2017年6月1日

脳卒中がきっかけでアル中になるメカニズム


Stroke triggers nigrostriatal plasticity and increases alcohol consumption in rats
2017  5月  アメリカ

アルコールは脳卒中のリスク要因の1つであるが、逆に脳卒中をきっかけに飲酒がやめられなくなる患者もいるという。

このあたりのメカニズムをネズミでしらべてみたそうな。

アルコールを摂ることに慣れさせたネズミの

・習慣化行動をつかさどるとされる背側線条体の外側部を人為的に梗塞にしたところ、

・水よりもアルコールを好んで摂るようになった。

・このとき、背側線条体の内側部のD1受容体の活動が高まっていた。

・そこで薬物的にD1受容体の活動を抑制したところ、アルコールを摂る行動が低下した。

脳梗塞で背外側線条体による内側部D1受容体への抑制が外れてアル中になる、というメカニズムが考えられた、


というおはなし。

図:背内側線条体


感想:

ポテトチップやめられなくなったのもこれが原因かも。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

 無料メールマガジン:脳卒中をやったなら
 おぼえておきたい回復のヒント100
メールアドレス  例:stroke@example.co.jp


過去7日間で人気の記事ベスト10