2018年5月4日

Neurology誌:サウナが脳卒中予防によいはどの程度か


Sauna bathing reduces the risk of stroke in Finnish men and women
2018  5月  フィンランド

サウナ浴はもとはフィンランドの伝統文化である。

これまでサウナ浴には血圧や動脈の硬さ 末梢血管抵抗を改善する効果が報告されている。

しかし脳卒中との関連についての調査はないので長期に詳しくしらべてみたそうな。


平均年齢63のフィンランド男女1628人にサウナ浴の頻度を聞き取り、脳卒中の発生を15年間フォローした結果、


次のことがわかった。

・この間に155人の脳卒中があった。

・サウナ浴が週1回にくらべ4-7回だと脳卒中リスクが0.39倍だった。

・さらに身体活動や社会経済レベルを考慮にいれると0.38倍になった。

・この関連は年齢や性別によらなかった。

頻繁にサウナ浴をする中高年男女の脳卒中リスクはあきらかに低かった、


というおはなし。
図:サウナ頻度と脳卒中リスク

感想:

すごい効き目だ。ふつうの風呂でもいいのかな。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

過去7日間で人気の記事ベスト10