ラベル TIA の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル TIA の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年11月24日

TIAやTNAのあと遂行機能が低下する


Executive Function Declines in the First 6 Months After a Transient Ischemic Attack or Transient Neurological Attack
2017  11月  オランダ

脳の局所的な虚血による一時的な神経症状を一過性脳虚血発作(TIA)とよび、局所症状を伴わない神経症状(軽いせん妄や失神)で他に原因が見当たらないものを一過性神経発作(TNA)という。

これらの症状は24時間以内に収まることになっているが、認知機能の低下は長く続く という報告がふえてきた。

そこでTIAとTNA患者について急性脳梗塞のサインである拡散強調MRI(DWI)の結果もふくめて認知機能の長期変化をしらべてみたそうな。


45歳以上で平均年齢65のTIAまたはTNAの患者121人について 認知機能検査で6ヶ月間フォローしたところ、


次のことがわかった。
・患者の60%がTIAで、40%がTNAだった。このうち26%にDWIで病変箇所がみつかった。

・6ヶ月間で遂行機能は低下した。いっぽう注意力は向上し

・処理スピードとエピソード記憶力には変化がなかった。

・DWIで病変の見つかった患者の遂行機能はずっと低いままだった。

・TIAとTNAの区別は認知機能の変化と関係しなかった。

TIAやTNA患者はその後6ヶ月間にわたり遂行機能が低下した。DWIで病変の見つかった患者は遂行機能が低いままだった、


というおはなし。
図:TIAとTNAの見分け方

感想:

TNAはじめて聞いたよ。そもそもDWI+だったら脳梗塞じゃあないのかね。

2017年9月14日

脳梗塞につよくなるTIAの条件とは


Prior transient ischemic attacks may have a neuroprotective effect in patients with ischemic stroke.
2017  9月  中国

一過性脳虚血発作(TIA)のあとは脳梗塞がおきやすく、脳梗塞患者の15%は直前の1ヶ月にTIAを経験しているという。

いっぽう動物実験では 脳梗塞まえのTIAで虚血耐性ができることがわかっていて、臨床の報告も増えてきている。

そこで、TIA経験とその後の脳梗塞との関連をくわしくしらべてみたそうな。


脳梗塞患者221人についてTIA経験の有無で2グループに分け、

TIAの長さ(10分未満、10-60分、60分より長)、
TIAの頻度(週に1回、2-3回、3回より多)、
TIAから脳卒中までの時間(1週間未満、1-4週間、4週間より長)

と入院時の重症度および3ヶ月後の回復度との関連を解析したところ、


次のことがわかった。

・59.7%の脳梗塞患者が発症前にTIAを経験していた。

・入院時の神経症状の重さは両グループで差はなかった。

・回復良好患者の割合は、59.09% vs. 43.82% でTIA経験ありグループがおおかった。

・特にTIAが持続時間60分未満で週に3回未満、4週間以内の脳梗塞のときにあきらかに回復がよかった。

TIA経験にはその後の脳梗塞から神経を護る効果があるようだ。とくにTIAが低頻度、短時間、脳梗塞まで間もない場合にその効果がつよかった、


というおはなし。
図:TIA経験ありの脳卒中患者の回復

感想:

病院にきたTIA患者に
『よかったね、もうすぐ脳梗塞になるかもしれないけど このおかげで回復しやすくなったはずだよ』って励ましてあげられる。
TIAのあとの脳梗塞は軽い はほんとうか?

2017年5月19日

TIAで入院するメリット


Impact of Hospital Admission for Patients with Transient Ischemic Attack.
2017  5月  アメリカ

一過性脳虚血発作(TIA)は梗塞をともなわない脳卒中症状が早くに消えてしまう状況をさす。TIA後90日間の脳梗塞リスクは15%といわれている。

TIAの疑いで病院にかかった患者で入院した者とすぐに帰らされた者の診断の確からさと 1年後の状態をくらべてみたそうな。


退役軍人保健局のデータベースから100施設以上の救急外来でTIAと診断された3623人の記録を解析したところ、


次のことがわかった。

・58%が入院し、のこりの42%は家に帰った。

・入院した者のうち43%はTIAとして退院し、26%は脳卒中として退院した。

・入院した者は入院しなかった者よりも脳や頸動脈、心臓の画像検査を受けることがおおかった。

・1年後に脳卒中や心筋梗塞を起こしている者の割合は、入院した者の15.3%、入院しなかった者の13.3%で ほぼおなじだった。

TIAで入院した患者がTIAとして退院する割合は半分以下だった。入院した者は多くの検査を受けたが、入院しなかった者にくらべ1年後の状態が良いわけではなかった、


というおはなし。
図:病院ごとのTIAを入院させる割合

感想:

TIAで入院するとちっちゃな梗塞をみつけてもらえて脳卒中に昇格できるチャンスがうまれる。だからといって入院しなかった場合よりも結果が良くなるわけでもない、ってことか。

2017年1月7日

TIAのあとの脳梗塞は軽い はほんとうか?


Study on influence of transient ischemic attack on subsequent cerebral infarction.
2016  12月  中国

虚血の前処置をした臓器に保護効果が誘導されるという報告は動物実験をふくめ数多くある。

脳梗塞の前にTIA(一過性脳虚血発作)を経験した患者でこの効果を確かめてみたそうな。


脳梗塞患者232人を発症48時間以内のTIA経験の有無と年齢別に次の6つにグループ分けした。

*A1,A2:55歳未満 
*B1,B2:55-75歳
*C1,C2:75歳より上、 1-TIAあり 2-TIAなし

11日後までの神経症状スコアを比較したところ、


次のようになった。

・75歳以下のグループAとBで直前のTIA経験者の梗塞のおおきさと神経症状スコアがTIAなしグループよりも明らかに低かった。

・75歳をこえるとTIA経験の有無によるちがいはなくなった。

脳梗塞の直前のTIA経験には神経保護効果があり 年齢と強く関連していた、


というおはなし。
図:TIAの有無と脳梗塞予後

感想:

呼吸を止めるような訓練で脳の虚血耐性を鍛えることができるかもしれんね。

これ↓思い出した。
[TIA + 神経保護]

2016年12月27日

一過性脳虚血発作のあと脳卒中が再発する割合と特徴


A Current Estimation of the Early Risk of Stroke after Transient Ischemic Attack: A Systematic Review and Meta-Analysis of Recent Intervention Studies.
2016  12月  スペイン

TIA(一過性脳虚血発作)は適切な処置をおこなえば脳卒中の再発リスクを低くできると考えられている。

これまでの研究からTIAのあとの再発リスクと再発しやすい条件を調べてみたそうな。


2007-2015の関連する研究を厳選し データを統合 再解析したところ、


次のことがわかった。

・患者14889人を含む15の研究が見つかった。

・TIAのあとの脳卒中再発率は 2日後1.36% → 90日後3.42% と移り変わった。

・TIA時に運動障害が強かった患者ほど脳卒中再発率が高かった。

・TIAクリニックによる専門治療と再発率との間に有意な関連がみられなかった。

TIAのあとの脳卒中再発率はこれまで考えられていたものよりも低かった。運動障害がつよかったTIA患者ほど再発しやすかった、


というおはなし。
図:

感想:

これ↓思い出した。
TIAのあとまもなく脳梗塞になる日本人の割合と特徴

すっごく軽い脳卒中のあと1年間で本物に当たる率

2016年9月26日

TIAのあとまもなく脳梗塞になる日本人の割合と特徴


Incidence, predictors, and etiology of subsequent ischemic stroke within one year after transient ischemic attack.
2016  9月  日本

TIA(一過性脳虚血発作)のあとは脳梗塞のリスクが非常に高まると言われている。

どんなTIA患者が脳梗塞を起こしやすいのか、日本人について調べてみたそうな。


2011-2013に57の病院にかかったTIA患者1245人を1年間フォローしたところ、


次のようになった。

・この間に、8.1%が脳梗塞を起こした。

・主な病因はアテローム硬化による小血管病変で TIAから90日以内に多く、

・TIAから90日以降では心塞栓タイプの脳梗塞が増えた。

・1年間の脳梗塞発症率はABCD2スコアに従い高くなり、0-3ポイントで6.2%、4-5ポイントで7.2%、6-7ポイントで11.6%だった。

TIA後1年間でおよそ8%が脳梗塞になり、ABCD2スコアとよく関連していた。主な病因は小血管病変だった、


というおはなし。
図:TIA後1年間の脳梗塞リスク


感想:

8%って思ってたよりすくないな。

ABCD2スコア↓これ

A:age 年齢 60歳以上(1点)
B:blood pressure 血圧 140/90mmHg以上(1点)
C:clinical features 臨床像 片麻痺(2点)運動麻痺のない言語障害(1点)
D:duraition of symptoms 持続時間 10~59分(1点)60分以上(2点)
D:diabetes 糖尿病 (1点)

2016年6月17日

病院着くまえに症状が消えている脳虚血患者の割合は


Differences in Clinical Characteristics between Patients with Transient Ischemic Attack Whose Symptoms Do and Do Not Persist on Arrival.
2016  6月  日本

一過性脳虚血発作(TIA)の患者は病院到着時に症状が残っていてもやがて解消する。

病院到着時に症状の残っている患者と 症状が消えている患者の違いを調べてみたそうな。


TIA患者データベースの記録を見なおしたところ、


次のことがわかった。

・患者266人(男性158、平均年齢68)の記録を抽出した。

・そのうち39.5%が病院到着時にも症状が持続していた。

・彼らには 感覚障害、救急車使用、60分以上の持続症状、発症からの到着までの時間が短い という特徴があった。

・症状の持続している患者は非持続患者に比べ 69% vs. 57%で まず脳卒中専門医の診察を受け、59% vs. 43%で 脳卒中専門病棟に入院した。

TIA患者の扱いは病院到着時に症状が持続しているか否かで変わるのかもしれない、


というおはなし。

図:救急車

感想:

「顔と手がしびれるぅー!」と大騒ぎして救急車呼んで、病院着くまえにすっかり症状消えてたら かなり気まずい。

そんなときのためにスマホで実況ビデオを撮っておくことを勧める。↓
自分の脳卒中動画を晒す女性が現れる

2016年5月26日

[動画] TIA(一過性脳虚血発作)を自在に再現できる男性


Inducible limb-shaking transitory ischemic attacks: a video-documented case report and review of the literature.
2016  5月  デンマーク

意のままにTIAを起こし自分の手を震えさせることのできる患者を発見しビデオに収めたたそうな。


・運動をすると右手が震える症状の男性が病院にきた。

・検査の結果、左の頸動脈に狭窄がみつかった。

・投薬で治療を試みたが治らなかったので、頸動脈を頭蓋の外から中へバイパスする手術を行った。

・症状は収まったが2年後に患者が戻ってきてTIAの再現方法を教えてくれた。

・手術跡を押すことでバイパス血管が圧迫され左脳が虚血になり右手が震えだすと考えられた。
(以下のビデオを参照)

・脳波を調べたところ、てんかん発作の類ではなかった。

この様子のビデオはTIAによる手の震え症状例として参考になるだろう、


というおはなし。

問題のビデオ(58秒)↓

再生できないときはこちらのリンクから


感想:

こわくて横向いて寝れないな、、

2016年5月19日

ランセット誌:脳虚血かな?と思ったらアスピリン飲め


Effects of aspirin on risk and severity of early recurrent stroke after transient ischaemic attack and ischaemic stroke: time-course analysis of randomised trials
2016  5月  イギリス 

これまでアスピリンによる脳梗塞の再発予防効果は長期的にはわずか(~15%)であると考えられてきた。

しかし再発の多くは早い時期に起きることから短期の経時的な予防効果を調べなおしてみたそうな。


16万人の被検者データを含む脳梗塞の再発研究12件について、
アスピリン使用者の再発結果を 6週間後、12週間後で評価したところ、


次のことがわかった。

・6週間時点での脳梗塞再発リスクはアスピリン使用者で60%低下し、障害を残すリスクも70%以上低下した。

・この効果はTIAや軽微な脳梗塞経験者で顕著だった。

・12週間を過ぎると この効果は確認できなかった。

TIAや軽微な脳梗塞のあとのアスピリンは 再発のリスクをこれまで考えられてきた以上に低下させる。頭の血管詰まったかな?と思ったらすぐにアスピリンを飲むように人々に周知するべきではないか、、


というおはなし。

図:アスピリンの短期再発予防効果

感想:

これ↓思い出した。
アスピリンに脳卒中予防効果はあるのかないのか

2016年4月23日

すっごく軽い脳卒中のあと1年間で本物に当たる率


One-Year Risk of Stroke after Transient Ischemic Attack or Minor Stroke.
2016  4月  フランス  NEJM誌

TIAや軽微な脳卒中のあとに本格的な脳卒中を起こす割合は、1997-2003の調査では90日時点で12-20%と言われてきた。

最近はどうなのかきっちりと調べてみたそうな。


21カ国61施設のTIAまたは軽症脳卒中患者4789人について1年間フォローしたところ、


次のようになった。

・発症後1年間の心血管疾患の発症率は6.2%で、

・脳卒中に限定すると2日後→365日後では、発症率 1.5%→5.1%だった。

・特に複数の梗塞やアテローム性動脈硬化がみつかった場合、脳卒中リスクは倍になった。

TIAや軽症脳卒中のあと1年間に本格的脳卒中になる率はこれまで言われてきた数値よりもかなり低かった、


というおはなし。

図:1年再発率

感想:

薬の使い方がうまくなったってことなのかな。

2015年11月11日

軽症脳卒中患者の生活の質は


Quality of life in patients with TIA and minor ischemic stroke
2015  11月  アメリカ

一過性脳虚血発作(TIA)や軽症脳梗塞患者の 健康に関連したQOL(生活の質)を調べてみたそうな。


TIAまたは脳梗塞で神経症状が極めて軽く ほとんど障害のない、血栓溶解治療を行わなかった患者を3ヶ月フォローした結果、


次のことがわかった。

・平均年齢66、332人の患者が調査対象になった。

・47人(14.2%)が90日以内に脳卒中を再発し、

・そのうち41人には何らかの障害が残った。

・119人(35.8%)で健康関連QOLが低下した。

・高齢や初回症状の重さ、再発があると健康関連QOLが下がった。

軽症脳梗塞やTIA患者の健康関連QOLの低下は珍しくなかった。年齢、症状、再発がこれに関連していた、 


というおはなし。

図:QOL


感想:

再発する恐怖と頭の働きの低下 もQOL悪化に貢献してるな。

2015年8月18日

軽症の脳卒中は病院でたら全快って考えていいの?


Balance and Gait Impairment in Transient Ischemic Attack and Minor Stroke.
2015  7月  オーストラリア

一過性虚血発作(TIA)や軽症の脳卒中は患者人数は多いもののその影響がよくわかっていない。

そこで、TIAや軽症脳卒中患者の歩行、バランス機能を調べてみたそうな。


平均年齢67、TIAおよび軽症脳卒中の患者12人と健常者12人について歩行、バランステストを行い比較した。


次のようになった。

・両グループは、身長、体重、脚の感覚、筋力、反応時間などほぼ同じだった。

・モントリオール認知評価試験スコアは 22.2 vs. 26.6 でTIAグループで低かった。

・同様に、タイムアップアンドゴーテストは 10.9秒 vs. 7.2秒、

・タイムアップアップアンドゴー2重課題は 12.3秒 vs. 8.5秒、

・フォースクエアステップテストは 10.9秒 vs. 7.2秒 でTIAグループが遅かった。

・その他、歩行パフォーマンスに関するほとんどのテストでTIAグループのスコアが悪かった。


TIAや軽症脳卒中患者は明らかな身体障害はなかったが 歩行、バランス機能が健常者よりも劣っていた、


というおはなし。

バランス

感想:

自動車運転許可もすぐに出るんだろな、、

2015年5月10日

中国で一過性虚血発作(TIA)が何人いるかわかった


Prevalence, knowledge, and treatment of transient ischemic attacks in China
2015  5月  中国

一過性虚血発作(TIA)患者が中国でどれくらいいるものか 調べてみたそうな。


2010年に98万人あまりの成人について調査したところ、


次のことがわかった。

・人口年齢構成を考慮に入れたTIA患者の割合は2.27%だった。

・TIAは女性や高齢の入院患者に多かった。

・成人の3.08%はTIAの知識を有していた。

・TIAと診断された患者のうち正規の治療を受けたのは4-5%のみだった。

中国では2390万人がTIAを経験していると推定された。人々のTIAの知識は限定的で、患者の多くは診断に至らず 治療もされていない、


というおはなし。

中国TIA

感想:

TIAって すぐに消えてしまう脳卒中っぽい症状だけなんだよね。

脳が壊死したわけでもなく 症状がすぐに消えたんだから単純に喜べばいいのに、なぜ病気あつかいするのだろう?

2015年4月1日

TIAと偏頭痛はすぐに区別できるのか?


Transient Neurologic Deficits: Can Transient Ischemic Attacks be Discrimated from Migraine Aura without Headache?
2015  3月  ベルギー

一過性の神経障害はTIA(一過性脳虚血発作)と区別がしにくい。そこで、TIAと前兆つき偏頭痛とを臨床現場で区別することができるものか調べてみたそうな。


TIA患者、前兆つき偏頭痛患者、偏頭痛の前兆のみで頭痛のない患者のデータを各々32人ずつ抽出し特徴を比較したところ、


次のようになった。

・TIA患者は偏頭痛患者に比べはるかに高齢で、男性が多かった。

・TIA患者には脳卒中歴、高血圧、脂質異常が多かった。

・視覚障害は偏頭痛患者で非常に多かった。

・TIA患者のほとんどはこの神経障害が初回だった。


TIAと偏頭痛などの一過性神経障害の違いには特徴があるものの、臨床現場で両者を正確に区別するには十分でない、


というおはなし。
前兆 偏頭痛偏頭痛の前兆


感想:

「ただの偏頭痛かもしれないけどとりあえずtPA打っときましょうね、、」 とは ならないのかな。

2013年12月30日

無症候性脳梗塞とビリルビン


Decreased Serum Bilirubin Is Associated With Silent Cerebral Infarction.
2013  12月  中国

無症候性脳梗塞はやがてTIAや脳卒中のきっかけになると言われている。
一方、脳卒中などでは血中総ビリルビンが低下することもわかっている。

そこで、無症候性脳梗塞と総ビリルビンとの関連を調べてみたそうな。


2865人について調べたところ、


次のようになった。

・無症候性脳梗塞がある者は総ビリルビン値が低かった。

・逆に、総ビリルビン値の低い者には無症候性脳梗塞が多く見られた。

・総ビリルビン値と脈波伝搬速度(動脈硬化の指標)との強い関連が見られた。

・総ビリルビン値が高いと無症候性脳梗塞のリスクが低下した。


総ビリルビン値が無症候性脳梗塞のリスク判定に役立つかもしれない、


というおはなし。

写真:ビリルビンの代謝


感想:

血液検査をすると、この値が妙に高いので関心を持った。

2013年10月31日

医師「頭の血管が狭くなってますねぇ ステントを入れる手術をすると長生きできますよぉ」患者「遠慮します」


Stroke prevention surgery less effective than meds, lifestyle change
2013  10月  アメリカ

脳の血管が狭くなって脳卒中やTIAを何度か起こした患者にはステントを置いて血管を拡げる手術を行うことができる。

このステント治療の効果を検証してみたそうな。


脳内に狭窄度70%以上の血管がありこれまでに脳卒中やTIAを何度も繰り返している患者451人について、ステント留置グループ、ステント無しグループに分けてその後の再発を追跡調査した。

両グループ共に、抗血栓薬の投与と、運動、禁煙、食事といった生活改善指導を行った。


次のようになった。

・2年後、脳卒中の再発はステントなしグループではるかに少なかった。

・計画ではもっと長く追跡調査する予定だったが、あまりに明らかな結果だったのですでに2年前に実験を中止した。


脳内ステントによる脳卒中予防はまったく効果がないばかりか非常に危険であることが明らかになった、


というおはなし。


写真:脳内ステント



2013年4月30日

脳卒中を経験すると自分で家に帰れなくなる可能性について


Is navigation ability a problem in mild stroke patients? Insights from self-reported navigation measures.
2013  4月  オランダ

脳卒中患者が方向オンチになりやすいものか調べてみたそうな。


62人の軽症脳卒中患者について、経路探索能力を調べるアンケート調査を行い、384人の健常人データと比較した。


次のようになった。

・29%に経路探索能力障害が見られた。

・健常人ではその割合は20%だった。

・これは生活の質QOLとも関連があった。


脳卒中患者は軽症でも方向オンチになりやすいことがわかった


というおはなし。


感想:

幸いそういう経験はない。

2013年1月2日

アメリカじゃTIAでヘリコプターに乗れるらしい


Interhospital helicopter transport for stroke.
2013  1月  アメリカ



田舎の病院から都会の病院へ

ヘリコプターで運ばれてきた脳卒中患者の

内訳と傾向について調べてみたそうな。




次のようになった。


・2003-2008に、脳卒中患者347人のヘリコプター移送があった。

・病名内訳は、脳内出血44%、クモ膜下出血24%、硬膜下血腫14%、脳梗塞,TIA9% だった。

・到着後、28%で血管撮影が、32%で神経外科手術、血腫除去、動脈瘤クリップが行われた。

・この間に、脳梗塞やTIAで運ばれてくる患者は3倍に増えた。

・移送前に血栓溶解(tPA)治療を受けている患者も大幅(0%→3%)に増えた。






ヘリコプター移送のおかげで田舎住まいの人でも安心


というおはなし。


ヘリコプター救急車



感想:

退院後、請求書を見てビックリ。

どうして放っておいてくれなかったのか、

と苦情が殺到する予感。

2013年1月1日

TIAのあと脳卒中が再発する6つのリスク要因とは


Analysis of multiple risk factors for the recurrence of nondisabling stroke.
2012  8月  中国



無障害脳卒中(一過性虚血発作、軽症脳梗塞)のあとに

脳卒中が再発するリスク要因を調べてみたそうな。



2006-2009に無障害脳卒中になった患者620人について、

年齢、性別、肥満度、喫煙、飲酒歴、血圧、手足の衰え、言語障害、糖尿 

等のリスク要因と90日以内の脳卒中再発との関連を解析した。



次のようになった。

発症後90日以内の再発リスク要因、


・1時間以上続く症状

・言語障害

・手足の筋力低下

・BMI25以上

・脳血管障害歴

・超音波検査での頸動脈プラーク






無障害脳卒中のあと再発するリスク要因を6つに絞り込むことができた



というおはなし。

2012年4月26日

TIA(一過性脳虚血発作)後に うつになる人の割合について


Depression and Antidepressant Use After Stroke and Transient Ischemic Attack.
2012  3月  アメリカ



脳梗塞患者と一過性脳虚血発作(TIA)患者の

うつのなりやすさを比べたそうな。



1450人の脳梗塞患者と397人のTIA患者について、

発症後3ヶ月と12ヶ月時点でのうつ程度を

アンケート調査し、比較した。




その結果、

うつの割合は、

3ヶ月時点
脳梗塞:17.9%、TIA:16.4%

12ヶ月時点
脳梗塞:16.4%、TIA:12.8%


・3→12ヶ月間ずっとうつだった者の割合
脳梗塞:9.2%、TIA:7.6%


・若年で、障害が重く、3ヶ月時点で復職できていない場合、その後もうつが続き易かった。


・ずっとうつだった患者の多く(脳梗塞:67.9%、TIA:70.0%)は抗うつ薬を使っていなかった。





脳梗塞患者とTIA患者のうつのなりやすさはほとんど同じで、

彼らの多くは抗うつ治療を受けていなかった、


というおはなし。




感想:

これは意外。

TIAって、脳卒中の成り損ないのイメージがあって、

うつ症状もずっと軽く稀なもの と思っていた。


TIAを見なおした。


写真:TIA(一過性脳虚血発作)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇■

 無料メールマガジン:脳卒中をやったなら
 おぼえておきたい回復のヒント100
メールアドレス  例:stroke@example.co.jp


過去7日間で人気の記事ベスト10