ラベル 半側無視、半盲 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 半側無視、半盲 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年7月13日

両眼視野闘争への脳卒中の影響


Binocular rivalry after right-hemisphere stroke: Effects of attention impairment on perceptual dominance patterns.
2017  6月  ノルウェー

両眼視野闘争(Binocular rivalry)は左右の目にそれぞれ異なる画像を提示したときに 認識される画像はどちらかいっぽうのみで、その選択が数秒で勝手に入れ替わる現象をさす。

これまでおおくの研究がなされてきたが そのメカニズムはよくわかっていない。

そこで 脳卒中で注意力に問題が生じているであろう患者について両眼視野闘争がどう影響されるかを確かめてみたそうな。


脳卒中で右脳損傷の患者26人と健常者26人について アナグリフを用いて両眼視野闘争実験をおこなったところ、


次のようになった。

・画像認識が切り替わる頻度は患者で明らかに低く、行動性無視検査の結果とよく相関していた。

・縞の細かい画像のときに認識頻度が優勢になったことから右脳損傷が低空間周波数の知覚を障害していると考えられた。

・両グループともに右目画像の認識頻度が高く、特に患者で顕著だった。

右脳損傷患者の注意力障害が両眼視野闘争に影響していると考えられた。左脳損傷患者でも実験してみたい、


というおはなし。
図:両眼視野闘争

感想:

両眼視野闘争しらなかったけど、この30秒ビデオで寄り目したら体験できた。

2017年1月26日

自宅でかんたん半側空間無視治療 VFTとは


Efficacy of home-based visuomotor feedback training in stroke patients with chronic hemispatial neglect
2017  1月  イギリス

半側空間無視の治療法は数多く提案されてはいるが 効果は定かでなく手法もまちまちで臨床応用がむつかしい状況にある。

シンプル過ぎてこれまでほとんど見向きもされなかった治療法に
"視覚運動フィードバック訓練"(Visuomotor Feedback Training:VFT) がある。

VFTは目の前に置かれた棒の中点を推定し、その位置を指でつまみ上げるだけの動作がメイン。

半側空間無視により視野が左右の一方に偏っている場合 持ち上げた棒がおおきく傾くため中点位置の誤りが瞬時にフィードバックされる。長さの異なる棒をいくつか用意してこの動作を繰り返すだけなので、簡単かつ経済的な治療法でもある。

VFTの自宅訓練効果を長期的かつ日常生活的に評価してみたそうな。


右脳損傷で半側空間無視の脳卒中患者20人をVFTと比較グループに分けた。
50、75、100cmの棒を使用した。
VFTは自宅で2週間にわたり1回約15分の訓練を計10セッションおこなった。
比較グループは棒の右端をつまみ上げる訓練をおこなった。

直前、直後、4ヶ月後に複数の指標で空間無視の程度を評価した。


次のようになった。

・線分二等分テスト、行動性無視検査など短 長期的にVFTグループでスコアが明らかにすぐれていた。

・VFTグループでは日常生活動作の改善もあった。

視覚運動フィードバック訓練VFTは自宅でできる簡単 効果的な半側空間無視の治療法である。さらなる研究が期待される、


というおはなし。
図:Visuomotor Feedback Training

感想:

シンプルでいい。
この方法 20年くらいまえに発見されて、いままで2件の研究しかないんだって。

2016年12月19日

半側空間無視 右と左のちがい


Differences between left- and right-sided neglect revisited: A large cohort study across multiple domains.
2016  12月  オランダ

半側空間無視は損傷脳が右脳でも左脳でも発症し、無視症状は左側にも右側にも起きうる。

それらの頻度とパターンについて調べてみたそうな。


335人の脳卒中患者について調査したところ、


次のようになった。

・15.82%が左の半側空間無視で、9.25%が右の半側空間無視だった。

・無視症状は左の半側空間無視で重かった。

・近位(peripersona)と遠位(extrapersonal)の無視症状を併せ持つケースは左の半側空間無視に多かった。

・バランス能力は右の半側空間無視で低かった。

・認知能力、運動機能、身支度能力に左右の半側空間無視で違いはなかった。

・左の半側空間無視は右脳損傷がほとんどだったが、右の半側空間無視は右脳でも左脳の損傷でも起こり得た。

脳卒中のあと半側空間無視は左右どちら側にも起きた。左の半側空間無視のほうが注意障害は重症だったが 身体能力 自立度におおきな差はなかった、


というおはなし。
図:半側空間無視 左右の違い

感想:

単純に右脳だけのもんだいじゃぁないんだな。

2016年11月25日

前庭電気刺激は半側空間無視にほんとうに効くのか


Effects of repetitive galvanic vestibular stimulation on spatial neglect and verticality perception-a randomised sham-controlled trial.
2016  11月  ドイツ

脳卒中で右脳を損傷すると左方の半側空間無視を示すことがある。さらに垂直方向への感覚も障害をうける。

直流電流による前庭神経への刺激で半側空間無視が改善するという報告があるが 詳しい研究が少ないので検証してみたそうな。


前庭感覚電気刺激:GVS(Galvanic Vestibular Stimulation)は左右の耳の後ろに電極を付け微弱な電流でプラス極側に身体が傾いたと感じる現象を指す。

右脳損傷で半側空間無視の患者24人について、次の3グループに分けた。
*左にマイナス極
*右にマイナス極
*偽刺激

1.5mAの電気刺激を1回20分間x週5回で10-12セッション行ったのち、空間探索能力、視覚垂直位、触覚垂直位の改善度を4週間後までフォローしたところ、


次のことがわかった。

・いずれのグループも無視症状はあまり改善されなかった。

半側空間無視の脳卒中患者に前庭感覚電気刺激のランダム化比較試験を行ったが効果を確認できなかった、


というおはなし。
図:前庭感覚電気刺激と半側空間無視

感想:

16日のためしてガッテンに阪大教授がきてGVSのデモやってた。被験者の反応がおおげさすぎて興ざめ。
空気を読む力が試される実験であると確信した。

これ↓思い出した。
半側空間無視の新治療法、前庭感覚電気刺激を5日間繰り返してみた

前庭感覚電気刺激で半側空間無視をやっつけろ!

2016年9月29日

左脳の半側空間無視と腹側注意ネットワーク


Visual neglect after left-hemispheric lesions: a voxel-based lesion-symptom mapping study in 121 acute stroke patients.
2016  9月  ドイツ

左脳損傷による半側空間無視は 右脳損傷にくらべ頻度はすくなく症状も軽いと考えられている。

その実際のところと 脳のどの部位が深く関連しているのか調べてみたそうな。


急性期の左脳脳梗塞患者121人について半側空間無視の有無を調べ、MRI画像と無視症状との関連を解析したところ、


次のことがわかった。

・患者の17.4%が半側空間無視と診断された。

・右方向への半側空間無視は、左脳の上側頭回 中側頭回 側頭極 前頭弁蓋 島皮質 と関連していた。

・無視症状の重症度は 左脳の前側頭葉や前頭弁蓋と関連があった。

・左脳損傷エリアには 半側空間無視に関連が深いと考えられる右脳の "腹側注意ネットワーク" の対称位置が含まれていた。

左脳の脳卒中患者を調べた結果、多くの患者で空間認識に左脳が必須と考えられた。その関連部位も明らかにできた、


というおはなし。
図:左脳の脳卒中で半側空間無視と腹側注意ネットワーク

感想:

左脳と無視関連でこれ↓思い出した。
左脳をやられると右への気付きがちょっと遅れる

左脳損傷で右の半側空間無視になる患者の割合

2016年9月8日

半側空間無視に左手使用を促す方法とは


Rehabilitation of hemineglect of the left arm using movement detection bracelets activating a visual and acoustic alarm.
2016  9月  スペイン

脳卒中で右脳を損傷した患者の多くは半側空間無視を経験する。このとき大して麻痺していなくても左腕に気づかずその使用頻度が低下する。

そこで左腕の使用を促すアラーム機能を備えた加速度センサーブレスレットの効果を実験してみたそうな。


半側空間無視の患者9人について、両腕に加速度センサーブレスレットを着け、両腕の使用頻度の非対称性が大きくなったときアラームが鳴るよう設定した。

このブレスレット装着を1週間継続し、その前後、30日後での歩行時の腕の振り、ボタン留、洗顔、トレイ運び、ナイフ&フォークの両腕動作の非対称性を評価したところ、


次のことがわかった。

・両手使用頻度の非対称性はブレスレット装着時には改善した。

・この効果は視覚フィードバックを要するトレイ運びやフォーク&ナイフ動作で顕著で、歩行時の腕の振りや洗顔動作ではわずかだった。

・アラームをオフにするとすぐに元に戻ってしまった。

半側空間無視の両腕使用を加速度センサーアラームで促したところ、改善は視覚制御の必要な動作に限られ、効果はまったく持続しなかった、


というおはなし。
図:半側空間無視の両腕の非対称性

感想:

いまだに気を抜くと左肩をドアや柱にぶつける。

ポケモンGo プラスが出たらちょと恥ずかしいが左腕に着けてみたい。
触覚はないけど振動刺激ならわかるんじゃないかと思うんだ。

2016年7月18日

半側空間無視が治るネットワーク的理由


Normalization of network connectivity in hemispatial neglect recovery.
2016  7月  イタリア

半側空間無視は脳卒中患者の20-30%に影響し多く は3ヶ月程度で回復するがそのメカニズムはよくわかっていない。

そこで脳機能ネットワークの結合(Functional Connectivity)と半側空間無視からの回復との関連を経時的に調べてみたそうな。


脳卒中患者77人と31人の健常者について、

安静時fMRIと注意力検査を、発症後2週間、3ヶ月、12ヶ月に行い、関連を解析したところ、

次のことがわかった。

・半側空間無視の患者が25人いた。

・ほとんどの患者で3ヶ月後には半側空間無視が治っていた。

・注意力が回復するにしたがって脳半球間の機能的結合が正常者のそれと同じになった。

機能的結合からみた異常から正常パターンへの変化が半側空間無視の症状の回復によく対応していた


というおはなし。

図:半側空間無視の機能的結合

感想:

解析過程がわけわからなすぎて 結論きいてもすなおになっとくできない。

2016年6月29日

左脳をやられると右への気付きがちょっと遅れる


Not Just Language: Persisting Lateralized Visuospatial Impairment after Left Hemisphere Stroke.
2016  6月  アメリカ

左脳は言語に 右脳は注意力に特化していると考えられてきたため 左脳損傷患者への注意力検査はあまり行われていない。

左脳の脳卒中患者の注意力を調べてみたそうな。


左脳損傷の慢性期脳卒中患者25人および健常者20人について、コンピュータを使った視野探索課題と行動性無視検査を行い比較したところ、


次のことがわかった。

・行動性無視検査では左脳損傷患者に注意障害は見られなかった。

・しかし視野探索課題で 統計学的有意な注意障害が確認できた。

・左脳損傷患者では右視野のターゲットを見つけ出す時間が、左視野の場合に比べ平均208ms余計にかかっていた。

・健常者ではこの差は8ms程度だった。

左脳損傷患者に見られた明らかな注意力の偏りは、左脳が視空間注意バランスを担っている証拠である。左脳損傷患者にも注意力検査をするべきだろう、


というおはなし。

図:左右ターゲット別の遅延時間


感想:

先週のコレ↓も行動性無視検査では分からなかったとある。
左脳損傷で右の半側空間無視になる患者の割合

2016年6月23日

左脳損傷で右の半側空間無視になる患者の割合


Assessing chronic stroke survivors with aphasia sheds light on prevalence of spatial neglect.
2016  6月  アメリカ

半側空間無視では損傷脳と反対側の注意力に障害がでる。多くは右脳損傷患者で左側無視になる。
いっぽう左脳損傷患者の研究は 失語による同意確認の困難さから初めから除外されることが多い。

そこであえて左脳損傷患者の半側空間無視を調べてみたそうな。


左脳損傷の脳卒中患者43人について、失語症でも理解できる研究同意書を作成し参加を募った。

半側空間無視の有無には2種類の指標を用いた。また、日常生活動作も評価した。


次のことがわかった。

・40人から研究同意を得られた。

・このうち5人(12.5%)が右側の半側空間無視と判断された。

・半側空間無視があると無い者に比べ日常生活動作の自立度がやや低かった。

左脳損傷で失語症があっても半側空間無視の研究はやったほうがいいんじゃないのかな、、


というおはなし。

図:左脳脳卒中の半側空間無視割合

感想:

思ってたより多いな。

2016年4月26日

半側空間無視があらわれやすい日常の状況とは


The influence of naturalistic, directionally non-specific motion on the spatial deployment of visual attention in right-hemispheric stroke.
2016  4月  イギリス

脳卒中での右脳損傷は左側への注意障害を起こすことがある。視野に入る情報が静的な場合と動的な場合とで注意の配分に違いが出るものか、慢性期の患者で確かめてみたそうな。


慢性期の右脳損傷患者24人
(左側無視+左側視野欠損の8人、左側無視なし+左側視野欠損の8人、無視なし視野欠損なしの8人)
および健常者8人について、

自動車が通行する交差点の映像を映し出すスクリーンの前に座らせた。

自動車がない場合(静的)と 自動車がランダムに左右から横切ってゆく場合(動的)とで眼球の動きを記録 解析したところ、


次のことがわかった。

・静的なシーンの場合、各患者と健常者は視野全体への視線の分布はほぼ同じで病的な視線の偏りは見られなかった。

・動的なシーンの場合、左側無視+左側視野欠損のある患者は右方向へ視線が集中し、

・左側無視なし+左側視野欠損の患者は左方へ視線が集中した。

・無視や視野欠損のない脳卒中患者は健常者と視線分布が同じだった。

発症から充分に時間が経ち半側空間無視が治っているように見える脳卒中患者でも、通行量の多い交差点などでは注意力に病的な偏りを示す可能性がある、


というおはなし。

図:VR交差点

感想:

わかる気がする。ようするに注意リソースが足りないんだと思う。
車運転してると歩行者や合流待ちの車に注意をとられて反対側をまったく見ていないシーンが何度かあり そのたび ヒヤッとした。
いまでは注意を奪われたと感じたときは すぐにその逆側も見るように心がけている。

2016年3月30日

聴覚の半側空間無視があるの?


Auditory lateralisation deficits in neglect patients.
2016  3月  フランス

視覚の半側空間無視はよく研究されているが聴覚性の研究は少ない。

そこで半側空間無視患者に聴覚の偏りが見られるものか調べてみたそうな。


右脳損傷の脳卒中患者15人(半側空間無視の内訳は 重症5人、軽症5人、無視なし5人) および健常者11人について、

ヘッドホンを使った音響テストを行った。

両耳間時間差を用いて音源位置の左右をシミュレートし、主観的な音響イメージ上の正中位を測定した。


次のことがわかった。

・半側空間無視患者では音響イメージ上の正中位の偏りが観察された。

・重症半側空間無視患者では正中位が左方へ偏っていた。

・一方 軽症患者では正中位が明らかに右方に偏っていた。

視覚の半側空間無視患者では聴覚的にも側方性が観察されたが 思ったほど単純なものではなかった、


というおはなし。

図:両耳間時間差

感想:

たまたま1周回ちゃったんじゃないのかな。

2015年12月2日

身体無視って知ってた?


Recovery of personal neglect.
2015  11月  イタリア

脳卒中のあと半側空間無視があると回復が良くないと言われている。

一方、空間だけでなく自分の半身を無視してしまう "身体無視"(personal neglect)は注目度が低い。

そこで半側空間無視と身体無視で回復が違うものか調べてみたそうな。


右脳梗塞で半側空間無視の患者49人について、身体無視の有無およびリハビリ前後での回復度を調査したところ、


次のことがわかった。

・半側空間無視と身体無視の回復に明らかな関連はなく、どちらも通常のリハビリ後に改善した。

・身体無視があっても予後の悪化要因にはならなかった。


半側空間無視と身体無視の回復過程は独立したもので、身体無視があったからといって回復が悪いわけではなかった、


というおはなし。

図:半側空間無視の種類
感想:

personal neglect 初めて知った。
こじらせると、こう↓なるようだ
身体パラフレニア:自分の腕じゃないみたい!

2015年7月27日

覚せい剤アンフェタミンをキメると半側空間無視が治る可能性について


The Time-Dependent and Persistent Effects of Amphetamine Treatment upon Recovery from Hemispatial Neglect in Rats.
2015  7月  アメリカ

半側空間無視は右脳損傷患者のおよそ40%に見られる神経心理学的な障害である。

ネズミの無顆粒皮質を破壊すると人の半側空間無視と同様の症状を作り出すことができる。

一方、動物実験ではアンフェタミンが脳の可塑性をうながし、非損傷側からの軸索成長により脳ダメージが大きく回復するという報告がある。

そこで、アンフェタミンが半側空間無視に効くのか、その治療タイミングについて動物で実験してみたそうな。


次のようになった。

・アンフェタミンを5日以内に注射したグループは食塩水グループよりもずっと早く半側空間無視が治った。

・注射タイミングが7日ほど遅れても効果はあった。

・回復効果は少なくとも60日間持続した。


半側空間無視にはアンフェタミンが効くかもしれない、


というおはなし。

アンフェタミン

感想:

「キメる」って言葉を使ってみたかっただけ。 ボツリヌス毒素とどっちが危険かねぇ、、

2015年4月30日

半側空間無視を癒やす色と光の位置がわかった


Effects of lateralized light flash and color on unilateral neglect.
2015  4月  台湾

半側空間無視の注意力の偏りが、閃光ライトや色メガネレンズで変わるものか実験してみたそうな。


脳卒中で右脳損傷の半側空間無視の患者15人について、メガネレンズの色(無色、赤、青)およびライトの位置(ライトなし、左、右)の各組み合わせ時での注意力の右方向への偏り度を測定、比較したところ、


次のことがわかった。

・赤レンズ、左方ライトのときに注意の偏りがもっとも低下した。

・青レンズ、右方ライトのときに右方向への注意の偏りがもっとも大きかった。


赤レンズメガネをかけて 左方でライトを照らすと半側空間無視の症状を効果的に緩和することができた。逆に 青レンズ 右方ライトは症状を悪化させた、


というおはなし。

赤レンズ

感想:

ライトの位置は当然として、赤レンズメガネで注意喚起できたってとこがミソかな、、

2015年4月17日

ネイチャー誌:左利きは半側空間無視に強い


Are Left Handers' Brains More Resilient To Damage From Strokes?
Does left-handedness confer resistance to spatial bias?
2015  4月  イギリス

半側空間無視は左方、右方どちらにも現れ得るものの、左方無視はすぐには治らない。一方、これまでの研究は利き手の影響が不明なため主に右利き患者についてなされてきた。

そこで左利きの場合の半側空間無視の特徴を調べてみたそうな。


健常者が眠りに落ちる寸前の状態にいるとき、半側空間無視と同様の反応が得られることが確認できている。

右利きと左利きの健常者 各々26人について脳波を測定しながらウトウトするタイミングを見計らって音源位置を答えさせる実験を行ったところ、


次のことがわかった。

・右利きの被検者は左方音源の位置特定エラー率が非常に高かったが、

・左利き被検者は右方音源の位置特定エラー率の上昇は小さかった。

・利き手の度合いと注意の偏り度との関係から、注意喚起を促すネットワークVAN(Ventral Attention Network)は多くの場合、右脳半球に優位に存在するが左利きでは両半球に遍在すると考えられた。

左利きだと脳卒中になってもVANが大きなダメージを受けず、半側空間無視で悩むことはないかもしれない、

というおはなし。

利き手と注意の方向

感想:

左手を動かすと半側空間無視が改善すると言われてるけど、まさにこの関係を示す証拠じゃ、とも言ってる。 ふ~ん、、

2015年1月21日

アロセントリックな半側空間無視とエゴセントリックな、、


Lesion Sites Associated with Allocentric and Egocentric Visuospatial Neglect in Acute Stroke.
2015  1月  カナダ

脳卒中後の半側空間無視には2種類ある。

*物中心(allocentric):対象物を中心に片側を無視し、自分との位置関係に依らない。
*自分中心(egocentric):正中の片側を無視する。

各場合の脳損傷位置との関連を調べてみたそうな。


脳梗塞で右脳損傷の62人の半側空間無視患者について調べたところ、


次のことがわかった。

・物中心と自分中心とで関連する脳損傷の位置に違いが見られた。

・物中心の半側空間無視では、上下頭頂皮質と上中側頭回に損傷があった。

・自分中心の半側空間無視では、中心前回および中前頭回、島皮質、被殻に損傷があった。

・判別テストのいくつかは前頭および頭頂の損傷と関連またはオーバーラップする部分もあった。


どうやら側頭、頭頂部は物中心の半側空間無視に関連し、前頭葉は自分中心の半側空間無視との関連が強いと考えられる、


というおはなし。
アロセントリック エゴセントリック

感想:

こういう区別があることを知らなかった。
関連資料 - 半側空間無視の病巣 (pdf)

半側空間無視ってあまりわかってないのね

2014年10月30日

左脳がやられると近くが、右脳がやられると遠くの空間がゆがむ


The influence of stimulus proximity on judgments of spatial relationships in patients with chronic unilateral right or left hemisphere stroke.
2014  10月  アメリカ

近い位置、遠い位置での注意力の偏りを右脳損傷、左脳損傷患者で調べてみたそうな。


右脳損傷の脳卒中患者26人と左脳損傷の32人および健常者9人について、線分二等分検査を行った。

近位の30本と遠位30本の線分を二等分する課題結果を比較したところ、


次のことがわかった。

・どちらの患者も近位の線分では 病側と反対側に線分中点がより大きく偏り(左脳損傷の場合、右方向に偏る)、

・遠位線分では病側と同じ側へ偏っていた。

・健常者と比較すると、左脳損傷患者では近位での偏りが大きく、右脳損傷患者では遠位での偏りが大きかった。

・近位と遠位での偏りの差は、右脳損傷患者でもっとも大きかった。


対象との距離によって右脳損傷、左脳損傷患者の空間認識に逆の傾向が見られた。このようになる理由は不明で、脳半球の優位性も関係しているかもしれない、


というおはなし。



感想:

なんか逆じゃないかな?と思ってググってみると「スードネグレクト」がどうのこうのと難しそうな話が出てきたのでブラウザをそっと閉じた。

2014年7月4日

[コミュ障] 右脳損傷患者は会話から感情を読み取れないことが明らかに


Right hemisphere dysfunction is better predicted by emotional prosody impairments as compared to neglect.
2014  1月  アメリカ

通常、右脳損傷後の認知機能障害の有無は半側空間無視テストで判断される。

しかしながら、右脳はコミュニケーション関連のさまざまな機能も担っている。

そこで、言葉の調子(韻律)から感情を読み取る能力の低下をもって認知機能障害を判定できるものか調べてみたそうな。


右脳損傷の脳卒中患者28人と、年齢、教育レベルの同等な24人の一過性脳虚血発作患者について、

*感情韻律タスク:音声を聴いて感情を当てるテスト
*半側空間無視テスト

を行った。

結果を解析して右脳損傷患者(であるかどうか)の判別能を比較した。


次のようになった。

・右脳損傷患者の判別能は、韻律テストが79%、半側空間無視テストで56%だった。

・韻律テストの結果を用いると、神経症状の重症度をはかるNIHSS評価とほぼ同等の右脳損傷判別能があった。


言葉の調子から感情を読み取る能力のテストは、半側空間無視テストよりも右脳機能障害の有無を判定する目安として適しているかも知れない、


というおはなし。
感情韻律
感想:

自分は右脳出血なのでコミュ障をさらにこじらせている可能性があるわけで…

でも 自覚すること が大切なんだと思う。

2014年6月27日

足をクロスしていたら半側空間無視 確定か?


A new clinical sign probably associated to left hemiplegia with left hemineglect syndrome: the crossed legs.
2014  6月  ブラジル

脳卒中で入院したばかりの患者が半側空間無視になるかどうかを判別する方法を発見したそうな。


脳梗塞で入院した右脳損傷患者について、右足を左足の上に交差する頻繁な動作の有無を確認し、のちの半側空間無視テスト結果との関連を解析した。


次のことがわかった。

・左足の上に右足を交差していた患者8人のうち8人は半側空間無視だった。

・足の交差がなかった30人の患者のうち半側空間無視と診断された者はいなかった。


右脳損傷で入院し 左足に右足を乗せている脳卒中患者は半側空間無視になる、


というおはなし。

足を交差する脳卒中患者


感想:

左方感覚の低下から右足が無意識に左足を探ってしまうため なんだとか。

自分も気が付くとやたら両手をこすりあわせているんだけど、似たような理由かな。

2014年6月16日

アイパッチ療法+視運動性刺激は効果があるのか?半側空間無視に


Randomized Controlled Trial on Hemifield Eye Patching and Optokinetic Stimulation in Acute Spatial Neglect.
2014  6月  ドイツ

脳卒中で右脳を損傷した患者はしばしば半側空間無視を経験する。

そこで、半側空間無視治療の効果を検証してみたそうな。


右脳損傷の急性期脳卒中患者21人を

*半視野アイパッチ療法+視運動性刺激療法 グループ
*ほったらかし自然治癒グループ

に分けて毎日1週間治療を続けたのち、その改善効果を1ヶ月間フォローした。


次のようになった。

・両グループ共に大きく改善し、その効果は1か月後も維持された。

・グループ間で改善効果の差はほとんどなかった。


半側空間無視の急性期脳卒中患者への半視野アイパッチ療法と視運動性刺激療法はまったく効果がないことが確認できた、


というおはなし。



感想:

2つ組み合わせて効果ゼロ、そのままほうっておくのと一緒。身も蓋もない結果。
視動性刺激療法とは 半側空間無視を治す新しい方法

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

 脳卒中をやったなら
 おぼえておきたい回復のヒント100(無料
メールアドレス  例:stroke@example.co.jp


過去7日間で人気の記事ベスト10