検索キーワード「周期性四肢運動 OR むずむず脚症候群」に一致する投稿を関連性の高い順に表示しています。 日付順 すべての投稿を表示
検索キーワード「周期性四肢運動 OR むずむず脚症候群」に一致する投稿を関連性の高い順に表示しています。 日付順 すべての投稿を表示

2018年4月16日

周期性四肢運動は脳卒中患者におおいのか?


Periodic limb movements during sleep in stroke/TIA: Prevalence, course, and cardiovascular burden.
2018  4月  スイス

睡眠中に手や脚が何秒かおきにビクビクとうごく周期性四肢運動(PLMS)は、健康な成人でも28%が1時間に15回以上うごくという。

これまでPLMSが脳卒中患者でおおいという報告があるので、確かめるべく詳しくしらべてみたそうな。


脳梗塞またはTIAの患者の急性期と3ヶ月後に睡眠ポリグラフ検査および24時間の血圧モニターをおこない、PLMSの有無との関連を解析したところ、


次のことがわかった。

・255人の患者にたいし 急性期に169人分、3ヶ月後に191人分のポリグラフ検査を行い、162人の健常者と比較した。

・脳梗塞患者のPLMSの1時間あたりの回数は健常者とほとんどおなじだった。

・脳梗塞患者のPLMS指数は急性期と慢性期で変わらなかった。

・PLMSの関連要因は年齢、BMI、高血圧歴だった。

・PLMSの有無で血圧変動と脳血管損傷の程度に差はなかった。

周期性四肢運動の頻度は脳卒中患者と一般人で差がなかった。しかし高血圧との関連はつよく、降圧薬治療をうけていた患者に周期性四肢運動がおおい傾向がみられた、


というおはなし。
図:周期性四肢運動と降圧薬

感想:

ビクビクうごいても病気の症状ってわけじゃぁ ないんだな。

[周期性四肢運動 OR むずむず脚症候群]の関連記事

2014年11月30日

むずむず脚症候群と脳幹の脳卒中との関連


Brainstem Stroke-Related Restless Legs Syndrome: Frequency and Anatomical Considerations.
2014  11月  フランス

脳幹脳卒中患者に「むずむず脚症候群」がどのくらいいるのか調べてみたそうな。


脳幹脳卒中で入院した30人の患者についてむずむず脚症候群の発生をフォローし、梗塞の位置や症状との関連を解析したところ、


次のことがわかった。

・3人(10%)がむずむず脚症候群だった。

・そのうち2人は以前から症状があり脳卒中をきっかけに症状がより強くなった。

・もう1人は脳卒中であらたにむずむず脚症候群になった。

・感覚症状のある患者はむずむず脚症候群になるリスクが高かった。


脳幹脳卒中で特に感覚症状のある患者はむずむず脚症候群になりやすい、


というおはなし。

むずむず脚症候群

感想:

まえの記事を思い出した。
むずむず脚症候群と脳卒中との関連は…

むずむず脚症候群は脳卒中の予兆かな

2017年9月16日

脳卒中のあとのむずむず脚症候群と生活の質


Restless legs syndrome after high-risk TIA and minor stroke: association with reduced quality of life.
2017  9月  カナダ

むずむず脚症候群は西洋人の3.2-11.1%にみられ とくに女性と高齢者におおい。

脳卒中など心血管疾患との関連が数多く報告されており、大脳基底核や脳幹部の梗塞患者におきやすいとされる。

脳卒中後のむずむず脚症候群と生活の質(QoL)との関連についての研究はないので しらべてみたそうな。


軽い脳卒中またはTIAの発症から14日以内の患者94人について、むずむず脚症候群の有無およびQoLを6ヶ月間ほどフォローしたところ、


次のことがわかった。
・23人(24.4%)がむずむず脚症候群(RLS)と診断された。

・11人はあらたにRLSになり、12人は脳卒中まえからRLSだった。

・RLSの脳卒中患者はフォロー期間とおしてQoLが低く、うつ症状もみられた。

・この傾向は機能回復度やうつ症状に依らなかった。

脳卒中後のむずむず脚症候群はめずらしくなく、機能回復度によらず生活の質を低下させた、


というおはなし。
図:脳卒中後のむずむず脚症候群と生活の質

感想:

名前のひびきがおもしろいだけでチヤホヤされている病気だと思う。1日24時間つづく左手足のしびれ感とはきっと比べ物にならないだろう。

[むずむず脚症候群]の関連記事

2015年6月12日

むずむず脚症候群と脳卒中の関連が明らかに


Study links severe restless legs syndrome to increased risk of stroke
2015  6月  アメリカ

むずむず脚症候群と脳卒中との関連を調べてみたそうな。

今週の米国睡眠学会での発表内容。


41‐58歳の女性看護師72916人について6年間追跡調査した結果、


次のようになった。

・この間に161人が脳卒中になった。

・重度のむずむず脚症候群と脳卒中の発症に関連があった。

・軽いむずむず脚症候群では脳卒中との関連は確認できなかった。


むずむず脚症候群でひどく悩んでいる人は脳卒中の心配もしたほうがいい、


というおはなし。



感想:

このテーマは何度かあったけどあんまりはっきりしてないんだよね、、
むずむず脚症候群と脳幹の脳卒中との関連

むずむず脚症候群と脳卒中との関連は…

むずむず脚症候群は脳卒中の予兆かな

2012年3月31日

むずむず脚症候群と脳卒中との関連は…


Restless legs syndrome and risk of incident cardiovascular disease in women and men: prospective cohort study.
2012  3月  アメリカ




むずむず脚症候群と脳卒中との関連を調べたそうな。


45歳以上の女性29756人、

40歳以上の男性19182人ついて調べたところ、


女性の11.7%、男性の7.2%がむずむず脚症候群だった。



調査期間中に脳卒中を含む心血管疾患が1514件あった。



解析の結果、

むずむず脚症候群と脳卒中や心血管疾患との

関連は見られなかった、


というおはなし。


写真:むずむず脚症候群


過去の記事

むずむず脚症候群は脳卒中の予兆かな

2012年3月25日

睡眠中 足をバタバタさせてたら脳卒中の素質あり


Periodic leg movements in sleep in patients with supratentorial cerebral infarction.
2012  3月  トルコ
眠っているときに足を曲げ伸ばし してしまう

周期性四肢運動障害(PLMS)の原因を調べてみたそうな。



35人の脳梗塞患者と、35人の同性、同年齢の健常人について、

睡眠中の身体の状態を記録し、比較した。


その結果、

・脳梗塞患者では

PLMSの頻度が1時間あたり
5回以上 → 27人15回 → 19人

だったのに対し、

健常人では
5回 → 10人15回 → 6人

だった。

・PLMSと性別、年齢などとの関連は見られなかった。

・梗塞の範囲とPLMSの頻度、むずむず脚症候群との関連も見られなかった。

・梗塞の対側にPLMSが発生した。

脳の中の病変が神経の伝達を阻むことで

周期性四肢運動障害
が起きるのではないか...



というおはなし。

図:PLMS

これが周期性四肢運動障害




こういうことがあったような気もする…
睡眠時やたら手足がビクビク動く脳卒中経験者の再発リスクは異常

2010年6月11日

むずむず脚症候群は脳卒中の予兆かな


Clinical outcome after acute ischaemic stroke: the influence of restless legs syndrome.
6月 ブラジル



1万人近い脳卒中患者のうち12.5%の人がむずむず脚症候群の
症状を持っていて、いずれも脳卒中になる前からむずむず脚だったそうな。

かれらはみな40歳以降にむずむず脚になり、特に治療はしていなかったとのこと。
調べると、彼らには 睡眠障害や首が太い、高血圧である、などの特徴がみられたという。

また、むずむず脚だと脳卒中後の回復もよくないらしい。






そういえば
20-30年くらい前、ほんの一時期、むずむず脚で寝付きが悪かった記憶がある。

2015年6月16日

睡眠時やたら手足がビクビク動く脳卒中経験者の再発リスクは異常


Nocturnal periodic limb movements decrease antioxidant capacity in post-stroke women.
2015  6月  台湾

睡眠中に足や腕がビクビクと動く周期性四肢運動(PLMS)と脳卒中との関連は報告されている。

その病因について調べてみたそうな。


脳梗塞でリハビリ病院にいる患者112人について、睡眠検査および血液の総抗酸化能を調べ関連を解析したところ、


次のことがわかった。

・1時間あたり15回以上手足が動く(PLMS)患者は5回未満の患者に比べ、高齢で、脳卒中の神経症状が重く、生活自立度が低かった。

・PLMS回数が多い女性患者の総抗酸化能は低かった。

・またPLMS15回/h以上の患者の脳卒中再発リスクは5回/h未満患者の7.58倍に及んだ。


睡眠時周期性四肢運動は女性脳梗塞患者の総抗酸化能の低下と関連があるのかもしれない、


というおはなし。


感想:

過去記事↓
睡眠中 足をバタバタさせてたら脳卒中の素質あり

2010年1月31日

よく眠れない脳卒中患者

ここよんで

Sleep-related breathing and sleep-wake disturbances in ischemic stroke.




脳卒中患者は、その多くが睡眠時の呼吸障害や過眠、むずむず脚症候群などの問題を抱えている、
ってはなし。


そう言われれてみると、よく眠れないとか寝覚めが悪いと訴える脳卒中経験者の知り合いが数人いる。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

 無料メールマガジン:脳卒中をやったなら
 おぼえておきたい回復のヒント100
メールアドレス  例:stroke@example.co.jp


過去7日間で人気の記事ベスト10