検索キーワード「突発性難聴」に一致する投稿を関連性の高い順に表示しています。 日付順 すべての投稿を表示
検索キーワード「突発性難聴」に一致する投稿を関連性の高い順に表示しています。 日付順 すべての投稿を表示

2017年11月8日

めまいや突発性難聴は脳卒中のサインなのか?


Sudden Hearing Loss with Vertigo Portends Greater Stroke Risk Than Sudden Hearing Loss or Vertigo Alone.
2017  11月  台湾

めまいや突発性難聴のおおくは良性と考えられ脳卒中の可能性は見過ごされがちになる。

そこでめまいと突発性難聴が同時期に起きた時の脳卒中リスクを大規模にしらべてみたそうな。


台湾の国民健康保険データベースからめまいと突発性難聴の患者21万人あまりを抽出して次の3グループにわけた。

1)めまい+突発性難聴(前後30日以内に同時発症)
2)突発性難聴のみ
3)めまいのみ

その後の脳卒中をフォローしたところ、


次のことがわかった。
・患者内訳は、めまい+突発性難聴 678人、突発性難聴のみ 1988人、めまいのみ 215980人 だった。

・脳卒中率は、めまい+突発性難聴 5.5%、突発性難聴のみ 3.0%、めまいのみ 3.9% だった。

・突発性難聴のみに比べて めまい+突発性難聴だと脳卒中リスクは1.93倍で、

・同時発生条件を前後3日間に限定するとそのリスクは2.16倍になった。

めまいに突発性難聴が加わるとその後脳卒中になるリスクが高かった、


というおはなし。
図:突発性難聴とめまいと脳卒中

感想:

めまい人口は突発性難聴の100倍か、、、 

[突発性難聴]の関連記事

2018年7月18日

突発性難聴と脳梗塞


Sudden Sensorineural Hearing Loss Predicts Ischemic Stroke: a Longitudinal Follow-Up Study
2018  7月  韓国

突発性難聴患者の脳卒中リスクをくわしくしらべてみたそうな。


韓国の国民健康保険データベースから突発性難聴の患者4944人と性別、年齢、収入、居住地などのいっちする一般の19776人を抽出し、脳出血、脳梗塞、高血圧などの病歴をフォローしたところ、


次のことがわかった。

・脳梗塞は突発性難聴の4.2%、一般人の3.5%にみられ、

・このとき突発性難聴の脳梗塞リスクは1.22倍だった。

・50歳以上に限定するとそのリスクは1.40倍になった。

・脳出血は突発性難聴の0.7%、一般人の0.6%にみられ あきらかなリスク上昇はなかった。

突発性難聴だと脳梗塞リスクが高かった。特に高齢になるとハイリスクになった。脳出血リスクとは関連がなかった、


というおはなし。
図:突発性難聴

感想:

さいきん突発性難聴の脳梗塞が身近なところにいておどろいた。

[突発性難聴]の関連記事

2019年4月14日

難聴と脳卒中との関係


Hearing loss is associated with increased stroke risk in the Dongfeng-Tongji Cohort
2019  3月  中国

難聴は60歳以上の3分の2にみられるという。しかし難聴と脳卒中との関連についての調査はわずかである。

これまでの調査では サンプル数がすくなく、自己申告によっていたり、難聴の程度を評価していなかった。

そこで難聴と脳卒中との関連をくわしくしらべてみたそうな。



平均年齢65の19238人について、

難聴の程度を、正常、軽度、中度、重度、に分類した。

難聴検査は会話周波数(0.5,1,2kHz)および高周波数(4,8kHz)のビュアトーンを用いて、ギリギリ聴こえる音量(dB)で判定した。

その後の脳卒中との関連を解析したところ、



次のことがわかった。

・難聴レベルがひどくなるにしたがい、脳卒中の有病率も高まった。

・正常者にくらべ重症難聴者の脳卒中リスクは会話周波数のばあいで1.76倍、高周波数のばあい1.39倍で、

・脳梗塞に限定すると、それぞれ1.69倍、1.52倍、

・脳出血では それぞれ2.23倍、1.04倍だった。

難聴と脳卒中リスクは用量関係にあった、


というおはなし。
図:難聴度と脳卒中リスク


感想:

これまでの難聴関連記事を見返すとなぜか ぜんぶアジア由来で突発性だった。

突発性難聴と脳梗塞

突発性難聴と脳卒中との関連があきらかに

めまいや突発性難聴は脳卒中のサインなのか?

脳卒中のあと突発性難聴になりやすいは本当?

突発性難聴は脳卒中の前兆なのか?

2017年12月27日

突発性難聴と脳卒中との関連があきらかに


Association of Sudden Sensorineural Hearing Loss With Risk of Cardiocerebrovascular Disease: A Study Using Data From the Korea National Health Insurance Service.
2017  12月  韓国

突発性難聴のおおくは(32-65%)自然に治ってしまうものの原因はよくわかっていない。血管疾患や感染症、内耳の問題、自己免疫疾患などが原因候補に挙げられている。

そこで突発性難聴のあとの脳卒中や心筋梗塞との関連についてしらべてみたそうな。


2002年韓国の国民健康保険データベースから突発性難聴患者154人と 条件が似た別の患者616人を抽出して2013までの心血管疾患の有無との関連を解析したところ、


次のことがわかった。

・11年間に 全体で66人が脳卒中や心筋梗塞になった。内訳は突発性難聴グループで18人(1000人あたり年間13.5人)、比較グループが48人(1000人あたり年間7.5人)だった。

・関連要因を考慮にいれると突発性難聴グループの心血管疾患リスクは2.18倍で、

・特に脳卒中と関連がつよく、心筋梗塞とのあきらかな関連は確認できなかった。

突発性難聴患者はのちの脳卒中発生率があきらかに高かった、


というおはなし。

図:突発性難聴と脳卒中リスク

感想:

長くても数日のあいだにびっくりするほど聴こえなくなるんだって。

[突発性難聴]の関連記事



2016年9月10日

脳卒中のあと突発性難聴になりやすいは本当?


Risk of sudden sensorineural hearing loss in stroke patients: A 5-year nationwide investigation of 44,460 patients.
2016  9月  台湾

脳卒中のあとの突発性難聴は周囲とのコミュニケーションを困難にしリハビリの妨げとなる。

実際のところ 脳卒中と難聴が関連があるのか、調べてみたそうな。


台湾の健康保険データベースより脳卒中患者11115人と他の病気の患者33345人を抽出し、突発性難聴の有無を5年間フォローしたところ、


次のことがわかった。

・この間に脳卒中患者の66人が、その他患者の105人が突発性難聴になった。

・発症率は年間1000人あたりそれぞれ、1.19人 vs. 0.63人で2倍の差があった。

・発症後1年間に限定すると脳卒中患者の突発性難聴リスクは5.65倍だった。

脳卒中患者の突発性難聴リスクは高かった。特に脳卒中から1年内ではリスク5倍以上だった、


というおはなし。

図:ヒラリー・クリントン脳梗塞疑惑 突発性難聴 後遺症

感想:

ヒラリー・クリントンが集会で着けていたイヤフォンが脳梗塞後の難聴をカバーするため?というニュース疑惑とちょうど重なって関心をもった。

2013年3月23日

突発性難聴は脳卒中の前兆なのか?


Relationship between idiopathic sudden sensorineural hearing loss and subsequent stroke.
2013  3月  台湾



突発性難聴と脳卒中との関連を調べてみたそうな。

突発性難聴と診断された349人の患者を平均7年間追跡調査して、

脳卒中になったグループとならなかったグループの特徴を調べた。


次のようになった。


・脳卒中発症率は年間0.6%だった。

・脳卒中になったグループには高齢、高血圧、冠動脈疾患、脳卒中の既往が多かった。

・特に、脳卒中の既往歴が脳卒中になる主な危険因子だった。





突発性難聴患者の脳卒中発生率は健常人のそれと同じで、

突発性難聴で脳卒中になるわけではなかった



というおはなし。


追記:
さいきんはそうでもなくて、、、
[突発性難聴]の関連記事

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

過去7日間で人気の記事ベスト10