2014年2月5日

キネクトリハビリはここまで来た


Kinect Assists Stroke Victims With Home Rehab
2014  2月

マイクロソフトのKinect(キネクト)を用いた「自宅でできる脳卒中リハビリシステム」が、偶然にも同時期に世界の2箇所で誕生した、というおはなし。


1つはソウル大学が開発したもの。




もう1つはカナダのJintronixという企業によるもの。




感想:

患者の動きをリアルタイムに骨格モデルに投影して なにかすごい解析結果をフィードバックしてくれるのかと期待するけど、結局さいごにはテレビゲームのぐだぐだなプレイで終わってしまう...そんな印象を持った。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

過去7日間で人気の記事ベスト10