2012年1月21日

脳出血で損傷した脳が勝手に再生する可能性について


Endogenous neurogenesis after intracerebral hemorrhage.
2012  1月  スペイン

脳の損傷が内因性の神経新生を促すことが哺乳類で確認されている。

主に脳室近傍で新たに生まれた神経細胞が、

脳の損傷部位に移動する。


人為的に脳出血をおこさせたネズミについて

この神経新生現象を調べてみたそうな。


その結果、

脳出血後72時間-7日間で

神経新生が活発になることがわかった。

しかしこれらほとんどの細胞は3週間以上経つと死んでしまう。


一方で脳出血後1年以上経ってもこの神経新生が

細々と続くこともわかった。


これらの現象を人間の脳出血治療に

生かせるようになるかもしれない、   


というおはなし。
図:新生した脳神経細胞の移動


感想:

外から幹細胞でも入れないと再生しないものと思っていたけどそうでもないようだ。
ダメージを負った脳組織が勝手に再生する仕組みが明らかに

脳卒中で海馬の神経新生に異常

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

 脳卒中をやったなら
 おぼえておきたい回復のヒント100(無料
メールアドレス  例:stroke@example.co.jp


過去7日間で人気の記事ベスト10