2023年6月30日

日本の救急現場:脳卒中の脅威

2023  6月  日本


救急外来を訪れる全患者の5-10%には意識障害がある。

重篤な意識障害では病歴の聴取や診察が困難である。

とくに脳卒中は治療の遅れが予後の悪化につながるので早期の鑑別が必要である。

そこで、病院前段階での重度の意識障害の原因としての脳卒中と鑑別指標についてくわしくしらべてみたそうな。

2023年6月29日

軽症脳卒中に DAPT対血栓溶解療法

2023  6月  中国


血栓溶解療法は軽症の脳卒中患者にもますます使用されるようになってきているが、軽症かつなんの障害もない脳卒中患者への有用性はあきらかでない。

そこで、非障害の軽症脳卒中患者への二重抗血小板療法(DAPT)が静脈内血栓溶解療法に劣らないかどうかをくわしくしらべてみたそうな。

2023年6月28日

脳卒中と腸内細菌叢:20年の研究から見えた真実

2023  6月  中国


脳卒中と腸内細菌叢との関係について、過去20年間の研究から、キーワード、注目のテーマ、今後の動向についてレビューしてみたそうな。

2023年6月27日

奇跡のリハビリ:麻痺のない足が麻痺した足を救う!

2023  6月  アメリカ


クロスエデュケーションは、左右いずれかの肢の筋力や技能トレーニングがもういっぽうの肢にも向上効果をもたらす現象であり健常者でよく研究されている。

また、運動トレーニングのまえに準備運動(プライミング)をおこなうことで、運動皮質興奮性が高まりその後のトレーニング効果が向上することがわかっている。

脳卒中におけるプライミング研究のおおくは「大脳半球間競合モデル」に基づいており、病側M1(一次運動野)を促進し、非病側M1を抑制することを目指す。

とくにクロスエデュケーションに伴うこれらM1の変化はクロスアクティベーション(cross-activation)とも呼ばれている。

そこで、重度脳卒中患者での非麻痺側下肢の訓練が麻痺側下肢の筋力や反応時間、脳皮質の興奮性にどのような影響を与えるものか、くわしくしらべてみたそうな。

2023年6月26日

2023年6月25日

2023年6月24日

病院での脳卒中の隠れた危機

2023  6月  スウェーデン


なんらかの理由で入院中の患者に発生した脳血管障害を、院内脳卒中と呼ぶ。

院内脳卒中は、すべての脳卒中の2.2-16.6%を占めるとされているが、

その原因として先行する侵襲的手技についての研究はほとんどないので、くわしくしらべてみたそうな。

2023年6月23日

脳梗塞の予後:最適な降圧薬の種類は

2023  6月  中国


脳梗塞患者の血圧と機能的転帰との関連が報告されているが、これが因果関係によるものかはわかっていないので、

メンデルランダム化解析をこころみるとともに、降圧薬の種類との関連もくわしくしらべてみたそうな。

2023年6月22日

運動イメージ訓練と両側性転移の秘密を解き明かす

2023  6月  アメリカ


両側性転移(Bilateral transfer)はクロスエデュケーションともよばれ、訓練した手足から未訓練の手足に運動活動パフォーマンスが移り向上することを指す。

1858年に研究がはじまりおおくの検討がなされてきた。

そこで、両側性転移を誘発する運動イメージ訓練の効果をあきらかにするべくメタアナリシスをこころみたそうな。

2023年6月21日

血栓除去後の脳:急性期の認知障害

2023  6月  イタリア


中大脳動脈閉塞にたいする機械的血栓除去術をおこなうと,大脳基底核の梗塞が検出されることがある.

これらの患者の機能的転帰は良好であることが多いが、認知的転帰についてはあまり知られていないので、くわしくしらべてみたそうな。

2023年6月20日

脳卒中後の潜在的危険:5年後の疲労

2023  6月  スウェーデン


脳卒中の後遺症で見過ごされがちなのが「疲労」である。

脳卒中後疲労(PSF)は安静にしていても軽減されない慢性的な病的疲労と定義されている。

その有病率の報告は2年後39-72%と幅がある。

5年以上にわたる長期の研究はほとんどないので、予測因子もふくめてくわしくしらべてみたそうな。

2023年6月19日

怒りの遺伝子: 怒りっぽさが脳卒中リスクを倍増?

2023  5月  中国


観察研究では、怒りっぽさ(irritability)が脳卒中など心血管疾患のリスクを高めることが示唆されている。

しかし、因果関係はあきらかでないので、メンデルランダム化解析を用いて、怒りっぽさと心血管疾患リスクとの因果関係をくわしくしらべてみたそうな。

2023年6月18日

あなたの性格、脳卒中の原因かも!

2023  6月  フランス


脳卒中リスクを上昇させる因子の広範な研究がおこなわれているが、パーソナリティとの関連を検討したものはほとんどない。

そこで、6つの大規模研究データをもちいて、パーソナリティの5因子モデル(神経症傾向、外向性、開放性、調和性、誠実性)と脳卒中リスクとの関連をくわしくしらべてみたそうな。

2023年6月17日

脳動脈瘤:生か死か、あなたの選択

2023  6月  中国


破裂した脳動脈瘤を治療しないことについての理解は、研究デザインの難しさやデータの少なさによって制限されている。

とくに中国人くも膜下出血患者での多施設臨床研究は乏しいので、くわしくしらべてみたそうな。

2023年6月16日

遺伝子が明かすコーヒーと脳動脈瘤の隠れた危険

2023  6月  中国


いくつかの研究で、コーヒーやお茶の摂取量と頭蓋内動脈瘤(IA)との関連が示されているが、その結論は一貫していない。

そこで、因果関係をあきらかにするべく、遺伝的に予測されるコーヒー・お茶の摂取量と頭蓋内動脈瘤との関連についてメンデルランダム化解析をこころみたそうな。

2023年6月15日

認知機能、くも膜下出血の長期影響

2023  6月  オランダ


認知機能障害は、くも膜下出血(SAH)後によくあり日常生活に悪影響を及ぼす。

そこで、動脈瘤破裂によるくも膜下出血(aSAH)と、動脈瘤がみつからないアンギオ陰性くも膜下出血(anSAH)の患者に分けて、

くも膜下出血後の認知機能の長期経過と不安やうつ、認知機能への不満、職場復帰との関連をくわしくしらべてみたそうな。

2023年6月14日

脳梗塞と新たながん診断:予想外のリスク

2023  6月  スイス


新たにがんと診断された患者は、脳梗塞になるリスクが高いことがわかっている。

脳梗塞のあとあらたにがんと診断された患者と、あらかじめがんがあることがわかっていた脳梗塞患者とで、予後がどのように異なるのかはあきらかになっていないので、

それらがんの診断時期の違いと長期転帰および死亡率をくらべてみたそうな。

2023年6月13日

不眠と脳卒中リスク?眠れない夜の驚くべき事実!

2023  6月  アメリカ


不眠は、米国人口の3分の1以上に影響を及ぼす一般的な症状である。

しかし、不眠症状と脳卒中との関連は十分に研究されておらず、その根本的なメカニズムは不明なままである。

そこで、不眠症状と脳卒中発症率との関係をくわしくしらべてみたそうな。

2023年6月12日

血糖の揺れと脳梗塞再発の意外な結びつき

2023  6月  中国


グリセミックギャップ(Glycemic gap)は血糖値の急な変動のあたらしい指標として、さまざまな疾患の予後不良と関連している。

たとえば心筋梗塞では左室機能障害と関連し、脳内出血では予後不良と関連するという報告がある。

そこで、脳梗塞患者でのグリセミックギャップと長期の再発可能性との関連をくわしくしらべてみたそうな。

2023年6月11日

喫煙が脳梗塞の再発を招く?10年の追跡調査結果

2023  6月  中国


喫煙が脳梗塞の再発危険因子になるかどうかは、まだ解明されておらずエビデンスも乏しい。

いっぽう、喫煙している心筋梗塞患者では抗血小板薬クロピドグレルの反応性が向上する効果が観察されているが、

脳梗塞患者でもこのパラドックスがみられるかどうかはわかっていないので、くわしくしらべてみたそうな。

2023年6月10日

脳卒中リスクを家族歴から解き明かす!

2023  4月  ポーランド


ゲノムワイド関連研究によると脳卒中の遺伝率は38%と推定されている。

米国脳卒中学会のガイドラインでは、遺伝リスクの高い個人を特定する方法として第一度近親者(親、兄弟、子)に脳卒中を発症した者がいる場合を指す「家族歴」を参照することを勧めている。

そこで、脳卒中の一次予防、二次予防と家族歴との関連をくわしくしらべてみたそうな。

2023年6月9日

脳梗塞と五十肩:みえない繋がりを解明

2023  5月  中国


癒着性肩関節炎は2-5%の有病率で40-60歳の女性に多く見られ五十肩(frozen shoulder)とも呼ばれている。

さいきん、いくつかの研究で脳梗塞と五十肩の間に強い関連が示されている。

しかしその因果関係はあきらかになっていないのでメンデルランダム化解析をこころみたそうな。

2023年6月8日

微生物が描く脳卒中後うつの解消

2023  6月  中国


健康に有益な生きた微生物を摂取する「プロバイオティクス」はいくつかの精神関連疾患を改善することが示されているが、

脳卒中後うつとの関連はあきらかになっていないので実験してみたそうな。

2023年6月7日

DNAが語る:脳梗塞と微小脳出血の因果関係

2023  6月  中国


画像診断の進歩により、脳梗塞患者のおおくが微小脳出血をともなっていることがわかっている。

微小脳出血は、動脈や毛細血管からの赤血球の漏出によって生じる小型円形領域としてMRIで検出される。

これまで脳梗塞と微小脳出血との因果関係についてはあきらかになっていないので、メンデルランダム化解析をこころみたそうな。

2023年6月6日

ワクチン後の神経症状:危険因子との驚きの関連性

2023  6月  アメリカ


COVID-19パンデミックにより、ワクチン開発と規制当局の承認が加速し、おおくの人々が接種を受けるようになった。同時にその安全性監視の重要性が強調された。

ワクチンに関連した有害事象を監視するために、ワクチン接種後に特定の神経症状で入院した患者について関連する危険因子をくわしくしらべてみたそうな。

2023年6月5日

熱波・寒波:気温変動、脳卒中リスク増大への警鐘

2023  6月  中国


これまでの研究で、気温が脳卒中と関連することが示唆されているが結論に一貫性がない。

そこで、エビデンスをまとめるべくメタアナリシスをこころみたそうな。

2023年6月4日

孤独への帰還:脳卒中患者の一人暮らし復帰

2023  6月  日本


脳卒中患者の退院の際には、日常生活動作の能力に加えて、年齢、性別、家族構成、居住地域、社会リソースなどの要因が考慮される。

一人暮らしだった脳卒中患者が再び一人暮らしに復帰するための基準を社会的要因をふくめて日本人についてくわしくしらべてみたそうな。

2023年6月3日

くも膜下出血:手術は本当に必要?

2023  5月  スウェーデン


くも膜下出血は、発症後6時間以内であればCT検査でほぼ100%診断できる。

しかし、出血量がすくなかったり、発症から時間が経っていると、漏れた血液が脳脊髄液で希釈されCTに写らない場合がある。

このようなときは腰椎穿刺によって診断を確定し、その後血管病変を検出するためにアンギオ検査をおこなう。

そこで、腰椎穿刺によってのみ確認されたくも膜下出血の割合と危険因子、長期転帰についてくわしくしらべてみたそうな。

2023年6月2日

高齢患者の血圧管理:意外な副作用?

2023  5月  アメリカ


症状のない血圧上昇は高齢者におおい。

心臓が原因でない入院高齢患者について、血圧上昇への降圧薬治療の影響をくわしくしらべてみたそうな。

2023年6月1日

脳梗塞転帰:福岡研究が明らかにした体重の影響

2023  5月  日本


肥満度(BMI)が高いほど脳梗塞リスクが高いことはわかっている。

しかし、BMIが脳梗塞の転帰にどのように影響するかはあきらかになっていないので、福岡県民についてくわしくしらべてみたそうな。

過去7日間の人気記事10

回復と予防のヒント100記事(2017年1月までのぶん)

脳卒中を見逃さない BE-FAST とは
玉子のコレステロールで血管詰まる説はなんだったのか?
緑茶を飲めば慢性期でも脳が再生するという根拠について
2度めの脳卒中で可塑性が再び高まる可能性について
高齢の脳卒中患者へのリハビリは無駄なの?
人生に目的を持つ高齢者の脳には梗塞が寄りつかないことが明らかに
目的をイメージしながら動作訓練すると脳がより広く鍛えられることが明らかに
脳卒中予防には歩く時間が大切 距離やスピードじゃなくてジ・カ・ン
日本人が脳卒中で死なないための生活習慣が判明
水をたくさん飲むと脳卒中にならない、はホントだった

口の中が汚いと脳内出血になるという根拠について
脳梗塞と脳出血を同時に防ぐ肥満度BMIがわかった
脳卒中を防ぐミルクとチーズの量が明らかに
片麻痺の立ち上がり訓練 効果的なやり方
脳卒中は脳機能8年間分の老化に相当することが明らかに!
高血圧の脳卒中予防には葉酸サプリメントが効くことが判明
[ ナッツ vs. 豆 ] 脳卒中予防に適しているのはどちら
触覚刺激で脳がすぐに回復し その効果が10年以上続く可能性について
脳が再生する運動強度がわかった
緑茶とコーヒーを飲むと相互作用で脳出血リスクが3割減ることが判明

脳卒中で復職可能な年数がわかった
ランセット誌:塩分減らすとかえって脳卒中になる
オナニーがきっかけで脳出血になる割合
手の痙縮を解く低周波治療器の効果的使用法が判明!
睡眠8時間を超える人は問答無用で脳卒中リスク46%増し
カップラーメンを週2回以上食べる女性が脳卒中になりやすい理由について
怒りと脳卒中との関連が明らかに
難しい理屈はいいからスクワットをやれ
1日に6000歩以上で脳卒中の再発予防になることを日本の研究者が解明
脳出血で損傷した脳が勝手に再生する可能性について

脳卒中患者がネットを使いこなす理由
若年脳卒中患者は脳の老化が10-20年進んでいた
マルチビタミンの脳卒中予防効果は〇〇年後に現れる
最新の音楽療法 バイノウラルビート (Binaural Beat)
脳卒中になりやすい労働時間がわかった ランセット誌
脳卒中が軽症だからって運転させていいの?
健康のために毎日いっしょけんめい運動するとかえって脳卒中になりやすいことが100万人の調査で明らかに
足をクロスしていたら半側空間無視 確定か?
療法士さんよりもビデオゲームの方が優れていると判明!
両手準備運動をすると脳が刺激されて上肢リハビリが加速することが判明!

心を改め運動を始めるだけで脳の可塑性は復活する
知らない音楽を聴くと脳が広く活動して新しい回路が、
なんとか復職しても仕事は続けられるのだろうか?
NEJM誌:脳卒中で死なない血圧は120未満だからね
脳卒中の言語障害はウェルニッケやブローカのせいではなかった!
手の指を繰り返し動かしてあげても脳への影響はゼロ
片足立ち20秒未満 →小さな脳梗塞や脳出血の可能性高!
[住みやすい国] 日本の脳卒中と自殺との関連について
再発予防のために血圧を120以下にすると長生きできない
【いますぐ実践】片鼻呼吸法で失語症が改善することが明らかに

悪玉善玉比L/Hが低いと脳内出血で死ぬことが明らかに
鼻炎のメリット→脳梗塞予防効果
脳卒中 幹細胞治療のダークサイドについて
ランセット誌:握力よわくなったら脳卒中が近いと知りなさい
だいたい5年後に脳卒中経験者が悩んでいること
ハゲを治そうとして脳卒中になってしまった日本人2例
退院したての元患者が感じていること
麻痺側の触覚を刺激し続けると梗塞を最小限にできる可能性について
脳卒中経験者は自動車運転をナメきっていることが判明
減塩に真面目な人ほど脳卒中で死亡するという事実

納豆を食べると脳卒中で死なない 2万9千人調査
NEJM誌:幹細胞ツアーに参加したら癌ができた
脳梗塞から脳出血へ コレステロールとの関連が明らかに
脳出血で死なないための睡眠時間が判明!
音楽サポート療法の「音楽」はほんとうに必要なのか?
患者に毎日好きな音楽を聴かせたところ、脳に構造改革が起きた模様
感情失禁になる患者の割合について
脳の可塑性のおかげで2年経っても運動機能が回復することが判明
【悲報】脳卒中後、杖を使い続けると麻痺していない手まで動かなくなる
血圧が高いひとは、他人の気持ちがわからない

生活習慣を改めれば脳卒中の再発は防げるの?
カニ歩きと後ろ歩き 片麻痺リハビリに効果的なのは、、
鍼治療の「得気」は小脳のはたらきだった
脳梗塞実績No.1漢方薬 → ほようかんごとう
閉じ込め症候群の患者にあえて生活の質を問うてみた結果、、
砂糖の代わりに甘味料を使うと脳梗塞がさらにひどくなることが判明
ダメージを負った脳組織が勝手に再生する仕組みが明らかに
指ストレッチはいいらしいから さっそくこのビデオで実践することにした
【肥満パラドックス】脳梗塞で長生きするBMIが判明
リハビリの合間のお昼寝は大切 → 訓練がはかどるゾ

刺激豊富な環境で脳梗塞が治る理由
猫を飼う女性は脳卒中で死なないことが判明!
美容院で脳卒中になる女性が続出!
「ストレスが原因」と語る脳卒中患者ほど実はなにもわかっていない
傷ついた脳に効くBDNFが増えるサプリメントが明らかに
運転リハビリに良さそうなおすすめドライブゲーム
【アロマテラピー】ラベンダーの香りが脳梗塞にすごく効く
脳卒中後の疲労感は 只の疲労とはわけが違う
脳卒中がきっかけでホモになることがあるらしい
ダイエットコーラを毎日飲むと脳卒中になることが判明

高コレステロールに朗報 葉酸サプリの脳卒中予防効果
BDNFが7年かけて脳を修復してくれるという根拠について
朝ごはんを食べない日本人は脳内出血になることが判明!
脳卒中予防に最適なビタミンBサプリメントの組み合わせがわかった!
脳卒中経験者の血圧を十分に下げたら死亡者が続出した
痙縮が治る ただの風呂と温泉を比較した
歩きスマホが脳卒中患者のリハビリに適しているという根拠について
磁気嵐が脳卒中を引き起こす と判明!
リハビリは動かせばイイってもんじゃぁない. 本人がやる気になるまで待て.
『足首を鍛えたいのに麻痺して動かないの』→『もう一方の足を鍛えなさい』