2012年7月8日

温度刺激治療で麻痺脚が動いた


The effectiveness of thermal stimulation for the moderately to severely paretic leg after stroke: serial changes at one-year follow-up.
2012  7月  台湾




急性期脳卒中患者の麻痺脚への

温度刺激治療の効果について調べてみたそうな。



脚に麻痺のある脳卒中患者30人について、

温度刺激グループ

・比較グループ

に分けた。


通常のリハビリに加えて、

温度刺激グループには

麻痺脚を温めたり冷やしたりする刺激を繰り返す治療を

週に5回 ×6週間 施した。


4週、6週、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月後の回復状態を確認した。




次のことがわかった。

・両グループ共に治療前は病状は同じだった。

温度刺激治療後に下肢の運動機能が大きく向上した。

・特にバランス能力が改善が大きかった。

・この改善効果は3ヶ月後にも見られた。

・しかし 6ヶ月後にはほとんどの改善効果が消失していた。






急性期脳卒中患者の麻痺肢への温度刺激治療は

3ヶ月程度なら効果が持続することがわかった



というおはなし。



関連文献:

Facilitation of Sensory and Motor Recovery by Thermal Intervention for the Hemiplegic Upper Limb in Acute Stroke Patients






感想:

過去のこんな記事を思い出した。


超先端医療:足湯で脳卒中麻痺が改善する

キンキンに冷やした腕でリハビリがはかどる



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

過去30日間で人気の記事ベスト10