2017年7月21日

脳梗塞にいいと評判の2つのツボの位置と効き目


Resting-state Functional Magnetic Resonance Imaging Analysis of Brain Functional Activity in Rats with Ischemic Stroke Treated by Electro-acupuncture.
2017  7月  中国

脳卒中の鍼治療には 2つのツボ "足三里" と"曲池" が良いとする研究がいくつかある。

この効果を脳機能MRIも使ってたしかめてみたそうな。


ネズミを人為的に脳虚血にした24時間後、足三里(ST36)と曲池(LI11)を電気鍼刺激した。

これを1日30分間x7日間施行したのち、

梗塞の体積を測り、安静時fMRIから脳の活動を解析した。


次のようになった。

・1週間後、鍼刺激グループの神経症状と梗塞の大きさはあきらかに改善していた。

・鍼刺激の前は広範囲に低下していた脳活動が、鍼刺激のあと 特に運動野、視床、線条体で再び活発になっていた。

脳虚血ネズミの足三里と曲池への鍼刺激で、運動関連の脳機能が再び活発になった、


というおはなし。
図:鍼刺激による脳梗塞治療効果

感想:

人間の場合のツボの位置は、それぞれ 
足三里(←動画リンク)、 曲池(←動画リンク)


脳卒中患者に鍼を打っている最中の脳活動を観察してみた

【ここを押せ】脳梗塞が治るツボを発見!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

過去30日間で人気の記事ベスト10