2012年4月5日

手のリハビリは両手をシンクロさせて対称に動かすとよい


Mirror symmetric bimanual movement priming can increase corticomotor excitability and enhance motor learning.
2012  3月  ニュージーランド




両手対称リハビリの効果について調べたそうな。


健常人を使った実験。


身体の正中線に対して鏡対称になるように

左右の手首を同時に繰り返し動かしたときの

脳の皮質運動野興奮性を調べたところ、



片手を別々に動かした場合よりも

皮質運動野興奮性が長時間維持された。



このことから、

手のリハビリをする場合、

療法士が麻痺手を動かしてあげたときに

健常側の手で同じ動きをすると

脳の可塑性が促されるんじゃない?

rTMSのような高価で面倒な装置も要らないし…


というおはなし。





感想:

なんとなく共感する。


片麻痺になってから、

よく 左右の手のひらを胸の前で合わせて

指をもぞもぞさせることが増えた。



お祈りをしているように見えるけど、

こうしているとなぜか心地が良い。


それに似ていると思った。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

過去7日間で人気の記事ベスト10