ラベル めまい の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル めまい の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年11月15日

前兆つき片頭痛でなりやすい脳梗塞の種類が明らかに


Ischemic stroke subtypes and migraine with visual aura in the ARIC study
2016  11月  アメリカ

前兆付き片頭痛と脳梗塞との関連については多くの報告がある。

しかしその原因はよくわかっていない。そこでどんな種類の脳梗塞と関係が深いのか調べてみたそうな。


平均年齢59の片頭痛もち1622人について脳卒中の発生を20年間フォローしたところ、


次のことがわかった。

・片頭痛なしに比べ片頭痛と視覚前兆のある者の脳梗塞リスクは1.7倍で、

・視覚前兆がないと1.2倍だった。

・前兆があると前兆なしにくらべ 心塞栓性が3.7倍、ラクナが1.6倍、非ラクナの血栓性脳梗塞が2.6倍なりやすかった。

中年後期で片頭痛もちを20年間フォローしたところ視覚前兆があると心塞栓性の脳梗塞になりやすかった。視覚前兆がない場合の脳梗塞リスクは高くなかった、


というおはなし。
図:視覚前兆つき片頭痛と脳梗塞リスク

感想:

視覚前兆は別名「閃輝暗点」、ウィキペディアによると、

『視界の一部がゆらゆら動きだし、物がゆがんで見えたり、目の前が真っ暗になったり、見えづらくなる。....強烈な吐き気・嘔吐などを伴うことが多い。』

これって 風呂上がりに頭を左に傾けるとなにも見えなくなる現象によく似てるんだ。吐き気するし、、

2016年8月11日

めまい患者に脳卒中がみつかる頻度は


How Commonly Is Stroke Found in Patients with Isolated Vertigo or Dizziness Attack?
2016  8月  日本

めまいで救急搬送されてくる患者の多くは良性の前庭疾患であるが、ほかに神経症状のない場合 原因を見つけるのは容易ではない。

めまい患者のなかに脳卒中のケースがどれくらい含まれているか調べてみたそうな。


過去10年間、平均年齢68のめまい患者221人の記録を見なおしたところ、


次のことがわかった。

・患者のうち118人が回転性のめまいで、103人は浮動性めまいだった。

・断層画像から25人11.3%に脳卒中(21人脳梗塞、4人脳出血)がみつかった。

・病巣は小脳22人、橋1人、延髄1人、放射冠1人だった。

・脳卒中だった患者の76%は浮動性めまいだった。

めまい患者の11%に脳卒中がみつかった。後下小脳動脈の支配域での病変が多かった、


というおはなし。

図:めまいと脳卒中位置

感想:

フワフワする感じのめまいはよくあった。それもいつも同じ場所で。

当日、その場所の地下にある めったに利用しない駅のホームで力尽きた。

2016年6月26日

脳梗塞で頭痛を感じる人はわりと少ない


Headache in stroke according to National Acute Stroke Israeli Survey.
2016  6月  イスラエル

脳卒中発症時の頭痛の有無を種類別に調べてみたそうな。


イスラエルの脳卒中患者データベースから2ヶ月分2166人の脳卒中記録を抽出し解析したところ、


次のことがわかった。

・患者内訳は92.4%が脳梗塞、6.9%が脳内出血、0.2%が脳静脈洞血栓症、0.5%不明 だった。

・全体の9.5%で頭痛があり、

・脳静脈洞血栓症の50%、脳内出血の21.3%、脳梗塞の8.4%が頭痛を訴えていた。

・女性、若年、めまいやふらつきがあると頭痛が起きやすかった。

・頭痛歴の有無によらず脳梗塞よりも脳内出血で頭痛が起きやすかった。

・脳梗塞では神経症状が重くなるほど頭痛は減り、前方循環系よりも後方循環系で多かった。

・ラクナ梗塞の頭痛は少なかった。

・頸動脈解離では明らかに頭痛が起きやすかった。

脳卒中発症時の頭痛は、脳内出血、若年、女性、後方循環系で起きやすかった。脳静脈洞血栓症や頸動脈解離では頭痛が主な症状だった、


というおはなし。

写真:頭痛

感想:

脳梗塞はこれほどまでに頭痛と縁がなかったのか、、

2016年6月5日

女性の片頭痛と脳卒中との関連


Migraine and risk of cardiovascular disease in women: prospective cohort study.
2016  5月  ドイツ

片頭痛と脳卒中など心血管疾患との関連を女性について大規模に調べてみたそうな。


25-42歳の女性115541人を約20年間フォローした結果、


次のことがわかった。

・15.2%が片頭痛と診断された。

・この間に1329件の心血管疾患と223人の死亡があった。

・片頭痛があると心血管疾患のリスクは1.50倍、脳卒中リスクは1.62倍になった。

・同様に 死亡率も上昇した。

・これらの関連は、年齢、喫煙、高血圧、閉経後ホルモン療法、経口避妊薬の使用を考慮に入れても変わらなかった。


20年にわたる今回の大規模調査により女性の片頭痛と心血管疾患の発生およびその死亡率との明らかな関連を確認できた、


というおはなし。

図:片頭痛と脳卒中

感想:

片頭痛じゃないけど
3週間くらいまえに腕立て伏せの限界に挑戦したら直後から右側だけ耳鳴りがするようになった。
シュー シュー シューって大きな音で 夜中うるさくて目が覚めるほど。

さいきんになってようやく収まってきた。

2016年4月29日

片頭痛で脳梗塞になりやすい人の特徴


Migraine and incidence of ischemic stroke: A nationwide population-based study.
2016  4月  台湾

片頭痛と脳卒中との関連を調べてみたそうな。


台湾の国民健康保険データベースから片頭痛患者、健常者それぞれ12万人を3.6年間フォローした記録を抽出して解析したところ、


次のことがわかった。

・この間に片頭痛患者744人と健常者617人が脳梗塞を発症した。

・片頭痛があると脳梗塞リスクが1.24倍になった。

・特に45歳以下の片頭痛の女性では脳梗塞リスクは3.44倍に、

・片頭痛に前兆(視野に稲妻模様など)があるとそのリスクは4.58倍になった。

片頭痛があると脳梗塞リスクが高くなり、特に45歳以下の女性で前兆付きだとリスクはもっと高かった


というおはなし。

図:前兆つき偏頭痛

感想:

これ↓思い出した。
前兆付き偏頭痛の女性は脳梗塞にめっぽう強い

2014年12月11日

ひどいめまいで検査したのに脳卒中を見落とされてしまうことはよくあるの?


Missed Strokes Using Computed Tomography Imaging in Patients With Vertigo: Population-Based Cohort Study.
2014  12月  カナダ

めまいがひどくて病院へ行き、CTまで撮ったのになにも見つからず帰宅、その後すぐに脳卒中になってしまった者がどのくらいいるものなのか調べてみたそうな。


2006-2011の救急患者のうち末梢性めまいと診断された41794人のデータを見なおしたところ、


次のことがわかった。

・20.6%に相当する人がCT検査を受けていた。

・そのうち0.29%が30日以内に脳卒中で入院した。

・一方、CT検査を受けなかった者で30日以内に脳卒中になったのは0.13%だった。

・30日以内に脳卒中になるリスクはCT検査を受けたグループで2.27倍だった。

・1年後にはグループ間の脳卒中リスクの差はなかった。

・脳卒中発症日の中央値はCT受けたグループで32日後、CTなしグループでは105日だった。


末梢性めまいと診断された患者の5分の1がCT検査を受けていた。そしてどういうわけかCT検査した患者ほど間もなく脳卒中になりやすかった、


というおはなし。
めまい

感想:

普通はCTなんか撮らないのに「撮ってみるか、、」と思わせるほどに症状がひどかったんだろね。

MRIならなにか見つかってたかも。これまで何度もCTの薦めを断ってMRIにしてもらった思い出。

2014年12月5日

片頭痛は脳出血のもと?


Migraine and risk of hemorrhagic stroke: a study based on data from general practice.
2014  11月  デンマーク

脳出血と片頭痛との関連を調べてみたそうな。


患者医療データベースから脳内出血1797件、くも膜下出血1340件を抽出し、発症前の片頭痛との関連を解析したところ、


次のことがわかった。

・片頭痛のある人の脳内出血およびくも膜下出血リスクは若干(~1.2倍)高かった。

・特に、片頭痛と診断されて20年以上経つ場合に脳内出血リスクが高めだった。

・前兆付き片頭痛のある女性で脳内出血のリスクが高めだった。


片頭痛がある人の脳内出血またはくも膜下出血について若干の傾向は見られたものの、明らかなリスク上昇は確認できなかった、


というおはなし。


感想:

脳卒中になるまえもなったあとも、とりあえずは関連を心配しなくてもいいみたいね。
片頭痛になる脳卒中患者の割合は

2014年10月29日

片頭痛になる脳卒中患者の割合は


Prevalence of migraine headache in an in-patient stroke population.
2014  10月  スウェーデン

片頭痛の割合を脳卒中患者について調べてみたそうな。


入院中の脳卒中患者175人にアンケート調査を行ったところ、


次のことがわかった。

・21%が片頭痛を経験していた。

・そのうち前兆を伴う片頭痛は60%だった。

・前兆つき片頭痛の脳卒中患者は若く、 卵円孔開存例が多く、心房細動は少なかった。


脳卒中患者の片頭痛の割合は一般人口調査の結果とほぼ同じだった。いっぽう 前兆つき片頭痛の割合は想定より多かった、


というおはなし。



感想:

片頭痛と片麻痺って どことなく似てる。

2014年6月15日

良性発作性頭位めまい症と脳卒中との関連


Increased risk of ischemic stroke in patients with benign paroxysmal positional vertigo: a 9-year follow-up nationwide population study in taiwan.
2014  6月  台湾

良性発作性頭位めまい症(BPPV)は頭の位置を変えたときに現れるめまいとして知られている。

症状が脳卒中にも似ているので、関連を調べてみたそうな。


BPPVと診断された患者4000人と同年齢のめまいのない8000人について9年間追跡調査した結果、


次のようになった。

・BPPV患者の4.5%が、BPPVでない者の2.9%が脳梗塞になった。

・BPPV患者の脳梗塞リスクはBPPVでない者の1.4倍だった。


良性発作性頭位めまい症患者が将来 脳梗塞になるリスクは高い、


というおはなし。



良性発作性頭位めまい症(BPPV)のテレビ特集



感想:

めまいには関心がある

数年まえから、
風呂あがりに髪を乾かしているときに頭を左に大きく倒して十数秒すると 周囲がゆーっくり動きはじめて、視界が徐々に白くなって やがてまったくなにも見えなくなることに気がついた。

頭を起こすとすぐに治るのだけど、ちょっとムカムカする感じが残る。けれど 何も見えなくなる状況をコントロールできているのが面白くてわざと再現させたりしている。

2014年1月16日

脳卒中患者のめまいは珍しいのか


Stroke and unsteadiness - A cross-sectional study from primary health care.
2014  1月  スウェーデン

回転性めまいの患者は脳卒中リスクが高いと言われているが浮動性めまいはそうでもない。
そこで脳卒中患者の浮動性めまいについて調べてみたそうな。


36-85歳、63人の脳卒中でリハビリ中の患者について調査したところ、


次のようになった。

・70%が浮動性のめまいを感じていた。

・この割合は女性が圧倒的に多かった。

・浮動性めまいがあると健康の自己評価が低かった。


脳卒中患者に浮動性めまいはめずらしくなく、特に女性に多かった。健康度が下がるのでリハビリの際は要チェックである、


というおはなし。

写真:めまい

感想:

脳卒中になる前、通勤途中にそこを歩くとほぼ必ずめまいがする場所があっていつも気になっていた。

のちに脳卒中で倒れた現場がその場所の真下にある地下鉄ホームだった。

そんなこともあってめまいには関心がある。

2013年8月22日

めまいから脳卒中を判別するゴーグル装置を開発


Quantitative video-oculography to help diagnose stroke in acute vertigo and dizziness: toward an ECG for the eyes.
Goggles help distinguish stroke, dizziness
2013  8月  アメリカ

めまいと脳卒中を簡単に区別できる装置を開発したそうな。


めまいは通常、内耳の感染症に由来する 一方、脳卒中の前兆症状でもある。

ベッドサイドでこれを区別することは非常に難しく、めまいを訴える多くの患者がCTやMRI検査を受けるが実際に脳卒中とわかるケースはそのうち3%に過ぎない。


このゴーグルは目の振動を高速カメラが捕捉し、その異常をコンピュータで自動診断できる。

実際にめまいを訴える患者12人についてこのゴーグル診断装置を用いた結果と MRIの結果を照らしあわせたところ、 

椎骨脳底動脈由来の脳卒中を100%正確に診断することができていた、


というおはなし。

2013年3月8日

めまいと脳卒中を自動判別できるマシンを作ってみた


Quantitative Video-Oculography to Help Diagnose Stroke in Acute Vertigo and Dizziness: Toward an ECG for the Eyes.
2013  3月  アメリカ



めまいの患者が脳卒中であるかどうかを判別することは医者でも難しい。

それを自動でできる装置を作ってみたそうな。


眼球運動をトラッキングするカメラを内蔵したゴーグルと

データ解析用のパソコンとで構成する装置を作成し、

実際に脳卒中が疑われるめまい患者を検査した結果、


次のようになった。

・12人の被験者について、MRIでの結果と照らしあわせたところ正診率100%だった。




内耳由来のめまいと脳卒中を自動判別することができた。

もっと被験者の数を増やして実用化に取り組みたい



というおはなし。

写真:めまい脳卒中判別機
この装置



感想:

子供相手でもとりあえずすぐにCTを撮る習慣を改めるためにも、

こういう技術はどんどん普及してほしい。

2012年8月10日

めまい は脳卒中の前兆か?


Vertigo and Stroke: A National Database Survey.
2012  8月  台湾



めまいと脳卒中との関連を調べてみたそうな。



2006年度の台湾健康保険局のデータベースから

めまい発作のあった事例を抽出して

脳卒中の発生を1年間追跡調査し、その関連を解析した。





次のことがわかった。

・成人人口の3.1%に相当する約53万人分のめまい発作事例が見つかった。

・めまい持ちの年間脳卒中発生率は0.5%で、めまい無しの0.3%より高かった。

・脳卒中の内訳は、脳梗塞67%、脳出血4%、その他29%だった。

・めまい+脳卒中の場合、多くが高血圧や糖尿病を併せ持っていた。

・特にめまいで高血圧だと脳卒中リスクが非常に高かった。






めまいをよく経験するひとは

かなり脳卒中になりやすいことがわかった




というおはなし。






感想:

たしかに、めまいはよく経験した。

前兆と最初の異常と例の場所


2012年2月5日

インフルエンザワクチンで脳梗塞になった...かもしれない例


Ischaemic stroke and influenza A H1N1 vaccination: a case report.
2011  4月  台湾




インフルエンザワクチンの注射後に

脳梗塞になった事例報告だそうな。



75歳男性が、ある日の午前10時に

Aソ連型インフルエンザワクチンの注射を受け、

家に帰って昼食を摂って昼寝をした。



いつもなら14時には起きるのに、

17時になるまで眠り続けた。


目覚めてみると

めまいやダルさ、手足の動きのおぼつかなさ

に気がついた。


しばらくして医者に行って検査してもらったところ

脳梗塞になっていることがわかった。



この例ではインフルエンザワクチンと脳梗塞との

因果関係は明らかではないが、


注意したほうがいいんじゃない?


というおはなし。



写真:小脳に梗塞
小脳に梗塞が起きた。





感想:

一例だけでこういう報告をするのは

ワクチン接種がよほど危ない、

って直感したからなんじゃないかな。

2011年1月25日

めまい くらいでCT撮ってもらっても被爆するだけ損


Does intracerebral haemorrhage mimic benign dizziness presentations? A population based study.
2011 1月 アメリカ



頭の位置を変えたりすると起きる良性のめまいを持つ
脳出血患者のCT検査事例数を調査したそうな。



600人近く調べて、めまいのあった患者は2%で、
そのうち良性のめまい患者は1人もいなかった。



CTで脳を撮っても脳出血の有無くらいしかわからない。

良性のめまいくらいでCT検査をするのは
(まず出血じゃないのだから)
やめたほうがいいんじゃないか…

という内容。

写真:CT検査



いまどきの病院は、何かと言うとすぐにCTを撮る。


被爆量がハンパないと聞く、

要注意。

2010年6月30日

人はどんな脳卒中症状で救急車を呼ぶのか


Which stroke symptoms prompt a 911 call? A population-based study.
6月 アメリカ



脳卒中になったら一刻も早く病院へ行くことが肝要である。

脳卒中患者がどんな症状に遭遇したときに救急車を呼ぼう
という気になったのかを調査したそうな。


意識を失ったり ろれつが回らない、めまいなどをきっかけに
救急車をよぶことが多く、

一方、感覚の低下などは見逃されやすく、
頭痛の有無はまったく関連がなかったとのこと。





感覚低下や頭痛なんてものは日常的に経験するものだから
この結果は当然かな、と思う。

自分が最初に気づいたときはまさに感覚低下で、
キーボードに触れる自分の指の位置がわからずに
誤字入力を連発するようになってはじめて
これはおかしい、と思った。

それでも駅ホームで力尽きて倒れるまで家に帰るつもりでいた。

そんな程度にしか深刻に思わないものである。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

 脳卒中をやったなら
 おぼえておきたい回復のヒント100(無料
メールアドレス  例:stroke@example.co.jp


過去7日間で人気の記事ベスト10