


The association between oral bacteria, the cough reflex and pneumonia in patients with acute stroke and suspected dysphagia
2019  11月  ニュージーランド

脳卒中で嚥下機能に問題をかかえると食事回数、唾液分泌、歯磨き機会の減少により口腔内や上気道に細菌が繁殖するようになる。

これが誤嚥性肺炎の原因になると考えられている。じっさい彼らへの口腔衛生指導により肺炎率や咳反射感受性が改善したという報告もある。

誤嚥性肺炎の原因菌はおもに、緑色連鎖球菌、肺炎連鎖球菌、黄色ブドウ球菌、肺炎桿菌、大腸菌、緑膿菌、の6種類が知られている。

そこで、急性脳卒中での口腔内の細菌の種類と量、肺炎率と咳反射感受性との関連をくわしくしらべてみたそうな。



脳卒中で入院して嚥下障害が疑われる患者102人について、入院時、退院時、1ヶ月後に唾液サンプルをとりPCRで細菌の種類ごとに定量分析、また咳反射感受性を測定し 肺炎の発生との関連を解析したところ、



次のようになった。

・口腔内細菌レベルは入院時にもっとも低く、退院時にはやや増加した。

・1ヶ月後までには入退院時にくらべ桁違いにおおきな増加がみられた。

・緑膿菌と肺炎桿菌、大腸菌は健常者からは検出されないが、入院中の患者の22%にこれらが確認された。

・1ヶ月後の細菌レベルと肺炎率に関連が見られたが、咳反射感受性との関連は確認できなかった。

脳卒中患者の口のなかには呼吸器感染症のもとになる細菌がおおいに増殖していた。1ヶ月後の細菌レベルが肺炎リスクと関連があった、


というおはなし。
図:連鎖球菌レベル


感想:

しばらく歯磨きできなかったときのガムの差し入れがありがたかった思い出。

2019年11月10日

安全運転に必要な「握り」能力


Impaired force control contributes to car steering dysfunction in chronic stroke
2019  11月  アメリカ

脳卒中経験者の自動車運転については視覚や認知機能をしらべたものがおおい。

ハンドル操作をおこなう上肢の運動機能についての調査はほとんどない。

そこで握力とその変動性および運転能力との関連をくわしくしらべてみたそうな。



慢性期脳卒中患者12人と健常者12人について、

最大握力と、
握力の変動性:スクリーンに表示される台形の軌跡に沿って握力をコントロールする課題でのブレの大きさ、
車線逸脱度:ドライブシミュレーションで車線からそれてしまう程度、を

それぞれ麻痺手、健常手のみで測定して関連を解析したところ、



次のようになった。

・麻痺手では健常者の非利き手にくらべても最大握力が低く、握力変動性が高く、車線逸脱度もおおきかった。

・麻痺手の握力変動性はあきらかに車線逸脱度と関連し、最大握力の関連はみられなかった。

麻痺手のハンドル操作能力は低下していた。最大握力ではなく握力コントロール能力がハンドル操作の正確さにつよく関連していた、


というおはなし。

図:脳卒中のステアリング操作



感想:

これは共感する。

左腕の感覚が非常に鈍いため握力コントロールができずいまだ食材を握りつぶすことがすくなくない。そのせいか左の片手運転は直進時のみ数秒間しか安定しない。

2019年11月9日

Neurology誌:脳梗塞のあとの頭痛


Headache after ischemic stroke- A systematic review and meta-analysis
2019  11月  アメリカ

脳卒中後の頭痛はおおくのばあい慢性疼痛の1つとして過小評価され見逃されている。

頭痛は静脈洞の血栓や頸動脈の乖離、脳血管収縮などを反映していると考えられる。
また前兆付き片頭痛があると脳梗塞リスク2倍という事実もある。

いっぽう脳梗塞のあとに新たに発生する持続性の頭痛と脳卒中との関連についてはほとんど報告がないのでこれまでの研究のメタアナリシスでしてしらべてみたそうな。



関係する研究を厳選してデータを統合 再解析したところ、



次のことがわかった。

・50の研究がみつかりシステマティックレビューし、そのうち20をメタアナリシスした。

・脳梗塞後の頭痛は6-44%に見られた。ほとんどは緊張型で、中-重度の痛みで長く続いていた。

・脳梗塞後の頭痛の有病率は地域や各国の人間開発指数(寿命、教育、所得などできまる)とあきらかな関連があった。

・その有病率はヨーロッパ22%、北アメリカ15%が高く、中東やアジアは8%と低かった。

・後方循環系の脳梗塞、女性、で頭痛がおきやすかった。

脳梗塞あとすぐに始まる頭痛はめずらしくなく長く続いていた、


というおはなし。

図:



感想:

脳内出血のとき想像していたような頭痛がなかった思い出。

くも膜下出血の激しい頭痛は、どこの痛覚を刺激しているんだ?

2019年11月8日

体重支持トレッドミルやロボット歩行 やる意味ない


Clinical non-superiority of technology-assisted gait training with body weight support in patients with subacute stroke- A meta-analysis
2019  10月  台湾

脳卒中の歩行リハビリではできるだけたくさんの歩数を経験させることが効果的であると信じられている。

歩数を増やすための技術支援歩行訓練(technology-assisted gait training)がおおく生み出され、たとえば体重支持つきトレッドミルや それにロボットを組み合わせたものがある。

これらの技術支援歩行訓練は従来の地上歩行訓練にくらべセッションあたり5倍以上の歩数をかせぐことができるという。

そこでこれら技術支援をもちいた高強度歩行訓練の成果をメタアナリシスしてみたそうな。



発症から6ヶ月以内の脳卒中患者を対象とした関係論文を厳選してデータを統合 再解析した。

体重支持のない外骨格タイプのロボット(Ekso, HALなど)は転倒危険性が高いので除外した。



次のことがわかった。

・被験者1452人をふくむ14のロボット支援研究と10の体重支持トレッドミルの研究がみつかった。

・地上歩行訓練とくらべて技術支援歩行訓練には、運動機能障害の回復、移動能力、持久力、バランス、日常生活動作、いずれについても有意な平均値差はみられなかった。

・これは体重支持トレッドミルやロボット支援別に限定しても同様だった。

・また患者のもとの歩行能力や訓練時期を3ヶ月以内にしぼっても同様に有意な差は見られなかった。

体重支持つきの技術支援歩行訓練は地上歩行訓練にくらべすぐれているわけではなかった。繰り返し回数を増やすこと以外の戦略が求められている、


というおはなし。
図:体重支持トレッドミル



感想:

じっさいロボットリハビリは上肢もふくめていまのところ「まともな成果」はない↓。
ランセット誌:ロボット上肢リハビリ まったく効果ない

HALリハビリ 期待外れだった

2019年11月7日

Stroke誌:脂質と脳梗塞 脳出血


Association of Lipids With Ischemic and Hemorrhagic Stroke
2019  10月  中国

中国では依然として脳卒中が死亡原因の1位をしめている。

改善可能なリスク要因の1つとして総コレステロールについての報告がいくつかあるがそのほかの脂質であるLDLコレステロールやHDLコレステロール、中性脂肪についての報告はおおくない。

そこで脂質と脳卒中の種類別の関連を大規模にしらべてみたそうな。



中国人267500人を6-19年間フォローして脂質と脳卒中との関連を解析したところ、



次のことがわかった。

・この間に8072の脳卒中があった。

・総コレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪が高くなるほど脳梗塞リスクも高くなった。

・総コレステロールが120mg/dLを下回ると脳出血リスクがあきらかに高かった。

・HDLコレステロールは50mg/dLを下回ると脳梗塞と脳出血いずれのリスクも高くなった。

・脳出血リスクとLDLコレステロールおよび中性脂肪との関連は確認できなかった。

脳梗塞リスクは総コレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪が上がるほど高くなり、脳出血は総コレステロールが120mg/dLを下回ると高かったが、LDLコレステロールや中性脂肪との関連はなかった。HDLコレステロールは50mg/dLを下回ると脳梗塞と脳出血のリスクが高かった、



というおはなし。

図:総コレステロールと脳出血リスク



感想:

脳出血的にはLDLコレステロールは70mg/dLを下回ってはいけないとおもっていたよ↓。
脳内出血にならないLDLコレステロール値

コレステロールと中性脂肪を下げてはいけない理由

2019年11月6日

経鼻栄養3年からの解放「半夏厚朴湯」のおかげ


Traditional Chinese therapy initiates oral feeding in a stroked woman after three years of nasogastric tube feeding
2019  9月  日本

アジアでは経鼻栄養は脳卒中後の嚥下障害患者によく使われる。しかし経鼻栄養には身体拘束がともない患者にとっておおきなストレスになる。

漢方薬である 半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ:Banxia Houpu Tang)には嚥下や咳反射を改善する効果が報告されている。

長期に経鼻栄養だった患者に半夏厚朴湯をあたえたところ口から食べられるようになった事例があったそうな。


・96歳女性が脳卒中後の嚥下障害により経鼻栄養が3年間つづいていた。

・認知症でありチューブを外してしまわぬよう手袋を着けられていた。

・嚥下反射惹起時間は9.5秒で、誤飲による肺炎のリスクが考えられた。

・唾液嚥下テストでも同様だった。

・半夏厚朴湯をチューブ経由で4週間あたえたところ、

・嚥下反射惹起時間が3.5秒になり、唾液嚥下テストも改善した。

・そこで経口栄養を開始し、経鼻栄養と手袋はまったく必要なくなった。

半夏厚朴湯のおかげで長期の経鼻栄養から解放できたのかも、、


というおはなし。

図:経鼻栄養からの回復



感想:

半夏厚朴湯はじめて知った。
ツムラ漢方半夏厚朴湯エキス顆粒

漢方頻用処方解説 半夏厚朴湯(pdf)

2019年11月5日

Stroke誌:脳卒中のあと座って過ごす3つのパターン


Movement Behavior Patterns in People With First-Ever Stroke
2019  10月  オランダ

十分な身体活動には脳卒中と再発のリスクを下げる効果がある。

ガイドラインでは週に150分の中高強度の運動が必要とされている。
しかし脳卒中経験者でこの基準を超えている者は17%に過ぎず、おおくは半分のレベルにも達していない。

脳卒中経験者は目覚めている時間の63-87%を座って過ごすという。

じゅうぶんな身体活動量があったとしても座っている時間が長いと死亡率が高いとする報告もある。

そこで、脳卒中経験者の身体活動量と座っている時間のパターンをくわしくしらべてみたそうな。



脳卒中から自宅に退院した190人について加速度計を2週間装着させて活動状況を調べたところ、



次のことがわかった。

・ぜんたいてきに1日あたり、目覚めているあいだの9.3時間を座った姿勢、3.8時間は軽い運動、0.6時間を中高強度運動にあてていた。

・活動パターンと特徴は3種類に分けることができて、その内訳は、

1)座り活動家(sedentary exercisers)22.6%:若い、喫煙しない、軽い飲酒、座り時間が長くとも活動量はじゅうぶん。

2)座り自信家(sedentary movers)45.8%:重症ではない脳卒中で、運動機能は低く活動量は足らない、自己効力感が高い者がおおい。

3)座ったっぱなし(sedentary prolongers)31.6%:重度脳卒中で喫煙量多く、ほぼ全員で自己効力感が低い。

脳卒中経験者のほとんどは不活発で座った姿勢で過ごしていた。彼らの活動パターンは3種に分類できた、


というおはなし。

図:脳卒中後の sedentary 3種類



感想:

連続座り時間が長いとヤバイといいたげなんだけど、
じつはそうでもない↓。
毎日何時間座っていると脳卒中になるの?

2019年11月4日

「喫煙パラドックス」はなかった


"Smoking paradox" is not true in patients with ischemic stroke- a systematic review and meta-analysis
2019  10月  中国

喫煙は脳梗塞のリスク要因であり、喫煙歴だけでもネガティブな影響があるという。

さいきん喫煙者の血栓溶解治療成績が良好であるとする 「喫煙パラドックス」 "smoker's paradox" についての報告が数おおくなされている。
いっぽうそれを否定する研究者もいる。

そこで喫煙が脳梗塞の予後にあたえる影響をしらべるべくメタアナリシスをこころみたそうな。


2019年2月までの関係する研究を厳選してデータを統合 再解析したところ、



次のことがわかった。

・21の研究がみつかった。

・予後不良になるオッズ比は0.96で、喫煙は脳梗塞予後になんのインパクトもなかった。

・脳梗塞の発症年齢の平均差は-10.05で、喫煙者は非喫煙者よりも10年早く脳梗塞になっていた。

喫煙に脳梗塞の予後を保護する効果はみられなかった。喫煙者が若くして脳梗塞を発症していることが喫煙パラドックスの理由かも、、


というおはなし。

図:喫煙パラドックス


感想:

虚血コンディショニング効果もあるかも。↓
脳梗塞の血管内治療と喫煙パラドックス

タバコのおかげで脳梗塞で死なずに済んだ患者が続出 [喫煙パラドックス]

2019年11月3日

喫煙でくも膜下出血になる理由


Blood cadmium concentration and risk of subarachnoid haemorrhage
2019  10月  スウェーデン

カドミウムは毒性のたかい金属で 穀物や米 たばこから体内に取り込まれる。

カドミウムは体外への排出に数十年を要し 血管壁におおく蓄積する。さらにコラーゲンの形成をさまたげ血管平滑筋細胞を減少させる。

さいきん、未破裂脳動脈瘤がみつかった者の血中カドミウム濃度が高いという報告があった。

そこでくも膜下出血と血中カドミウムとの関連をくわしくしらべてみたそうな。



28449人についてくも膜下出血の発生を10年ほどフォローして、発症時の血液サンプルからのカドミウム濃度をしらべ、関連を解析したところ、



次のようになった。

・93人がくも膜下出血になった。

・血中カドミウム濃度が高かったグループのくも膜下出血リスクはあきらかに高かった。(オッズ比 3.2)

・しかし喫煙歴を考慮にいれるとこの関連は有意なほどではなくなった。

血中カドミウム濃度はくも膜下出血リスクと関連があったが ほとんど喫煙で説明がついた。たばこにふくまれるカドミウムがくも膜下出血の原因物質であるか についてはさらなる研究が必要、


というおはなし。

図:喫煙とカドミウム



感想:

これ↓おもいだした。
無煙タバコと脳卒中

2019年11月2日

5年間の復職曲線


Return to work after stroke- A Swedish nationwide registry-based study
2019  10月  スウェーデン

労働可能年齢層の5人に1人は脳卒中を経験するという。かれらにとって復職はおおきなテーマである。

復職の関連要因についてこれまでの研究はばらつきがおおきい。復職率は10-70%の幅がありフォロー年数は短く 自己申告による調査がおおい。

そこで脳卒中後の復職可能期間と復職意志をふくむ関連要因について大規模にしらべてみたそうな。



スウェーデンの脳卒中患者データベースから2011年の18-58歳の1695人について、
復職の有無を傷病手当金の支給状況から推測して5年後までフォローし、
他の要因との関連を解析したところ、



次のことがわかった。

・復職率は、3ヶ月以内50%、70%が1年以内、80%は2年以内で、85%にたっするまで復職は続いた。

・復職をうながす要因として、男性、脳梗塞、大学までの教育歴、があり、

・復職の障害要因は、発症時の意識障害、年齢が高い、だった。

・1年後での「復職の意志」がある者の5年間の復職成功のオッズ比は3倍だった。

復職事例は脳卒中のあと5年近くつづいていた。復職する意志をもっていることが重要だった、


というおはなし。

図:脳卒中からの復職カーブ



感想:

復職の意志はたいせつ。

仕事を辞める理由をさがしていたタイミングでの脳内出血だったので、好機ととらえ1度も会社に顔を出さず速攻で退職した思い出。

2019年11月1日

発語失行の動作観察療法


The Effectiveness of Action Observation Therapy Based on Mirror Neuron Theory in Chinese Patients with Apraxia of Speech after Stroke
2019  10月  中国

脳卒中後の慢性期ではなんらかの失語症が25-50%にみられるという。

そのなかで発語失行(apraxia of speech)は発語運動のプランニング障害で韻律に異常がみられ、有効な治療法がほとんどない。

ミラーニューロンシステムにもとずく動作観察療法(action observation therapy)の失語症への応用はいくつか報告されているが発語失行についてはないので実験してみたそうな。



脳卒中のあと発語失行と診断された患者42人を2グループにわけた。

両グループともに通常の言語療法を4週間おこなった。

いっぽうのグループには言語療法の直前に動作観察療法を加えた。

動作観察療法では、日常生活動作に関連する単語30種類のビデオを10分間観る。
各ビデオは単語を発話する唇の動きと それに関連するジェスチャーを伴う内容になっている。



次のようになった。

・ Western Aphasia Batteryスコアと発語失行スコアは両グループともに改善した。

・しかし Boston Diagnostic Aphasia Examinationスコアは、動作観察療法グループがコントロールよりもあきらかにすぐれていた。

脳卒中後の発語失行患者への動作観察療法は効果がありそう、


というおはなし。

図:発語失行のBDAEスコア



感想:

これだね↓。
ミラーニューロンを使った失語症リハビリ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

過去30日間で人気の記事ベスト10