2019年5月19日

身長が高いと脳梗塞になりにくい理由


Greater Height Is Associated with a Larger Carotid Lumen Diameter
2019  5月  アメリカ

身長が高いほど脳梗塞リスクが低くなることがわかっている。しかしこのメカニズムはあきらかではなく諸説ある。

そのなかの1つに背の高い者は動脈が太く、プラークがつもるまでに時間をようするからという説がある。

これをたしかめるべく、総頚動脈について身長との関連をくわしくしらべてみたそうな。



231人の成人について超音波をつかって総頚動脈の径(common carotid artery diameter:CCAD)と内膜中膜複合体肥厚(intima–media thickness:IMT)を測定し、身長との関連を解析した。

並行して肥満、血圧、血清脂質も測定し調整した。



次のことがわかった。

・身長とCCADがあきらかに関連しており、

・身長が1cm高くなるごとにCCADは0.03mmおおきくなった。

・これは身長が150cmに対し200cmでは動脈断面積が60%以上拡大することを意味する。

・いっぽうIMTは身長とあきらかな関連はなかった。

身長が高いほど頚動脈の径がおおきくなった。いっぽう血管壁厚は身長と関連はなかった。高身長で脳梗塞リスクが低い理由はこのあたりにあるのかも、


というおはなし。
図:身長と総頚動脈の直径


感想:

脳出血リスクもおなじく高身長で低い↓んだけど、どう説明するのかな。
身長と脳卒中 まとめ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

過去7日間で人気の記事ベスト10