~ 5000超の記事をシンプルな単語で検索するよ!

ラベル 認知障害 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 認知障害 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2024年6月13日

新抗凝固薬、期待を裏切る:脳卒中も認知症も予防できず

2024  6月  アメリカ


認知症のリスク要因である心房細動(AF)の発生率と有病率は、時間の経過とともに増加している。

経口抗凝固薬は、脳卒中のほか心房細動による悪影響を軽減し、認知症による健康格差を縮小できる可能性もある。

DOAC(直接経口抗凝固薬)の使用が増加する中、新たにAFと診断され、抗凝固薬を服用している患者における認知症の発生率をくわしくしらべてみたそうな。

2024年6月6日

脳卒中後の認知機能改善:効果的な運動の種類と時間がついに判明!

2024  6月  中国


運動は脳卒中後の認知機能の改善に効果的な非薬物的介入方法として推奨されている。

運動は脳由来神経栄養因子(BDNF)の増加を通じてシナプス可塑性、神経新生、および血管新生を刺激し、脳の灰白質密度の増加や海馬体積の変化を引き起こす。

これまでの研究は運動の効果に関して矛盾する結果を示しており、特に被験者の年齢、運動の種類、期間、頻度によって効果が異なることが報告されている。

そこで、メタアナリシスでこれらの要因を考慮し、運動が脳卒中患者の認知機能に与える全体的な影響をくわしくしらべてみたそうな。

2024年5月22日

因果関係!筋肉が脳卒中とアルツハイマー病リスクを低減する理由

2024  5月  中国


四肢除脂肪体重(ALM:Appendicular lean mass)はサルコペニア(筋肉量と筋力の低下)の優れた予測バイオマーカーである。

遺伝学的に予測されるALMが脳卒中やアルツハイマー病(AD)のリスクと因果関係があるかどうかをメンデルランダム化(MR)解析によりくわしくしらべてみたそうな。

2024年3月31日

脳卒中後のサプライズ:中性脂肪が低いほど認知障害に!新研究が解き明かす関係性

2024  3月  中国


トリグリセリド(中性脂肪)は食事性脂質の主な形態であり、生活習慣、特に食事と運動の影響を受けやすい。

脳梗塞後の中性脂肪と認知機能との関連についての研究はあるが、その結果は相反するものであった。

そこで,高齢者における脳梗塞後の中性脂肪と認知機能との関連をくわしくしらべてみたそうな。

2024年3月25日

高齢者の認知の謎を解明:ラクナ梗塞の位置が明かす重大な影響

2024  3月  中国


ラクナ梗塞は認知障害と関連している。

そこで、高齢者における軽度認知障害(MCI)とその種類別の重要な梗塞位置を特定し、さらに白質高信号域と血管周囲腔の役割もくわしくしらべてみたそうな。

2023年12月26日

もやもや病の隠れた脅威:半数以上が認知障害!

2023  12月  シンガポール


認知障害、長期的にはアルツハイマー病、血管性認知症、混合型認知症はもやもや病(MMD)の潜在的合併症であるが、その有病率や関連性は十分に確立されていないのでメタアナリシスをこころみたそうな。

2023年12月25日

脳卒中後の認知症、治療可能な危険因子とは?

2023  12月  ドイツ


脳卒中後の認知障害と認知症は多くにみられ、患者、介護者、医療制度にとって大きな負担となっている。

 そこで、脳卒中後認知障害(PSCI)と認知症(PSD)の危険因子について、年齢や脳卒中の重症度といった確立された危険因子を超えてくわしくしらべてみたそうな。

2023年12月6日

脳卒中が脳を18年老化!衝撃の研究結果

2023  12月  イギリス


脳卒中生存者は認知障害を心配されることが多いが、認知障害のリスクに関する情報は小規模な研究から得られることが多い。

そこで、大規模集団において、一過性脳虚血発作、心筋梗塞、その他の入院と比較して、脳卒中に関連する認知的老化の年数を推定してみたそうな。

2023年12月3日

脳卒中後の長期的苦悩の深淵

2023  11月  イギリス


脳卒中経験者は、長期にわたり心理的回復に取り組み、それを重要事項であると考えている。しかし心理的転帰の発生頻度に関するデータは不足している。

認知障害、抑うつ/不安、疲労、無気力および関連する心理的転帰の有病率や、その割合が脳卒中後長期において安定しているかどうかはあきらかではないので、くわしくしらべてみたそうな。

2023年11月1日

デュアルタスク歩行より有酸素運動が効果的?

2023  10月  ポルトガル


脳卒中患者の認知機能の回復には、認知課題と歩行を同時におこなうデュアルタスク運動と同様に、有酸素運動が用いられていることが報告されている。

認知機能の回復において、有酸素運動とデュアルタスク歩行のどちらがよりおおきな改善をもたらすものか、くわしくしらべてみたそうな。

2023年10月3日

6ヵ月後の脳卒中:言語と記憶がカギ

2023  9月  イギリス


脳卒中後の認知機能スクリーニングは広く推奨されているが、急性期の領域特異的機能が長期的な認知予後に及ぼす影響については研究がほとんどない。

脳卒中後にどのような認知機能障害がより一般的に生じ、回復し、持続するのか、

また、どのような機能障害が予後的価値を持つのかを明らかにするべく、くわしくしらべてみたそうな。

2023年10月1日

善玉コレステロールの裏の顔:認知回復を閉ざす敵

2023  9月  中国


高比重リポ蛋白(HDLコレステロール)は、軽度認知障害および認知症発症に関連することが報告されているが、この関連性の背後にあるメカニズムは不明である。

そこで、軽度認知障害のある脳梗塞患者を対象に、HDLコレステロール値と6ヵ月後の認知機能改善との関連性をくわしくしらべてみたそうな。

2023年7月30日

クロピドグレル投与:脳卒中の回復妨げる?

2023  7月  オーストラリア


クロピドグレルは世界で最も処方されている抗血小板薬の一つであり、脳梗塞予防に用いられている。

クロピドグレルはP2Y12受容体への拮抗を介して抗血小板活性を発揮する。

クロピドグレルの当初の臨床試験では考慮されていなかったことがある。

じつはP2Y12受容体は脳の免疫細胞であるミクログリアにも発現しており、この受容体が細胞損傷部位へのミクログリアの移動を促している。

ミクログリアのP2Y12受容体が阻害されると、ミクログリアは損傷部位に移動する能力を失い、必要な修復プロセスを遂行できなくなる。

この影響をたしかめるべく、脳卒中後のマウスにクロピドグレルを投与して、運動能力や認知機能の回復、生存率や体重、血管や免疫の変化についてくわしくしらべてみたそうな。

2023年7月21日

ナットウキナーゼが脳卒中後の認知回復を劇的に促進

2023  7月  中国


脳卒中後認知障害(PSCI)に対する治療の有効性は、成人脳の自己修復能力によっておおいに制限されている。

日本の伝統食品である納豆から抽出される酵素であるナットウキナーゼは、血液凝固を防ぐことで心血管系の健康を維持するとされている。

成人脳における新たな神経細胞の形成と認知における血液因子(成長因子、ホルモン、栄養素、血液脳関門)の役割は確立されているが、ナットウキナーゼがこれらの因子を通じて抗PSCI剤として機能するかどうかはわかっていないので、動物実験でくわしくしらべてみたそうな。

2023年6月15日

認知機能、くも膜下出血の長期影響

2023  6月  オランダ


認知機能障害は、くも膜下出血(SAH)後によくあり日常生活に悪影響を及ぼす。

そこで、動脈瘤破裂によるくも膜下出血(aSAH)と、動脈瘤がみつからないアンギオ陰性くも膜下出血(anSAH)の患者に分けて、

くも膜下出血後の認知機能の長期経過と不安やうつ、認知機能への不満、職場復帰との関連をくわしくしらべてみたそうな。

2023年5月23日

脳卒中後の隠れた危機: 高血圧が認知障害を防ぐ!?

2023  4月  中国


脳卒中後の認知障害(PSCI)は、脳卒中後の一般的な後遺症である。

中国は脳卒中経験者の数は多いが、PSCIの発症率や危険因子に関する大規模な調査は行われていない。

そこで、多施設共同横断研究により、中国の脳卒中経験者におけるPSCIの発生率と危険因子をくわしくしらべてみたそうな。

2023年5月3日

脳卒中後の身体活動と回復:増加者と減少者の違い

2023  5月  スウェーデン


脳卒中後の機能回復を促すために適した身体活動レベルとタイミングについてはいまだあきらかになっていない。

そこで、脳卒中後6ヶ月間の身体活動レベルを経時的に評価して機能回復との関連をくわしくしらべてみたそうな。

2023年3月6日

10年後の作業記憶と脳内ネットワーク

2023  2月  スウェーデン


脳卒中後の作業記憶の障害は、実行機能やエピソード記憶にも影響して認知症リスクを高めるという。

作業記憶が改善するメカニズムはほとんどわかっていないので、脳内ネットワークの結合性に注目してくわしくしらべてみたそうな。

2023年1月15日

右脳卒中経験者の社会的認知力

2023  1月  スペイン


近年、脳損傷と社会的認知力(他者の感情を正しく認識し、自身の感情を管理する能力)の関係に関心がたかまっている。

脳卒中が社会的認知力に与える影響について、とくに右脳損傷との関連をくわしくしらべてみたそうな。

2022年12月9日

脳卒中後の認知障害と「認知予備能」

2022  11月  中国


認知予備能は、たとえば損傷をうけていない脳領域が機能を補い、脳損傷が臨床症状に与える影響を緩和する能力を指し、個人によりおおきく異なると考えられる。

これまでの研究はアルツハイマー病を対象にしたものがおおく、脳卒中についても教育年数や職業のみを考慮したものが主であったので、

認知予備能をよりダイナミックに評価できるツールをもちいて脳卒中の重症度と認知機能に認知予備能がおよぼす影響をくわしくしらべてみたそうな。
ブログランキング・にほんブログ村へ pv

過去7日間の人気記事10

回復と予防のヒント100記事(2017年1月までのぶん)

脳卒中を見逃さない BE-FAST とは
玉子のコレステロールで血管詰まる説はなんだったのか?
緑茶を飲めば慢性期でも脳が再生するという根拠について
2度めの脳卒中で可塑性が再び高まる可能性について
高齢の脳卒中患者へのリハビリは無駄なの?
人生に目的を持つ高齢者の脳には梗塞が寄りつかないことが明らかに
目的をイメージしながら動作訓練すると脳がより広く鍛えられることが明らかに
脳卒中予防には歩く時間が大切 距離やスピードじゃなくてジ・カ・ン
日本人が脳卒中で死なないための生活習慣が判明
水をたくさん飲むと脳卒中にならない、はホントだった

口の中が汚いと脳内出血になるという根拠について
脳梗塞と脳出血を同時に防ぐ肥満度BMIがわかった
脳卒中を防ぐミルクとチーズの量が明らかに
片麻痺の立ち上がり訓練 効果的なやり方
脳卒中は脳機能8年間分の老化に相当することが明らかに!
高血圧の脳卒中予防には葉酸サプリメントが効くことが判明
[ ナッツ vs. 豆 ] 脳卒中予防に適しているのはどちら
触覚刺激で脳がすぐに回復し その効果が10年以上続く可能性について
脳が再生する運動強度がわかった
緑茶とコーヒーを飲むと相互作用で脳出血リスクが3割減ることが判明

脳卒中で復職可能な年数がわかった
ランセット誌:塩分減らすとかえって脳卒中になる
オナニーがきっかけで脳出血になる割合
手の痙縮を解く低周波治療器の効果的使用法が判明!
睡眠8時間を超える人は問答無用で脳卒中リスク46%増し
カップラーメンを週2回以上食べる女性が脳卒中になりやすい理由について
怒りと脳卒中との関連が明らかに
難しい理屈はいいからスクワットをやれ
1日に6000歩以上で脳卒中の再発予防になることを日本の研究者が解明
脳出血で損傷した脳が勝手に再生する可能性について

脳卒中患者がネットを使いこなす理由
若年脳卒中患者は脳の老化が10-20年進んでいた
マルチビタミンの脳卒中予防効果は〇〇年後に現れる
最新の音楽療法 バイノウラルビート (Binaural Beat)
脳卒中になりやすい労働時間がわかった ランセット誌
脳卒中が軽症だからって運転させていいの?
健康のために毎日いっしょけんめい運動するとかえって脳卒中になりやすいことが100万人の調査で明らかに
足をクロスしていたら半側空間無視 確定か?
療法士さんよりもビデオゲームの方が優れていると判明!
両手準備運動をすると脳が刺激されて上肢リハビリが加速することが判明!

心を改め運動を始めるだけで脳の可塑性は復活する
知らない音楽を聴くと脳が広く活動して新しい回路が、
なんとか復職しても仕事は続けられるのだろうか?
NEJM誌:脳卒中で死なない血圧は120未満だからね
脳卒中の言語障害はウェルニッケやブローカのせいではなかった!
手の指を繰り返し動かしてあげても脳への影響はゼロ
片足立ち20秒未満 →小さな脳梗塞や脳出血の可能性高!
[住みやすい国] 日本の脳卒中と自殺との関連について
再発予防のために血圧を120以下にすると長生きできない
【いますぐ実践】片鼻呼吸法で失語症が改善することが明らかに

悪玉善玉比L/Hが低いと脳内出血で死ぬことが明らかに
鼻炎のメリット→脳梗塞予防効果
脳卒中 幹細胞治療のダークサイドについて
ランセット誌:握力よわくなったら脳卒中が近いと知りなさい
だいたい5年後に脳卒中経験者が悩んでいること
ハゲを治そうとして脳卒中になってしまった日本人2例
退院したての元患者が感じていること
麻痺側の触覚を刺激し続けると梗塞を最小限にできる可能性について
脳卒中経験者は自動車運転をナメきっていることが判明
減塩に真面目な人ほど脳卒中で死亡するという事実

納豆を食べると脳卒中で死なない 2万9千人調査
NEJM誌:幹細胞ツアーに参加したら癌ができた
脳梗塞から脳出血へ コレステロールとの関連が明らかに
脳出血で死なないための睡眠時間が判明!
音楽サポート療法の「音楽」はほんとうに必要なのか?
患者に毎日好きな音楽を聴かせたところ、脳に構造改革が起きた模様
感情失禁になる患者の割合について
脳の可塑性のおかげで2年経っても運動機能が回復することが判明
【悲報】脳卒中後、杖を使い続けると麻痺していない手まで動かなくなる
血圧が高いひとは、他人の気持ちがわからない

生活習慣を改めれば脳卒中の再発は防げるの?
カニ歩きと後ろ歩き 片麻痺リハビリに効果的なのは、、
鍼治療の「得気」は小脳のはたらきだった
脳梗塞実績No.1漢方薬 → ほようかんごとう
閉じ込め症候群の患者にあえて生活の質を問うてみた結果、、
砂糖の代わりに甘味料を使うと脳梗塞がさらにひどくなることが判明
ダメージを負った脳組織が勝手に再生する仕組みが明らかに
指ストレッチはいいらしいから さっそくこのビデオで実践することにした
【肥満パラドックス】脳梗塞で長生きするBMIが判明
リハビリの合間のお昼寝は大切 → 訓練がはかどるゾ

刺激豊富な環境で脳梗塞が治る理由
猫を飼う女性は脳卒中で死なないことが判明!
美容院で脳卒中になる女性が続出!
「ストレスが原因」と語る脳卒中患者ほど実はなにもわかっていない
傷ついた脳に効くBDNFが増えるサプリメントが明らかに
運転リハビリに良さそうなおすすめドライブゲーム
【アロマテラピー】ラベンダーの香りが脳梗塞にすごく効く
脳卒中後の疲労感は 只の疲労とはわけが違う
脳卒中がきっかけでホモになることがあるらしい
ダイエットコーラを毎日飲むと脳卒中になることが判明

高コレステロールに朗報 葉酸サプリの脳卒中予防効果
BDNFが7年かけて脳を修復してくれるという根拠について
朝ごはんを食べない日本人は脳内出血になることが判明!
脳卒中予防に最適なビタミンBサプリメントの組み合わせがわかった!
脳卒中経験者の血圧を十分に下げたら死亡者が続出した
痙縮が治る ただの風呂と温泉を比較した
歩きスマホが脳卒中患者のリハビリに適しているという根拠について
磁気嵐が脳卒中を引き起こす と判明!
リハビリは動かせばイイってもんじゃぁない. 本人がやる気になるまで待て.
『足首を鍛えたいのに麻痺して動かないの』→『もう一方の足を鍛えなさい』