2011年9月12日

脳卒中になると友達が減る理由とは


Why do people lose their friends after a stroke?
2011  9月  イギリス




脳卒中を経験すると友人が少なくなるという。

しかしその原因はよくわかっていない。



脳卒中後になぜ 友人との接触が少なくなるのか、

発症後8-15ヶ月の患者29人(10人が失語症)に面接して調べたそうな。


次のことがわかった


友人を失った主な理由は


・共に行動する機会が減った

・元気がなくなった

・身体が自由に動かない

・失語症のため

・病気への理解が得られない

・環境上の障害

・価値観の相違





もっとも多く友人を失った患者は

自らが家族や親しい友人のみの閉じた関係を

好むようになることで社会的な接触が少なくなっていった、

と述べている。



特に失語症を持っている場合、

どんなに強い友人関係であったとしても

それを維持することは非常に難しいことがわかった。


というおはなし。







感想:

これはとてもよくわかる。


最初の1,2年は寂しくて仕方がなかった。




でも、 ネットのある時代で本当によかった…と思う。




写真:失語症
(注:検索で見つけた画像)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

過去7日間で人気の記事ベスト10