2019年10月29日

カルシウムと脳卒中の関係に結論


The Evidence and Controversy Between Dietary Calcium Intake and Calcium Supplementation and the Risk of Cardiovascular Disease- A Systematic Review and Meta-Analysis of Cohort Studies and Randomized Controlled Trials
2019  10月  中国

カルシウムの摂取は骨と心血管系に重要で、高齢者には1日あたり1200-1500mgが推奨されている。

とくに心血管疾患へのカルシウムの良い効果が注目され、サプリメントも広く使用されている。

いっぽうその効果に疑問を呈する調査結果もおおく報告されるようになった。

これらの調査を統合するべくメタアナリシスをこころみたそうな。



2019までの関係する研究を厳選してデータを統合 再解析したところ、



次のことがわかった。

・16のランダム化比較試験をふくむ42の研究をみつけた。

・食事から摂るカルシウムは200-1500mg/dayの範囲では心血管疾患、冠動脈疾患、脳卒中にはなんの影響もなかった。

・しかしカルシウムサプリメントは冠動脈疾患とくに心筋梗塞リスクの上昇にあきらかに関連していた。

食事から摂るカルシウムは脳卒中など心血管疾患リスクに影響はなかった。ただしサプリメントは心筋梗塞リスクが上昇した、


というおはなし。

図:脳卒中リスクとカルシウム



感想:

カルシウムサプリは脳卒中に関係なくてもボケやすくはなるようだ↓。
脳卒中後の認知症リスクはカルシウムサプリで倍増する

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

過去30日間で人気の記事ベスト10