2019年9月12日

くも膜下出血がおきやすい時間帯


Relationship between Circadian Variation in Ictus of Aneurysmal Subarachnoid Hemorrhage and Physical Activity
2019  9月  韓国

くも膜下出血の発生は24時間の概日(circadian)パターンをしめすとする報告が数おおくあがっている。

これには1日の身体活動変化の影響も考えられるが くわしい報告がないのでしらべてみたそうな。



2012-2017の脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血335人のうち、

発症時刻と身体活動パターンがあきらかな234人を抽出して関連を解析したところ、



次のことがわかった。

・1日のうちの発症時刻は、はっきりとしたふたコブパターンをしめし、08:00-12:00におおきなピークがあり次いで16:00-20:00にピークがあった。

・日中の身体活動強度は 深夜00:00-04:00が最低で、08:00-12:00にゆるやかなピークをしめすのみだった。

・日中の身体活動強度が、低い(1-4METs)グループと高い(5-8METs)グループとの比較では くも膜下出血発生リスクへの有意な影響は認められなかった。

くも膜下出血の発生時刻はふたコブパターンをしめしとくに朝に高かった。このパターンは身体活動強度に影響されなかった、


というおはなし。

図:くも膜下出血の起きる時間帯



感想:

身体活動は動脈瘤を破裂させる影響よりも 保護効果のほうが強い↓。
nature.com:活発なひとはくも膜下出血になりやすい?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

過去30日間で人気の記事ベスト10