2019年11月7日

Stroke誌:脂質と脳梗塞 脳出血


Association of Lipids With Ischemic and Hemorrhagic Stroke
2019  10月  中国

中国では依然として脳卒中が死亡原因の1位をしめている。

改善可能なリスク要因の1つとして総コレステロールについての報告がいくつかあるがそのほかの脂質であるLDLコレステロールやHDLコレステロール、中性脂肪についての報告はおおくない。

そこで脂質と脳卒中の種類別の関連を大規模にしらべてみたそうな。



中国人267500人を6-19年間フォローして脂質と脳卒中との関連を解析したところ、



次のことがわかった。

・この間に8072の脳卒中があった。

・総コレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪が高くなるほど脳梗塞リスクも高くなった。

・総コレステロールが120mg/dLを下回ると脳出血リスクがあきらかに高かった。

・HDLコレステロールは50mg/dLを下回ると脳梗塞と脳出血いずれのリスクも高くなった。

・脳出血リスクとLDLコレステロールおよび中性脂肪との関連は確認できなかった。

脳梗塞リスクは総コレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪が上がるほど高くなり、脳出血は総コレステロールが120mg/dLを下回ると高かったが、LDLコレステロールや中性脂肪との関連はなかった。HDLコレステロールは50mg/dLを下回ると脳梗塞と脳出血のリスクが高かった、



というおはなし。

図:総コレステロールと脳出血リスク



感想:

脳出血的にはLDLコレステロールは70mg/dLを下回ってはいけないとおもっていたよ↓。
脳内出血にならないLDLコレステロール値

コレステロールと中性脂肪を下げてはいけない理由

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

過去30日間で人気の記事ベスト10