2017年2月23日

ブルーライトセラピーが脳卒中うつをいやす


After Stroke, 'Blue' Light May Help Beat the Blues
2017  2月  デンマーク

精神科医のあいだでは青色光が記憶力やうつを改善する効果がよく知られている。
脳卒中後のうつにも効くものか実験してみたそうな。

今週水曜日の国際脳卒中会議での発表内容。


脳卒中でリハビリ入院した患者84人について、
リハビリ室の照明を *通常光または *青色光の2グループに分けた。


次のことがわかった。

・14日間のリハビリ後、青色光グループのうつレベルが 通常光にくらべ有意に低かった。

・ブルーライトが概日リズムに影響すると考えられた。


脳卒中患者は屋内で過ごすことが多く、青色光を多く含む日光をじゅうぶんに浴びることができない。青色光療法は薬や副作用のない脳卒中うつ対策になるかも、


というおはなし。

図:青色光療法


感想:

病人があつまる部屋が青色照明だったら ますます病的に見えてかえってひどくなりそうな気がするよ。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 脳卒中をやったなら
 おぼえておきたい回復のヒント100(無料
メールアドレス  例:stroke@example.co.jp


過去7日間で人気の記事ベスト10